2024年02月

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは岩柄イズカさんの

「毎晩ちゅーしてデレる吸血鬼のお姫様」

です!
img_ 9784815623029

☆感想☆

ストーリー A
内容は、普通の青春を送るために状況してきたものの、ぼっちな学校生活を送ることになった紅月史郎。そんな彼は学校の帰り道で捨て猫を拾った吸血鬼の少女・テトラと出会う。猫を飼うというテトラをサポートすることになった史郎はその途中、お腹を空かせたテトラに血を提供することに。すると史郎の血がめちゃくちゃ美味しい⁉︎史郎の血をすっかり気に入ったテトラは史郎を自分の屋敷に吸わせて毎日血を吸うことに!2人の甘々同居ラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜血を吸ってちゅーしたがる吸血鬼とイチャイチャするだけ〜

岩柄イズカさんの新作!デビュー作「最果ての魔法使い」とデビュー2作目「『ずっと友達でいてね』と言っていた〜」がめちゃくちゃ好きだったので新作楽しみにしてました!そして読むのがめちゃ遅くなりました…すみません…今作は吸血鬼の女の子に血を吸われてラブラブイチャイチャな甘々ラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まずは序盤。史郎とテトラが出会うところから物語は始まります!西州を夢見て上京してきたものの、ぼっちな学校生活を送ることになった史郎。そんな彼は学校の帰り道で捨て猫を拾う吸血鬼の女の子・テトラに出会い猫の世話を教えることに。序盤はテンポ抜群ですっと物語に入っていけましたね!吸血鬼が存在する世界観も短い文章ながらしっかり説明してくれるのもグッド!そしてお腹を空かせたテトラに血を吸わせたら史郎の血を気に入った彼女のお屋敷で生活することに。吸血シーンのどこか背徳的なエロさと血で酔ってへにょへにょになるテトラちゃんがあまりにも可愛すぎて優勝しました!普段はツンツンしていて、史郎を弟分にしようとしているのに…ギャップが凄まじい。吸血鬼ゆえにあまり日本のことを知らないテトラと一緒に出かけたりゲームしたりといった日常もよかったですね!普段のテトラもめちゃくちゃかわいい!終盤ではちょっとしたトラブルが発生。それでも史郎のあまりにもイケメンすぎる対応にしびれました…こんなことできるのになんて学校で話せる友達が少ないんだ…?史郎とテトラのイチャイチャを最後まで楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
史郎は誠実でちゃんと気遣いのできる男の子!テトラに優しくて彼女のことを1番に考えて行動してあげて絶対にテトラに悲しい思いをさせない。そのイケメンっぷりに痺れました!テトラはかわいい吸血鬼の女の子!普段は史郎にマウント取ったりお姉さんぶったりしてみせますが、史郎にストレートな気持ちをぶつけられたときには照れてみたり、血を吸って酔うと積極的になったり…とにかく見ていてかわいい女の子でした!その他のキャラも魅力的でした!

最後に
吸血鬼と普通の?男の子のイチャイチャが楽しい甘々ラブコメでした!これはぜひ続きが読みたいですね!まだまだ史郎とテトラのラブコメが見たい!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
甘々ラブコメ読みたい方は!かわいいテトラとそんな彼女に優しい史郎のやりとりはずっと見ていられます!吸血シーンもどこか背徳的で耽美でよき!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

毎晩ちゅーしてデレる吸血鬼のお姫様



著者

岩柄イズカ



レーベル

GA文庫


ISBN

978-4-8156-2302-9

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは氷高悠さんの

「クラスの優等生を『妹』にする約束をした。どうやらいっぱい甘えたいらしい。」

です!
img_ 9784040753447

☆感想☆

ストーリー A
内容は、医者である父親に医者になるように言われ続けたことがきっかけで家出した鷹戸流稀。しかし未成年ゆえにどこにも泊まれずいた。そんな彼を助けたのはクラスでママと呼ばれている頼り甲斐のあるしっかり者の女の子・加古川青緒。青緒は流稀を自分の家に住ませる代わりに家族になるという《家族契約》を結ぶことに!学校では同級生、家では妹になって甘えてくる青緒。青緒の従姉妹で普段は学校の先生、家では流稀の双子として距離が近いゆかり、青緒の妹で家では流稀の姉として振る舞う絆菜。そんな3人とのドキドキ同居ラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜クラスのママが妹に⁉︎〜

氷高悠さんの新作!「俺の許嫁になった〜」シリーズが好きなので新作楽しみにしてました!(途中で止まってます…すみません…)今作は3人の女の子と家族として同居するという温かさを感じるラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。流稀が家出して加古川家に泊まるところから物語は始まります。医者の父親を持ち幼い頃から医者になることを強要されてきた流稀は我慢の限界で家出。未成年ゆえにどこにも泊まれずに野宿しようとしていた彼を青緒が家に連れて行きます。序盤はテンポが良くて物語にすっと入っていけましたね!そして青緒から彼女の複雑な家庭環境ゆえに結ばれている家族契約の話を聞き、流稀も家族として加古川家で生活することに!母親と父親を亡くし従姉妹であるゆかりと妹の3人で暮らしている青緒。そんな彼女たちは家族契約で繋がっている。そこに流稀は青緒にとっての兄として、ゆかりにとっての双子として、絆菜にとっての弟として生活することになります!最初はちょっとピンとこなかったのですが、要は家族ロールプレイですね。学校ではしっかり者でみんなに頼られている青緒が家出は流稀に甘えてくる。学校では気安い先生として生徒に人気?なゆかりが家では無防備な姿を見せてくる。普段はツンツンしているけど2人きりの時は姉として流稀のことを心配してくれる絆菜。青緒を中心とした3人とのラブコメは時に甘く、時に家族の温かさみたいなものを感じられて非常に良きです!終盤ではちょっとしたトラブルもありましたがしっかりと自分の気持ちを伝える流稀はカッコよかったですね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
流稀は家出少年!色々と大変な思いをしてきたからこそ家族という関係にしっかり向き合おうとするのがよかったですね!青緒は普段はしっかり者の頼れるクラスメイト、家では甘えん坊の妹というギャップが最高に可愛かったです!ゆかりさんは色々無防備ででも保護者としてしっかりしているところが、絆菜は普段は生意気だけど流稀の前ではお姉さんなところが魅力的でした!

最後に
ハートフルな家族ロールプレイ同居ラブコメとして楽しく読ませていただきました!これはぜひ続きが読みたいですね!まだまだ流稀と青緒のラブコメが見たい!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
ハートフルな同居ラブコメを読みたい方は!学校と家、みんなといる時と2人きりの時で流稀への接し方が変わる女の子たちのギャップが魅力的!特に妹として甘えてくる青緒が破壊力抜群です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

クラスの優等生を『妹』にする約束をした。どうやらいっぱい甘えたいらしい。



著者

氷高悠



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-075344-7

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは夏乃実さんの

「大学入学時から噂されていた美少女三姉妹、生き別れていた義妹だった。」

です!
img_ 9784815622633

☆感想☆

ストーリー A
内容は、親の複雑な結婚歴により実質生き別れの三子の三姉妹の義妹がいる遊斗。そんな彼はある日、それぞれ別の場所で3人の女の子を助ける。なんと彼女たちは遊斗と同じ大学に入学してきていた生き別れの義妹たちだった⁉︎大学生になりカッコよくなった遊斗たちにベタ惚れな三姉妹たちに囲まれたハーレムラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜三姉妹がカッコいい義兄に再会したら?〜

夏乃実さんの新作!「煽り系ゲーム配信者(20歳)、配信の切り忘れによりいい人バレする。 」が面白かったので新作楽しみにしてました!今作は三姉妹とのハーレムラブコメなのですが、それぞれの女の子にきちんと対応している主人公が一才不快感なくて爽やかさすら感じる読んでいて気持ちの良いラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。遊斗がそれぞれ別の場所で3人の女の子を助けるところから物語は始まります。父親の複雑な結婚による義妹設定はしっかり説明しつつ、クールに女の子たちを助ける序盤は好感度抜群でしたね!これだけで遊斗のことが好きになります!そして正式に義妹として再会した3人とのラブコメ開始!背がちっちゃいことがコンプレックスだけどそれ以上にしっかり者で甘いものに目がない長女の真白、ギャルっぽい見た目で社交的だけど三姉妹の中で努力家な美結、引っ込み思案で普段はおとなしいけど遊斗のことになると頑張って勇気を出せる心々乃。3人がかわいいのはもちろん彼女たちに誠実に向き合う遊斗の一挙手一投足がマジでイケメンでした。こんな気遣いできる男子大学生おるか?ラブコメイベントはまだラブの方は三姉妹たちだけから、遊斗は気づいていない片思いレベルの感じです。でもそれがすごく良くて彼女たちが等身大で一生懸命遊斗と一緒にいたい!楽しく過ごしたい!というのが見えるのがめちゃくちゃかわいいですし、遊斗の気遣いも相まって最高でしたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
遊斗は気遣いの達人!こんなにイケメンな男子大学生は現実にはいません!とにかく行動全てがイケメンすぎます!真白は三姉妹の長女でしっかり者のお姉さん!でも身長が1番小さくて可愛かったり、そのことにコンプレックス感じてるのが微笑ましいですね。美結は社交的な次女1ギャルっぽい見た目ですが誰よりも努力家でそんなところがかわいい!心々乃は普段は引っ込み思案なのですが遊斗のことになると一生懸命勇気を出して行動するところが可愛くて良きでした!

最後に
これほど爽やかなハーレムラブコメはないと断言できる読んでいて気持ちいいラブコメでした!これはぜひ続きが読みたいですね!まだまだ遊斗と三姉妹の絡みが見たい!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
ラブコメ好きな方は!ハーレムものはちょっと…という方でも遊斗があまりにも爽やかなので楽しめると思います!もちろん三姉妹も全員魅力的!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

大学入学時から噂されていた美少女三姉妹、生き別れていた義妹だった。



著者

夏乃実



レーベル

GA文庫


ISBN

978-4-8156-2263-3

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは金子跳祥さんの

亜人の末姫皇女はいかにして王座を簒奪したか 星辰聖戦列伝

です!
img_ 9784049153866

☆感想☆

ストーリー AA
内容は、神別れの山脈によって二分され東には人間が生活するワウリ界、西には亜人が生活するネクル界が広がる世界。そこでは人間を拒む黒い塔の崩壊により聖戦が繰り広げられることになる。聖戦の最初期を生き抜き黒い塔を破壊した竜騎士バラド、最強の暗殺者の猫亜人ニャメ、義勇軍を率いた戦豚のボルゴー、聖鍵軍筆頭騎士のニモルド、そしてたった1人の義勇軍から王座に上り詰めることになる亜人の姫・イリミアーシェ…彼ら英雄と生と死を描く一大叙事詩が幕を開ける…とこんな感じです!

〜聖戦をめぐる一大叙事詩〜

金子跳祥さんの新作!電撃文庫では約9年ぶり、MW文庫入れても7年ぶりの新作ですね。ぶっちゃけかなり分厚くて(455p)当初は買う予定はなかったのですが、Twitterで作者の方にリプをいただいてしまったので購入してみました!まず言わせてください…

最高

これは…やられちゃいましたね…とんでもない化け物級のファンタジーです。この作品書くために7年かかったと言っても納得の作品です。それほどまでにすごい。人間と亜人による戦争を両軍の英雄、あるいは脇役たちから描く一大叙事詩。聖戦は英雄である彼らの活躍で始まり彼らの活躍で終わる…その全てが凄まじい。読み終わったときに思わず「すごっ…」という言葉と共に呆然と宙を見つめてしまいました。そのくらいパワーのある作品です。最高の読書体験でした!
本作は人間と亜人による戦い《聖戦》に参加した英雄たちあるいは聖戦におけるキーパーソンたちの30p〜80p程度のお話の集合体によって描かれます。連作短編?とはまたちょっと違った形式ですかね?最初は亜人たちの守りの要である黒い塔が人間の竜騎士バラドによって落とされる話から物語は始まります。聖戦の始まりであるそれをきっかけに亜人を奴隷にしようとする人間を徹底的に暗殺する猫亜人のニャメ、亜人の姫イリミアーシェの義勇軍を率いた戦豚のボルゴー、砂漠に巨万の富を築き上げた商人のシーシヒ、亜人軍最強の鉄の虎ことメリヴォラ、人間側の軍だんである星鍵軍の筆頭騎士であるニモルド、そして亜人の姫であるイリミアーシェ…合計13人のお話から聖戦が描かれます。一つ一つのお話はいわば星のようなもので、それ単独で読んでももちろんめちゃくちゃ面白いのですが、1話読み進めるたびに一つ一つ繋がり最後は大きな星座となって迎える最終話があまりにも最高すぎました。英雄たちの最後もいいですね。死に際美しく星座として祭り上げられるもの、決して綺麗とは言えない死に方で自らが望まずに星座になるもの…それぞれインパクトがあてよかったです。英雄たちの活躍の陰で生まれることわざもエッジが効いていてよかったです!この読後感を味わうためにラノベ読んでる!と思える素晴らしい作品でした!最高です!

キャラ AA
主要登場人物13人全てが素晴らしい!全員が英雄たる能力と力を持っていましたね!個人的に好きだったのはパタと呼ばれる砂漠のラクダ騎兵の少女と冒険男爵のアルゴと鉄の虎ことメリヴォラ。3人のお話は特に印象深かったですね。

最後に
とんでもない作品を読ませていただきました。これぞまさに一大叙事詩にしてライトノベル最高峰のファンタジーだと思います。この作品の続き…はなかなか想像できないのですが聖戦のこぼれ話とかはまだまだみたいですね!

どんな人にオススメか?
ファンタジー好きなら!かなりボリューミーで読みやすい作品ではないのですが…文章自体は独特ながらもスラスラと読めて13人の英雄たちによる聖戦を描いた一大叙事詩はこの作品でしか味わえないです。手放しでオススメしたいです!太鼓判です!気になったかたはぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

亜人の末姫皇女はいかにして王座を簒奪したか 星辰聖戦列伝



著者

金子跳祥



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-915386-6

表紙画像のリンク先



どうも夏鎖です(≧∇≦)

さて、今回2月後半発売の注目ライトノベルを紹介していきます!後半は16日から29日発売のライトノベルです!この記事では僕が注目しているラノベを紹介しているだけで、2月後半に発売するすべてのライトノベルを網羅しているわけではないのであしからずm(__)m それではいってみましょう!


2月18日発売 ガガガ文庫
「お兄様は、怪物を愛せる探偵ですか?2 ~とぐろを巻く虹~」ツカサ(著) 千種みのり(イラスト)
「白き帝国1 ガトランド炎上」犬村小六(著) こたろう(イラスト)
「たかが従姉妹との恋。3」中西 鼎(著) にゅむ(イラスト)
「ノベルライト 文系女子、ときどき絶叫女子。」ハマカズシ(著) ねめ猫(6)(イラスト)
「変人のサラダボウル6」平坂読(著) カントク(イラスト)
「星美くんのプロデュース vol.3 女装男子でも可愛くなっていいですか?」悠木りん(著) 花ヶ田(イラスト)














2月20日発売 富士見ファンタジア文庫
「クラスの優等生を『妹』にする約束をした。どうやらいっぱい甘えたいらしい。」氷高悠(著者) たん旦(イラスト)
「夏目漱石ファンタジア」零余子(著者) 森倉円(イラスト)
「双子まとめて『カノジョ』にしない?2」白井ムク(著者) 千種みのり(イラスト)
「スパイ教室 短編集05 『焔』より愛をこめて」竹町(著者) トマリ(イラスト)
「【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。8」氷高悠(著者) たん旦(イラスト)










2月22日発売 ダッシュエックス文庫
「なりすまし聖女様の人生逆転計画」片沼ほとり(著者) あさなや(イラスト)




2月24日発売 MF文庫J
「テレキャスタービーボーイ」すりぃ(著者) coalowl(イラスト)
「俺の背徳メシをおねだりせずにいられない、お隣のトップアイドルさま2」及川 輝新(著者) 緋月 ひぐれ(イラスト)
「マスカレード・コンフィデンス2 詐欺師は少女と仮面仕掛けの旅をする」滝浪 酒利(著者) Roitz(イラスト)







2月25日発売 オーバーラップ文庫
「死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く VII 〈下〉」彩峰舞人(著者) シエラ(イラスト)
「一生働きたくない俺が、クラスメイトの大人気アイドルに懐かれたら5 美少女アイドルたちにライバルが現れました」岸本和葉(著者) みわべさくら(イラスト)






2月28日発売 ファミ通文庫
「アラサーがVTuberになった話。4」とくめい(著者) カラスBTK(イラスト)



以上になります!
注目の新作は「夏目漱石ファンタジア」「テレキャスタービーボーイ」の2作品!前者はファンタジア大賞の大賞受賞作で新人賞受賞時からその奇抜なタイトルで話題になってましたね!あらすじから面白そうな雰囲気がしているので楽しみです!後者はボカロのノベライズですね。楽曲はもちろん知っているのですがcoalowlさんのアニメが大好きなので気になってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)
2月後半もよろしくお願いします!

↑このページのトップヘ