2015年09月

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日もバイトなので、この記事だけの更新で…そろそろ積本がヤバイ…

さて、今回は少し前に行った第1回ライトノベルテストの結果集計を公開します!

問題にある通り、点数のみの公開です。

結果発表

・平均点 68.40

・最高点 92点

・#ライトノベルテスト1で、点数をツイートしてくれた方 23名

・点数が把握できたツイート 2名

・コメント欄に点数を書いていただいた方 2名

点数分布

・50点〜60点 5人

・61点〜70点 14人

・71点〜80点 4人

・81点〜90点 3人

・91点〜100点 1人

以上です!

まず、お詫びです。
問題に多数の間違いや誤解を招く表現が多々あり、何名かの方からご指摘をいただきました。全て自分の確認不足が招いた事態です。ご指摘をしてくださった方をはじめ、問題を解いてくださった方に、重ねてお詫び申し上げます。

さて、結果のほうですが、問題が難しいや、古い知識が多いなど、色々言われましたが(苦笑)個人的には平均点が65点になるように作ったので、満足のいく結果となりました! ちなみに、この難しい問題の配点が低いテストは中学時代の先生が取り入れていた方法です。

10人くらいの方にやっていただければ…と思って作りましたが、その倍を超える方と、図らずともライトノベルを作る側の方にもテストに挑戦していただけたということで、失礼があったのではないか、今後ライトノベルを買えなくなるのではないか、ビルの屋上からスナイパーが、ライトノベル読み界隈から僕を消そうとはしないか…不安です…

今後もやるかもしれませんが、知っての通り僕のブログは零細ブログなので(苦笑)もう少し、1日のUUが増えてからにしようかなー…と。第2回はここ最近の知識を問うようにしたいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

手短に…


これ、アニメ化するんですね…なんか新妹魔王の後追いとしか思えないです…

まあ、今のスニーカー文庫の編集長の方針的には色物多めみたいですし、久しぶりに生え抜きの新人のデビュー作のアニメ化ですし、そう言った意味では期待有ですね!

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
大学プラスバイト、さらに充電がないので、更新が日付変わるかもしれません…

さて、今回は久しぶりに漫画を紹介します! 紹介するのは宮島雅憲さんと五十嵐正邦さんの「凹凸アニメーション」です!

ストーリー B
この時点では良くも悪くも漫画のストーリーとしては普通。しかし、雑誌でも購読していた僕としては、阿部のいる町、コーポ失楽園を手がけた二人の漫画というだけで楽しみで仕方なかったです! 話としては一人のアニメーターの成長譚。それを少年漫画としてうまく仕上げています!

キャラ B
アニメーターはこんな人ばっななのか…と思わなくもなかったですけど、魅力的でした! しかし、主人公が弱い。周りに振り回される役なので仕方ないですが、もう少し魅力があれば…

絵 A
ストーリーとかっちり噛み合った素晴らしい絵でした!個人的には男性の絵がものすごく良かったです!

総合 A
アニメの裏側は様々なメディアでやられています。しかし、お二人がそれを描くとまた違った魅力があります! 残念ながら、本誌での連載は終わってしまいましたが、単行本は買って、今後もお二人の作品を追っていきたいと思います! 早くマガジンにもどってきてください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日から大学が始まってしまいました…早速課題が出たので頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

さて、今回は久しぶりに純文学の紹介ということで、中村文則さんの「掏摸」を紹介します!

文章力 ☆☆☆☆☆
文句無しの満点ですよ。そもそも文章力で中村文則さんに敵う作家さんは、片手で数えるほどです。何と言っても、掏摸描写が圧倒的。読者を自分自身が掏摸しているように、思わせることができるなんて…驚くような文章力はありませんが、ねじ伏せられた。そんな感じです!

表現力 ☆☆☆☆
決して悪くはないですし、むしろ良いです。しかし、子供の描写が甘かったです。いい意味でも、悪い意味でも子供が子供らしくなく、子供が子供として物語に存在していませんでした。このストーリーなら子供ではなく少年か青年のほうが良かった気も…

総合 ☆☆☆☆☆
非の打ち所がない作品でした! 掏摸をする主人公と、彼を取り巻く環境。それを文章で描き切った中村文則さんにやられました。「王国」という作品で、実質的な続きも描かれているようなので、そちらも読んでみたいと思います!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日は漫画を紹介します( ̄^ ̄)ゞ

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
金木犀の花が香しい今日この頃…皆さん最近いかがお過ごしですか? 僕は明日から大学が始まることに絶望しています( ꒪Д꒪)

さて、今回紹介するのは尾地雫さんの「撃戦魔法士2」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
いやー、本当に尾地雫さんはすごいですね! 久しぶりの大型新人ですよ! とにかくスピード感とキャラの魅力が半端じゃないです! 今回も新たなキャラが増えましたが、前巻のキャラを生かしつつ、しっかり魅力的なキャラとしてストーリーを盛り上げていました! また、前巻のアラがなくなり、さらにスピード感が増しました! 相変わらずストーリーは王道ですが、それがキャラの魅力を引き立てるのに一役かってます!

前巻と比べて A
前巻は若干王道過ぎた印象がありましたが、今回は王道を踏襲しつつも伏線が綺麗に張られ回収されていて、かなりの好印象! キャラも増え賑やかさも増し、楽しい物語になってきました!

今後の期待度 A
増えたキャラを三巻でどう扱うのか、かなり気になります! 早く続刊を! イレギュラーズ・リベリオンの方も待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

↑このページのトップヘ