2015年07月

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は大学もバイトもないのに、時間を浪費した感が半端ない1日でした。明日はもう少し有意義に過ごそう。

さて、今回紹介するのは尾地雫さんの「イレギュラーズ・リベリオン」です!
尾地雫さんは第7回GA文庫大賞優秀賞を受賞した今作が二作目となる新人さんで、第9回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞も受賞しています。ガガガ文庫で出た上記のガガガ賞受賞作である「撃戦魔法士」も紹介しているので、よろしければそちらもどうぞ↓

ざっくりとしたあらすじ。
魔法を操る人々が生活する世界。そこで、紋章騎士と呼ばれる存在になるべく養成学校のマーテリア騎士学院に優秀な成績入学したハンティス。しかし、彼はある事がきっかけで留年してしまう。そして、ハンティスは落ちこぼれが集う部隊の隊長となるが…とこんな感じです!

ジャンルは学園ファンタジーですね。古き良きジャンルですが、最近はこれに教官ものなど一捻り加えたものが多かったので、純粋な学園ファンタジーを久しぶりに読んだ感じです!

いやー、しかし作者の尾地雫さんすごいですね。「撃戦魔法士」も面白かったですが、今作も滅茶苦茶面白いですよ! しかも、二つとも魔法を設定に取り入れているのに、全然違った読み味があります!

まずは、プロローグ。大抵のライトノベルのプロローグは「まあ、こんなもんか」みたいな感じで始まって、読んでいるうちに面白くなればいいだろう。というようなプロローグが多いですが、この作品のプロローグは頭の中で映像が再生されるくらい鮮やかで綺麗なプロローグで「絶対に面白い作品だ!」と思わせてくれる素晴らしいものでした!

また、「撃戦魔法士」同様キャラが非常にいいです! 10人を超えるキャラを出しながらも、それぞれを魅力のあるキャラとして描ききっています! シスリーネの可愛さが半端じゃないです!そして、敵キャラもいいですね。敵に魅力のあるライトノベルって最近あまり多くないと思うので、ここまで書けるのは本当にすごいと思います!

ストーリーは全体を通して王道ですが、主人公を含め様々なキャラで読ませてくれるのでページをめくる手が止まりませんでした! ラストもライトノベルらしくていいですね! 

全体的にアラはあるにせよ、最近の新人ではもっとも期待できる作家さんです! ぜひ、この作品か「撃戦魔法士」を読んでみてください! 続きを楽しみにして待ちたいと思います!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
テスト勉強しないと…

朝から嬉しいニュースです!


西尾維新さんの「掟上今日子の備忘録」がドラマ化決定です!主演は新垣結衣さん! ちょっと大人っぽいかな、とは思いますが主演女優としては文句無しの経歴の持ち主なので、期待できますね!

西尾維新さんの作品のドラマ化は初めてでしたっけ? 一般にも充分受ける要素があると思うので、楽しみにして待ちたいと思います!

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
バイトがないと思ったら、レポートとテスト勉強のオンパレードで少し現実を知る今日この頃…何もかも捨てて旅にでも出たいですね(苦笑)

さて、今回紹介するのは押見修造さんの「ハピネス」です!
押見修造さんが著者紹介は昔「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で紹介したので、そちらをどうぞ↓


押見修造さんは割とシリアスでグロ・エグ・エロを描く作家さんなのですが、それらの裏側にある文学的センスが大好きで一時期は「漂流ネットカフェ」以外の全ての著作を持っていたのですが、受験を気に少し追うのをやめてしまっていました。今後はまた押見修造さんの著作を集めていこうと思うので、ブログでもちょいちょいとりあげていこうと思います!

 ざっくりとしたあらすじ。
気が弱く内気な少年岡崎は、日々幸せでも不幸でもない生活を送っていた。
そんなある日、岡崎は謎の少女に襲われ血を吸われる。その日から謎の渇きが続くことになり…とこんな感じです!

ジャンルは青春もの。グロ描写があるので苦手な方は注意してください。また、学校内のなあなあとしたヒエラルキーも描かれています。

この作品を読んで改めて感じたのは、押見修造さんの絵柄と青春もの、思春期の少年・少女はとてもマッチするということです。青年漫画を描かれる漫画家さんは極度に美化されるか、極度にリアルな学生しか描かないイメージがあるのですが、押見修造さんはその中間である「フィクションでもリアルでもありそう」な絵で、青春ものとして非常に入り込みやすいです!

ストーリーは吸血鬼?を押見修造さんらしく料理していて、まだまだ序盤ながら岡崎の立場が血を吸われてからの変貌っぷりで魅せてくれるものになっています。

あと、男女の微妙な距離感も魅力です!押見修造さんの作品は最後に読んだのが「ぼくは麻理のなか」だったので、余計にこの距離感が素晴らしいと思いました。

まだ一巻しか発売していませんが、今一巻を読んでおけば、別冊少年マガジンでそのまま続きを読めるのでオススメです! 一風変わった吸血鬼もの、暗めの青春ものが読みたい方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

今日は夜にもう一つ記事書きますが、先にこんな話題をご紹介!


ライトノベルを含む様々な朗読サービスが始まったようです!

朗読というと、星海社で乙一さんの小説を朗読しているものなどが出ていて、どちらかというとCDのイメージが強かったですが、こういったサービスが出るのは新たな展開として嬉しいですね!

ただ、使うかどうかと聞かれたらたぶん使わないでしょうね(苦笑)普通に読んだほうが早いですから。

夜にまた記事書くので、暇だったら見に来てください!

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
バイトが三連勤です(苦笑)三日で合計22時間働きます…まずいですね…

さて、そんな疲労困憊の極限状態の中紹介するのは田中ロミオさんの「灼熱の小早川さん」です!
田中ロミオさんはシナリオライターの方で、ライトノベルの分野ではアニメ化された「人類は衰退しました」「AURA」が有名です。今作も上記二作品同様ガガガ文庫から刊行されています。

田中ロミオさんの作品は「AURA」しか読んだことがなく、何これ滅茶苦茶面白いじゃん! と非常に楽しませてもらったので、今作も期待していましたが、今回はダークな方向でまた違った面白さがありました。

ざっくりとしたあらすじ。
高校に入学して、始まった新たなクラスでの、新たな生活。平穏に学校生活を送ろうとする主人公飯島だが、クラス委員に小早川さんがなってしまったことから全てが変わってしまう…と、こんなにです!

ジャンルは学園もの。かなりシリアスな作品です。

読んで思ったのは、飯島のクラスの状況は自分も体験したなー。ということです。ネタバレになるので詳しくは言えませんが、こういうクラスって誰もが一度は体験or自分のクラスではなくても見てきた光景なのかなー、と思いました。

あと、登場人物たちの距離感が絶妙なんですよね。これもまた、自分が現実で体験してきたこととリンクして痛くなります。親、友人との距離はまさに高校生の時は飯島と同じスタンスでした。

ダークで暗い話と言いましたが、随所にユーモアも散りばめられていて、テンポよく読めます。また、小早川さんの趣味? は少し笑いました。それと、タイトルにもある「灼熱」は作中に出てくる炎の剣が関係してきます。この炎の剣も最後でその意味に気がつくと、なるほど…と納得します。

短いページ数ながら、自分もこんな学園生活送ってきたなー。と、どこかでリンクするようなお話です。一巻完結なので、気になった方はどうぞ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

↑このページのトップヘ