2019年02月

体調不良のため更新をお休みいたします。申し訳ありません

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは旭簑雄さんの「はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。3〜あの、私も本気になっちゃいますからね……?」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、人間の男に恋をしているというサキュバスの纏糸グリムと同盟を組んだ夜美。彼女はヤスとの距離を縮めるためある作戦を立てる…そして夜美の元に届く一通の封書。それは夜美がサキュバスの重鎮「色欲五覇星」の候補に選ばれたというものだった!夜美が色欲五覇星に相応しいか調査をするべくラブラブ温泉旅行に行くことになるが…とこんな感じです!
シリーズ第3弾!2巻から比較的早いペースで3巻が発売されてこのシリーズのファンとしては嬉しいです!今回も面白かったです!
今回は温泉回!しかも夜美がドヤ顔よりも照れ顔の方が多い…だと?なお話!最近の活躍もあり色欲五覇星というサキュバス界の重鎮候補になった夜美。しかしヤスと付き合っていることになっており、色欲五覇星候補として相応しい姿を見せるためにヤスと温泉旅行へ!まあ確かにサキュバスの重鎮候補なのに人間の男が嫌いじゃ話にならないですからね。とか思っていたらなんだか怪しい展開に…?サキュバス界の温泉ということもあり、お湯には催淫効果があり…夜美がドヤ顔じゃなくてこんな姿を見せるだなんて…てかヤスも慌てすぎじゃないですか?二次元信者じゃないんですか(ニヤニヤ)温泉旅行の間はひたすらラブラブコメコメしていて非常に満足度が高かったです!そして温泉旅行の秘密がバレたことから始まる3巻の本番!ヤスはまーたサキュバス界の面倒ごとに巻き込まれましたね…しかも二重スパイとかまた面倒な…そしてこのオチ!鉄板ですけどこういうの好きですよ!あとまた夜美ちゃんがドヤ顔たくさん見せてくれそうな展開になって良かったです!今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
夜美はこれまで見たこともない表情や仕草を見せてくれて本当に可愛かったです!いや、確かにこれまでもヤスに迫るシーンはあったんですけど、今回は本気というか色っぽくて夜美のまた違ったかわいさを知れました!グリムはそっち行くか!と思わずツッコミましたけどw 基本いい子そうなのでこれから違った方向でストーリーを盛り上げてくれそうですね!そしてアキラは相変わらずかわいいです!

今後の期待度 A
面白かったので4巻も楽しみにしています!まだまだ夜美のドヤ顔とヤスとの絡みを見たいです!続刊楽しみにしてます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3603

ISBN 978-4-04-912409-5

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは三田誠さん原作、川崎宙さん漫画の「よすがシナリオパレェド2」です!
IMG_3598
前巻の記事↓

ストーリー A
物語恐怖症の由宇は佳城一陽の弟子檜垣双と出会う。彼は母親との思い出がある家を佳城が売り払うことを由宇に伝えにきたのだった。絶望する由宇によすがは物語を書くことを勧める。由宇は物語を書くことと向き合う決心をし、坂口との共作で檜垣双に挑むことになる…
シリーズ第2弾!今回もめちゃくちゃ熱かったです!
まず序盤!なんすかこの熱量!ライバルとしての檜垣双の出現!そして父親との確執!落としてからのよすがのキラキラ輝く言葉の数々!こんなの熱すぎますよ!由宇の中にあるまだ吐き出したことのない物語を、それを書くためのエネルギーにこれでもかと点火する言葉の数々!もうめちゃくちゃ熱いです!そしてとある文芸誌で檜垣双と戦うことに。さらにはその文芸誌内で佳城賞という登竜門的な賞が開催されます。賞を取れば確実にステップアップする。そんな賞を取るために本気で挑む檜垣双と、それに対抗する坂口と由宇のペア。初めて物語を作る戸惑いの中で由宇が作りあげる物語は想像するだけで無限にワクワクします!後半も怒涛の展開で最後まですごく楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
よすがの言葉はなんでこんなにキラキラして熱いんですかね!もう本当に心に響きます!ライバルの檜垣双も良かったですね!冷徹さの中に果てしない欲望みたいなものが見えてかっこよくもあり、憎いくらい魅力的な男でした!物語を書くことを決めた由宇もグッド!迷って足掻いてその中で書き上げた作品は想像するのがすごく楽しいです!

総合 A
今回もめちゃくちゃ面白くて熱かったです!3巻ではとんでもない方向に動き始めた物語がどんな方向に向かうのか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無駄転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは西塔鼎さんの「死にたがりの聖女に幸せな終末を。」です!
⚠︎若干のネタバレを含みます…
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、連邦と帝政圏による戦争が続く世界。そこでは連邦が開発した聖女と呼ばれる少女型の人口生命体が秘蹟と呼ばれる異能で戦争を終わらせようとしていた。しかし長い戦いの中で疲弊が見え始めたこともあり、聖女たちを戦場に本格投入することは見送られた。そんな聖女たちの訓練施設箱庭で調律官を務める人物は聖女たちの体と心のケアをしていた。しかし、戦争が終わったことで聖女たちの運命は変わり…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。公式あらすじにもある通りドキュメンタリーっぽさがありますね。
西塔鼎さんの新作!デビュー作からずっと追っている作家さんで「かみさまドクター」「エレメンタル・カウンセラー」に続き医療要素を取り入れた作品でしたね!面白かったんですけど…これどうやって感想書いたらいいのか…
序盤は調律官(ウォッチャー)である私の視点から何人かの聖女についてのお話が展開されます。表紙を飾る九重だったり眼鏡っ娘の八刀、不器用な三七守、活発な六花…医師のような存在としての私と聖女たちとの交流は儚さを感じさせつつも永遠に続いて欲しい日常が描かれていて良かったです!聖女たちのやりとりも楽しいですし、何より聖女たち1人1人が本当に魅力的でした!しかし戦争が終わったことで聖女たちの立場は危うくなります。非道な兵器を作っていたことを隠したい連邦。顔が見えない上から逃げるため、生き延びるために聖女たちは帝政圏を目指すことになります。突如として終わる日常と、秘蹟を使う反動で蝕まれていく体、容赦なく聖女たちを殺そうとする敵、さらには聖女たちを殺すために作られた聖女…絶望の中で少女たちは逃げます。秘蹟を使ったバトル描写はオリジナリティがあって楽しめました!また医療要素もしつこくならないくらいなめらかに要所要所で効いてましたね!西塔鼎さんの持ち味とも言える部分が活かされていました!そしてラストからの…あとがき後のあのページですよ…いやたしかにご都合主義すぎるくらいのハッピーエンドでしたけど、あとがきの先にあるアレは…でもあとがき前で終わってしまっていれば多分物足りなくはあったと思います。だからこそ、あの最後の5ページが余計に…そしてそこを読んだからこそわかる最後のページの「本当の意味」。5ページ、最後の5ページなんですよ。アレを読んだからこそわかることが多すぎるんです。なんで私という視点でこの物語が描かれているのかも、ギミックが、物語の骨子が見えてきて、本当の物語を知ることができるんです。それが憎いくらい面白くて背筋が震えて、だからこそこの物語をどう評価したらいいのかわからなくなるんです。面白かったです。でも僕にはわからないです。あの5ページを読んでしまってよかったのかどうかが。

キャラ A
私についてはなにも言えないです。ぜひ作品を読んでください。九重は可愛くてちょっと私をからかうような小悪魔的なところがあって、でも強すぎる秘蹟を持っていて…本当に魅力的な女の子でした!八刀は九重のいいパートナーであり、聖女たちをまとめる包容感もある女の子でした!三七守、六花もいいコンビでしたね!その他にも魅力的なキャラが物語を盛り上げていました!

今後の期待度 評価不能
おそらく一巻完結なので…

どんな人にオススメか?
タイトルに惹かれたならぜひ読んで欲しいです。あとハッピーエンドが好きでも嫌いでも後悔しないような構成にはなってますけど、最後の5ページは読んで欲しいですね…本当の意味で物語が楽しめるので…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3595

ISBN 978-4-04-912408-8

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのはミサキナギさんの「リベリオ・マキナ-《白檀式》水無月の再起動-」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、対吸血鬼用に天才白檀博士が作った6体のオートマタ。しかしその1人水無月は白檀博士から不適合の評価を受け戦争に行くことなく眠りについた。そして10年後、白檀博士の娘カノンによって目覚めさせられ、普通の人間と同じような日常生活を送ることに。しかし元戦闘用オートマタの水無月は、もうすでに和解した吸血鬼であるリタといざこざを起こす。リタと和解しカノンと3人でオートマタコンテスト出場を目指すことになるが、かつてのリタの婚約者だという男が現れ…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。1970〜80年の架空のヨーロッパを舞台にしています。
第25回電撃小説大賞銀賞受賞作!まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!架空のヨーロッパを舞台にした人ならざるオートマタの少年と天才博士の娘と吸血鬼の王族のファンタジー!好き以外の要素がないです!ストーリーも王道でめちゃくちゃ面白かったです!
かつて人類を侵略しようとした吸血鬼。それに対抗するために作られた対吸血鬼用のオートマタ。そんな吸血鬼用のオートマタで母である白檀春海博士から不適合の評価を受けた水無月は長い眠りにつくことに。そして目覚めたのは吸血鬼と和解した(水無月のヘルヴァイツ公国だけですが…)世界と戦闘用オートマタが禁止された世界。この辺りの設定が序盤でサクッとかつ明快に示されるのは好感度高いです!そして始まる人間の振りをした生活。禁止された戦闘用オートマタに使われていた部品を使ったオートマタを作りたいカノンはイジめられ、水無月はそれを助けない。あくまでオートマタとして過ごしていく…この暗くなりそうな学園生活を飛び切り明るくするのがリタでした!あるきっかけで水無月に一目惚れしたリタは勝負を挑み…そしてここから始まる華やかな日常とそれを壊そうとする非日常!水無月とカノンとリタのやりとりは見ていて本当に楽しいですし、些細な会話の中でオートマタや世界について説明していくスタイルも大好きです!そしてリタのかつての婚約者ヴィルヘルムによる襲撃…バトルシーンは鮮やかな暗殺劇ありかと思えばオートマタ対吸血鬼、オートマタ対オートマタの激しい応酬もありで読んでいてすごく楽しかったです!怒涛の終盤からのラストもすごく好きでした!れい亜さんのイラストも最高でしたし大満足でした!すごく面白かったです!

キャラ A
水無月の鈍感主人公っぷりが最高に憎めないです!てかこれ水無月がヒロインですよね?そうですよね?そうだと言え(過激派)いやなんかもう無限に可愛いんですよ。水無月くん。今の一人称は俺のくせにかつては僕だったり、人間らしいと思えば恋は分からずヒロインズを困惑させ、戦闘では圧倒的な強さを見せる…水無月くん僕と契約してヒロインになってよ…カノンはオートマタオタク。もう博物館のシーンとか早口オタクになつてるの見え見えで、でもそれがなんだか微笑ましくて可愛かったです!あと芯がしっかりしていて強さも感じました!リタは元気な女の子でファーストインパクトこそエロ的なアレでしたけど、そこからどんどん可愛い女の子になっていくのがもう…敵のヴィルヘルムも魅力的でした!

今後の期待度 A
2巻が夏とかマジで言ってます?もっと早く!2巻を!2巻を!コミカライズも決定していて、今後ますます目が離せないですね!まだまだ回収していない伏線もありますし、オートマタコンテストもどうなるか楽しみです!早く続きを!

どんな人にオススメか?
ファンタジーが好きなら!架空のヨーロッパ、吸血鬼、オートマタあたりのキーワードにピンっと来た方も!とにかく面白いがここにあります!れい亜さんのイラストも美麗で物語と最高の化学反応を起こしていますし、王道のストーリーも魅力的です!気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3591

ISBN 978-4-04-912328-9

↑このページのトップヘ