どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは虹音ゆいがさんの

「灰色の叛逆者は黒猫と踊る 1.闘士と魔女」

です!
img_ 9784798634067

☆感想☆

ストーリー A
内容は、人間と魔獣の戦いが見世物として扱われる闘技都市アイレム。常に死と隣り合わせの世界で闘士たちは魔獣と戦っていた。見習い闘士の序列1位であるレーヴェは正式な闘士への昇格試験で魔女と呼ばれるミィカを殺すように強要される。ミィカを自分と同類だと気づいたレーヴェは闘技都市に叛逆して彼女を守ることに決めるが…とこんな感じです!

〜最強の少年が猫少女を救う〜

虹音ゆいがさんの作品!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。ありがとうございます。ユニークな設定が魅力のバトルファンタジーとして楽しく読ませていただきました!
まず序盤。闘技都市の日常が描かれます。人間と魔獣が生死をかけた戦いをし、闘士たちもまたお互いに競い合う…短いプロローグでどういった世界観が見せてくれるのがグッドですね!そして物語はレーヴェが正式な闘士への昇格試験で魔女であるミィカに出会います。戦いの中で彼女が同類であることを確信したレーヴェはミィカを倒すのではなく彼女を仲間にすることに決めます。レーヴェ自身普通の人とは異なる力をもつことから彼女を守ろうとする展開は良かったですね。そしてはじまるミィカとの生活。他の闘士仲間たちとの日常や終盤のバトルもよかったですね。バトルシーンは影の獣を纏って戦うミィカが魅力的でした。

キャラ A
レーヴェは最初はスカした感じのやつかと思いましたがミィカを助けたあたりから優しい少年感が出てきてグッドでした。ミィカもレーヴェたちと出会った直後は借りてきた猫状態でしたが徐々に慣れてきて終盤ではかわいい表情を見せるようになっていました。

最後に
ユニークな設定が魅力のバトルファンタジーとしって楽しく読ませていただきました!

どんな人にオススメか?
バトルファンタジーが読みたい方は!ミィカの影の獣を纏って戦うシーンをはじめ魅力的なバトルが楽しめます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

灰色の叛逆者は黒猫と踊る 1.闘士と魔女



著者

虹音ゆいが



レーベル

HJ文庫


ISBN

978-4-7986-3406-7

表紙画像のリンク先