どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは英志雨さんの

身代わり花嫁は命を賭して 主君に捧ぐ忍びの花

です!
img_ 9784041144220

☆感想☆

ストーリー A
内容は、忍びの末裔の少女・依都は主君である有栖川美緒とその婚約者である誠一と共に裕福とは言えないものの穏やかに暮らしていた。そんなある日、美緒の伯父である高柳昌也が残した莫大な借金の代わりに冷酷と悪名高い軍人・東堂園悠臣に美緒が嫁がされることに。美緒と誠一を守るために身代わりとして悠臣の元へ嫁いだ依都は悠臣にすぐに美緒ではないとバレてしまう。しかし悠臣は軍のスパイとして依都を利用するために彼女と結婚することに。果たして依都と悠臣の契約夫婦は数々の苦難を乗り越えることができるのか…とこんな感じです!

〜忍びの末裔が軍人の花嫁に⁉︎〜

第21回角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞受賞作!発売週には買っていたんですけど結構積んじゃいました…すみません…大正浪漫的な世界観で描かれるパワー系女子の依都と冷酷な悠臣の契約夫婦ものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。依都が主君の美緒の代わりに悠臣に嫁ぐところから物語は始まります!いわゆる没落貴族の美緒とそんな彼女が惚れた婚約者の誠一。2人の幸せを願う美緒は伯父の借金の肩代わりとして悠臣に嫁ぎます。大正浪漫香る世界観が良きですね!そして依都は美緒の代わりに悠臣に嫁ぐのですが速攻で美緒ではないことがバレてしまいます。忍びの末裔にしてはなかなか派手な立ち回りでしたねw そんな依都を利用できると思った軍のスパイである悠臣は依都と結婚することに!そして始まる契約夫婦生活!依都は本当に見てて飽きない子でしたねw ダンスの練習が嫌だからと相手の弱みを握るために家宅捜索したり、街の賑わいに子どものように笑ったかと思えば射的がうまくできずにむくれてみたり…そんな依都を懐柔して?時折ドキッとさせる表情を見せる悠臣もなかなかのイケメンですね!普段は冷たそうな男が素直に女の子をかわいいと言う瞬間!たまりません!物語は中盤から美緒の伯父である昌也が残した借金を引き金にきな臭い方向へ…ラストではこの作品らしい?夫婦共闘が見れて大満足でした!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
依都はパワー系女子!血気盛んというか文字通り命を賭して戦う姿がかっこいいですね!一方で女の子らしい一面もありそのギャップがたまりません!悠臣は冷酷系のイケメンでスパイ任務は淡々とこなす一方、依都には時折甘かったりしてそのギャップがこちらも良い!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
大正浪漫な世界観で描かれる契約夫婦な2人の賑やかで楽しいお話しでした!続刊でますよね…?2巻も楽しみです!

どんな人にオススメか?
大正浪漫的な世界観で描かれる契約夫婦ものが読みたい方は!バトルシーンが多めな一方で契約夫婦ものらしい部分もたくさん味わえます!いわゆる女性向けですが男性も問題なく楽しめます!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

身代わり花嫁は命を賭して 主君に捧ぐ忍びの花



著者

英志雨



レーベル

角川ビーンズ文庫


ISBN

978-4-04-114422-0

表紙画像のリンク先