2023年04月

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは遥透子さんの

「ネットの『推し』とリアルの『推し』が隣に引っ越してきた 1」

です!
img_9784824004369_1

☆感想☆

ストーリー A
内容は、推しである大人気Vtuberアンリエッタの配信を見るのが日々の楽しみな大学生の天童蒼馬。ある日、彼が住むマンションになんとアンリエッタの魂である林城静が引っ越してきた⁉︎彼女の引っ越しを手伝ったこと+蒼馬が料理上手で彼女が下手ということもあり毎日一緒に夕ご飯を食べることに。推しと図らずとも近づいた蒼馬だがなんとさらに推しが引っ越してくる。なんと声優の八住ひよりが引っ越してきて、彼女も夕ご飯を一緒に食べることに⁉︎さらに10年ぶりに再会した幼馴染の水瀬真冬も一緒にご飯を食べることに⁉︎推し2人と幼馴染1人との半同棲生活が始まる!とこんな感じです!

〜推しの2人+幼馴染と距離が近い⁉︎〜

遥透子さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。2人の推しと1人の幼馴染との日常的なやりとりが楽しい半同棲ラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。蒼馬の推しVtuberであるアンリエッタの魂である林城静が彼の住むマンションの隣の部屋に引っ越してくるところから物語は始まります!作中でも触れられてますけど、いきなり隣室の男に引っ越し手伝ってもらうのはどうなの?とか思いつつもすぐに意気投合する2人はなんだか微笑ましいですね。そしてひょんなことから静がアンリエッタの魂だとバレ、蒼馬は隣に引っ越してきたのが推しだと知ります。推しの魂を知ってしまったことに色々思いを巡らせながらもあくまでも静という1人の女性ときちんと節度を持って接していく蒼馬は好感度高いですね!料理下手、というか家事能力皆無な静の世話を焼くうちに2人は一緒に夕ご飯を食べることに。蒼馬にご飯を一緒に食べてほしい、作ってほしいと頼む静はかわいすぎますね。これは反則です。しかし2人の夕ご飯も長くは続かず声優の八住ひよりが引っ越してきて彼女も一緒に夕ご飯を食べることに。さらに年下幼馴染の真冬ちゃんと大学で10年ぶりに再会して彼女も一緒にご飯を食べることに!静と真冬が蒼馬に特別な感情を抱いていることもあり日々の食事は賑やかに!静のちょっとポンコツなところめっちゃかわいいですねw 真冬ちゃんは…はい。やっぱり年下幼馴染は…ね?それぞれのヒロインとのイベントもお家中心で半同棲感あって非常によかったですし、静のVtuberという属性を活かした終盤のイベントもすごくよかったです!3人のヒロインとのやりとりが楽しくて最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
蒼馬は等身大の大学生といった感じで好感度高かったですね!女の子に囲まれても変な欲見せたりしない、でも健全なところもあって家庭的で優しい。見ていて安心できる主人公でした!静は大人気Vtuberの魂!生活力皆無でちょっとぽんこつなところがかわいい女の子でしたね!蒼馬に向ける感情が乙女全開でかわいい!ひよりさんは大人の女性…と見せかけて酒乱なところがギャップがあってかわいい!真冬ちゃんは年下幼馴染らしいヤンデレな一面があったりなかったりして…合鍵はマズイですよ!でもかわいいからヨシッ!

最後に
3人の女の子たちとの楽しい?半同棲ラブコメでした!これは2巻も読みたいですね!絶妙な距離感で描かれる蒼馬と3人の女の子たちとのラブコメがまだまだ見たい!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
半同棲もののラブコメが読みたい方は!Vtuber、声優、年下幼馴染といった属性を活かしたイベントは見ていて楽しいですし静の蒼馬に向ける感情や態度がかわいい!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ネットの『推し』とリアルの『推し』が隣に引っ越してきた 1



著者

遥透子



レーベル

オーバーラップ文庫


ISBN

978-4-8240-0436-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは疎陀陽さんの

「許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい? 2」

です!
IMG_8714
前巻の記事↓

☆感想☆

ストーリー A
内容は、悪役令嬢として有名な桐生彩音が許嫁となり始まった同居生活。そんな生活にもなれてきた東九条浩之だが今度は幼馴染方面で問題発生⁉︎幼馴染である知美と涼子が喧嘩したことをきっかけに浩之を取り巻くこれまで通り過ぎてきた歪な関係が可視化されていく。ずっと浩之と一緒にいた幼馴染2人の不満と、歪な関係に向き合うことになる浩之が出す答えとは…とこんな感じです!

〜幼馴染と許嫁でめんどくさい〜

シリーズ第2弾!1巻が面白かったので2巻も楽しみにしてました!今回は幼馴染恋愛方面のめんどくさい!な歪恋愛関係に向き合ってくれてこういうの大好きな僕にとっては最高の一言でしたね!面白かったです!
まず序盤。幼馴染の知美と涼子が絶縁したところから物語は始まります!絶縁の理由があまりにもしょぼすぎて「えぇ…」という感じなんですけど、そういう理由で喧嘩できるのが仲が良い証拠ですよね…多分…彩音との同居生活にもなれてきた浩之。しかし絶賛絶縁中の幼馴染とも向き合わなければならないようになり…男1人と女子2人の幼馴染関係とかそんなん歪になるに決まってるじゃんがしっかり描かれていて非常に僕得でしたね。お互いの良いことも悪いことも全部知っていて、辛い時支えてあげた過去がある。浩之に許嫁ができてしまったせいで、現状維持で保留していた恋愛に向き合わざるを得なくなる。こういうの本当に大好きすぎますね…そして浩之の鈍感が過去に余計なことしていたのも最高すぎます…なんでお前それを聞いちゃうんだよ…をしっかりやってややこしくしてくれてるの最高すぎます。誰を選んでも何をしてもややこしくなる許嫁+幼馴染2人の関係にしっかり向き合って答えを出す浩之をとことん楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
浩之はマジでラブコメの主人公をしていて最高でしたね!このめんどくさい関係にしっかり向き合えるのマジすごいですよ…彩音さんはだいぶ柔らかくなって可愛さマシマシでしたね!料理のレパートリーに焼く以外の選択肢が増えて喜んでいるのも可愛いですw そして知美と涼子のダブル幼馴染。この2人の初恋拗らせ無限製造マシン感たまらないです…!やっぱり幼馴染女子にも初恋拗らせて貰わないとですね!

最後に
シリーズ2巻にして幼馴染を含めた超絶めんどくさい恋愛を見せてくれて最高の一言!そう!こういうめんどくさいを求めていたんです!3巻も楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

許嫁が出来たと思ったら、その許嫁が学校で有名な『悪役令嬢』だったんだけど、どうすればいい? 2



著者

疎陀陽



レーベル

ダッシュエックス文庫


ISBN

978-4-08-631501-2

表紙の画像は「版元ドットコム」様より





どうも夏鎖です(≧∇≦)

さて、今回4月後半発売の注目ライトノベルを紹介していきます!後半は16日から30日発売のライトノベルです!この記事では僕が注目しているラノベを紹介しているだけで、4月後半に発売するすべてのライトノベルを網羅しているわけではないのであしからずm(__)m それではいってみましょう!

4月18日発売 ガガガ文庫
「恋人以上のことを、彼女じゃない君と。2」持崎湯葉(著) どうしま(イラスト)
「冬にそむく」石川博品(著) syo5(イラスト)







4月20日発売 富士見ファンタジア文庫
「蜘蛛と制服」入江君人(著者) 茨乃(イラスト)
「死亡退場するはずの“設定上最強キャラ”に転生した俺は、すべての死亡フラグを叩き折ることにした」としぞう(著者) motto(イラスト)
「うしろの席のぎゃるに好かれてしまった。3 もう俺はダメかもしれない。」陸奥 こはる(著者) 緋月 ひぐれ(イラスト)
「王様のプロポーズ4 黄金の神子」橘公司(著者) つなこ(イラスト)
「じつは義妹でした。5 ~最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ~」白井ムク(著者) 千種みのり(イラスト)












4月25日発売 MF文庫J
「ステラ・ステップ2」林星悟(著者) 餡こたく(イラスト)
「死亡遊戯で飯を食う。3」鵜飼 有志(著者) ねこめたる(イラスト)
「義妹生活8」三河ごーすと(著者) Hiten(イラスト)








4月25日発売 オーバーラップ文庫
「創成魔法の再現者5 新星の玉座 ―小さな星の魔女―」みわもひ(著者) 花ヶ田(イラスト)
「バズれアリス1 【追放聖女】応援(いいね)や祈り(スパチャ)が力になるので動画配信やってみます!【異世界⇒日本】」富士 伸太(著者) はる雪(イラスト)



4月26日発売 新潮文庫nex
「世界でいちばん透きとおった物語」杉井光


以上になります!
注目の新作は「冬にそむく」「蜘蛛と制服」の2作品!前者は石川博品さん久しぶりの新作!氷河期に入った地球を舞台にした青春小説ということで読むのが楽しみです!後者は入江君人さんの久しぶりの新作!神ないコンビでの新作ということで発売前から注目度が高いですね!タイトルの通り蜘蛛と少女の物語ということで楽しみです!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)
今月後半もよろしくお願いします!

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのはツカサさんの

「お兄様は、怪物を愛せる探偵ですか?」

です!
img_9784094531169_1

☆感想☆

ストーリー A
内容は、人外の仕業と噂される事件の謎を暴くことを専門にする探偵・混河葉介とその妹である夕緋。2人はとある以来を受けて限界集落化が進む過疎地域の村を訪れる。そこでは焔狐という伝承上の怪物に関係した焼死事件が発生していた。葉介たちは村長の姪である春宮由芽らの協力を得て捜査を進めていくがさらなる謎が葉介たちに襲い掛かり…とこんな感じです!

〜兄妹で怪物を暴く〜

ツカサさんの新作!ツカサさんの作品はデビュー作の「RIGHT×LIGHT」以来に読みますね…9年ぶりくらい…?最初に「銃皇無尽のファフニール」読んでその次に「RIGHT×LIGHT」読んだんですよね…その頃の作品のいんしょうが強いからか今作は全然ジャンルが違って気になって手に取ってみた次第です。兄妹の楽しいやりとりが魅力な伝奇ミステリとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。葉介と夕緋がとある事件を解決する様子が描かれます。普通の探偵ではない特殊な事件を専門にして鮮やかな洞察力で事件を暴きそして収める葉介と、そんな葉介のことが大好きでパワーみを感じる妹の夕緋のやりとりは見ていて楽しかったですね!そして物語はとある村で起きた焼死事件の謎を解くお話へとシフトしていきます。焔狐と呼ばれる村に伝わる伝承上の生き物が起こしたとされる事件を追う中で村に隠された新たな謎や真実が見えてきて…ミステリなのでなかなか紹介が難しいのですが…ミステリの王道に沿った丁寧な物語運びと次々に明かされていく真実、そしてラストの展開が非常に良かったですね!閉塞的な村の環境や人間臭すぎるくせにどこか人間離れしている村民、非日常的なエッセンスが事件を盛り上げていました!葉介と夕緋の兄妹という特別な関係も良かったです!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
葉介は観察と洞察で事件を解決するTHE・探偵という感じの青年で見ていて楽しかったですね!夕緋に向ける感情も良かったです!夕緋は天真爛漫な女子高生!元気いっぱいで見ていて楽しい反面、その裏側に隠した真の姿が良かったです!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
伝奇ミステリとして楽しく読ませていただきました!これはぜひシリーズで長く読みたい作品ですね!こういうミステリは貴重なので続けられる限り続けてほしいです…!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
伝奇ものやミステリが好きな方は!怪異的な要素もありますが、あくまで丁寧にミステリをしている感じが非常に好感度高いです!葉介と夕緋のやりとりも楽しい!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

お兄様は、怪物を愛せる探偵ですか?



著者

ツカサ



レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453116-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは徳山銀次郎さんの

「理系彼女と文系彼氏、先に告った方が負け」

です!
img_9784815617967_2

☆感想☆

ストーリー A
内容は、理系の学校と文系の学校を統合してできた峰藤学園。そんな学園では文系で成績1位の広尾流星と理系で成績1位の東福寺珠季が付き合っていた。だが2人には秘密があった。それは実際には2人は付き合っておらず学園内でいがみあう文系と理系の橋渡し役になるために恋人フリをしているだけだった⁉︎しかも演劇部の部長と副部長である2人は脚本も演技も完璧⁉︎いつもは喧嘩ばっかりだけど実は…な2人の偽の恋人関係ラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜理系vs文系?〜

徳山銀次郎さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。偽の恋人関係と言いつつも結局お前ら好き同士じゃん!な2人の関係と、無駄に良い頭で恋愛頭脳戦をやる2人が楽しいラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。付き合って間もない2人が実は偽の恋人関係だと明かされるところから物語は始まります。演劇部の練習中。告白シーンをガチの告白だと勘違いしてしまった生徒を起点に噂が広まり今さら嘘だとは言えない状況に…しかも学園内でいがみあっていた文系と理系の生徒たちの仲もなんだか良い感じ。ということで偽の恋人関係になることに…演劇部ということで無駄にしっかり台本を作ってくる流星と、それを完璧に演じる珠季のコンビは偽恋人レベルが高いですね…普段はお互い煽りあったり口喧嘩したりする2人ですが、実はお互いがお互いのことを…こういう両者ツンツンなケンカップルな偽恋人関係は読んでいてニヤニヤしちゃいますね!物語はそんな2人のラブコメを中心に描かれていきます!ちょっとしたことで無駄に高度な頭脳戦?をしたり嫉妬してるの照れ隠しするためにめちゃくちゃ回りくどいことをする2人が見ていて本当に楽しい!三人称視点でお互いの頭の中身がわかる文章もグッドでしたね!この作品にぴったりでした!終盤はネズミの国でデートをする2人が描かれます!こういう初々しい2人からしか摂取できない成分と、定番とはいえああいうイベントをしっかりこなしてくれる2人がまた良い。ラストも良かった!こういうの好きです!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
流星はめんどくさいオタクの波動を感じる奴でしたが、恋愛方面はなかなか面白くて見ていて楽しかったですねw 自分が不得意なことを素直に幼馴染の女の子に頼ったり、最終的には珠季のことをきちんと認めているのが好印象でした!珠季はめんどくさい女の子なんですけど、頭の中が高度にお花畑でさすが理系女子という感じでしたね…その他のキャラも魅力的でした!

最後に
めんどくさい偽恋人ケンカップルラブコメとして楽しく読ませていただきました!これはぜひ2巻が読みたいですね!まだまだ2人の偽恋人関係が見ていたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
めんどくさいカップル(偽)のラブコメが読みたい方は!無駄に高度な2人の頭脳戦やなんやかんやでお互いのことが好きな2人が見ていて楽しい!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

理系彼女と文系彼氏、先に告った方が負け



著者

徳山銀次郎



レーベル

GA文庫


ISBN

978-4-8156-1796-7

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ