どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのはハマカズシさんの

「ノベルライト 文系女子、ときどき絶叫女子。」

です!
img_ 9784094531756

☆感想☆

ストーリー A
内容は、ガガガ文庫が大好きな陰キャぼっち女子の早乙女青春。彼女はキラキラした青春に憧れながらもそんな青春は遅れずにいた。そんなある日、同じくガガガが好きだという田中京子に出会う。同じガガガ好きに出会ったことに舞い上がり意気揚々と自宅へ京子を誘う青春だが、京子が好きなのは同じガガガでもパンクバンドのガガガSPが好きだということが判明する。図らずとも失態を犯してしまった青春は京子のけいおんぶ設立に協力することになるが…とこんな感じです!

〜ラノベガールはパンクガールと青春したい〜

ハマカズシさんの新作!ハマカズシさんの作品を読むのはしばらくぶりですね…なかなか読むタイミングがなく…今作はパンクバンドのガガガSPとのコラボ小説ですね!ガガガ文庫とガガガSPはどちらももちろん知っているんですけど、ここまでコラボがなかったことが逆に意外ですよね。
閑話休題。
ガガガSPの楽曲を取り入れながら青春と音楽をやる作品として楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。1人叫ぶ青春(あおはる)ちゃんが描かれます。青春って名前なのに陰キャぼっち女子なの掴みばっちりですね!キラキラした青春に憧れて、でもキラキラなれなくて叫んでいたところを京子に見つかります。そして同じくガガガが好きだということが判明し陰キャゆえのハイテンションで自宅に案内したらガガガはガガガでもガガガ文庫ではなくガガガSPが好きだということが発覚!1人で叫んでいたという弱みを握られてしまった青春は京子の軽音部設立計画を手伝うことになります!お互い好きなものや性格は真逆でも、お互いに好きなものをいいねしあえる関係!めちゃくちゃ素敵ですね!紆余曲折の末に青春はラノベ部を、京子は軽音部を立ち上げようとしますがどちらも認めてもらえない!認めてもらうには文化祭のライブで観客100人集めることと、ラノベを100冊売ることを課せられます!バンドメンバーを集めて練習したり、パンクバンドとしての問題に直面したり…色々な壁にぶつかりますが2人が意見をぶつけ合ってより良いものにしていこうとする過程はキラキラしていてめちゃくちゃ青春でしたね!終盤のライブシーンもめちゃくちゃ盛り上がりましたし最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
青春ちゃんは陰キャ女子!という感じがして非常に良きでしたね!ラノベ、特にガガガ文庫が好きな女の子なんて高校時代にいたら惚れてましたよ…ラノベのことになると語りが止まらないところとか愛おしい…京子は明るくて元気いっぱいなギターガール!青春をぐいぐい引っ張ってくれる頼もしい存在であり、また青春に生きるかっこいい女の子でしたね!その他のキャラも魅力的でした!

最後に
ガガガ文庫とガガガSPの魅力がギュッと詰まった作品でした!1巻で綺麗に終わっていますが続きがあるならまだまだ読みたいですね!

どんな人にオススメか?
青春もの、音楽ものが好きな方は!ガガガSPとのコラボ作品ですがもちろんガガガSPを知らなくても楽しめますしここからガガガSPを知っていくのもありだと思います!青春ちゃんと京子の青春はキラキラしていて刺さること間違いなし!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ノベルライト 文系女子、ときどき絶叫女子。



著者

ハマカズシ



レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453175-6

表紙画像のリンク先