2022年05月

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは鏡遊さんの

妹はカノジョにできないのに

です!
⚠︎ネタバレありです
img_9784049142259_1
ストーリー A
内容は、世界一かわいいと自負する中学3年生の妹・雪季を妹に持つ桜羽春太。妹を溺愛し、また雪季も兄である春太が大好きで2人は一般的な兄妹よりも仲良しだった。そんなある日、両親が離婚することになり春太と雪季は血の繋がった兄妹ではないことを知る。さらに春太は父親に、雪季は母親に引き取られることになり2人は離れ離れに。雪季に対して妹以上の感情を自覚し始めた春太は果たしてどんな行動に出るのか…とこんな感じです!

〜妹と仲が良すぎると?〜

鏡遊さんの新作!カクヨムで連載されていた作品の書籍化作品ですね。あらすじからなんとなく背徳系/不純系だとはわかっていましたが予想外に背徳度が高かったですね…そして構成が巧みでぐいぐい引き込まれてしまいました!面白かったです!
まず序盤。春太と雪季の日常が描かれます。仲の良すぎる兄妹。妹の雪季はもう中学3年生にもかかわらず平然と高校1年生の兄の前で着替えはするし、外でイチャイチャすし、あまつさえお風呂も一緒に…結構ヤバい感じで仲が良くてこれが背徳要素なのかな?と思っていました。

全然違いました。

物語は両親の離婚、そして春太と雪季が兄妹ではないと告げられるところから動き始めます。仲の良すぎた雪季に対して妹に向ける以上の思いを向けていたのではないかと考える春太。そして雪季がいなくなってしまったことで空っぽになりかけたところに同じクラスの月夜見晶穂という女の子が入り込んできて親密な仲に…割と淡々と物語が進んでいく中でじわりと感じる背徳感が新鮮でしたね…物語の終盤では離れ離れになってしまった雪季のピンチに春太が駆けつけることで物語がまた動き出します。いいお兄ちゃんとみたらいいのかそれとも…雪季との関係もまた変化していますし…そしてさらにラストで衝撃の展開。これには開いた口が塞がりませんでした…えぇ?ここからどうなるの?最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
春太はぶっちゃけセクハラ気質で見ていてあんまり好きになれない主人公でした。でもこれくらい嫌うことができる主人公の方が背徳系の主人公としてはいいんですかね?雪季はとにかくかわいい中学3年生。美人でモデルのような体型で男子からモテてる敬語妹キャラで可愛かったですね。個人的なお気に入りは晶穂。ギターを弾くちっちゃい女の子というビジュアルがまず好きですし、こういう風に主人公に扱われる/扱うのも大好きです。

最後に

抜群の構成と衝撃の展開、テンポのいい文章でガンガン読ませてくれる背徳系ラブコメでした!これは続きが気になりますね!2巻は来月発売ということで楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
背徳系ラブコメ/不純愛系のラブコメが読みたい方は!主人公がかなりセクハラ気質なので好きじゃない人は好きじゃなさそうですが…とにかく構成がよくてテンポのいい文章でガンガン読ませてくれます。気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

妹はカノジョにできないのに


著者

鏡遊


レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-914225-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは西塔鼎さんの

ひとつ屋根の下で暮らす完璧清楚委員長の秘密を知っているのは俺だけでいい。

です!
img_9784049144505_1

ストーリー A
内容は、幼馴染の黒河スヴェトラーナことチカは成績優秀でハーフの美人。成績も優秀でみんなが憧れるスーパー委員長だが彼女にはある秘密が。それはとんでもなく怖がりだということ。あることをきっかけに主人公と同棲することになったチカの怖がりを解消するための手助けをすることになるが、ちょっとしたことでも悲鳴をあげてしまうチカに大苦戦。果たしてチカの怖がりを克服させることはできるのか…とこんな感じです!

〜幼馴染が悲鳴をあげる〜

西塔鼎さんの新作!大好きな作家さんなので新作楽しみにしてました!前作と同じくさとうぽてさんとのコンビで新作ラブコメということで読む前からワクワクが止まりませんでした!スーパー委員長兼幼馴染の怖がりを克服するコメディ寄りのラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。完璧な委員長である黒河スヴェトラーナことチカちゃんの普段の姿が描かれます。これは完璧美少女委員長ですね!と思っていたら、突然主人公と同棲することになり、彼女の昔からの弱点である怖がりを克服することに…このあたりはテンポ良く進んですすっと本題の怖がり克服ラブコメに入っていったので読みやすかったですね!そして始まる主人公とチカちゃんのラブコメ!怖がりを克服するために怖い話が書かれた本を音読したり、ホラービデオを見たり…とても美少女とは思えない悲鳴をあげるチカちゃんがかわいすぎましたね…時々とんでもない表情をしていましたがw 結構距離が近くて思春期を刺激する感じなんですけどチカちゃんが純真かつはちゃめちゃに怖がりなのであくまでもコメディ方向にお話が向くのがグッドでしたね。幼馴染として思い出を共有しながら進んでいく物語。しかし2人の楽しいやりとりはあることをきっかけにちょっとしたピンチに。そして時同じくして主人公と仲のいい女子が…このあたりの展開は王道ではありますがチカちゃんの反応が良くてニヤニヤしちゃいましたね。ラストもすごく良かったですし最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
主人公は作中ではたっくんと呼ばれるんですけど多分正式な名前出てきてないですよね…?チカちゃんのことを大切にチカちゃんのことを第一に動ける主人公で好感度高かったです!チカちゃんは普段は完璧な美少女なのにめちゃくちゃ怖がりで…ちょっとしたことでもすぐに悲鳴をあげるし美少女がしちゃいけない顔になるのがある意味可愛かったですねw こういうヒロイン好きですw そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
幼馴染の美少女の怖がりを克服!というコメディよりのラブコメで楽しく読ませていただきました!これはぜひ2巻も読みたいですね!チカちゃんの悲鳴はまた聞きたいですw 続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
コメディよりのラブコメが読みたい方は!普段は完璧美少女だけどとことん怖がりですぐに悲鳴をあげちゃうチカちゃんがめちゃくちゃかわいいです!主人公とのやりとりもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ひとつ屋根の下で暮らす完璧清楚委員長の秘密を知っているのは俺だけでいい。


著者

西塔鼎


レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914450-5

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは都神樹さん原作、よねぞうさん漫画の

勇者パーティを追い出された器用貧乏 ~パーティ事情で付与術士をやっていた剣士、万能へと至る~(2)

です!
IMG_7690
前巻の記事↓


ストーリー A
セルマの頼みで有力クラン夜天の銀兎の教導探索に参加することになったオルン。しかし担当になった第十班は問題児だらけ⁉︎生意気で指揮のできない付与術師ローガンに、回避型を自称して敵に突っ込むディフェンダーのキャロライン、そしてソフィア…微妙に息が噛み合わないパーティーの面倒を果たしてオルンは見切れるのか…

〜教導探索開始〜

シリーズ第2弾!Kラノベブックスから発売されている同名作品のコミカライズになります。2巻も引き続き原作1巻の内容を取り扱っています。今回から教導探索が始まりキャラも増えて賑やかになりましたね!オルンをはじめ第十班の活躍が楽しい作品でした!面白かったです!

まず序盤。ソフィアとセルマさんのやりとりが描かれます。セルマさんのシスコンっぷりは原作で知ってはいましたがこうしてコミカライズされると思わずニヤニヤしちゃいますねw そしてセルマさんから元勇者パーティー所属のオルンが教導探索に参加すると新人たちに紹介されます。これが後に…ということになりますがセルマさんの焚きつけ方は彼女らしいですね。オルンはソフィアが所属する第十班を率いることになりますが、この十班が実力はあるのに問題児揃いで…でも教導探索の中で成長してまとまっていくのは見ていて楽しかったですね!しかし教導探索自体は順調に進むもオルンのことが噂され…それでもしっかりたたかうオルンは流石ですね!終盤はソフィアの活躍もあったりで最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
オルンは相変わらず強いですね…ソフィアをはじめ第十班を見守る姿に安心感がありました!ソフィアは相変わらずかわいいですね。セルマさんとの姉妹のやりとりやオルンとのやりとりは見ていて癒されます。新登場のローガン、キャロラインは共に弱点を抱えていたりしますがソフィアと3人でチームとしてしっかり成長していく姿が印象的でした!

最後に
今回も楽しく読ませていただきました!次回は教導探索の大詰めになると思うので続刊楽しみです!3巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

勇者パーティを追い出された器用貧乏 ~パーティ事情で付与術士をやっていた剣士、万能へと至る~(2)


著者

都神樹 よねぞう



レーベル

シリウスコミックス

ISBN

978-4-06-527631-0

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは佐伯さんの

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5.5

です!
img_9784815611996_1
前巻の記事↓ストーリー A
短編集?というか掌編集。周と真昼が付き合う前のお話が描かれます。各話を紹介するとネタバレがとんでもないことになってしまうので個人的に好きだったお話について紹介。


お掃除大作戦再び、そして事件
真昼と周でお掃除をするお話。真昼が周にジュース飲ませてあげたり、真昼がお風呂場で転んでスケスケになったり、真昼が周の服を借りてぶかぶかになったり…もうとにかくかわいいが詰まった作品でしたね。このお話だけで巻頭イラスト含めて3枚もイラストありますし作者の佐伯さん的にもお気に入りのお話なんですかね?

夜ふかしは悪いこです
周と真昼で流星群を見るたびにちょっぴり夜ふかしするお話。暗闇が怖い真昼が周にぴったりで周がドキドキ…という期待通りのお話で楽しく読ませていただきました。最後にすごく悪いことをしていて笑いましたw

裏側の決意と感傷
優太と樹のお話。こうして優太のお話を読めるとは思っていなかったのでありがたいですね。優太くんすごくいい子だと思うので頑張って欲しいですね…

お泊まりと昔話
真昼と千歳がお泊まり会して千歳と樹が付き合うまでのお話を聞くお話。樹イケメンすぎません?こんなの惚れるやん…っていう過去知ると千歳の樹に対する態度も納得ですね。あと中学時代の樹と千歳のイラストがすごくよかったですね。個人的に1番好きなお話でした。

その声は反則です
THEお隣の天使様というようなお話。真昼が周にもうちょっと意識してほしくて夜に電話するお話。周の声を聞いてご満悦な真昼、眠くてふにゃふにゃしちゃう真昼、周に耳元で話しかけられて変な声出しちゃう真昼…かわいすぎてヤバかったですね…

最後に
今回は短編集?掌編集?ということで真昼や周をはじめ普段見られない表情や普段以上の甘々を楽しませていただきました!6巻も楽しみです!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5.5



著者

佐伯さん


レーベル

GA文庫

ISBN

978-4-8156-1199-6

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは香坂マトさんの

ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います3

です!
img_9784049139372_1
前巻の記事↓



ストーリー A
内容は、有望な業務改善案を出した受付嬢にお誕生日休暇が与えられる…そんなチャンスを前にアリナが黙っているわけがない!なんとか誕生日休暇を取得するためにアリナは改善案を考えていたがなかなか思いつかない!そんな中、今年の新人研修に伝説の受付嬢がやってくるときいたアリナはライラと共に新人研修へ!しかし研修が行われるギルド本部の研修棟にはお化けの噂が…さらにはジェイドもいて面倒な事に巻き込まれるが…とこんな感じです!


〜伝説の受付嬢に話を聞けば残業がなくなる⁉︎〜

シリーズ第3弾!ちょっと読むのが遅くなってしまいましたが汗 今回もかわいくて強いアリナとコミカルな受付嬢の日々と、これまでの伏線が回収される怒涛の展開に思わず驚いてしまいました…面白かったです!
まず序盤。アリナの受付嬢としての変わらない日々が描かれます。新ダンジョンのせいで残業が増えるアリナ。そんな残業に塗れた日々を終わらせるために処刑人としてダンジョンのボスを討伐!さすがバーサーク系の受付嬢はパワーが違います。そして受付嬢たちに「有望な業務改善案を出した人にはお誕生日休暇」という企画?がなされることに!もちろんお誕生日休暇を狙うアリナはライラと共に新人研修に出かけて伝説の受付嬢から話を聞くことに!この研修は面白かったですねw やっぱり簡単にはいかないのがアリナさんらしいですし、偶然(必然?)居合わせたジェイドとのやりとりには「あら〜」となりました。アリナさんかわいいところあるやん。そして物語は研修棟にでる幽霊の話からまさかの展開に…ここでこれまでの伏線を回収してきますか…色々衝撃的な展開に思わずびっくり…と思っていたらラストでもびっくりさせられて「うぇ⁉︎」となりました。とお話的に一区切りつく内容で最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
アリナさんは相変わらずのバーサーク受付嬢っぷりを見せつけてくれますね。本当に強い…でも強いだけじゃなくて研修でジェイドに見せた態度とかかわいいところもしっかり見せつけてくれましたね!ライラは個人的に唯一の癒し枠なので見ているだけで楽しかったですね!ジェイドをはじめそのほかのキャラももちろん魅力的でした!

最後に
今回も面白かったです!お話的には一区切りつきましたが最後は衝撃展開もあり続刊が楽しみですね…近いうちに4巻も読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います3



著者

香坂マト



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-913937-2
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ