どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは紫大悟さんの

断頭台の花嫁 世界を滅ぼすふつつかな竜姫ですが。

です!
img_9784040746548_1

ストーリー A
内容は、世界を滅ぼす災厄として死ぬ運命にあった伊良子燐音。しかし彼女を乗せた航空機は何者かによって撃墜される。撃墜をきっかけに燐音の中に宿る竜の因子が暴走してしまい世界はピンチに。そんな現場を目撃した普通の少年・太宰龍之介にはなぜか燐音の暴走を止める力があり彼女と結合魂魄術式を結ぶことで燐音を助ける。自分を助けた龍之介に惚れた燐音は彼と一緒に暮らすことに⁉︎龍之介は燐音を狙う存在から彼女を守ることができるのか…とこんな感じです!

〜世界か彼女か〜

紫大悟さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんです。「魔王2099」は1巻発売当初から積んでます…すみません…どこか懐かしい感じの現代異能×ボーイミーツガールな作品で楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。龍之介の日常が描かれます。こういう生徒会で女の子とイチャイチャなシーンは定番ですけど久しぶりに見ましたね。そして航空機を撃墜され竜の因子が暴走している燐音と出会います。世界を滅ぼす少女とそれを救うことができる少年との出会い。こういうの読みたかった…!で物語が動きだすの最高ですね!燐音を助けた龍之介は世界の平和を守る?組織に所属している生徒会メンバーに監視されること。そして監視に都合がいいからと燐音と同居生活を始めます。生徒会長だけど実はとある組織のお偉いさんな蘭子。吸血鬼の因子を宿し龍之介が大好きな後輩の真理。燐音も含めて3人で龍之介を囲んでワイワイイチャイチャ…というのも鉄板ですけどやっぱりいいですね。そして始まる燐音との同居生活!竜の因子を宿しているため常人を遥に超えるパワーを発揮してしまう燐音。そんな彼女のサポートをしながら学校生活を送ったりちょっとしたハプニングもあったり…龍之介のことが好きだから燐音に協力したくない真理がなんだかんだいって燐音のことを助けてあげるのてぇてぇですね。しかしそんな平和な日常は続かず燐音を狙う影が…なんの能力も持たないけれど燐音を助けようと頑張る龍之介の姿は見ていて熱いですし、最後のバトルは迫力満点!こういう物語が読みたかったのど真ん中をいく作品でした!面白かったです!

キャラ A
龍之介は熱い男でよかったですね!最初は成り行きで助けた燐音のことを本気で守ろうとする姿がグッド!燐音へのあの言葉はすごく響きました!燐音は普段はバカ力暴走ドラゴンガールですが、龍之介の前で時折見せる恋する乙女な瞬間が最高でしたね!生徒会長でとある組織のお偉いさんである蘭子。吸血鬼の因子を宿し龍之介が大好きな後輩の真理も魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白かったです!こういう作品が読みたかったという作品に出会えました!これはぜひ2巻が読みたいですね!まだまだ龍之介たちの活躍は見ていたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
どこか懐かしい感じの現代異能×ボーイミーツガールが読みたい方は!燐音を守るために頑張る龍之介や魅力的なヒロインたちがグッドな作品です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

断頭台の花嫁 世界を滅ぼすふつつかな竜姫ですが。



著者

紫大悟



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074654-8

表紙の画像は「版元ドットコム」様より