2018年02月

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日も遅れました…すみません…

さて、今回紹介するのは珈琲さんの「しったかブリリア」です!
FullSizeRender

ストーリー A
大学二年生の白浪理助は誰よりも努力する背の低い男子。しかし彼は過去の失敗から知ったかぶりをするようになっていた。そんな理助の前に同調圧力に弱い新入生の濱崎みなとみらいが現れる。彼女に一目惚れをした理助は知ったかぶりを悟られないようにあの手この手でみなとみらいのかわしていくが…そして理助の元カノ加古川姫姫が現れ事態はさらにややこしく⁉︎
勘違い?というかタイトルのまま知ったかぶりなラブコメ!「のぼる小寺さん」の珈琲さんの作品ということで読んでみましたがめっちゃ笑いましたw
まずとにかくテンポがいいですよね!理助が知ったかぶりして濱崎さんが「それ本当なの?」と探りを入れてなんとか躱すためにあの手この手を使う!この掛け合いがとにかく楽しいですね!やっていることは普通の大学生のそれですけど、もう理助を中心とした暴走気味なやりとりは見ていて最高に楽しいです!リア充というか、等身大ででもそれ以上じゃなくてそれ以下にもならない。ラブし過ぎず、コメしまくる。そんな知ったかぶり系ラブコメでした!面白かったです!

キャラ A
理助は知ったかぶりが激しいんですけど、それ以上に努力しているのもちゃんとわかっているので好感度高いです!みなとみらいちゃんはなんか見ていて楽しい女の子で姿を見ているだけで無性にワクワクしますw 加古川はまだ目立った出番はないですけど、これからかき乱してくれそうで楽しみです!

A
女の子は可愛く、理助はギャグ顔とキメ顔のバランスが最高でした!あと要所要所の構図がすごいです!

総合 A
とにかくテンポが良くて楽しいラブコメなので気になった方は!理助のなんか憎めないところやみなとみらいちゃんの変な女の子感を存分に味わってください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
雪がようやく溶けてきましたね。早くあったかくなってほしいです…

さて、今回紹介するのはしめさばさんの「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」です!
FullSizeRender

ストーリー AA
内容は、5年間片思いした上司の後藤さんにフラれたサラリーマンの吉田。ヤケ酒の帰り路上に1人でいる女子高生の沙優と出会う。ヤラせてあげるから泊めてという沙優。しかし吉田はそういうことは関係なしに家事を手伝うことを条件に沙優を家に泊めることに。JKとサラリーマンの2人の同居生活がはじまる…とこんな感じです!
ジャンルは恋愛。サラリーマンとJK、そして社会人の女性を巻き込んだ変則的な恋愛ものですね。
まず言わせてください…

この作品めっちゃ好きです!

はぁあああああああああ…!尊みが尊い…!いやタイトルとあらすじから名作の香りはしていたんですけど想像をはるかに超える尊さ…これですよ…こういうのが読みたかったんですよ…JKとサラリーマンの何気ない同居生活に見えて実はすごくコク深い物語…ありがとうございます…この作品を世の中に送りだしてくれてありがとうございます…
物語はあらすじ通りフラれたサラリーマンの吉田(26歳)が道端のJKを拾うところから始まります。沙優は今までの男がそうであったように体を対価に泊めてほしいと吉田に頼みます。しかし、真面目な吉田はそんなことはしなくていいから家事をすればいいと…始まる同居生活はどこか温かくて寂しいんですよね。沙優が家にいるから早く仕事を終わらせて帰ろうと思って、沙優は吉田がいないと寂しくて、おかえりで味噌汁の香りがして沙優の笑顔が眩しくて。こういう当たり前が妙に素晴らしく感じられるんですよ…はあ尊い…吉田から見る会社での人間関係もまたいいんですよね。同僚の橋本、上司にして吉田を振った女の後藤さん、後輩の三島、小田切課長に遠藤。いい人過ぎず人間味のある彼らがすごくいい働きをしていました!家の方がちょっと現実感ない分、会社サイドでバランスをとっていましたね…大人な?恋愛模様?もすごく良かったです!決して大きな盛り上がりがあるわけではなく、シンプルで大人しい物語です。しかし!沙優との同居生活がとにかく愛おしく感じられる最高の恋愛ものでした!面白かったです!

キャラ  AA
吉田は最初は変な奴だなーと思ったりしましたけど、後々彼のことがよくわかっていく中でそれは実は全然違うんだなと気付かされました。とにかく吉田は真面目で会社でも評価が高くてデキるサラリーマン。後輩にも慕われ、上司には褒められる。こういう大人になりてーものです。沙優はすごくJKらしくてJKらしくない女の子でした。いや、口調とか動作とかからJKらしさが滲み出ているんですけど、どうも欲がない分落ち着いて見えるんですよね…でも笑顔が素敵で思春期だななんて思える一面もあって可愛かったです!後藤さんは多分思ったより子供で、大人のフリしてるだけなんだなと思うとその魅力が増しますね!iは素晴らしいと思いますw 後輩の三島は処世術を知っていて世渡り上手ですね。でも抜け目なくてアピールもしっかりしてくる可愛らしい女性でした!

今後の期待度  A
これ続き出るんですかね…?出てほしいですね…いや、このラストはこのラストで好きなんですけどもうちょっと見てみたい気もするんです…尊さをください…続刊あるならぜひ…

どんな人にオススメか?
とりあえず年の差恋愛もの好きなら絶対好きだと思うので!若干物足りなく感じるかもしれませんが、そこがまたいいんですよ!気になった方はぜひ!全力でオススメします!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-04-106475-7

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
更新遅れてすみません…

さて、今回紹介するのはLINKさん原作、漫画宵野コタローさんの「終末のハーレム5」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
流れから東堂さんとヤッてしまった土井。彼はカレンの策略に流されるまま学園に洗脳されるように女子と体を重ねることに…そしてまひるに目をつけた火野は怜人にまひるに合わせてくれと頼むが…シリーズ第5弾!ぶっちゃけこんな長く続くとは思っていませんでしたけどw 帯にある通りイベントまで開催することになるとは…
今回は大半が土井のお話ということで、また学園が中心となるお話ですね。緩やかにしかし確実に快楽に堕ちていく女子とどこか後ろめたさや罪やゆず先生のことで本気になれない土井。この温度差がいい感じでしたね。後半はいよいよ世界規模になってきて陰謀やら何やらが見え隠れしていましたね。火野の過去も面白かったですし、今回は文句なしにストーリーも面白かったです!

キャラ A
土井の理性の本能の狭間な感じはすごくいいですね〜東堂さんは相変わらずいいキャラしてますね。こういう女の子好きですよ。怜人は相変わらずで火野は過去を見たからかちょっと印象変わりましたね。もっと根は不良かと思っていました。麗亜さんはかなりクールな感じですけど、今後の展開次第では魅力的な女性になりそうで楽しみです!

総合 A
面白かったので続刊も期待したいですね!基本的に怜人側にスポット当てないとお話は進まないのでなるべく怜人サイドの物語を…6巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

ということで!公約通り月一回の雑談をやっていきたいと思います!いつまで続けられますかね〜まあやるだけやります。

さて、今回はタイトルにもある通り体育会系のお話です。世の中の人間は大体「文系」か「理系」に分けられますけど、もう一つ分けられるとしたら「体育会系」と「文化系(非体育会系)」ですよね。

知っている方もいるとは思いますが、実は僕高校生のはじめ頃まではがっつり体育会系の人間でした。小学校の頃にあるスポーツをはじめて高校に入って部活をドロップアウトするまでは。その後はまあ知っての通りラノベを中心としたコンテンツにどっぷり浸る人間になったんですけどw

多分僕が人生の中で1番体育会系に浸っていたのは中学生の頃でした。その頃は学校の部活ではなく、学外のクラブチームに所属してスポーツしていました。その頃は上下関係は結構はっきりしてましたね。先輩は「〇〇さん」とさんづけで呼ぶとか、敬語使わないと試合に出れないとか。1番変なところで新しく買った道具は先輩が一度使って汚してからじゃないと使えないとかありましたね。いや、まあどれもそこまで強制力のあるものじゃなかったですけどね…それでもそこは体育会系の雰囲気が確かに確立していました。

体育会系の空気ってあるじゃないですか?ラノベだと「リア充」とかがよく取り上げられますけど、体育会系はそれはそれでなんか独特じゃないですか?なんかギラついて無駄な伝統と礼と義理と上下関係あって。同い年の中だとなんかヤンキーっぽいノリ。あの空気の中にいると全然わかんないですけど、大学生になって体育会系も抜けてきて冷静に見られるようになるとあの空気は結構不思議だったりしますね。

というお話でした。体育会系はネットに浸かっていると敵に見えますけど、案外そうでもなくもないかもしれないですよ。いや知りませんけど。

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ようやく体調が良くなってきました…やっぱ体調管理は大事ですね… 

さて、今回紹介するのは杉井光さんの「電脳格技メガフィストガールズ」です!
FullSizeRender
「電脳格技メフィストワルツ」の記事↓

ストーリー A
内容は、共学化したばかりのお嬢様学校に入学した小野木和真は学校に馴染めず授業をサボってはゲーセンで音ゲーをプレイしていた。そんなある日、和真を電脳格技研究会という格闘ゲームをプレイする3人の少女が呼び出す。格ゲーが強いながらも、お嬢様ゆえゲーセンに行ったことのない彼女たちをゲーセンに連れていくことになる和真。それをきっかけに和真は電脳格技研究会の活動に巻き込まれていくことになる…とこんな感じです!
杉井光さん原作の漫画「電脳格技メフィストワルツ」と世界観を共有するスピンオフ的な作品ですね。もちろん漫画未読でも楽しめます。
杉井光さんの小説を読むのはめっちゃ久しぶりですごく興奮しましたね!なんだかんだ杉井光さんの小説は好きなんですよw今回もあちらこちらに杉井光節を感じながら楽しませていただきました!面白かったです!
学校に馴染めずゲーセンばかりいく主人公というのが序盤最高に杉井光作品であることを感じさせてくれますよね!この感じたまらなく懐かしいというか安心感があります!そして電脳格技研究会という格ゲーをやる部活に引き込まれていくことに…財閥令嬢でお嬢様な香坂凛音、元気いっぱいな読者モデル豊村ひなみ、ハーフの銀髪美少女水無月アイリと個性的なメンバーと共に格ゲーをプレイします!しかし格ゲーは全然できないどころかプレイしたこともあまりない和真はボコボコにされます。さらに美少女3人を連れて行ったゲーセンでも彼女たちは常連客をボコボコに…強い相手を求める彼女たちにどうにも相性が悪い和真ですが、そこはゲーマーらしくゲームで解決していくというのもいいですね。終盤のバトルはもちろん、「電脳格技メフィストワルツ」のキャラも出てきたりして賑やかで豪華で密度の高い作品でした!面白かったです!

キャラ A
主人公もヒロインも杉井光作品を読んだことがある方ならどこかで見たことがある感じだと思うんですけどw これがまたいいんですよね〜杉井流さんらしいキャラ同士の掛け合いもあり楽しかったです!

今後の期待度 A
続きがあるならぜひ読みたいです!本編にあたる「電脳格技メフィストワルツ」次第ですかね?まだまだ電脳格技研究会の物語を読みたいので続きお願いします!

どんな人にオススメか?
「電脳格技メフィストワルツ」を読んだことがある方は!もちろん未読でも楽しめます!ただ結構格ゲー要素があるのであまりにも格ゲーのことを知らないと一部がちんぷんかんぷんかもです…ただそれを上回る面白さがあると思うので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 


↑このページのトップヘ