どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは朝依しるとさんの

VTuberのエンディング、買い取ります。

です!
img_9784040748474_1

ストーリー A
内容は、Vtuber・夢叶乃亜を推すことに青春の全てを捧げVtuber界隈でも有名だった高校生の苅部業ことカルゴ。しかし乃亜が初ライブ後に大炎上し運営から臨終を告げられてしまう。絶望した業は高校を休学し炎上したVtuberをネタに扱うまとめブロガーとして活動していた。そんな業の元にかつての乃亜ファンの仲間で今はVtuberとして活動する小鴉海那が現れる。悪質な運営に苦しむ彼女を救うために業はVtuberのエンディングをプロデュースすることになるが…とこんな感じです!

〜推しVtuberが炎上したら〜

第35回ファンタジア大賞の大賞受賞作!ファンタジア大賞でファンタジーじゃない作品が大賞受賞するの珍しいなと思っていたら初めてみたいですね。まず言わせてください…この作品すごく面白いです!いやこれはすごいです。この作品がライトノベルにおけるVtuberものの転換点になる作品ですね。Vtuberを題材に扱いながらも彼女たちのリアルを裏側をそしてファンサイドを甘いも苦いも余すことなく書き尽くしていました。これは傑作です!めちゃくちゃ面白かったです!
まず序盤。最推しだったVtuberが炎上した末に運営から臨終を告げられる業が描かれます。これは壮絶でしたね…自分の青春の全てを投げ打って推してきたVtuberが念願の初ライブをしたのに大炎上。そして運営から告げられるご臨終。運営の拝金主義的なところもすごいリアルですし圧巻の一言でしたね。そしてこの事件がショックで高校を休学した業はVtuberの炎上を扱うブログを運営することに。推していたVtuberが引退してショックを受けて絶望しこれまでとは真逆のことをし始めるのは彼の名前の通り業が深いですね…そしてそんな彼の元に海那という少女が現れます。かつて業と一緒に乃亜を推していた彼女は今はVtuberになっていて、しかも運営、彼女のキャラデザ担当であるイラストレーターからのパワハラに苦しんでいて…そんな彼女が望んだのは自分自身が炎上しての引退。そんな彼女の炎上を、Vtuberとしてのエンディングを業はプロデュースすることになります。これがまたすごくいいんですよね…海那が引退しようとしている理由、彼女にしかわからない苦しみと、業のやり方で炎上させエンディングへ導く過程。全てが素晴らしいです。Vtuberの終わらせ方を操るのが本当に凄すぎます。あとの2話もVtuberの終わりに関するお話なんですけどこれがまた刺さる刺さる…Vtuber本人も、Vtuberのファンもアンチも全ての人がVtuberを軸に動いて彼らだけの物語を作り上げる。最高のエンタメでした。最後の展開もすごくよかったですし大満足の1冊でした!面白かったです!

キャラ A
業は名前の通り業の深いやつでしたね…大好きだった最推しだったVtuberが引退してVtuberの炎上を取り扱うブロガーになるのはリアルでしたね…なんだかんだ言って海那たちVtuberを助けるのもグッドでした!海那はちょっと不器用なところもあるんですけどかわいらしい女の子でしたね。いつか気持ちがちゃんと届けばいいですね…その他のキャラも魅力的でした!

最後に
めちゃくちゃ面白いVtuberものでした!これは歴史が変わります!絶対に2巻読みたいですし長く続いてほしいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
Vtuberものが好きな方は!Vtuber本人だけではなくVtuberのリアルや裏、彼女たちのことを推すファンやアンチも含めて物語を作っていくのが最高にエンタメしてました!これは本当にオススメです!気になったかたは!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

VTuberのエンディング、買い取ります。



著者

朝依こより



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-074847-4

表紙の画像は「版元ドットコム」様より