2015年11月

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
久しぶりに髪切ってきました! 前髪のボリュームがダウンして、視界が広がりました! これでスナイパーになれる!

さて、今回紹介するのは杉井光さんの「終わる世界のアルバム」です!

ストーリー A
人が消えて、周囲の人々が死者の記憶を維持できずに忘れ去られてしまう世界。そんな世界で例外的に死者の記憶を維持できる主人公といつの間にかクラスの一員として溶け込んだ少女のお話。
普段小説で泣くことは滅多にありませんが、読んだ当時は馬鹿みたいに泣きましたね。切なくて、残酷で、なのに温かい。そんな世界の、道端に咲く花のような恋物語。カタルシスも最高で、特にストーリーの中に出てくるイヤホンを二人で使うシーンは今でも思い出します!

キャラ A
まあ、言ってしまえばいつもの杉井光式スターシステムなんですが、奈月はちょっと特殊でした。普段の杉井光式スターシステムのヒロインたちでは、しないだろう発言、行動をしていました。それが、ストーリーに見事にマッチしたので、この評価で。

今後の期待度 評価不能…
一巻完結なので、この評価で…

どんな人にオススメか?
とにかく切ない恋物語が読みたい方にはオススメです! MW文庫で、一般向けでもあるので、まだ作品を未読の杉井光ファンはぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ということで、久しぶりの連投です! 本当はもっとブログ更新したいんですけどね(苦笑)

さて、今回紹介するのは川原礫さんの「絶対ナル孤独者2」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
前回はなあなあな感じで戦って、終わった印象が強かったですが、今回は組織に加入して、正式な任務として敵を追い詰めていってからのバトル! 迫力満点で良かったです! 料理シーンでほっこり、バイクのシーンはユミコの格好良さが光ました!

前巻と比べて A
バトルは今回の方が圧倒的に面白かったです!それに加えて新キャラもグッド! 箕輪さんが、今後どうなるか気になりますが、組織としての活動の行方も気になりました! 

今後の期待度 A
SAOとAWに力を入れているからか、こちらはのんびりな感じですが、三巻でグンっと上がると思うので、楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は大学がないということで、色々と作業が進みました! もう少し待っていただくと、良い報告ができると思います!

さて、今回紹介するのは川原礫さんの「絶対ナル孤独者」です!
ストーリB
よくも悪くも平凡なストーリー。しかし、川原礫さんが書くと不思議と引っ張られます!
サードアイと呼ばれる球体によって、不思議な力を得た主人公ミノルが、戦うというもの。後述しますが、ミノルは特別いいキャラではありませんし、SAOほどのめり込ませる何かもありません。ただ、作りが丁寧で、文章力の高さでサクサク読ませてくれます!

キャラ B
比べるのは筋違いですけど、SAOのキリトとは対照的な主人公ミノルは、今の時点では薄っぺらいです。ヒロインもいていないようなもの…しかし、敵キャラがかなり作りこまれていて、敵キャラに関する描写も多く、敵の魅力に溢れていました!

今後の期待度 A
これは今後面白くなっていく作品なので(ニ巻まで読んだ僕が保証しますw)一巻が微妙でも、とりあえず二巻を読んでみてください! 

どんな人にオススメか?
2000年代に多数あった、異能バトルものが好きな方はぜひ。また、SAOとはかなり毛色の違う作品なので、SAO的なかっこよさを求めている方は要注意です!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
連投します!

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
さて、昨夜の連動企画は読んでいただけたでしょうか? ライトノベルブロガーとして、大先輩にあたる方にもお褒めに預かれて(?)、その上作家さんにも応援していただいて…本当にありがとうございます!

さて、今回紹介するのは尾地雫さんの「イレギュラーズ・リベリオン2 氷炎共鳴」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
今回は新第29部隊として、生まれ変わったハンティス達はいきなり解散の危機に⁉︎ という、というお話とシスと姉のシオンのお話。
いやー、面白かったです! とにかく熱い! 今回は時系列が行ったり来たりしない分テンポ良く読めました!前巻もテンポは良かったですけど、今回はそれ以上ですね!キャラも増えてさらに賑やかになりましたが、ストーリーも負けず劣らず盛り上がっていました!

前巻と比べて A
はるかにいいですね! いや、前巻の時点で新人離れした面白さはありましたが、今回も最高でした! キャラの魅力が二巻にきて、グッと引き出されました! (まあ、ブラックアウトとナンパだけの男もいましたがw) 特にシス! もう、今回で惚れましたよ(ノ▽〃) なんて可愛いんですか!

今後の期待度 A
あとがきを見る限り、激戦魔法士の二巻より、イレギュラーズ・リベリオンの二巻はかなり難産だったようですが、今後も楽しみな作品ですね! 次はマロンやサヤにもスポットを当てた話を期待してます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回は前置きなしでお話しします。タイトルで気付いた方もいらっしゃるかと思いましたが、僕の些細なツイートがきっかけとなり、ライトノベルブロガーさんと合同で「今年デビューした注目の新人ライトノベル作家」という記事を書くことになりました!

協力していただいたのは「読書する日々と備忘録」のよっちさん、「晦夢の夢でラノベを読む」を晦夢さん、「晴れたら読書を」のみかこさん、「働きたくない村人のラノベ日記」の村人さんです!本当にありがとうございます!

以下は他のブログの記事のリンクです↓

読書する日々と備忘録

晦夢の夢でラノベを読む

晴れたら読書を

働きたくない村人のラノベ日記

さて、それでは企画の説明を行います! 今回は僕を含めた五人のライトノベルブロガーさんが、以下の条件の中から、一押しの新人を五人選びました!

・対象は2015年1月から11月上旬まで発売された作品の中から選出。

・その期間の中でデビューしたライトノベル作家さんを対象。

・商業でデビューしたことがある方は除く

・新人賞経由でも、拾い上げでも、なろう書籍化でもあり

・新潮文庫nexや富士見L文庫などのライト文芸も含む

この条件の中からセレクトしてもらいました! 
それでは早速、僕の選んだ作家さんをご覧ください!

稲庭淳さん
紹介記事↓

第4回講談社ラノベ文庫新人賞で佳作を受賞しデビューした稲庭淳さん。イジメをテーマにした「ラン・オーバー」は、人間の狂気を描ききっていて、衝撃のラストまで楽しませてもらいました! 「ラン・オーバー」は一巻で完結しましたが、二作目も楽しみな作家さんです!

須崎正太郎さん
紹介記事↓

僕の大好きな経済系ライトノベル「隠岐島千影の大いなる野望」でデビュー。新人賞からの拾い上げ組のようですね。コメディ色が強く、オタク系の話題が強いですが、高校生達が本気で考え銀行を経営し、最後の一発逆転で勝利する様は痛快でした! DX文庫の中で今年デビューした方の中では一番の新人さんです!

尾地雫さん
紹介記事↓




紹介記事↓

ガガガ文庫とGA文庫の二レーベルからデビューした大物新人作家さん! 個人的にイチオシです!「激戦魔法士」「イレギュラーズ・リベリオン」どちらともキャラを多数出しながら、きちんとした書き分けがなされていて、鎌池和馬さんを彷彿とさせてくれました! 今月早くもデビュー4冊目となる「イレギュラーズ・リベリオン2」も発売され、今後さらなる期待がかかります!

江本マシメサさん
紹介記事↓

なろうコンを受賞し、宝島社の単行本からデビュー。「北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし」は貴族の青年リツと、退役軍人のジークが仮結婚し、雪国で伝統的な狩り暮らしを行うお話。二人の微妙な距離感と、狩り・伝統工芸品作りの描写はとても繊細でした! 12月に二巻も発売予定で、今後も楽しみな作家さんです!

なみあとさん

なろうコンを受賞し、ぽにきゃんbooksからデビュー。ファンタジーの世界観で紡がれる温かみの溢れるストーリーと、宝石を吐くという特殊なヒロインのクリューの可愛さが最高にグッドです! あと、作者のなみあとさんがTwitterでとても面白いです(苦笑)「宝石吐きのおんなのこ」の三巻も待ってます!


以上になります!
新人ライトノベル作家は毎年、何十、下手をすれば百数十単位でデビューします。なろうの書籍化も進み、デビューの門扉は広がりました。しかし、よほど作品が売れるか話題にならない限りは、いくら才能があろうとも埋もれていってしまうのが現状です…この記事を通して、有名どころしか読まない方や、新人の作品は面白いかどうかわからなくて買いづらい…といった方にも、ぜひ新人ライトノベル作家さんの作品を読んでいってもらえばと思います!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
本当に些細なツイートがもとでしたが、ご協力をいただいた方々には重ねて御礼を申し上げますm(_ _)m

↑このページのトップヘ