どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは紙城境介さんの

「シャーロック+アカデミー Logic.1 犯罪王の孫、名探偵を論破する」

です!
IMG_9044

☆感想☆

ストーリー A
内容は、増加する事件を解決するために探偵という職業が一般化した世界。日本で唯一国家探偵資格を取得できる超難関校・真理峰探偵学園に1人の少年と少女が入学した。少年はかつて<犯罪王>とされた男の孫である不実崎未咲、もう1人は<探偵王>の養女である詩亜・E・ヘーゼルダイン。宿敵の末裔同士である2人は入学早々から発生した模擬事件で推理対決をすることに。果たして2人は探偵学園でどのような学校生活を送っていくのか…とこんな感じです!

〜あおり〜

紙城境介さんの新作!MF文庫Jからは「転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?」以来の新作ですね。本作はど真ん中の学園ものにして、ど真ん中のミステリという最高の学園ミステリを真っ正面から堂々と楽しませてくれる作品でした!面白かったです!
まず序盤。未咲と詩亜が国家探偵資格を取得できる真理峰探偵学園に入学します。学園ミステリでやはりネックになるのがどうやって学校で事件を起こすか?だと思うんですけど、この探偵学園という設定や探偵が一般的な職業になっているという設定で自然と学校で事件が起こせるようになっているのがグッドでしたね!あと個人的に謎を解くためのヒントが作中で太字になるのもよかったですね。個人的にはミステリ好きで結構読む方(読んでた方)ではあるんですけど、こうして太字にしてくれるとあとで見返しやすくて助かります…ミステリ読む時は結構ページ見返すので…
物語はミステリということもあり、事件やトリックにはなかなか言及できないのですが…ミステリとして申し分のない謎解きを楽しませてくれますし、探偵という存在をこういう風にエンタメに変換するのか!という自然な驚きがありました。犯罪王の孫である未咲と探偵王の養女である詩亜のやりとりも楽しかったですし、その他のクラスメイトや寮生とのやりとりもグッド!中盤以降に謎解きに挑む事件も読み応え抜群でした!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
未咲は犯罪王の孫にして鋭い視点で推理を行う少年。こういう周囲からいい目では見られないけど、実はすごい能力を持った少年好きです!詩亜は探偵王の養女にしてすでに数多くの実績をあげている探偵!普段は鋭くでクールで容赦なく事件を解決していく凄腕の探偵なのですが、オフではゲーマーで意外とピュアな一面も…こういうギャップに弱いんです…その他のキャラももちろん魅力的でした!

最後に
ど真ん中の学園ミステリとして楽しく読ませていただきました!これはぜひ長く続いてほしいですね!久しぶりにラノベのミステリですごい作品が出てきたと思いました!2巻も楽しみです!

どんな人にオススメか?
ミステリ好きな方は!ミステリあんまり読んだことのない方も謎に関する部分は太字で表現されるというデザインのおかげで楽しみやすくなっていると思います!もちろんキャラ同士の掛け合いやこの作品らしい終盤の盛り上がる解決編は見ていて楽しい!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

シャーロック+アカデミー Logic.1 犯罪王の孫、名探偵を論破する



著者

紙城境介



レーベル

MF文庫J


ISBN

978-4-04-682446-2