どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは初美陽一さんの

「どんなことでも褒めてくれて、過保護で溺愛してくる大魔法使い様」

です!
img_9784040749792_1

☆感想☆

ストーリー A
内容は、世界最強の魔法使いレイミア。そんな彼女の弟子に選ばれたのは魔法によって故郷や大事な人たちを失い魔法を憎む少年・エイト。彼にはレイミアの初弟子として厳しい修行が待ち受けている…はずだった⁉︎弟子のエイトがかわいくて仕方ないレイミアはとにかく彼を甘やかす!毎晩一緒に寝て膝枕してめちゃくちゃに溺愛!そんな甲斐もあってシンプルな攻撃魔法(世界最強)を取得したエイトは魔法学院に通うことになるがなぜかレイミアもついてきて…師匠に溺愛される魔法ファンタジーの開幕!とこんな感じです!

〜師匠に甘やかされて最強の魔法使い⁉︎〜

初美陽一さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。師匠のお姉さんに溺愛されるおねショタ要素が魅力なライトなファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。エイトがレイミアに弟子いりするところから物語は始まります。魔法によって故郷や大切な人たちを奪われて魔法が大嫌いだというエイト。そんな彼を弟子にとったレイミアはエイトに魔法を教える…と思いきや超溺愛!初めての弟子がかわいくて仕方ないレイミアはこれでもか!というほどエイトを溺愛します。全日本おねショタ研究会東日本支部長代理の僕も認める素晴らしいおねショタでしたね…やはりおねショタは男の子が恥ずかしがりつつもお姉さんを受け入れなければならないです(メガネくいっ)。100pくらいまではレイミアから魔法を教えてもらいつつも非常にいい感じのおねショタが満載で非常に楽しかったですね!中盤からは舞台を魔法学院に移して物語が進んでいきます!レイミアを倒そうとする七賢がエイトに絡んできたりとわちゃわちゃ賑やかな感じが良かったですね!終盤では怒涛のバトル展開!エイトが師匠から教わったシンプルな攻撃魔法(最強)で敵と戦ったり、レイミアがエイトを溺愛するあまり暴走気味に活躍するのは見ていて楽しかったですね!魔法の設定もしっかりしているのでバトルも映えました!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
エイトくんはいい感じのショタでしたね…師匠のレイミアの言うことは素直に聞くけどハグや膝枕にはドキドキして…師匠のためにと頑張るいい弟子でした!レイミアは世界最強の魔法使いにして世界最強の弟子馬鹿!エイトのことが大好きすぎて死ぬほど溺愛します!メンヘラ化したら絶対にめんどくさいタイプの好きになったら一直線タイプのお姉さん。嫌いじゃないです。むしろ好き。そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
おねショタ要素がキラリと光るライトな魔法ファンタジーでした!これは続きが気になりますね!これからエイトとレイミアのおねショタが楽しみです!

どんな人にオススメか?
ライトな魔法ファンタジーが読みたい方は!エイトとレイミアのおねショタが魅力ですが、魔法バトルもテンポが良くてグッド!サクッと読めるので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

どんなことでも褒めてくれて、過保護で溺愛してくる大魔法使い様



著者

初美陽一



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-074979-2

表紙の画像は「版元ドットコム」様より