どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは裕時悠示さんの

「彼女にしたい女子一位、の隣で見つけたあまりちゃん」

です!
img_ 9784041149737

☆感想☆

ストーリー A
内容は、いい奴だけど地味で背が低いが故にモブ扱いな福助はクラスで1番かわいい結愛に一目惚れしてしまう。しかし彼女だけではなく福助が目を奪われる女子がもう1人いた。それはクラスでこっそり花を飾っている少女・薄葉あまりだった。陰キャで周りにうまく溶け込めないあまりにシンパシーを感じた福助は少しずつ彼女と距離を縮めていくが…とこんな感じです!

〜モブ助と陰キャ女子〜

裕時悠示さんの新作!裕時悠示さんの作品好きなので楽しみにしてました!今作はモブと陰キャ女子をメインに時に日向に時に日陰にと色んな場面で輝く2人が楽しいラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。福助が高校に入学し結愛に一目惚れするところから物語は始まります!新高校一年生としてクラスに入ると結愛と目が合いハートを撃ち抜かれて…ベタですけどインパクトのある序盤でしたね。そしてそんな結愛の陰に隠れるようにしているあまりちゃんを見つけます。誰にも気づかれないところで花束を飾る女の子…結愛も圧倒的にヒロインですけどあまりちゃんもめっちゃかわいいんだなというのが伝わってくる出会いでしたね。そして福助はあまりおことを痴漢から助けたことで彼女とちょっとずつ距離を縮めていきます。陰キャゆえにうまく話すことができないあまりと会話を重ねて少しずつ打ち解けあっていく。2人とも主人公、ヒロインタイプではない。だからこそ深まる絆や友情があってよかったですね。福助と結愛の恋愛も少しずつ進展していきます。高校入学前から福助のことを知っていたという結愛との遊園地のシーンはめちゃくちゃよかったですね…福助は自分のことモブとか言いますけど全然モブじゃないですね…そして物語は後半の球技大会編へ!この球技大会は熱かったですね!こういうスポ根的な熱さ大好きですし、あまりちゃんが計り知れない勇気を出すシーンはイラストも含めて最高でした!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
福助は自分のことをモブだと自認する男の子。でも人のために行動できて分け隔てなく優しくて友達思いなのはモブじゃできないんですよね。主人公ですよ。福助は。あまりちゃんはTHE陰キャ女子という感じの女の子ですけど、1人ですごく頑張っているところとか見ていて応援したくなりますね。そしてそういう姿をみているからこそ最後の勇気が輝きます。結愛をはじめとしたその他のキャラも魅力的でした!

最後に
モブと陰キャ女子のラブコメとして楽しく読ませていただいました!これはぜひ続きが読みたいですね!まだまだ福助とあまりちゃんのやりとりがみたい!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ラブコメが読みたい方は!1巻時点ではまだラブ要素は少なめかな?という感じですが福助とあまりちゃんのやりとりは見ていて楽しいですし後半の球技大会での青春感やスポ根的な熱さはすごく盛り上がります!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

彼女にしたい女子一位、の隣で見つけたあまりちゃん



著者

裕時悠示



レーベル

角川スニーカー文庫


ISBN

978-4-04-114973-7

表紙画像のリンク先