どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは鷹山誠一さんの

「孤高の王と陽だまりの花嫁が最幸の夫婦になるまで 1」

です!
img_ 9784798635002

☆感想☆

ストーリー A
内容は、血みどろの戦争と国内改革を乗り越え周囲から恐れられる孤高の王・ウィルフレッド。そんな彼は政略結婚で隣国の王女・アリシアと結婚することに。庶民出身のアリシアは持ち前の人懐っこさで瞬く間にウィルフレッドと打ち解けていく。そんなアリシアに癒されていくウィルフレッドだが、アリシアを狙う刺客が現れて…とこんな感じです!

〜冷血な王を優しくしていく王女様〜

鷹山誠一さんの新作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。ありがとうございます。孤高と呼ばれる王と明るい王女のやりとりが微笑ましくて温かいファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。アルフレッドが孤高の王と呼ばれている所以が描かれます。圧倒的な戦闘の才能を持ち、血みどろの戦争と容赦のない国内改革を行い、血が繋がった家族は腹違いの弟しかいない…なかなかに壮絶な人生を送っていますね…そんな彼は政略結婚として隣国の王女アリシアと結婚することに。アリシアもまたなかなか過酷な人生を送っていますね…親は王で母親は元侍女。当然そんな立場なので政略結婚させられるまでは母親たちと暮らしていて政略結婚させられるタイミングで都合よく駒として…でもアリシアは序盤から底抜けに明るくて見ているだけで元気になれますね!そして始まる2人の夫婦生活!国内外から恐れられるウィルフレッドによくも悪くも人懐っこく接するアリシアとそんな彼女に次第に笑顔が増えていくウィルフレッド…政略結婚ということもあり甘々な夫婦生活!という感じではないですがいいコンビだなーと感じる場面が多くて見ていて楽しいですね!終盤ではアリシアを狙った刺客が…刺客に対するウィルフレッドの冷酷な決断やそんな彼を癒してあげるアリシアがすごくよかったですね…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ウィルフレッドは孤高の王と呼ばれる冷酷な青年!でもアリシアと接する中で笑顔が増えたり人間らしいところを見せてくれたりと彼女の言うように優しい人間なんでしょうね…アリシアは庶民出身の王女さま!底抜けに明るくて人懐っこくて見ているだけで癒されますね…ウィルフレッドとの距離感もバッチリでした!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
孤高の王と人懐っこいアリシアの夫婦生活が楽しいファンタジーでした!これはぜひ2巻が読みたいですね!まだまだウィルフレッドとアリシアの夫婦生活がみたい!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
ファンタジー舞台の夫婦ものが読みたい方は!まだラブコメのラブ成分は少なめですが今後そのあたりは期待できそう?ですし、ウィルフレッドとアリシアのやりとりは見ていて楽しいですし癒されます!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

孤高の王と陽だまりの花嫁が最幸の夫婦になるまで 1



著者

鷹山誠一



レーベル

HJ文庫


ISBN

978-4-7986-3500-2

表紙画像のリンク先