カテゴリ: ライトノベル(続刊紹介)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは二月公さんの「声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい?」です!

img_9784049141320_1
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、アイドル声優プロジェクト「ティアラ☆スターズ」というに参加することになった夕陽とやすみ。アニメ、ゲーム、ラジオ、ライブなど様々なメディアミックス企画が控える作品のスタートとしてユニット同士の対抗ライブが開かれることに。そのユニットのリーダーにそれぞれ夕陽とやすみが選ばれる。やすみは元天才子役で小学生声優の双葉ミント、新人声優の御花飾莉、そしてめくると一緒にユニットを組むことになるがチームはどこかバラバラで…そして夕陽とどちらのユニットのライブが盛り上がるか勝負することになる。絶対に夕陽に負けたくないやすみはなんとかチームをまとめようと奮闘するが…とこんな感じです!


〜アイドル声優プロジェクトで夕陽とやすみがバトル⁉︎〜
シリーズ第6弾!今回はこれまでライバルとは言いつつもなんだかんだ言って協力関係にあった二人が初めて敵対する構図で描かれるお話でしたね。いつもとはちょっと違う二人の関係が新鮮で声優ものとしてもめっちゃ楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。いつもの夕陽とやすみのやりとりが描かれます。いやー今回は二人が同じ仕事とはいえ違うユニットでそれぞれ活動するためいつものこの絡みがいつも以上に愛おしいですね…最後まで読み終わった後にこの二人のやりとりを見ると本当にこの二人の関係は最高だなって思います…そして始まるティアラ☆スターズプロジェクト。めくるという顔馴染みのメンバーはいつつも、他の二人は初対面のミントと飾莉。しかもそれぞれちょっと癖があり…後述しますが二人ともすごく魅力的なんですよね…キャラのバックボーンがしっかりしていてかつ怒っていても笑っていても魅力がある。こんなのズルいです。そしてめくるさんは完全にキャラ崩壊してます。だ、大丈夫なんですか…?いやめくるさん好きですけど…しかし早速チーム内で不協和音が…なるべく練習をしたいやすみとミント、新人声優ゆえ生活が苦しくバイトもしたい飾莉の間で軋轢が…この生々しい描写をいやらしくなくかけるのは流石二月公さんという感じですね…そしてこうした問題をしっかりとサポートしてくれるめくるさんもいい。やすみもなんとか頑張ってチームの結束を固めようとしたところでさらに問題発生…でも度重なるピンチにはライバルの存在が大きくて夕陽に弱い自分を見せてまた頑張ろうって思えるやすみの強さが際立っていましたね。ラストもすごくよくてしかもこのティアラ☆スターズ編はこれかも続そうなので期待が高まりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
やすみは本当に強い女の子になりましたね…1巻2巻の頃を思い出します…自分と立場が違うユニットメンバーにしっかり意見を言えて自分がダメでも負けてもまた立ち上がって戦っていく。芯のある強さに本当に憧れます。夕陽は今回ちょっと出番少なめでしたが要所でやすみのことをサポート?してあげたりライバルとして本当にいい女の子でした。ミント、飾莉といった新キャラもめちゃくちゃよかったですね。ミントは元天才子役、そして現小学生声優として世間知らずなところがありながらも必死で頑張っていて、飾莉は飾莉で新人声優としてバイトやオーディションと両立しながら仕事を頑張っている。どうしても生まれや環境が違うせいで生まれてしまう軋轢やそれを通して描かれる二人の魅力が最高でした。そしてめくるさんは完璧に声優オタクでした。本当にありがとうございます。

最後に
今回も安定してめっちゃ面白かったですね…しかもティアラ☆スターズ編はまだまだ続くのに今からこの面白さって正気ですか…?マジで7巻も楽しみです!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい?



著者

二月公



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914132-0
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは二月公さんの「声優ラジオのウラオモテ #05 夕陽とやすみは大人になれない?」です!

img_9784049138603_1
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、またも共演することになった夕陽とやすみ。しかし新たに出演することが決まった「魔女見習いのマショナさん」は炎上中⁉︎カツカツの収録予定に土壇場で変更される脚本。そんな現場に振り回される二人の最大の悩みは天才後輩声優の高橋結衣。なんと夕陽をも凌ぐ演技を見せる彼女におのず焦るやすみだが、夕陽の焦りはそれ以上で…果たして激務の現場と天才後輩を乗り切れることができるのか…とこんな感じです!


〜天才後輩現る〜
シリーズ第5弾!3巻で化けて4巻も面白かっただけに今回はどうなるかと思いましたが、新キャラとして天才後輩声優の高橋結衣を登場させさらにやすみの進路の悩みや後輩に追い抜かれる夕陽の恐怖も描いていくというとんでもない構成でなおかつこんなに面白いの反則ですよね…今回も最高でした!面白かったです!
まず序盤。やすみの進路に関する悩みが描かれます。確かに現実の声優さんでも高校生でデビューしてと言う方も多いですからね…やすみがいろんな人に相談しながら答えを決めようとする過程が良かったですね。その中で特に印象的だったのはやすみのお母さんの言葉。こんなこと言われたらぐっときますよね…そしてお話は再び共演が決まったやすみと夕陽へ。紆余曲折のすえ制作が遅れに遅れているアニメで共演することになった二人に天才後輩声優の高橋結衣。結衣の演技を見て聞いて圧倒的な実力差に夕陽は…この二人で逃げて悔しさをぶつけるシーンめちゃくちゃ良かったですね…こういうの本当に好きです…後輩に追い抜かされる恐怖を感じながら仕事をする夕陽は本当にプロですね…そして新たに発生する問題。結衣はその天才っぷりで夕陽が落ちたオーディションも自分が受かってしまったことを知り、さらにはアニメの出来が悪くてネットでおもちゃにされていることで限界をむかえてしまいます。こういうのマジでキツいですよね…しかも高校一年生の女の子が…それでも彼女が乗り越えるために選んだ夕陽とやすみの選択肢がまたいいんですよね…最後は納得の展開でした。今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
やすみの進路の悩みはすごくリアルで良かったですね…この質感でやすみの内面を描けるの本当にズルいです…今回は夕陽のお世話でちょっと大変そうでしたねw 夕陽は自分を脅かす後輩が出てきたことによる恐怖とか色々大変な中で結衣としっかり距離を保てるのがすごかったですね。今回はちょっとポンコツ多めで見ていてかわいかったですw 結衣ちゃんは普段は元気いっぱいすぎる後輩キャラなのに演技になるととんでもない才能を発揮して…夕陽のことが大好きなだけに彼女の問題に押しつぶされそうになる姿は見ていて辛いものがありましたが…それでも持ち前の明るさがキラキラ輝いていてかわいい後輩でした!

最後に
今回もめっちゃ面白かったです!というか3巻以降本当に化物みたいな作品になりましたよね…現場の描写がキャラの解像度の高さが凄まじいです…6巻も早いところ読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

声優ラジオのウラオモテ #05 夕陽とやすみは大人になれない?



著者

二月公



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-913860-3
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはみかみてれんさんの「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 4」です!
⚠︎若干ネタバレありです

IMG_7087
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、紫陽花さんから告白されたれな子は勢いで思わず返事をしてしまうもなんとか撤回し時間をもらうことに。真唯と紫陽花さんから向けられる好意に、自己肯定感の低いれな子は戸惑うばかり…そんなある日香穂ちゃんの趣味であるコスプレを手伝うことに⁉︎香穂ちゃんお手製の衣装を着せられてカメラマンのお姉さんに撮影されて、打ち上げでラブホに行ったり…れな子は香穂ちゃんに悩みを相談するも答えはなかなか決まらない。しかし時間は待ってはくれずれな子は決断を迫られて…とこんな感じです!


〜れな子コスプレイヤーになる〜
シリーズ第4弾!前巻衝撃の引きでどうなるのかと思いましたがこうきますか…いや!れな子らしいですし僕は好きです!今回もめっちゃ楽しませていただきました!面白かったです!
まず言わせてください…
大天使!紫陽花さん!


あぁああああああああああああああ!紫陽花さん…なんでそんなに天使なんですか…なんでそんなに小悪魔なんですか…紫陽花さん…推し…好き…紫陽花さんしか勝たん。絶対に負けへん…120%優勝じゃんこんなの…紫陽花さん…尊いよ…

閑話休題。

さて、物語は前回紫陽花さんに衝撃の告白をされたあとからスタートします。なんとか時間をもらうことで現状維持?を選択したれな子は真唯、紫陽花さんと二人から向けられる好意に戸惑うことになります。流石にこういう状況はないですけど、自己肯定感低めの人間がいきなり複数人の人間から好意を向けられるとなぞの戸惑いがありますよね…そんなれな子が頼った先は香穂ちゃん。というか香穂ちゃんしかいないですもんね。頼れる人。紗月さんに相談したらなんかやられちゃいそうですし?というかやられてましたね…あと104pのイラストはめちゃくちゃズルいですよ…かわいくない?かわいいでしょ(断言)香穂ちゃんとの意外な過去も判明して何かアドバイスがもらえるかと思いきやなんと香穂ちゃんのコスプレ合わせに付き合うことに⁉︎てかれな子さんおっぱいデカいんですか。よくないと思います(いい)。そんなわけで香穂ちゃんのコスプレの手伝いをしていく中で、香穂ちゃんが抱えるいろんなものに触れながられな子は自分がどうするべきか決めていきます。香穂ちゃんは強いですね。弱い自分をバネにしてきちんと飛べる強さがありました。そしてれな子の決断…の前の紫陽花さんが本当に強すぎる…れな子と紫陽花さんが色々あって二人でお出かけするシーンがあるんですけど…もうこんな紫陽花さんズルいじゃん…シードで決勝飛ばして優勝じゃん…僕は砂になって消えました…そして決断の時。なるほど。こうきましたか。いや確かにれな子ならありえない選択ではないかもですけど…!とはいえ個人的に好きなのも事実。第一シーズン終了に相応しいいいラストだったと思います。紗月さんが爆弾落としていかなかったらね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
れな子のおっぱいが大きいのはダメです。解釈違いです。とか思っていたのに香穂ちゃんとのやりとりでいいやんとなってしまいました。いいやん。自己肯定感の低いれな子が香穂ちゃんのASMRで変な方向につよつよになるの可愛かったですし今回のれな子は見ていて楽しかったですね。紫陽花さんは本当に大天使。なしてこんな女の子が生まれると?紫陽花さんぽわぽわでかわいいよーと思っていたられな子とのお出かけでとんでもない小悪魔を見せつけられて瞬間優勝しました。勝つしかないじゃん。こんなの。香穂ちゃんは元気いっぱいでかわいいなーと思っていた裏でいろんなものを抱えていてそれを自分で乗り越える強さがあって非常に良いと思いました。真唯は今回はなんか弱いところばかり見てしまった気がするので早くあの最強の真唯さんを見せてほしいですね…でも強い女の子が弱まるところもいいですよね…そしてムーンさんこと紗月さん。マジでさ。よくないと思いますよ。最後のは。でも好きです。

最後に
第一シーズン終了ということで、一旦もろもろの問題は軟着陸?しましたかね?5巻も楽しみにしてます。僕はとにかく紫陽花さんが笑顔でいればあとはいらないので…おなしゃす…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 4



著者

みかみてれん



レーベル

ダッシュエックス文庫

ISBN

978-4-08-631439-8
表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは牧野圭祐さんの「月とライカと吸血姫7 月面着陸編・下」です!

img_9784094530377_1
前巻の記事↓


ストーリー AA
内容は、共和国と連合王国によるサユース計画は順調に進んでいた。レフはイリナに想いを告げることを決心し、彼女と共に故郷の村に赴く。一方のバートとカイエは共和国製の宇宙船を連合王国製のコンピューターで制御するという大仕事をしてのけ月面着陸へ向けた準備は万全。そして最終ミッション月面着陸に向けたロケットの打ち上げが始まる…とこんな感じです!


〜Fly you to the moon〜
月とライカと吸血姫シリーズ完結!発売されてから読むのが少し遅くなってしまいましたが2021年最後は絶対にこれを読むんだと決めていたので…まず言わせてください…
最高


本当に本当に最高でした!大学時代に出会った1巻完結だと思っていたお話がコミカライズされ、アニメ化され、そして月に行くことなんて想像もできませんでした。そライトノベルを読んでこんなに感動して、こんなにレフ、イリナ、バート、カイエをはじめとした登場人物を応援し、彼らを愛して、物語が終わって欲しくないなんて願うことはなかったです。僕が読んできらライトノベルの中で1番面白いと自信を持って言えるシリーズがこの「月とライカと吸血姫」です。最高のラストをありがとうございます!

物語は前回の続きから。共和国と連合王国という東西のニ大国が共同で月を目指すサユース計画の続きから始まります。いろんな課題が解決されあとは順調にミッションを消化しそして最後の月面着陸をするのみ…その前にレフはイリナに想いを伝えることを決め、彼女の故郷へと向かうことに。イリナの故郷はすごく温かくて優しくてこんなに人間的なイリナは初めて見ました。1巻の頃妖精のようにスケートをする彼女の姿がフラッシュバックして泣きそうになりました…レフとイリナらしい不器用で、でも悲観的な未来なんて振り払ってしまう決意は、2人の絆や想いが本当に通じ合っているんだなと感じる瞬間でした。バートとカイエもめっちゃいい関係でしたね…この2人も3巻の頃を思い出すとこんなに素敵な関係になったんだと胸熱でしたね…そして月へ向けたロケット打ち上げの前日、4人で集まって食事会をするシーンが個人的には印象的でした。みんな歩んできた道も違えば、これから送る未来だってきっと違う。でも月へ行く。それだけの思いを胸に共和国の連合王国の主人公たちがこうして集まって思いを伝え合うのがすごくいい。そしてお互いがお互いの関係を伝えあうのがまたいい…これはお互いに絶対月面着陸を成功させようってなりますよ…そして月へ。宇宙の旅はすごくドキドキしましたね。レフ、イリナだけではなく連合王国のネイサンがまたいい味出してるんですよ…月にたどり着いて着陸する。そして迎えるラストは今年読んできたあらゆる本を超える極上の時間でした。そして僕は泣きました。本当に最高のラストで、最高のシリーズでした。

キャラ AA
レフ…こんなに感情移入した主人公はレフが最初で最後ですよ。こんなに物語の中の一登場人物の全てを応援したことないです。本当にすごかったです。イリナは最終巻になってもまだまだ読者が知らない表情や仕草を見せてくれて本当に嬉しいですね。こんなにかわいくて綺麗な女性キャラにはこれから先なかなか出会えないでしょう。バートとカイエもよかったですね。レフとイリナとはまた違った絆の形を見せていただきました。

最後に
冒頭でも触れましたが、1巻を読んだ当初一巻完結だと思っていた物語が7巻まで続いたこと、コミカライズやアニメ化までしたことが本当に信じられないです。本当にこのシリーズを追ってきて心の底からよかったと言えますし、この十年間読んできた1500冊を超えるライトノベルの中で最高の1冊で僕の中のナンバーワンシリーズです。月に連れて行ってくれて本当にありがとうございます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

月とライカと吸血姫7 月面着陸編・下



著者

牧野圭祐



レーベル

ガガガ文庫

ISBN

978-4-09-453037-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは三河ごーすとさんの「義妹生活4」です!

img_9784046810014_1
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、沙季に「兄さん」と呼ばれるようになり兄妹として進展したかに思えた2人。しかしお互いに秘めた思いゆえに2人の関係はぎこちないものに変化していった。そんな中三者面談に亜季子さんが悠太、沙季2人分出席したことで一部の人に2人が義兄妹であることがバレてしまう。さらに悠太、沙季ともに新たな出会いが…果たして2人の関係はどうなってしまうのか…とこんな感じです!


〜気づいてしまった感情に〜
シリーズ第4弾!帯には今をときめくラブコメ作家さん(お一人違うような…?)の推薦コメントもありますます人気も注目度も増してきましたね!今作はちょうど前回の答え合わせ的なお話で、悠太と沙季の今後の関係も決まっていくような重要なお話でそれはもう最高でした!面白かったです!
沙季が悠太のことを兄さんと呼ぶようになってから変わった2人の関係。これまでは同じ家に暮らす男女だったのが兄妹として意識せざるをえなくなり…でもそれぞれの気持ちは簡単に相手を兄妹だとは認めてくれなくて…今回からは2人の視線が交互に描かれるような構成になっているのですが、同じ気持ちなのにすれ違う2人の関係が本当に苦しい。しかもこれが普通に解決できないのがまた苦しいですね…三者面談をきっかけに2人が義兄妹だということも一部の人にバレて、さらには悠太は予備校で知り合った藤波夏帆と、沙季は同じクラスの新庄くんと距離を縮めていきます。いや後者は沙季が積極的に近づいたわけではないですが…そしてこの藤波さんがまたいいキャラしてるんですよ…こんな女の子4巻で出すとか反則すぎます…そして沙季も沙季で色んな出来事をきっかけに自分の気持ちを再認識&新たな気づきを得ます。そして2人は…257pの挿絵は天才すぎますね…こんなのやられるに決まってます…最後までめちゃくちゃ楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
悠太の感情がすごいです。よくこんなに男子高校生の内面をしっかり描けますね…迷いとか逃げとか向き合う勇気とか、今回の物語に必要なもの全てが全部描かれているからこそ最後の向き合い方がめちゃくちゃきます。沙季は3巻、4巻とめっちゃ女の子らしい感情を見せてきて…いやだって沙季が嫉妬とかするの1巻の頃とかじゃ想像もつかなかったじゃないですか。ギャップがすごい…めっちゃいい…そんな彼女が色々なものに翻弄されながら出す答えもまたいいんですよね…そして藤波さん。4巻でこのキャラ出すの反則では?ってくらいめちゃくちゃいい。背が高くてそっけない感じだけど悠太の心理をガンガンついてくる。こういう女の子と浮気したいですね(えっ)

最後に
めっちゃ面白かったです…!2人の感情にこうやって決着つけるとは…もう本当に最高すぎました。5巻。めちゃくちゃ楽しみにしてます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

義妹生活4



著者

三河ごーすと



レーベル

MF文庫J

ISBN

978-4-04-681001-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ