2015年08月

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日はバイトなので簡単な記事で…すいません(^_^;)

さて、今回は10月からアニメが放送される「学戦都市アスタリスク」についてのお話を。

公式サイト↓

過去の紹介記事↓
学戦都市アスタリスクはMF文庫発の学園ハーレムバトルもの。ISから脈々と流れを受け継ぐ作品群のひとつですね。

まず、この作品は売り上げ的にはMF文庫が今までアニメ化してきた作品と遜色ありません。しかし、MF文庫のアニメは1クールが基本なのに対し、アスタリスクは2クールに加えてゲーム化まで決定(ソーシャルゲームではなくvitaでのゲーム化)と異例の待遇の良さがあげられます。

これだけなら単純にアスタリスクを押していくんだなー、と考えられますが、同時期にはアリアのアニメも控えています。こちらは原作の売り上げ、根強いファンなどから確実な計算ができるはずですが、並べてみれば明らかにアスタリスクに力を入れています。

なぜだろうと個人的に考えてみたのですが、やはりアスタリスクを第二のISにしたいのではないでしょうか?イラストのokiuraさんはMF文庫版ISのイラストを担当していましたし、コミカライズなどアニメが始まる前のメディア展開も他の作品とはワンランク上な気がします。

アスタリスクは本当の意味でMF文庫の主力になるかもしれませんね。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
いつの間にか通信制限…Twitterやりすぎましたかね? 

さて、今回紹介するのは「ヴァン・ヘルシング」です!
作画の行徒さん、原作の河田雄志さんは「新世紀エヴァンゲリオン ピコピコ中学生伝説」や「学園革命伝ミツルギ」などが有名な方です。

ざっくりとしたあらすじ。
伝説の吸血鬼ハンター、ヴァン・ヘルシング。彼は何匹ものヴァンパイアを倒してきた有名な吸血鬼ハンターだ。しかし、彼はその実力と引き換えにセコイ手段でヴァンパイアを倒していく…とこんな感じです!

ジャンルはギャグ。表紙絵がこんなぬ上手いのに? と驚いた方も多いでしょうがギャグです。

まず、作画担当の行徒さんですが、ジャンプ系列の漫画家さんなら小畑健さんや叶恭弘さんに匹敵するほどの画力があります。しかし、内容はギャグです。

とにかくすごいのは絵と内容のミスマッチです! こんなに上手い絵で、こんなにギャグをやられたら面白くないわけがないです! 小学生レベルのギャグがこの絵で繰り広げられていきます!

この作品、何が面白いかと言うとヴァン・ヘルシングの戦い方が面白いです! 吸血鬼に有効な聖水を水風船に入れてみたり、変てこな機械を作ってみたり…呆れるような戦い方で吸血鬼達を滅していきます(苦笑)

また、各話の最後についてくるヴァン・ヘルシングの日記も必読です! これもまたユーモアに溢れていて、思わず笑ってしまいますw

この作品は現在2巻まで発売されています。連載はとなりのヤングジャンプでされていて、こちらで無料で読むことができるので、気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日はバイトなので、簡単な記事で…

さて、今回紹介するのはこんな話題!


ライトノベルのイラストを手がけるイラストレーターさんのお話です! 

イラストレーターって基本在宅という印象があったので、子育てや家事をしながらでもそこまで負担ではないのでは? と勝手に思っていましたが、まったくそういうことはないみたいですね。一週間で50時間の仕事ですと、普通のサラリーマンと同じですよね。

しかし、こうして家事や子育てをしながら頑張る方がいるという事実が、後進のイラストレーターさんに与える影響も大きいと思うので、これからも頑張っていただきたいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
バイトに行きますε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄◇ ̄)┘

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ブログ開設一周年になりましたが、特に変わりなくブログを更新しています…
夏休みの間にもう一度ブログのリニューアルを行うかもしれないので、その時はその時で…

さて、今回紹介するのは筒井大志さんの「IDOROLL アイドロール」です!

筒井大志さんは最近お気に入りの漫画家さんの一人で、このブログでも今までに2作品ほど紹介しています。

ざっくりとしたあらすじ。
ロックでビックになるために、バンド活動をしていた一ノ瀬一乃は、ある日そのあまりに低い身長のせいでバンドを強制脱退させられる。住む家も失い途方にくれる一乃だが、そんな彼女の前に昔世話になった五反田音羽が現れ窮地を救う。
職を求める一乃に対し、音羽は自分の経営するアイドル喫茶を紹介する…とこんな感じです!

ジャンルは一風変わった青春ものですかね? 22歳の女子がアイドルを目指す物語となっています。

まず初めに言っておくと、僕はあまりアイドルが好きではないです。好きではないというより、アイドルを理解できないです。それは、女性アイドルも男性アイドルも同様で、どうしてきらびやかな衣装を着て人前で他人が作った歌やダンスを踊るのかがこの歳になってもわかりません。なので、今作は作者ありきで買いました。しかし、とても面白かったです!

アイドルをまったく知らない僕としては、用語がきちんと解説されていたりと好印象な部分がとても多かったです! アイドル喫茶なるものがあることもこの漫画を読んで初めて知りました!

ストーリーはまっすぐで、一乃が慣れないアイドル喫茶の仕事を必死でこなそうとする姿には共感しました! それに加えて一乃がアイドル文化に触れていくなかで、価値観を変容させていく過程が興味深かったです!

この作品は現在一巻まで発売されています。僕のようにアイドルにあまり良い印象を持っていない人でも楽しめる作品です! 背の低い女子が頑張るお話を読みたい方は是非!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
誰もブログ開設一周年は祝ってくれませんでしたorz

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
さて、もうタイトルで気付いてくれた方も多いでしょう

ついに、ブログ開設一周年になりました!

本当にありがとうございます!
まさかここまで来れるとは思ってもいませんでした!本当にありがとうございます!

この記事を入れて通算380記事。受験休みを入れて1年。ブログを続けてこられました。ここまで来れたのも閲覧者様のお陰です。感謝しています。

思えばここまで長かったです…
大学受験を控えた去年の8月20日。何を血迷ったか書籍紹介ブログを始めました。始めの一カ月は一日一人閲覧者がいればいいほうで、何のためにブログを続けているのか、もうやめて勉強した方がいいのではないのか、本当に迷いました。

しかし、少しずつ閲覧者が増えていき、自分のブログを誰かが読んでくれたという事実が、僕を励ましてくれました。このブログを続けられているのも、ひとえに閲覧者様のお陰です。

このブログはアフィリエイトも広告もなく、非営利で運営しています。むしろこのブログで紹介する書籍を買っている分赤字ともいえます(まあ、読書が好きなのでいやいや買っているわけではありませんが)ブログを続ける理由は自分がオススメの本の紹介記事を誰か読んでくれている。その事実だけです。

1日一回見に来てくれるだけで、僕はこのブログを続ける意味を見出せます。
無理にとは言いませんし、決して言えません。しかし、たったワンクリックでこのブログを書いている人が、記事を書く意味を見出せていると思い出してくれれば幸いです。

本達は荒野に眠る〜まだ見ゆ最果てへ〜は最低でも僕が大学在学中は続けていくつもりです! 閲覧者全員のニーズに応えるのは難しいですが、これからも応援してくれると嬉しいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日からは通常運転です!

↑このページのトップヘ