2016年11月

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は栗を食べました。秋の味覚ですね。

さて、今回紹介するのは海道左近さんの「<Infinite Dendrogram>―インフィニット・デンドログラム―1 可能性の始まり」です!

ストーリー A
内容は、ダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>は各プレイヤーの行動や選択、プレイスタイルによって独自に能力が進化するエンブリオと呼ばれるシステムと本物の人そっくりのティアンというまるで本当にゲームの世界で生きているかのようなNPCを搭載し人気を博していた。大学受験を終えた主人公の椋鳥玲二はかねてから兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>の世界に飛び込む…とこんな感じです。
ジャンルはいわゆるVRMMOもの。フルダイブ型のゲームで主人公が冒険していくものとなっています。
発売即重版、コミカライズ決定と波に乗るHJ文庫の新作です。
すごく面白かったです! まだまだ物語は始まりの始まりで無限の可能性を秘めていますね。まずゲームのシステム面ですが、エンブリオというシステムがすごくいいですね…ある程度ジョブで固定されるとはいえプレイヤーが唯一無二のアイテムを持つという設定はとてもワクワクしました! 武器や防具から戦車やはたまた人型のものまで。様々なエンブリオがあり、それを使ってゲームの攻略を楽しむというのはすごくいいですね〜。そして普通のゲームとは違いNPCであるティアンは死んだら生き返らない、もし国家間で戦争が起こり国が一つなくなってもそのままなど割と容赦のない設定も魅力的でした!デスペナルティとして24時間ログインできない、ゲーム内の時間は3倍の速度で進むなどの時間関係の設定もストーリーにうまく作用していました。
前述の通りストーリーは本当にまだ序盤で設定を紹介したりといった場面がやや多いです。しかし、魅力的なキャラによるエンブリオを使った戦闘シーンは迫力がありました! 文章も読みやすく新人とは思えない作品でした!面白かったです!

キャラ A
主人公の椋鳥玲二ことレイがいい感じですね…普段はおとなしい印象を受けますが、戦いとなると熱い…好感度高いです! レイのエンブリオであるネメシスも魅力的な女の子でした! 人型のエンブリオなんですけど、古風な口調でレイをからかってみたり女の子らしくアンデット系のモンスターに怯えてみたりと可愛かったです!レイの兄、パーティを組むことになったルークと男性キャラに魅力的な人物が多かったです!

今後の期待度 A
これはすごく楽しみな物語ですね! 12月の終わりに2巻の発売も決まっているみたいですし、1巻は序盤も序盤なので2巻以降どのように物語を動かしていくのか…非常に楽しみです!

どんな人にオススメか?
VRMMOものが好きな方はぜひご一読を! デスゲームほどの緊張感はありませんが、デスペナルティが結構きついうえ一度死んだNPCは生き返らないなどの設定もあるので割とシリアスな雰囲気もあります。これからすごく面白くなっていくシリーズだと思うので気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
最近街ではクリスマスのイルミネーションが…もうクリスマスですが…ですか…

さて、今回紹介するのは西尾維新さん原作、暁月あきらさん作画の「症年症女2」です!
前巻の記事↓

ストーリー B
12歳になると必ず死ぬという新病を我が名にすることで個性を得たい少年と、少年と同じ新病にかかり先に死ぬ運命にある少女の物語。今回から物語が動きだすかと思いきや、三巻以降の下地作りという印象が強かったですね…少女ちゃんの帰還、病気の裏側、そして新たな患者…伏線を張り巡らせるターンという感じで、前巻ほどのインパクトはありませんでしたね。ただ、この伏線を予想外の方向へ持っていってくれることに期待したいですね! 迫る少女ちゃんの寿命を前に少年君はなにをするのか…楽しみです!

キャラ A
相変わらず少女ちゃんの馬鹿みたいな才能が輝いていますね…特に芸術関連の才能は秀でています。そして少年くんは年相応に隙があったりなかったり…変なところ聡いのに変なところ気づきませんね…毒も裏で色々やっていますし、今後どんなアクションを起こしていくのか…

総合 A
タメのターンという感じでしたね。少年くんの計画はどうなるのか、そして新病の真実は、2人の運命は…三巻が待ち遠しいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
本格的に寒くなってきましたね…風邪をひかないように気をつけたいです。

さて、今回紹介するのは瀬尾順さんの「闇弾の少女と殺さない暗殺者ーミッドナイト・バレットー」です!

ストーリー A
内容は、平凡な高校生笹倉純はある日謎の少年に銃撃される。なんとか少年から逃げ切った純が家に帰ると、そこには純のボディーガードを自称する少女青海幽子がいた。彼女は純の家系は暗殺者の家系であり、暗殺者を養成する学校に通う必要があると言う。少女に導かれ暗殺者の道へ一歩を踏み出す純だが、再び純を銃撃した少年が現れ…とこんな感じです!
ジャンルはボーイミーツガールにループものを足した感じになっています。個人的にはセカイ系っぽさもあるかな?と思ってみたり…
いやーよかったですね…瀬尾順さんの作品は前作の「一ナノ秒のリリス」が大好きで今作も購入しましたが、個人的には大満足の内容でした!250pちょっとの厚さにかなり要素が詰め込まれていていますが、うまくまとめられていますね…世界を変えるほどの異能は純と幽子の関係のために世界にまで干渉する…この辺りがど真ん中でストーリーで突き刺さりました! こういう話大好きなんですよ! いいですね2人の想いと関係が世界に銃口を向けるような設定…素敵です…ストレーリーとしての流れはよかったんですけど、純が幽子を信頼していく、暗殺者としての覚悟を決めていく、その辺りの内面と対人関係の進歩みたいな部分はもう少し詳しく描かれていてもよかったと思いました。あと暗殺者養成学校の描写が少なかったことも気になりましたが、あくまで純と幽子の物語ですからね…仕方ないですかね…色々言いましたが個人的にはどストライクの素敵な作品でした!面白かったです!

キャラ A
キャラ的に仕方ない部分もあるとはいえ純はもう少し内面を見せて欲しかったですね…最後のほうでは固まってきますけど、ちょっとふわふわしすぎた感があります…メインヒロインの青海幽子はすごく可愛かったです!いいですね純のため純のためと主人公ファーストで動く女の子…些細な仕草や言動、一度繋いだ純の手をなかなか離さないところにキュンキュンしました! サブキャラもいい働きしていて、魅力的なキャラがストーリーを彩っていました!

今後の期待度 A
続き! 続きをお願いします!純と幽子がどんな結末を迎えるのかすごく楽しみです! 2人のいちゃいちゃも見たいですし…続刊が楽しみです!

どんな人にオススメか?
ボーイミーツガール、ループもの、セカイ系が好きな方は!ループものといっても少し変則的です。色々と気になる部分もあるとは思いますが、好きな人はすごく好きな作品だと思います! 気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
なんだか久しぶりに感想記事書く気がします…まあ海外行く前はストックを、戻ってきてからは企画記事しか書いていませんでしたからね…

さて、今回紹介するのは永菜葉一さんの「インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告」です!
ストーリー A
内容は、西暦2021年に夢現譜症候群が発見される。これに感染した人は必ず2029年12月31日に3分間意識が飛ばされ未来が見えるというものだった。主人公のレオは未来視を体験するが、未来の自分はなんと無差別殺人鬼となっていた。1年後に迫ったXデー。レオは自らの異能で殺人鬼になる未来を回避しようとしていた。そんなある日、ある少女がレオの元にやってきて…とこんな感じです。
ジャンルはSF。それとバトルも。未来が見える病気という設定がいいSF感を出しています。
まず言わせてください…この作品すごく面白いです! いや期待をはるかに超える面白さでした! 文句なし、最高の一冊です!
夢現譜症候群に感染すると決められた未来が3分間だけ見えてしまう。この設定の料理の仕方が上手かったですね〜。未来が見えるといっても必ずしも幸せな未来ではない。しかし未来を変えようとしても様々な制約がある。その制約を逃れた上で未来を変える方法を模索する…とてもワクワクするストーリーへと昇華されていました! また未来視を体験すると異能が手に入る可能性があるというものよかったですね…この設定は賛否が分かれるかもしれませんが主人公の未来に対する妥当性や未来視に関する制約を逃れるための手段、キーを生み出すいい設定になっていました。それにこの異能を使ったバトルも迫力があって手に汗握る素晴らしいバトルになっていました! 疾走感のあるストーリー展開でありながら密度も高く満足度がとても高い物語でした! 面白かったです!

キャラ A
主人公のレオはいいですね…殺人鬼になる未来が決まっていながらも自らの異能を使い未来で己が人を殺さないために任務をこなしていく…普段の英国紳士らしさと任務のためならいかなる行動にも躊躇しない冷徹さという二つの顔を持っているのも魅力的でした!主人公の前に現れる少女ティアもいいですね…こういうぽんこつ系ヒロインはシリアスな物語の中で浮くのではないかと危惧しましたが、きちんと魅力的な女の子として輝いていました。敵も魅力的でした! ラビットは本当に今まで読んだありとあらゆる作品の悪役の中でも上位クラスのかっこよさでした! どのキャラも魅力的で大満足です!

今後の期待度 A
これはぜひ続いて欲しいです! レオは自分が殺人鬼になる未来を止められるのか、ティアはそんなレオを前にどんな行動をするのか…注目です!

どんな人にオススメか
シリアスな物語、SFにバトルという物語が読みたい方は! 主人公がイギリス人ということもありセリフ回しが若干くさいところもありますが、とにかくストーリーが面白いです! 気になった方はぜひ手にとってみてください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
時差というのは恐ろしいということを痛感している今日この頃…これは不思議な感覚ですね。

さて、今回は台湾ラノベについての特集記事を書いてみました! 先日海外にいるときにTwitterで台湾のラノベを翻訳するマンさん(@harakoatom)こと原子アトムさんに後述する台湾ラノベについてブログを書いていただけないかというご依頼を受けたので記事を作成したことをはじめにお伝えしておきます。ただ、Twitterで台湾ラノベは結構話題になっていたので元々気になってはいました。ということで、台湾ラノベについての特集記事いってみましょう!

今回メインで紹介する作品は啞鳴さん原作、原子アトムさん翻訳の「5人の姉を持つ僕は独り身が運命づけられているんだ」です!こちらは台湾の尖端出版さんから発表されている台湾のオリジナルラノベとなります。ちなみに海外にいる間に手配しておいたので台湾で発売されているものと同じものが手元にあります。

台湾の原書タイトルは「有五個姐姐我就注定要單身了啊」です。表紙は日本のラノベとほぼ同じですね。可愛い女の子のカラーイラストと、ちびキャラの主人公が描かれています。サイズはソフトカバーくらいの大きさなんですけど、縦がすこし長く横は短いです。裏表紙には日本と同じようにISBNと値段、それにあらすじが書いてあります。NT$.200とあるので日本円にすると大体650円ですね(11/6時点、1NT$=3.28円の計算。NT$はニュー台湾ドル。台湾元ともいう)値段は日本の文庫サイズのものとあまりかわりませんね。ただ日本でソフトカバーのライトノベルは一冊1000〜1200円くらいなので、そう考えると安めでしょうか?

中を開くとカラーイラストもあります。折りたたまれているタイプのものですね。そして本文へ!
圧倒的漢字! しかも繁体!
まぁ、わかっているとは思いますけど読めません…そもそも英語すらできないのに…それはさておき、台湾のラノベもカラーイラストがあってモノクロの挿絵があって、あとがきがあってと日本のものとほぼ変わりません。

台湾のラノベなんて手に入れられないしそもそも読めない…ご安心ください!もちろん日本語に翻訳されているので読むことができます! しかも小説家になろうで無料で読めます!

5人の姉をもつ僕は独り身が運命づけられているんだ
http://ncode.syosetu.com/n5171dp/

あらすじ
台湾で暮らす普通の高校生・李狂龍には2つの悩みがあった。一つは父親からつけられた狂龍というDQNネーム、そしてもう一つは"病的なまでのブラコン"を発症している5人の姉の存在である。
過保護の五女・香玲と中二病患者の四女・金玲、引きこもりの三女・玄玲、日本に留学しているはずの神出鬼没の次女・亞玲、一家を支えるキャリアウーマンながら酒癖のひどい長女・皇玲。
「30を越えるまで家の外の女は早い」とはばからない李家の姉たちだが、ある日、李狂龍が"クラスの女子と楽しく会話してしまった"ことから五人の姉による「妨害工作」が始まり、それは学校を巻き込んだ事件へと発展していくのだった─

5人の姉をもつ僕は独り身が運命づけられているんだ より引用


まだまだ序盤ですけどドタバタラブコメといった感じでしょうか…?翻訳なので他のなろう作品と比べてしまうと決して読みやすくはないですけど、これから面白くなっていきそうです!それにしても5人の姉がいるってすごいですよね…台湾も日本と同じように少子化だと聞いたんですけど…それと姉という属性を持つヒロインがメインというのも珍しいですよね。五女の香玲ちゃんが可愛いです!個人的には雲逸君がお気に入りですね。こういう友達一人は欲しいです。

また調べてみたところLINEスタンプもあるようです。 

LINEスタンプ 
https://store.line.me/stickershop/product/1216096/zh-Hant 

人気ぶりがうかがえますね。 

また台湾のラノベ作家の明日葉さんによる「世界愛猫少女機関」という作品も翻訳されていて、こちらも小説家になろうで読むことができます!

世界愛猫少女機関

明日葉さんの公式サイト

あらすじ
    少女たちは「侵略者の手先」。
 彼女たちはそれぞれ異なる世界を出自としていて、人並み外れた素晴らしい技術を身に着けていた。固有の属性と特質を備え、性格もまったく異なっている。
 少女たちは自らの特務身分を隠し、表面上は普通の学生を装いながら、個々にこの世界にやって来て、それぞれの学校に通っていた。
 この世界を手に入れるという使命のため、少女たちは本来互いに対立しているべきはずだが、因縁により、「ある理由」によって、秘密裡に少女たちの内一人が通っている学校に部室を立ち上げ、人知れず「クラブ活動」を行っていた……


こちらはまだ本当に序盤ですが主人公が猫というのは面白いですね…コメディテイストの作品となっています。超能力や魔法が出てくる学園もののようです。これからが楽しみですね!

ちなみに明日葉さんの作品が日本語化決定しています。「二十五週の絆」(原文タイトルは「二十五週的羈絆」)という作品です。日本語版を出してもらえる出版社さん、ラノベレーベルさんを探しているようです。
https://twitter.com/harakoatom/status/792496576979619840

どこかのレーベルから出るといいですね!

以上になります!台湾のラノベが日本で読めるのは珍しいのでこの機会にいかがでしょうか?

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

↑このページのトップヘ