2022年04月

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは川田戯曲さんの

推しが俺を好きかもしれない2

です!
IMG_7539
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、あまりにも活動していなかったことにより廃部の危機になってしまった文芸部。居場所を守りたい光助は幽霊部員だった檜原由女と活動実績を作るために活動することに。しかし突然由女が光助に告白⁉︎ちょとずつ距離を縮めていく光助と由女に嫉妬が止まらない憂花。季節は夏に突入してめんどくさい女の子たちと光助の関係の行方は…とこんな感じです!

〜めんどくさい女の子2〜

シリーズ第2弾!ちょっと読むのが遅くなってしまいました汗 今回は憂花に加えてさらにめんどくさい由女ちゃんまで加わってめんどくさい女の子が増えて最高なラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。LINE交換のターン。こいつらLINE交換していなかったんかい!というツッコミはさておき憂花ちゃんはLINE交換までめんどくさいですねwそこが好きなんですけどねw さて物語は新たなヒロイン由女ちゃんが参戦してさらにめんどくさいことに…突然の光助への告白から始まり部室でぐいぐい?距離を縮めてくる由女…そしてそれが気が気でない憂花ちゃん…マジでなんなんですかねこのめんどくさい状況…でも部室での光助と由女のやりとり、夏休み中の憂花と光助のやりとり。一筋縄じゃいかない光助のことを好きな女の子たちとのやりとりはその一瞬、一瞬はすごく楽しいのに、どうしても考えてしまう推しとの距離の撮り方と自分のことを好きな人との向き合い方。不器用だけどでも真っ直ぐに。めんどくさいヒロインたちと向き合った光助の決断はめちゃくちゃよかったですね。今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
光助は相変わらずいいキャラしてますね苦笑 推しに全力故に憂花の気持ちに答えられなくてそんな自分だから由女に真剣に接して答えを出していく。いい主人公ですよ。本当に。由女は本当にめんどくさい女の子でしたね…光助のことは好きだけど素直な好きじゃなくて、一緒に話すのはそんなに得意じゃなくて、一緒にいたいからクマの人形に喋らせたりしてみて…でも頑張っている姿が愛おしくてたまらないんですよ。憂花はもういうことなし!めんどくさい!でもかわいい!

最後に
2巻もめちゃくちゃ面白かったです!めんどくさい女の子はやっぱり最高ですね!結構綺麗に終わってますけどまだまだめんどくさい女の子たちとのやりとりは見ていたいです!続刊待ってます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

しが俺を好きかもしれない2



著者

川田戯曲



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074394-3
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのははむばねさんの

男子だと思っていた幼馴染との新婚生活がうまくいきすぎる件について

です!
img_9784041124239_1
ストーリー A
内容は、名家出身の近衛秀一はかつてよく遊んでいた幼馴染の烏丸唯華と結婚することに。しかし秀一は過去に唯華のことを男子だと思っており成長して綺麗になった姿にドギマギ。でもそれ以前に親友な2人はお互い気を使わずにいい関係を楽しみにながら同棲することに!でもどうしても好きという気持ちを伝えられなくて…とこんな感じです!

〜幼馴染と結婚したら?〜

はむばねさんの新作!最近はむばねさんの新作を見かけないなと思っていたらしばらうおやすみしていらっしゃったんですね…それはさておき…今作は上流階級ラブコメ+かつて男子だと思っていたラブコメのハイブリッドという感じで楽しく読ませていただきました。
まず序盤。普段誰とも関わらない秀一の学校での様子が描かれます。名家出身故になかなか気軽に周りと関わることができず、また自身も周りに関わることに興味がない。そんな灰色の青春の中、持ち込まれたのは男子だと思っていた幼馴染で親友の唯華との結婚の話で…こういったイベントは定番ですけどサクサクと読ませてくれるのですっと物語に入っていけましたね!そして始まる同棲生活!最初はぎこちなかったものの、本当に最初だけで親友の距離感で同棲をする2人。唯華が転校してきたことでそれまで距離を置いていたクラスメイトたちとも絡むようになり…秀一と唯華の視点で交互に描かれるラブコメ的なやりとりやクラスメイトたちと遊んだりといったシーンは読んでいて楽しかったですね!終盤はちょっとしたハプニングもありつつこの2人らしいラストで満足。最後まで楽しく読ませていただきました。
キャラ A
秀一は真っ直ぐでいいやつでしたね。唯華に対する気持ちは最初は違ったかもですけど最後はいい感じになってました。ナチュラルに恥ずかしいこと言うのもグッド!唯華は元気いっぱいな女の子という感じで見ていて飽きなかったですね。秀一の前では余裕のある感じかと思いきや実はデレデレなのもグッド!

最後に
上流階級ラブコメと男子だと思っていた幼馴染もののラブコメとハイブリッドという感じで楽しめました。結構綺麗に終わってますけどこれは続くんですかね…?とはいえはむばねさんの作品はまた読みたいので楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
サクサク読めるラブコメを求めている方は!唯華はかわいくて魅力的ですし、上流階級ラブコメのエッセンスと男子だと思っていた幼馴染ラブコメのエッセンスを同時に楽しめます!気になった方は!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

男子だと思っていた幼馴染との新婚生活がうまくいきすぎる件について



著者

はむばね



レーベル

角川スニーカー文庫

ISBN

979-4-04-112423-9
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは烏丸英さんの

Vtuberってめんどくせえ!

です!
img_9784047369351_1



ストーリー A
内容は、毒親によって家から出ることを余儀なくされた阿久津零。彼は叔母の星野薫子にスカウトされ、CRE8所属のVtuber蛇道枢としてデビューすることに。しかし女性Vtuberしか所属していないCRE8唯一の男性Vtuberとなってしまったことでデビュー直後に大炎上⁉︎なんとか罵詈雑言に耐えながら配信を続けていた。そんなある日、彼の元に羊坂芽衣とのコラボ依頼がやってきて…とこんな感じです!

〜デビュー即炎上のVtuber〜

第6回カクヨムWeb小説コンテストキャラクター文芸部門受賞作!著者の烏丸英さんは本作がデビュー作になりますね。Vtuberという存在に真摯に向き合い彼らの裏表のない魅力を描いたコメディ作品でした!面白かったです!
まず序盤。蛇道が常に炎上しているVtuberになるまでの過程が描かれます。女性だけが所属するCRE8で唯一の男性Vtuberとしてデビュー。初配信から大炎上をぶちかまし日々罵詈雑言が飛んでくる…これは相当にキツいですね…よくVtuber続けていられるなと感心してしまうレベルです…そんな彼に薫子から同期の羊坂芽衣とのコラボを提案されます。同期とのコラボということで喜んだのも束の間、男性しかも絶賛炎上中の蛇道とコラボということで炎上。コラボの話は無くなってしまいます。うん。これはVtuberってめんどくせぇって言いたくなるのもわかります…しかし炎上だけでは終わらず芽衣に執拗にコラボを持ちかけてくるマリ・アルパという個人勢Vtuberをきっかけに問題が発生し…ここから先はどこかで見たことあるような、そんな風に感じてしまう生なVtuberの描写が綴られていきます。普通に活動したいだけなのにそう簡単にはいかない。ファンが同業他者がそして自分自身が…それでも立ち向かってVtuberとして頑張ろうとする蛇道や羊坂の姿が真っ直ぐで本当によかったです。ラストもこの作品らしくてグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
蛇道は本当にいい奴な分、どうしてこんなに炎上しているんだ…となんだかこちらまで悔しくなっちゃいますね。彼の真っ直ぐで優しいところは最高に主人公でした。羊坂ちゃんは普段はオドオドした感じなんですけどかわいくて思わず応援したくなりますね。その他のキャラももちろん魅力的でした。

最後に
Vtuberという存在に真摯に向き合ったコメディでした。これは続くならまだまだ続きが読みたいですね!蛇道と羊坂の絡みはまだまだ見たいですし烏丸さんが書くVtuberも見たいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
Vtuberが好きな方は!Vtuberという存在に真摯に向き合ってエンタメとしてコメディ作品として楽しめる作品です!Vtuberを普段見てない方ももちろん楽しめます!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

Vtuberってめんどくせえ!



著者

烏丸英



レーベル

ファミ通文庫

ISBN

978-4-04-736935-1
表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは綾里けいしさんの

魔導書学園の禁書少女 少年、共に禁忌を紡ごうか

です!
img_9784041123089_1
ストーリー A
内容は、魔術師は皆、自分の本と本棚を持ちそこに記された物語を魔術に変えて行使する世界。そんな魔術師たちが通う学園<無限図書館>に歴代最低得点で入学したレン。彼は白紙の本しか持っておらず真に落ちこぼれた魔術師だった。そんなレンは秘策を用いて歴代最高点で入学したアマリリサを圧倒してしまう。さらにレンはそのことをきっかけにアンネという不思議な少女に目をつけられてしまいなんと伴侶にされてしまう。しかもアンネは自身が禁書という存在だった。2人は学園をめぐる殺人事件に巻き込まれていくことになるが…とこんな感じです!

〜禁書の少女〜

綾里けいしさんの新作!MF文庫Jから発売されている「悪逆大戦」とほぼ同時発売になりますね。そちらも読まないと…ダークな雰囲気漂う魔法学園ファンタジーという感じで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。歴代最高得点で入学したアマリリサを歴代最低得点で入学したレンが破るところから物語は始まります。そんな2人の戦いを目撃していたアンネからなぜか伴侶になるように言われ…序盤はテンポ良くサクサク進む&バトルも見応えがあって一気に物語に引き込まれましたね!そして明かされるアンネが禁書持ちどころが彼女自身が禁書であることが明かされて…こういう過酷な運命を背負った少女が明るく振る舞うのがはちゃめちゃにすこなんですよね…しばらくの間は平穏?な学園生活が。レンは彼に懐いているケモミミの少女ベネ、彼に負かされたことでレンのお嫁さんにならないとと思っている?アマリリサ、レンの悪友のディレイ、そしてアンネ。5人の賑やかな学園生活は見ているだけで楽しいですね!しかし学園で魔術師を殺し魔導書を奪う殺人事件が発生。レンたちは犯人を追うことに。ここからはミステリ要素も交えた怒涛の展開。派手な魔術バトルもありつつ登場人物たちの内面にもスポットを当てながらでページを捲る手が止まりませんでした!エピローグも賑やかでグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
レンは色々抱えたちょっと闇のある感じの少年でよかったですね。表面上の明るさとのギャップがグッド!アンネは普段はふざけているんですけど魔術でのバトルとなると頼りになりすぎるくらい強いのがグッド!レンに懐っこいベネ、ちょっとポンコツみを感じるアマリリサも魅力的でした!

最後に
ダークな学園ファンタジーとして楽しく読ませていただきました!これはぜひ続刊も読みたいですね!レンたちがこの学園でこれからどんな戦いを繰り広げていくのか楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ダークな学園ファンタジーが読みたい方は!とはいえ日常パートは女の子たちとの賑やかなやりとりもあったりでバランスが取れてます!みきさいさんのイラストもめちゃくちゃいいですし気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

魔導書学園の禁書少女 少年、共に禁忌を紡ごうか



著者

綾里けいし



レーベル

角川スニーカー文庫

ISBN

978-4-04-112308-9
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのはヤマモトタケシさんの

冴えない僕が君の部屋でシている事をクラスメイトは誰も知らない

です!
img_9784041124246_1
ストーリー A
内容は、とあることをきっかけに同じクラスのボッチ系女子高井柚実とセフレになった遠山佑樹。2人はお互いに体だけと割り切った関係で体を重ねていた。そんなある日、佑樹は自動販売機でコンドームを買うところを同じクラスの人気者・上原麻里花に目撃されてしまう。このことをきっかけに麻里花は佑樹に絡んでくるようになる。それを見かけた柚実はモヤモヤとした気持ちを抱えてしまい…とこんな感じです!

〜セフレがクラスにいる場合〜

ヤマモトタケシさんのデビュー作!第6回カクヨムWEB小説コンテストラブコメ部門特別賞受賞作&ComicWalker漫画賞をW受賞した作品です。発売前から気になっていた作品でしたが、セフレという生々しい関係を生かしたラブコメでした!面白かったです!
あず序盤。自動販売機でコンドームを買うところをクラスの人気者である麻里花に目撃されてしまうところから物語は始まります。結構生々しい始まりでしたがインパクトは抜群でしたね。そのことをきっかけに佑樹に他の男子とは違う印象を持っていた麻里花は絡むようになっていきます。しかし佑樹は陰キャということもありそれが噂となりクラスで悪目立ちするばかりか麻里花を好きな男子に絡まれることに…スクールカーストを押し出してきますが、佑樹に比較的余裕があるのでそこまで嫌な感じじゃないのがいいですね。一方の柚実はセフレである佑樹が麻里花と仲良くしていることに無自覚に嫉妬してしまい…佑樹を求める時や些細な彼とのやりとりに嫉妬の色を滲ませるのが非常にグッドでしたね。佑樹が麻里花と仲良くすればするほど募る柚実の嫉妬。セフレとはいえ体の関係がある女子を差し置いて麻里花と仲良くすることへの迷いがある佑樹。そして何も知らずに恋に盲目となり佑樹へアタックをする麻里花。佑樹と麻里花の表のラブコメ佑樹と柚実の裏のラブコメのバランスが非常に良かったです。終盤はある意味この作品らしいトラブルが発生してピンチに。こういったドロっとした展開いいですね…ラストも個人的には好きな終わり方でした。最後まで楽しく読ませていただいました!面白かったです!

キャラ A
佑樹は陰キャのくせに妙に女の子慣れしているのがなんかムカつくポイントではありましたがw この作品らしい主人公でしたね。柚実ちゃんは嫉妬で静かにメラメラ対抗心燃やしているところが可愛かったですね…麻里花はいかにも男慣れしてそうな感じで意外と純粋なのがよかったです。

最後に
ドロっとしそうな要素をドロドロさせすぎずに良い塩梅で楽しませてくれるラブコメでした1これは2巻も読みたいですね!これから3人の関係がどうなっていくのか気になります!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ドロっとした感じのラブコメを読みたい方は!とは言ってもドロドロしすぎないちょうどいい塩梅なのがグッド!セフレだけど嫉妬しちゃう柚実や意外とピュアな麻里花が魅力的です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

冴えない僕が君の部屋でシている事をクラスメイトは誰も知らない



著者

ヤマモトタケシ



レーベル

角川スニーカー文庫

ISBN

978-4-04-112424-6
表紙の画像は「版元ドットコム」様より




↑このページのトップヘ