2017年02月

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は久しぶりに雨がパラつきましたね…乾燥しているのでもう少し降ってほしいところですが…

さて、今回紹介するのは昼熊さんの「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う3」です!
前巻の記事↓

ストーリー A 
内容は、階層主を倒し名をあげたハッコン。地図の依頼や大食い大会の手伝いをする穏やかな日々を過ごしていた。そんなある日、新たな階層主討伐の依頼が…とこんな感じです!
シリーズ3巻!順調に巻数を伸ばしていますね〜今回は前後編の前編という感じで中盤までは日常パート。後半からは新たな階層主へ挑む!という感じでした!
序盤に割とデリケートな話題を入れていたのは少し意外でした。でも確かに女性ハンターならつきまとう問題ですからね…ヒュールミさんもうちょっと小声じゃないと…中盤は愚者の奇行団の一員シュイと心温まるドラマが展開されていましたね…普段ちょっと幼さが見えるキャラがお姉さんらしいと胸にくるものがありますよね…それ以降は一転階層主の話へ。ラッミスの可愛い姿に和みながらも階層主をどう攻略していくのか、知略を尽くすのはよかったです!この辺はヒュールミが加わったことでより説明描写がスマートになっていたのがグッドです!ちょっと悲しいお話があったのも印象的でしたね…ハッコンの優しさがこんな形でこんな風になるとは…今回もじぶの知らない自動販売機の商品に驚きながらも、明るいお話や心温まるお話。そして少し悲しい話が楽しめました!面白かったです!

キャラ A
ラッミスの可愛い面ではなく弱点や女の子らしさが見れたのが印象に残りました。ラッミスはどうも怪力というところで男勝りなイメージがあったのですが…結構印象変わりました。ヒュールミは良くも悪くも相変わらずですね…ハッコンじゃないですけど充分女の子らしいと思うんですけどね…シュイは普段の欲望全開の姿を見せてからのお姉さんらしさを見せるのはいいですよね…こういうギャップすごく好きです!

今後の期待度 A
次はバトルメインになると思いますが、今回のようなお話もあると嬉しいですね!何にせよどうやって階層主を攻略していくのか…楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-04-105174-0

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は割と暖かかったですねーサイクリング日和でした。

さて、今回紹介するのは手島史詞さんの「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?」です!

ストーリー A
内容は、魔術師が恐怖とされる世界。そんな世界で魔術師として人々に恐れられている主人公のザガンは、ある日闇オークションで美しいエルフの少女ネフィに一目惚れする。しかし、口下手なザガンはネフィにどう接すればいいかわからず…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー+ラブコメみたいな感じですね。
すごく面白かったです!魔術師としては向かう所敵なしのザガンがエルフの少女にはタジタジ!そしてそんなエルフの少女ネフィがまた可愛い!ニヤニヤしながら楽しませてもらいました。
世界観は割と王道で、罪人奴隷などの奴隷制があったり、魔術師がいて、エルフがいて…とファンタジーでイメージする世界観がそのまま出てきます。しかし、細部の設定にはオリジナリティもあり、その説明が上手いのは流石でした。前半ではちょっと距離感を掴みかねているザガンとネフィにニヤニヤ、後半にいくにつれて馴染んできてことで発生する遠慮のなさ、豊かな表情、恥ずかしさ…などなどにまたニヤニヤできるのが最高でした!この2人バカップルですねwそんなラブコメパートが一つのメインではありますが、ストーリーの方もきちんと見せ場がありました。聖騎士と戦ったり、他の魔術師と戦ったりとバトル面でも魅せてくれます!そしてここでも発揮されるバカップル?っぷりにまたニヤニヤできて最高でした!面白かったです!

キャラ A
ザガンの物理的な強さに反して弱いメンタル、特に対ネフィの弱さがいいギャップになってましたね〜でも膝枕してもらったり、あーしてもらったりやるときはやるのがまた彼らしいw ネフィは最初は魂が入っていないような振る舞いでしたが、後半にいくにつれてどんどんニヤニヤさせてくれて…メイド服を着てザガンのためにごはん作ったり、ザガンと敵対する相手に怒ってみたり、そして極め付けは満面の笑み…可愛いです!個人的なお気に入りはシャスティル。こちらもザガン同様物理的戦闘力は高いくせに、泣き虫でめちゃくちゃ女の子なのがグッドでした!

今後の期待度 A
どうやら売れ行きも好調みたいなので続刊は期待できそうです!2巻でザガンとネフィがどんなバカップルっぷりを見せてくれるのか…楽しみです!

どんな人にオススメか?
バカップル大活躍なラブコメが読みたい方は!ファンタジーとしても世界観がかっちりしつつも魅力的な設定とバトルが楽しめます!気になった方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-7986-1381-9

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は節分ですね…用事があるので昨日鰯だけ食べました。美味しかったです!

さて、今回紹介するのは零真似さんの「まるで人だな、ルーシー」です!

ストーリー A
内容は、悲しみや愛情などの代償と引き換えひ願いを叶える存在エキセントリックボックス。そんなエキセントリックボックスに人身御供として選ばれた御剣乃音は徐々に人間さしさをなくしながらもエキセントリックボックスに願いを叶えてもらっていた。そんなある日氷室棗という1人の青年によって運命が動かされる…とこんな感じです!
ジャンルは…オカルト?ファンタジー?暗黒青春もの?よくわからないです…
第21回スニーカー大使優秀賞受賞作。これはまたとんでもない作品が出てきましたよ…どんな感想を書けばいいのかまるで検討がつかないです…読後感?というかこの物語に触れた感想は言葉の鉄アレイに脳みそを叩き潰された。と表現するのが一番でしょうか?奇妙なまでに洗練されていながらも、美しいまでに破壊された文章が脳内を魔女の釜のようにかき回し、作中の登場人物たちの感情が容赦なく腹部に拳をめり込ませてきます。もう何言っているのかわからないですけど、とにかく確かな暴力と破壊がここにあります。ネタバレせずに書くには、というかネタバレしてもこの作品の面白さは読んでもらわないと伝わらないです。最後に一言。読んでください。とにかく面白いです。

キャラ 
キャラも何を書けばいいのか…主人公にあたる御剣乃音はそれはもう作中にある通り色々なものをエキセントリックボックスに奪われていて、その奪われた様が完璧に表現されていて恐ろしかったです…エキセントリックボックスは乃音から何かを奪うたびに恐ろしく人間らしくなっていきます…隣に住む美大生の夕凪アリスはどこかおかしいのにおかしさを説明できなくて、氷室はこじらせていて、唯一の清涼剤だった真白セツミは劇薬に変わり…とにかくそんな魅力的?なキャラが出てきます。

今後の期待度 A
続きがあるなら読んでみたいという期待を込めて…

どんな人にオススメか?
狂った作品というか、読んでいて狂いそうになる、自分と物語の境界線がわからなくなる物語を読みたい方にオススメです。もうこれはとにかく読んでもらわないと伝わらないので読んでください。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-04-105288-4

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
風が強い! 何もかも吹き飛ばしていきました…

さて、今回紹介するのはkt60さんの「規格外れの英雄に育てられた、常識外れの魔法剣士」です!

ストーリー A
内容は、カルト教団から少女を救出しようとして殺されてしまった主人公が転生。赤ん坊として生まれ変わり誰もいない森の中で死にそうになっているところを老人に拾われる。その老人はなんと最強の英雄だった⁉︎ レインと名付けられ英雄の息子として成長した少年は、前世でカルト教団に捕らえられていた少女と再開し…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。かなり軽いエロコメな味付けです。実はモンスター文庫は初めてだったりします。
まず言わせてください…10歳はアカン。いや…マジで、マジで10歳なんすか…?えっ、何か読み間違えたわけではないんですよね…? いや、確かに転生前の年齢と足せば…いやいや肉体的には10歳…あれ?い、いいんですかね…?
肝心のストーリーの方は英雄に育てられたレインが剣技で無双、魔法で無双、現代で得た知識を有効活用、夜(意味深)も無双と軽い読み味でサクサクと進んでいくのがよかったです!いくつか大きな事件が起きますが、それも英雄の息子の力を前にはお茶の子さいさいで解決していきます。バトル描写は決して迫力のあるものというわけではありませんが、あっさり描かれる分レインの強さがわかるような構図となっていたよかったです!倫理観とレインの強さ(意味深)を疑いながらも(苦笑)楽しく読ませてもらいました!面白かったです!

キャラ A
レインはちょっと絶倫すぎません…?まあ英雄の息子ですしね…息子も強いですよね…でも野外やトイレはやめた方がよろしいのでは…?マリナは大人しいくせに魔力と欲望が全然大人しくないのがギャップあって良かったですね…ただ10歳はアカン…いやレインもなんですけど…リリアーナは優秀な治癒魔法師で300歳のエルフのくせに、ショタコンで処女なんて設定があるのが…いやこの人医者みたいな存在なんですよね…欲望ヤバいっすよ…カレンとミーユはあまり出番がありませんでしたけど魅力的なキャラなので今後に期待ですね…特にミーユは最後の最後で素直さを見せたので今後いい子になっていってほしいですね…おそらく願いは届かないとは思いますが…肉体的欲望方面で…

今後の期待度 A
サクサク読めて面白かったので2巻以降も期待してます! 個人的にはミーユがお気に入りなので出番が増えると嬉しいですね…続き待ってます!

どんな人にオススメか?
頭の中が空っぽになるような作品が読みたい方は!サクサク読めて主人公の無双とエロコメが楽しめます!欲望全開作品が楽しみたい方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
10歳か…10歳…

ISBN 978-4-575-75120-8

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ついに2月!大学は休みになりますけど、色々と忙しいです…

さて、今回紹介するのは三田千恵さんの「リンドウにさよならを」です!

ストーリー A
内容は、好きだった少女襟仁遥人が自殺するのを止めようとして代わりに死んでしまった少年神田幸久。彼は地縛霊として退屈な日常を送っていた。そんなある日、クラスでいじめられている穂積美咲にだけ存在が知られていることに気づく。2人は友達として共に過ごすようになる。美咲は幸久の勧めで変わっていくが…とこんな感じです!
ジャンルは青春もの。苦しさの果てに広がる突き抜けるような爽快感がありました。
第18回えんため大賞ライトノベル ファミ通文庫部門優秀賞受賞作。まず言わせてください…この作品すごく面白いです! あー! さすがファミ通文庫さん!こんなに素晴らしい青春ものを出してくるなんて…!
序盤は幽霊が主人公ということもあり、オカルトものになるのかな?と思いましたが、がっつり青春ものでした! いじめも一つの要素として入っていますが、理由というか背景がはっきりするとただ悪いものとして見きれなくなってきて、このモヤモヤ感も青春ものの醍醐味だとじました。ストーリーの方はいじめがありながらも、本当に何気ない学校生活のひと時の中で幸久と美咲が心を通わせていくのがグッドでしたね…変わろうとして、変わったら批判されて、それでも折れずに頑張って、傷ついて傷つけられて、間違って正しくて、好きで嫌いで…登場人物たちの感情が飛行機雲が浮かぶ青空の下グサグサ突き刺さってきました。中盤以降明らかになる謎、終盤の展開、そしてラスト。ありふれているのに確実に読者の心を撃ち抜くあの4文字は忘れられません。最高。ただただその一言が似合う最高の青春ものでした!

キャラ A
幸久は聡明ですね。頭がいいという設定のキャラではなくて、本当に頭がいいなと感じる言動が魅力的でした。美咲もよかったですね…こういう折れない強く気高い女の子大好きです! 襟仁遥人は名前に似合わずちゃんと女の子で、その女の子らしさが幸久の感情と相まって最高でした! 個人的なお気に入りは幸久の弟分の結城守。こういうちょっとチャラささが見え隠れしつつも相手を思いやれて行動できる男の子は好感が持てます!

今後の期待度 評価不能…
多分1巻完結なので…というかこれは本当に下手に続けてほしくないです…

どんな人にオススメか?
とにかく青春ものが好きな方は!読んで後悔は絶対しません! 息苦しさの中にある爽やかな青春を存分に楽しんでください!気になった方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-04-734496-9

↑このページのトップヘ