どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはおけまるさんの「夢見る男子は現実主義者 1」です!
IMG_3534

ストーリー A
内容は、大好きな夏川愛華を追って同じ高校に入学した佐城渉。何十回もめげずに告白し毎日愛華に猛アプローチするが、ある日ひょんなことがきっかけで夢から覚める。愛華みたいな美少女がいいとこ普通の自分と釣り合うわけがない。そんな現実を自覚し愛華との距離を取ろうとするが、そんな渉の反応に愛華がモヤモヤが止まらず…とこんな感じです!

〜嫌いなはずなのに気になる〜
HJネット小説大賞2019大賞受賞作!先月の比嘉智康さんの作品に続き今作も参加させていただいているHJ文庫公式レビュアーキャンペーンの作品となります。本当は両想いなのにツンツンしちゃう愛華と現実を見て諦めちゃう渉との距離感が絶妙なラブコメでした!面白かったです!
大好きな愛華を追って同じ高校に入学し毎日アプローチしまくって告白して振られるを繰り返していた渉。しかし彼は本当に些細なことがきっかけで夢から醒めて現実を見て愛華から距離を取ろうとして…恋の熱が覚めるというかめっちゃ好きなんだけど落ち着いたみたいな感覚に陥る渉の描写はすごく好きでしたね!そして始まる愛華から距離を取る生活。これまでは休み時間の度に、登下校の度に愛華に絡んでいた渉が急に大人しくなったことで逆に不安を覚える愛華。愛華は普段は渉に対してツンツンな態度をとってときには暴力も振るっちゃう系美少女なのですが、急に距離を取られてあたふたしてる様子はすごく可愛かったですね!愛華の一人称で語られるシーンからも本当は渉のことが好きなのにそれを認めたくない/認めたらなんか負けだという感情が読みとれて思わずニヤニヤしちゃいました!渉も渉で距離を置いたように見せかけて結局誰よりも愛華のことが好きなのがもうバレバレなのが…結局両想いかよ!はよくっつけ!と心の中で叫びまくりでした!最後まで楽しく読める両思いスレ違い系ラブコメでした!面白かったです!

キャラ A
渉は最初の数ページとそれ以降が結構落差あってタイトルに偽りなしの現実主義っぷりでしたね…でも愛華のこととなるとやっぱり好きで所々大好き!が伝わってきますね!冷めたこと言ってないでアタックしろ!愛華は超ツンデレ美少女。渉がガツガツ来るときは邪険にして時には暴力まで振るって彼を遠ざけようとするくせに、いざ渉が来なくなると…モヤモヤしちゃう愛華は最高に可愛かったです!この他にも渉の姉で生徒会副会長の楓、愛華の友達の圭、風紀委員長の凛と魅力的なキャラがストーリーを盛り上げていました!

最後に
思わずニヤニヤしちゃう両想いスレ違いラブコメでした!いいところで終わっているので夏頃発売予定の2巻も楽しみですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
両思いスレ違い系ラブコメが読みたい方は!愛華のツンデレはすごく可愛くて悶絶すること間違いなしです!やや主人公一人称の1人語りが激しいですが、渉と愛華の関係性は最高なので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



夢見る男子は現実主義者 1



著者



おけまる



レーベル



HJ文庫



ISBN



978-4-7986-2206-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より