2024年03月

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのはハマカズシさんの

「ノベルライト 文系女子、ときどき絶叫女子。」

です!
img_ 9784094531756

☆感想☆

ストーリー A
内容は、ガガガ文庫が大好きな陰キャぼっち女子の早乙女青春。彼女はキラキラした青春に憧れながらもそんな青春は遅れずにいた。そんなある日、同じくガガガが好きだという田中京子に出会う。同じガガガ好きに出会ったことに舞い上がり意気揚々と自宅へ京子を誘う青春だが、京子が好きなのは同じガガガでもパンクバンドのガガガSPが好きだということが判明する。図らずとも失態を犯してしまった青春は京子のけいおんぶ設立に協力することになるが…とこんな感じです!

〜ラノベガールはパンクガールと青春したい〜

ハマカズシさんの新作!ハマカズシさんの作品を読むのはしばらくぶりですね…なかなか読むタイミングがなく…今作はパンクバンドのガガガSPとのコラボ小説ですね!ガガガ文庫とガガガSPはどちらももちろん知っているんですけど、ここまでコラボがなかったことが逆に意外ですよね。
閑話休題。
ガガガSPの楽曲を取り入れながら青春と音楽をやる作品として楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。1人叫ぶ青春(あおはる)ちゃんが描かれます。青春って名前なのに陰キャぼっち女子なの掴みばっちりですね!キラキラした青春に憧れて、でもキラキラなれなくて叫んでいたところを京子に見つかります。そして同じくガガガが好きだということが判明し陰キャゆえのハイテンションで自宅に案内したらガガガはガガガでもガガガ文庫ではなくガガガSPが好きだということが発覚!1人で叫んでいたという弱みを握られてしまった青春は京子の軽音部設立計画を手伝うことになります!お互い好きなものや性格は真逆でも、お互いに好きなものをいいねしあえる関係!めちゃくちゃ素敵ですね!紆余曲折の末に青春はラノベ部を、京子は軽音部を立ち上げようとしますがどちらも認めてもらえない!認めてもらうには文化祭のライブで観客100人集めることと、ラノベを100冊売ることを課せられます!バンドメンバーを集めて練習したり、パンクバンドとしての問題に直面したり…色々な壁にぶつかりますが2人が意見をぶつけ合ってより良いものにしていこうとする過程はキラキラしていてめちゃくちゃ青春でしたね!終盤のライブシーンもめちゃくちゃ盛り上がりましたし最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
青春ちゃんは陰キャ女子!という感じがして非常に良きでしたね!ラノベ、特にガガガ文庫が好きな女の子なんて高校時代にいたら惚れてましたよ…ラノベのことになると語りが止まらないところとか愛おしい…京子は明るくて元気いっぱいなギターガール!青春をぐいぐい引っ張ってくれる頼もしい存在であり、また青春に生きるかっこいい女の子でしたね!その他のキャラも魅力的でした!

最後に
ガガガ文庫とガガガSPの魅力がギュッと詰まった作品でした!1巻で綺麗に終わっていますが続きがあるならまだまだ読みたいですね!

どんな人にオススメか?
青春もの、音楽ものが好きな方は!ガガガSPとのコラボ作品ですがもちろんガガガSPを知らなくても楽しめますしここからガガガSPを知っていくのもありだと思います!青春ちゃんと京子の青春はキラキラしていて刺さること間違いなし!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ノベルライト 文系女子、ときどき絶叫女子。



著者

ハマカズシ



レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453175-6

表紙画像のリンク先


僕の大好きな漫画家の藤原ここあさんが亡くなられてから9年が経ちました。

9年も経ってしまって当時18歳だった僕も27歳になりました。藤原ここあさんの年齢を追い抜いてしまうのは時間の問題です。それくらい長い時間が経ってしまいました。でもやっぱり何年たっても藤原ここあさんがもういないという事実を実感する3/31は悲しいですし、改めてもう藤原ここあさんの新しい作品を読むことはないのだと嫌でも理解してしまいます。

とはいえ悲しいことばかりではありません。2024年6月には「妖狐×僕×SS」の15周年を記念した藤原ここあ展が開催されます



また2024年7月にはなんと「かつて魔法少女は悪と敵対していた。」のアニメも放送されます



まさか藤原ここあさんの作品がまたアニメになるとは思ってもいなかったので発表を見た時には随分驚いて、そして静かに泣きました…またここから藤原ここあさんの作品を楽しむ方が増えると思うと嬉しいです。

今でも藤原ここあさんの作品は大好きなので、今年は画集やコラボカフェとはまた違った形で藤原ここあさんの作品にまた会えることを楽しみにして過ごしていきます。


どうも夏鎖です(≧∇≦)

さて、今回は4月前半発売のオススメライトノベルを紹介していきます!
前半は1日から15日発売の作品を紹介していきます!この記事では僕が注目しているラノベを紹介しているだけで、来月発売するすべてのライトノベルを網羅しているわけではないのであしからずm(__)m それではいってみましょう!

3月29日発売 角川スニーカー文庫
「性悪天才幼馴染との勝負に負けて初体験を全部奪われる話2」犬甘 あんず(著者) ねいび(イラスト)




4月1日発売 HJ文庫
「孤高の王と陽だまりの花嫁が最幸の夫婦になるまで1」鷹山誠一(著) ファルまろ(イラスト)
「「門番やってろ」と言われ15年、突っ立ってる間に俺の魔力が9999(最強)に育ってました1」まさキチ(著) カラスBTK(イラスト)
「凶乱令嬢ニア・リストン5 病弱令嬢に転生した神殺しの武人の華麗なる無双録」南野海風(著) 刀彼方(イラスト)








4月10日発売 電撃文庫
「汝、わが騎士として」畑 リンタロウ(著者) 火ノ(イラスト)
「声優ラジオのウラオモテ #10 夕陽とやすみは認められたい?」二月 公(著者) さばみぞれ(イラスト)
「声優ラジオのウラオモテ DJCD」二月 公(著者) 巻本 梅実(イラスト) さばみぞれ(キャラクターデザイン)
「あした、裸足でこい。5」岬鷺宮(著者) Hiten(イラスト)
「僕を振った教え子が、1週間ごとにデレてくるラブコメ2」田口一(著者) ゆがー(イラスト)
「吸血令嬢は魔刀を手に取る」小林湖底(著者) azuタロウ(イラスト)














4月14日発売 GA文庫
「家事代行のアルバイトを始めたら学園一の美少女の家族に気に入られちゃいました。」塩本(著者) 秋乃 える(イラストレーター)
「本物のカノジョにしたくなるまで、私で試していいよ。」有丈ほえる(著者) 緋月 ひぐれ(イラストレーター)






以上になります!
注目の新作は「汝、わが騎士として」「本物のカノジョにしたくなるまで、私で試していいよ。」の2作品!前者は第30回電撃小説大賞の選考員奨励賞!毎年電撃小説大賞は選考員奨励賞が一番楽しみにしてるので本作も気になってます!騎士の物語ということでがっつりとしたファンタジーを期待したいですね!後者は有丈ほえるさんの新作!「ブービージョッキー!!」「救世主だった僕が三千年後の世界で土を掘る理由」が好きだったので楽しみです!恋愛リアリティ番組という題材と表紙の女の子三人の表情的に一風変わったラブコメっぽいので期待してます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)
4月もよろしくお願いします!

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのはまさキチさんの

「「門番やってろ」と言われ15年、突っ立ってる間に俺の魔力が9999(最強)に育ってました 1」

です!
img_9784798634999

☆感想☆

ストーリー A
内容は、恵まれた体格の持ち主ながら戦う才能がないと言われ15年間ただ立つだけの門番をやらされていたロイル。そんな彼は魔道具が発展したことで門番をクビになってしまう。ロイルは心機一転冒険者になることを決意し旅にでることに!その道中、パワー系聖女のディズを助けたことで魔術王レベルの魔術が身についていることが発覚する。ディズとパーティーを組むことになったロイルは壊滅的なコミュ力と超強力な魔術を使って冒険者になることができるのか…とこんな感じです!

〜門番やったら最強の魔術使いに⁉︎〜

まさキチさんの新作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。ありがとうございます。門番やっていたら魔術の才能が開花したロイルが冒険者となって無双する物語として楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。ロイルが門番を首になるところから物語は始まります!体格には恵まれているものの槍も何もかもさっぱりで戦う能力がないと判断され15年間も閑職の門番をやらされていたロイル。そんな彼は魔道具の進化で門番が不要となり仕事をクビになります。このあたりは割と追放ものみがありますね。そしてロイルは心機一転冒険者になるために旅へ!そしてその道中でパワー系聖女のディズを助けたことで自身に魔術の才能が開花したことに気がつきます!門番やっていた15年間の間ずっと架空の物語を妄想して自分を最強キャラとしていたことで魔術の才能が開花していたというのは面白い設定ですね。ディズを助けたことをきっかけに彼女とパーティーを組んで冒険者になることに!ここからは冒険者になるまで/冒険者になってからが丁寧に描かれていて好印象でしたね!15年間ずっと門番をやっていたことでコミュ障なロイルが少しずつディズを普通に話していけるようになる過程であったり、ロイルの強力な魔術で敵を瞬殺したりクエストをサクッとこなしたり、そして門番生活で落ち込んでいた自己肯定感を取り戻していく過程がグッド!終盤のピンチもロイルがサクッと解決してしまうのがめちゃくちゃよかったですね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ロイルは15年間の門番生活で魔術が最強になってしまった主人公1コミュ障で一見頼りないですが、圧倒的な魔術力で敵を倒したりピンチを潜り抜けていく過程がグッドでしたね!ディズは聖女をクビになったパワー系な女の子!ロイルとは違ってフィジカルが強い女の子でコミュ力も高くて見ていて楽しもしいヒロインでしたね!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
門番キャラが実は最強魔術使いで…という設定が魅力のファンタジーでした!コミカライズもすでにきまっているので今後が楽しみなシリーズですね!

どんな人にオススメか?
爽快感のあるファンタジーが読みたい方は!15年間妄想し続けていたら魔術最強になっていたという設定も面白いですし、ディズをはじめとしたヒロインたちもかわいい!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

「門番やってろ」と言われ15年、突っ立ってる間に俺の魔力が9999(最強)に育ってました 1



著者

まさキチ



レーベル

HJ文庫


ISBN

978-4-7986-3499-9

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは新田漣さんの

「君と笑顔が見たいだけ」

です!
img_ 9784040753102

☆感想☆

ストーリー A
内容は、好きな女の子・瀬音しずくを笑わせるために高校入学以来3ヶ月間ひたすらバカなことをやっている市井晴比古。そんな彼の前に現れたのは美人だが学内で奇行を繰り返すことで有名な中屋敷結羅だった。結羅の提案でコンビを組むことになった晴比古はしずくを笑わせるために夏休みをかけて漫才の練習を重ねるが…とこんな感じです!

〜漫才で好きな子を笑わせろ!〜

第36回ファンタジア大賞金賞受賞作!好きな子を漫才で笑わせたい!というど真ん中の青春ものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。クラス内でバカなことをする晴比古が描かれます!高校時代を思い出す3枚目の面白い奴って感じですね。ただ純粋に笑顔を見せない好きな女の子を笑顔にしたい!という動機だけでバカやってるのが非常にグッド!そして物語は学校一の奇人・結羅先輩とコンビを組んで漫才をすることになるところから動き始めます!最初は結羅先輩の奇行に引いていた晴比古ですが、お笑いに真剣な結羅先輩に負けて、そしてしずくを笑顔にさせるという決意の元コンビ結成を快諾します!そして始まる漫才の猛練習!熱い京都の夏休みいっぱいつかって一つ年上の美人で面白い先輩女子と漫才の練習という青春キラキラ度の高さに目を焼かれました…これはずるい…2人は某全国規模なお笑いコンテストの予選に参加することに。しかしそこで惨敗した上にベテラン女芸人から現実を見せつけられて…個人的にこのシーンがこの作品で1番面白かったですね。確かに辛いんですけど、こうして高校生にしっかりと言ってくれるプロって社会人目線だとすごくありがたいですし絶対に自分はこうなれないんですよね…っていう意味で心動かされました。この悔しさをバネにさらに漫才に邁進する2人と変化していく結羅の気持ちも青春全開で最高でした!終盤の学園祭シーンもすごくよかったですしど真ん中の青春をこれでもか!と楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
晴比古はまっすぐなやつで好感度高かったです!こういうバカなことを好きな女の子のために一生懸命やれるのすごくかっこいいです!結羅は最初はお笑い好きで学校で奇行に走る変人のイメージが強かったんですけど、夏休みが終わるあたりからめちゃくちゃかわいい先輩女子になっていって…このギャップはずるいです…その他のキャラも魅力的でした!

最後に
ど真ん中の青春ものとして楽しく読ませていただきました!続きがあるならぜひ読みたいですね!まだまだ晴比古と結羅のやりとりがみたい!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
青春ものが好きな方は!テーマがお笑いなので作中の漫才シーンは多少好みが分かれそうですが、好きな子を笑わせたいという熱い気持ちと夏の京都で漫才をするというのが最高に青春してました!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

君と笑顔が見たいだけ



著者

新田漣



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-075310-2

表紙画像のリンク先



↑このページのトップヘ