2019年03月

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは辻室翔さんの「札幌市白石区みなすけ荘の事件簿 ココロアラウンド」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、人類の一部が特殊能力を持つようになった時代。札幌市の白石区にあるみなすけ荘は能力者達を集め超能力を使った犯罪を取り締まる自治組織を営んでいま。藤坂工輝は「死ぬと生き返る」という能力で活躍するみなすけ荘の住人。そんな彼は最近引っ越してきた八野心のことが気になっていた。彼女は誰にも能力を明かそうとしないのだ。しかしある事件をきっかけに心の能力が判明し、さらにそれが原因で大きな事件に巻き込まれることになる…とこんな感じです!
ジャンルはコメディ+現代異能+ミステリ。キャラ同士の軽快な掛け合いが魅力でしたね!
第31回ファンタジア大賞銀賞受賞作!タイトルから気になって購入しましたが、賑やかで楽しい作品でした!面白かったです!
まず序盤。いきなり死んでる工輝とそんな彼を生き返らせる女神との会話で物語は始まります!この開始数ページのノリが合うかどうかで作品の見方がだいぶ変わりそうですね…警察も捌き切れなくなった超能力の犯罪を取り締まる自治組織がある日本。札幌を舞台に能力を使い事件を解決するコミカルな物語が展開されていきます!序盤はみなすけ荘の住人たちによる会話劇が楽しかったですね!てか皆さん性癖どうしました?ってところから繰り広げられる言葉の応酬は見ていて楽しかったです!そんな中起こる事件。超能力を使った犯罪の事件を解決する自治組織の一つとしてみなすけ荘も参戦します。最初は割と普通の犯罪かな?と思っていたらどんどんとんでもない方向に転がっていって…その中で明かされる心の能力や工輝の過去、そして葛藤。コメディチックな部分とのメリハリがあって良かったですね。ラストのバトルはおもわず笑ってしまうヘンテコなものでしたが変に熱くて盛り上がりましたし、工輝と心の関係も素敵でした!伏線の回収も鮮やかでしたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
工輝は性癖はアレですけど、人助けのために体を張れる好青年でしたね!彼の独特のボケも面白かったですw 心は唯一の常識人でないのは胸だけという…マジだ心しかまともなキャラいないんですよね…工輝との甘酸っぱい青春も良きでした!その他にもみなすけ荘の住人を始め敵味方問わず魅力的なキャラが多かったです!

今後の期待度 A
面白かったのでぜひ2巻も読んでみたいです!これからどんな事件が起きてみなすけ荘の住人はどのように解決していくのか転々と続刊楽しみに待ってます!

どんな人にオススメか?
超能力で事件を解決していくコミカルな作品が読みたい方は!ただ割と割と合う合わないは分かれると思うので冒頭の試し読みをオススメします…コミカルで楽しい作品なので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3890

ISBN 978-4-04-073171-1

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回は企画ものということで新社会人にオススメのラノベを紹介していきます!僕も4月から社会人になっちまうんですが、やっぱり不安なのはラノべを読む時間。仕事終わって家に帰ったら疲れて寝るだけ…じゃつまらないですし、通勤時間にラノベを読むことを提案したいと思います!そこで通勤時間でもサクッと読める連作短編や短編集形式のラノベを紹介します!それではいってみましょう!

企画第二弾!↓
新社会人にオススメ2!休日にサクッと読める1巻完結のラノベ10選!

条件
・連作短編形式や短編集の作品

「スーパーカブ」トネ・コーケン 角川スニーカー文庫

山梨県北杜市で暮らす女子高生小熊。両親も頼れる親戚も友達もいない天涯孤独の彼女は何もない「ないない」の生活を送っていた。そんなある日、小熊は中古のスーパー・カブを手に入れる。カブによって徐々に変化していく日常。同じくカブを愛するクラスメートの礼子と仲良くなりながら、今まで知らなかった世界を知っていくことになる…
連作短編というよりも連作掌編という感じでかなり短いお話が30前後載っている作品です。カブを手に入れた小熊という女の子がカブによって少しずつ行動範囲が広がり、世界が広がり、成長し…と不思議な魅力を持つ作品です。日常系というより生活系な作品をぜひお楽しみください!現在4巻まで発売中!コミカライズもありますよ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1065812513.html

スーパーカブ (角川スニーカー文庫)
トネ・コーケン
KADOKAWA
2017-05-01



「編集長殺し」川岸殴魚 ガガガ文庫

中学館にあるギギギ文庫というライトノベルレーベル。そこで働く新人編集の川田桃香は美少女と美女ばかりの編集部で日々働いていた。ドSロリ金髪の編集長に怒られながらもなんとか頑張るが、波乱万丈な日常が待ち受けていて…
ガガガ文庫で「人生」などの作品を発表する川岸殴魚さんのラノベ編集者を題材にしたドタバタコメディ!基本は川田を中心とした喜劇で思わずクスっとしてしまう描写も…でもこの女の子どこかの作品のあとがきで見たことがあるぞ…もしかして実在する編集者…?となるのもこの作品の魅力です!
短編連作形式で過酷な編集者業は真実味?があったり…現在4巻まで発売中!気になった方はぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1069300293.html

編集長殺し (ガガガ文庫)
川岸殴魚
小学館
2017-12-28




「アマデウスの残り灯」志賀龍亮 オーバーラップ文庫
緩やかに滅亡していく世界で旅をする2人。不死者のカインと神を名乗る少女ヨグは様々な街を訪れ、誰かを助け、世界の残酷さと切なさを知っていく。盲目の少女エノ、正義を貫く警察官ヘルガ、霧の館で主人と屋敷を守り続けるメイドのルナ…様々な人に出会いながら2人の果てしない旅は今日も続いていく…
四つの短編で構成された終わっていく世界を舞台にした旅もの。死なないカインと神を名乗るヤンキー系の女の子ヨグのやりとりは軽快で楽しいです!ストーリーは割と重めのファンタジー。旅先で出会う人々はなにかしら抱えていて、そんな彼らを助ける二人の姿はどこか切ないです。現在1巻まで発売中!気になった方はぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1069392286.html




「幻獣調査員」綾里けいし ファミ通文庫

独自の整体と超自然の力を持つ生き物、幻獣。国家は幻獣を調査し、時には駆除する専門家を定めた。幻獣調査員のフェリはうさぎ頭のクーシュナとホムンクルスのコウモリのトローと共に幻獣の書を完成させるために旅を続けている。彼らが出会う幻獣たちは…
最近では「異世界拷問姫」で有名な綾里けいしさんの作品。連作短編形式で
幻獣とフェリたちの物語が繰り広げられます。ドラゴンや人魚といった有名どころからライカンスロープのようなちょっとマイナーなところまで様々な幻獣が出てきます!そして明かされる登場人物たちの驚きの○○にもご注目ください!現在2巻まで発売中!ちょっと怖い幻獣たちのファンタジーをぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1058923446.html

幻獣調査員 (ファミ通文庫)
綾里 けいし
KADOKAWA/エンターブレイン
2016-06-30



「魔女の旅々」白石定規 GAノベル
魔女として旅をするイレイナ。彼女は様々な人や国に出会う。魔法使いしか入れない国、死の間際で恋人を待つ青年、滅んだ国に取り残された王女、そしてイレイナ自身のこと…彼女が旅先で出会うものとは…
GAノベルの主力タイトルの一つ!かなりコアなファンの方も多いですね。元々個人でkindleで発売されていた作品がGAノベルから発売されたものになります。連作短編形式で魔女のイレイナを中心に魅力的なキャラや行く先々の国や人と築き上げる物語はどれも面白いです!現在8巻まで発売中!時に笑えて時に泣けて時に怖かったりする物語を堪能してください!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1055768495.html

魔女の旅々 (GAノベル)
白石 定規
SBクリエイティブ
2016-04-15



「ベイビー、グッドモーニング」河野裕 角川文庫
ユニクロの白いTシャツとデニムのミニスカート。月に集める魂のノルマがある彼女は死期が近づく人の前に近づく。彼らの寿命を三日ほど延長した死神はいったい何をするのか…
「サクラダリセット」で有名な河野裕さんの作品!四つの作品からなる死神と魂のお話です。死神というには可愛いすぎる女の子が死期を三日延長させ、彼らと作り上げるドラマが魅力の作品です!死神ということで訪れるラストは決まってはいるのですが、切なくて愛おしいお話はどこか優しいです。現在1巻まで発売中!角川文庫から再刊されていますが、スニーカー文庫版には椎名優さんのイラストもありますよ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1061204936.html





「道化か毒か錬金術」水城正太郎 HJ文庫
天才的な正体不明の錬金術アナーキスト・アルケミストはイタズラにしかその能力を使わないことで帝国を騒がせていた。そんなある日アナーキスト・アルケミストから変わり者のアルト・ブロイ公爵に殺害予告が届く。帝国情報部の美人魔術師イングリドはアルトを警備するためにブロイの元を訪れるが、そこにいたのは変なことが大好きなブロイで…錬金術をめぐりアルトとイングリドが華麗に事件を解決していく!…
「いちばんうしろの大魔王」で有名な水城正太郎さんの新作!史実とはちょっと違う歴史をたどったヨーロッパを舞台に暴れるアルトとイングリドのバディものです!連作短編形式でアナーキスト・アルケミストによる事件とその解決を楽しませてくれます!コメディかと思ったら真剣に戦ったり、やっぱりコメディだったりと楽しい作品です!現在1巻まで発売中!気になった方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1073092321.html

道化か毒か錬金術 (HJ文庫)
水城正太郎
ホビージャパン
2018-11-01



「新宿コネクティブ」内堀優一 HJ文庫

新宿には掃除屋と呼ばれる何でも屋が都市伝説として存在していた。そんな何でも屋に下宿している佐蛹慶介は、家主である蔵祭平三郎と共に様々な事件を解決していた。鋭い観察力と人脈で事件を解決していく2人に今日も事件が持ち込まれ…
探偵もの+ミステリの連作短編作品!新宿を舞台に賑やかで楽しいお話が展開されていきます!各話ごとに事件が発生し、慶介と平三郎を中心に解決していきます!飄々としていて実は誰にもないものを持っている慶介と子どもみたいな大人の平三郎のコンビは絶妙でしたね!新宿独特のごった煮感に群像劇っぽい感じでも好きでした!
現在2巻まで発売中!気になった方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1065782880.html

新宿コネクティブ1 (HJ文庫)
内堀優一
ホビージャパン
2017-04-28



「異世界駅舎の喫茶店」Swind 宝島社
新婚旅行の帰りの電車。眠っていたタクミはいつの間にか異世界にきてしまう。隣で寝ていたはずの妻は猫耳の少女ニャーチとなっていた。終着駅で出会った駅長から異なる世界が交わる現象時線の転轍に待巻き込まれたと聞かされた2人。駅長の計らいによりタクミとニャーチは終着駅のハーパータウンで喫茶店「ツバメ」を営むことになるが…
異世界+ご飯ものの作品!タクミとニャーチ、そしてお客さんが紡ぐ温かい人間ドラマが魅力の作品です!駅舎のにある喫茶店で提供される料理は現代日本にあるものをアレンジしたもので、タクミの思いがお客さんを笑顔にします!料理ももちろん美味しそうで巻末にあるレシピで再現することもできますよ!現在2巻まで発売中!文庫版やコミカライズもあります!これを読みながら通勤帰宅してランチや夕飯の予定を立てるのもいいかもですよ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1060931291.html




「僕とキミの15センチ」ファミ通文庫
ファミ通文庫の19周年(なんて中途半端)を記念して?作られた豪華作家陣による「15センチ」をテーマにした短編集!庵田定夏さん、綾里けいしさん、石川博品さん、久遠侑さん、九曜さん、更伊俊介さん、竹岡葉月さん、水城水城さん、森橋ビンゴさんと豪華作家陣による短編はどれも魅力的です!個人的には岡本タクヤさんの作品が好きです!これ一冊で様々なジャンルの短編が楽しめるので気になった方はぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1068741611.html





以上になります!
どれも電車の中で1話ずつ読める作品です!ちょっと憂鬱な朝も一編のお話が少し元気をくれるかもしれません!一緒にラノベ読んで頑張って社会と戦っていきましょう!

それではこの辺で!



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは森田季節さんの「きれいな黒髪の高階さん(無職)と付き合うことになった2」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、ニートな高階さんと相変わらずダラダラとした日々を過ごす日之出。季節は夏ということで高階さんと祭利と海に行くことに!しかし高階さんが普通の海水浴を了承するはずもなくおかしな旅行が始まる…そしてどうしても高階さんの水着を見たい日之出のために祭利がある場所へ…さらに夏休みで帰省した日之出に祭利からとんでもない言葉が…とこんな感じです!
シリーズ第2弾!そして完結!うーん。もう少し続いても良かった気がしましたけど…まあお腹はいっぱいになりましたしたとえ打ち切りだとしても満足でした!今回も面白かったです!
夏休みに突入!しかしニートな高階さんには夏らしいイベントはまるでなかったですね。なんすか京都にいるいい歳の男女が家庭菜園で野菜収穫とか。めっちゃ楽しそうじゃないですか!育ててる野菜は高階さんらしいですけどw そして高階さんを海に誘ったことで始まる旅行。高階さん、祭利との旅行はなんともまあいろんな意味で健全で旅行記的な側面からも面白かったですね!こういうのも好きです!そしてそんなちょっと変な旅行の後に定番の水着イベントを入れるのもグッドです!ダラダラ過ごす大学生の夏休みからの祭利のあの言葉。そうきますか。そして日之出が高階さんに放った言葉。そうきますか。結局落ち着くところに落ちついて"いい感じ"に締めましたね!あのあと2人は寝なかったことでしょう!きっと!京都の小ネタや日之出と高階さん、日之出と祭利の関係が楽しい日常系ラブコメを存分に楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
高階さんはやっぱり高階さんでしたね!でも水着になってくれるところとか好きですよ!祭利はやっぱり1番女の子してましたね。彩乃も可愛かったですし、ヒロインたちの魅力を存分に楽しませていただきました!

今後の期待度 評価不能…
最終巻なのでこの評価で!面白かったのでまたこういう感じの作品出して欲しいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・検索・取り寄せにご利用ください!
IMG_3883

ISBN 978-4-8156-0093-8

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは赤坂アカさんの「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜14」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
文化祭告白編クライマックス!海外留学を告げ「四宮から告られなけれら自分から告る」と決めた白銀。そして自らも会長に告白することを決めたかぐや!文化祭の終わりで2人がお互いに告げた言葉とは!そして石上の恋の行方は!…
シリーズ第14弾!500万部突破に実写映画化決定にスピンオフ2作品に小説版にファンブック!そしてアニメも好調と初期から追ってる身としては大ヒットがめちゃくちゃ嬉しいですね!今回はひとつ大きな区切りでした!面白かったです!
まずは序盤!留学を決めた白銀に改めて自分の気持ちを気付かされたかぐや。そして告白を決意します!ここのかぐやさんマジでメインヒロインでしたね!恋する女の子の可愛さがぎゅっと詰め込まれていました!そして石上くんのターン!石上はマジで普通にすればそこそこいいやつなのにこう変に察しが悪かったりするんですよね…なぜ気付かず3月までのロスタイムを申請してしまうのか…そしてクライマックス!会長!中二感ありますけど最高にカッコ良かったですよ!かぐやとお互いの気持ちを…青春してラブコメしてお前ら最高だせ!となったのに後半…いつものでしたね…いやかぐやちゃんかわいいんですけど、たしかにこれは一気読みせずに時間を置くのがベターかもですね…いや面白いですし笑えますし好きなんですが、落差がいい意味でヤベーです。今回もめっちゃ面白かったです!

キャラ A
かぐやさんマジメインヒロイン!自分からいくと覚悟をきめた恋する女の子はやっぱり最強ですね!かぐやちゃんも可愛かったですけどDなKは初手はやめとけ(真顔)白銀も男を見せましたね!キザでちょっと中二でしたけどかっこよかったです!石上!お前は気づけ!

総合 A
シリーズの一区切りで最高にもりあがりました!超面白かったです!忙しいとは思いますが体調には気をつけてぜひ7月に15巻を読ませていただければ…!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは御影瑛路さんの「利他的なマリー」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、AR技術を取り入れたカスミシティ。そこでは自らをRELEASEのいう市場に上場し、自らの価値で時価がつくというシステムで繁栄していた。ユウスケは特別な才能もなく大した時価もつかない中学生。そんなある日、彼は《パノプティコン》というアプリがデバイスにインストールされていることに気づく。それはARによって他人を倒し相手の価値を失くすものだった。そんなアプリに巻き込まれたユウスケはクラスの不思議な女の子マリーに助けられる。マリーに惹かれるユウスケは彼女に協力しパノプティコンで正義を貫いていくが…とこんな感じです!
ジャンルはSF。サイバーパンク風な世界観に株や仮想コインの要素を組み合わせた作品になっています!
御影瑛路さんの新作!御影瑛路さんの最近の作品は読んでいないのですが、個人的には「箱マリ」や「Fランクの暴君」「僕らは魔法少女の中」といった強烈な作品を出した御影瑛路さんらしいと感じる作品でした!面白かったです!
まず序盤。設定がいきなりドバドバ語られます。これはちょっと悪手というか、なんか微妙でしたね…設定自体は魅力的なのでもう少しストーリーの中で自然に語られて欲しかったです…しかしそこを乗り越えてマリーという女の子を知り、パノプティコンに入ったあたりから物語は一気に面白くなりました!マリーという女の子に特別な思いを抱くユウスケにその友人のカナタとリリカ。パノプティコンの中で正義を貫き世界を救うために戦うマリーとともに戦います。最初はよくわからなかった設定や世界観がパノプティコンでユウスケたちが戦い始めてからはスルスルと入ってきました。仮想コイン的な時価もなんでこんなシステムになっているのかが、分かるとパノプティコンの中での戦いも面白くなってきますね!そして明かされる真実とさらなる事実。これがわかったあたりからギアがもう一段階入って、一気に加速していきまきたね!丁寧な伏線の回収からどんどん明らかになること。最終的にはこんな風になるとは…びっくりな構成でした…最初こそ設定の多さに戸惑いましたが、読み終わってしまえばめっちゃくちゃ楽しかったです!

キャラ A
マリーはタイトルの通り本当に利他的ですね。感情がないように見える裏側の真実とか過去とかすごく愛おしかったです!ユウスケはコンプレックスを抱える主人公かと思いきや…彼の正体はぜひ読んで確認してほしいです!カナタも最近と最後では全然印象違いましたね。なんでもできる友人キャラかと思ってましたよ…リリカは唯一普通の女の子でなんか安心感ありましたw

今後の期待度 A
割と綺麗にまとまってはいますが、まだまだ続けられそうではありますし続刊あるならぜひ読んでみたいです!

どんな人にオススメか?
サイバーパンク的な世界観で行われる株や仮想コインの要素を取り入れたARバトルが読みたい方は!構成もすごくて序盤では予想できない方向に転がっていく物語にも注目です!気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3873

ISBN 978-4-04-912269-5

↑このページのトップヘ