カテゴリ: ライトノベル(続刊紹介)

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは猿渡かざみさんの

高嶺さん、君のこと好きらしいよ2

です!
img_9784094530988_1
前巻の記事↓




ストーリー A
内容は、めでたく付き合うことになった高嶺さんと間島くん。しかし初めての男女交際にカタブツな間島くんと恋する乙女の暴走列車な高嶺さんは困惑中。微妙なすれ違いを重ねる中、間島くんの過去を知る後輩女子天神岡クルミが現れる。クルミは間島くんと高嶺さんが付き合っていることを知りながらも猛アタックをしかけてきて…様々な思惑が交差する夏が始まる!とこんな感じです!

〜付き合っても2人は変わらず〜

シリーズ第2弾!1巻がめちゃくちゃ面白かったので2巻楽しみにしてました!今回は付き合いはじめた間島くんと高嶺さんの関係にニヤニヤしながら楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。付き合いはじめた間島くんと高嶺さんが描かれます。もうこの2人本当にかわいいですよね…初デートで適度にいちゃりつつ不正解を見事に引き当てる間島くんに「おい!頑張れカタブツ委員長!」と思いつつ高嶺さんの「ほっぺたぷくっとするのかわいい!」って感じで最高でしたね!そして物語は夏休みへ!誰かと付き合うことが初めてで微妙にすれ違ったりお互いのことを不審に思ったりする2人。そんな2人を見かねた瀬波ユウカが友達を含めて2人を海へ!そこになぜか間島くんの過去を知るクルミもついてきて…お互いの水着姿に(高嶺さんは間島くんの腹筋に)照れたり恥ずかしがったりする姿がめちゃくちゃ良きでしたね…初々しい…一方でクルミは間島くんの過去を知るからこそ思うところがあり…クルミちゃん本当に間島くんのことが憧れだったんだな…と思うのがまたいい…そんなクルミちゃんに一喝を入れる高嶺さん、高嶺さんのピンチにしっかりと駆けつける間島くんがよかったですね…ラストまで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
間島くん高嶺さんのことちゃんと好きなんだなーと思ってニマニマしちゃいましたね。カタブツすぎて融通が効かないところもありますけど、最後はちゃんと正解引き当てていて頑張れって応援したくなりました!高嶺さんは相変わらず恋する乙女の大暴走で見ていて楽しかったですね…間島くんのこと好きすぎて時々壊れるのがグッド!かわいいって言われたら嬉しいですもんね。そのほかのキャラももちろん魅力的でした!

最後に
今回も楽しく詠ませていただきました!次はまだまだ夏休み編ですかね?ピュアピュアな2人ももちろん大好きですが恋人らしいところももっと見たいです!3巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

高嶺さん、君のこと好きらしいよ2



著者

猿渡かざみ



レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453098-8

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは緒ニ葉さんの

ママ友と育てるラブコメ2

です!
img_9784094530926_1
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、忙しい母親に代わり日々幼い妹の想夜歌の面倒を見る響太。幼稚園で行われる保護者参加型の親子遠足に参加することになるが、母親がいない想夜歌は少し寂しそう…そんな中、想夜歌の誕生日が近づいてくる。寂しがる想夜歌のために母親にもお誕生日会に参加してほしい響太だが仕事があるかあと一蹴されてしまう。果たして母親に想夜歌の誕生日会に参加してもらうことができるのか…とこんな感じです!

〜母親がいない寂しさ〜

シリーズ第2弾!今回も想夜歌ちゃんのかわいさがMAXで微笑ましかったですね〜面白かったです!
まず序盤。想夜歌と響太のいつものやりとりが描かれます。響太が想夜太のこと大好きでほほえま〜ですね。想夜歌も元気いっぱい。天真爛漫とはこのことです。そして迫る親子遠足に向けてお弁当を作りたい澄のオーダーを受けて響太が卵焼きの作り方を教えることに。口ではあーだーこーだ言ってますけどこの2人、なんだかんだ相性バッチリでみていて楽しいんですよね。郁に美味しい卵焼きを食べてもらってご満悦な澄もかわいいです。しかし親子遠足では母親が来れないこともありどこか寂しそうな想夜歌。やっぱり幼稚園くらいの子は母親に会えないと寂しいですよね…響太が母親に自分の気持ちや想夜歌の寂しさをうまくぶつけられないのもなんだかもどかしい。さらに想夜歌のお誕生会も仕事で来られないという母親。そんな想夜歌の寂しさを埋められない悔しさやもどかしさに悩む響太を救ってくれるのはママ友である澄。澄が響太になげかけた言葉は優しくて力強いものでしたね。ラストはほっこり&感動。やっぱり腹割って話すのは大切ですよね。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
響太は相変わらずの想夜歌ラブで安心しましたw 今回は響太の弱さも見れていいお兄ちゃんだなと改めて思いました!想夜歌は相変わらず大天使でした!やっぱりちっちゃい子はかわゆいですね…澄は相変わらずツンツンしてますが響太のことを信頼しているのは普段の行動からよくわかりますね。その他のキャラももちろん魅力的でした!

最後に
今回も響太と想夜歌、澄と郁をはじめちっちゃい子とのやりとりが微笑ましい温かみのあるラブコメでした!まだまだラブコメ部分は物足りないので3巻以降で期待ですね!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ママ友と育てるラブコメ2



著者

緒ニ葉



レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453092-6

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは三河ごーすとさんの

顔さえよければいい教室 2.竜姫ブレイクビーツ

です!
img_9784040747279_1
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、天才的な歌唱力を持つ詩歌と彼女の兄である自称マネージャーの楽斗。2人は巨大芸能学校である繚蘭高校で頭角を現しはじめていた。そんなある日、期末考査の内容が発表される。内容はなんと踊ってみた動画投稿だった⁉︎もちろんダンスなんで踊れない詩歌になんとかダンスを身につけてもらうために竜舌蘭の異名を大塚竜姫に協力を仰ぐことに。しかし強力なライバルが現れて…果たして詩歌たち渋谷軍団は期末考査を勝ち抜くことができるのか…とこんな感じです!

〜カリスマダンサー龍姫とトップへ!〜

シリーズ第2弾!コミカライズも決まり満を持しての2巻発売ですね。今回は竜舌蘭の異名を持つ竜姫が大活躍なダンスメインのお話でした!面白かったです!
まず序盤。期末考査の内容が発表されわたわたする渋谷軍団の姿が描かれます。相変わらずお互いブラコン、シスコンな詩歌と楽斗は見ていて安心しますね〜。詩歌、楽斗、麻奈、エリオ、乃輝亜のグループの名前?は渋谷軍団になったんですね…いや確かにエリオはすごいんですけ詩歌の要素が全然なくてびっくりでしたw 期末考査の内容がダンス動画の投稿投稿、しかも成績上位者には繚乱蘭サマーフェスという大規模文化祭の特設ステージに上がれるということもあり渋谷軍団は竜姫にダンスを習って上位を目指すことに。前向きでエネルギッシュな性格は詩歌たちをグイグイと引っ張ってくれる竜姫は見ていて楽しかったですね!しかし竜姫をライバル視する強力なライバルである千石ライアンが現れ…自分たちのダンスに使用する衣装を学内で有名なデザイナー・原宿亜寿沙に依頼するも千石との勝利に敗れてピンチに…しかし楽斗のマネージャー技術?で乗り越えていくのはグッドですね!終盤の<転結転結>で盛り上がる展開は最高でしたし、ラストの詩歌と竜姫のコラボもグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
竜姫はとんでもなくパワフルな女の子!ボクっ娘で唯一無二のダンスが踊れて誰にでも距離が近くて…グイグイ物語を引っ張ってくれる魅力的な存在でしたね!詩歌は相変わらず怠惰でキュートな女の子でしたね。でも今回はダンスめちゃくちゃ頑張っていて可愛かったです!楽斗は相変わらずの詐欺師っぷりで流石でしたね…その他のキャラも魅力的でした!

最後に
2巻も楽しく読ませていただきました!まだまだこれから面白くなる作品なので続きが楽しみですね!3巻待ってます!できれば3巻からはキャラ表を巻頭につけてほしいです…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

顔さえよければいい教室 2.竜姫ブレイクビーツ



著者

三河ごーすと



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-074727-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは三河ごーすとさんの

義妹生活6

です!
img_9784046816566_1
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、ハロウィンも終わり季節は冬へ。徐々に受験も近づいてくる中で悠太と沙季は、表面上はこれまで通りの距離感を保ちながら過ごしていた。お互いの誕生日やクリスマス、そして実家に帰っての年越し…誕生日や年末年始といったイベントを重ねていく中で2人の心の内は少しずつ変化していく…とこんな感じです!

〜義兄妹の季節は冬へ〜

シリーズ第6巻!アニメ化も決まって絶好調な作品ですね!今回は年末年始のイベント盛りだくさんな中でお互いの気持ちを確認しあった2人の内心にさらに変化が訪れていましたね。2人の丁寧な心情描写も好印象で今回も楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。誕生日について相談しあう悠太と沙季の姿が描かれます。1巻を思い返すとこんな風に誕生日について話しあう2人の姿なんて想像できなかったので、お互いの気持ちを確認しあってここまで来たんだな…と思うとちょっと感慨深いものがありますね。そして季節は12月。1週間ズレているお互いの誕生日をそれぞれ祝うことに決めた2人はプレゼントを送り合います。プレゼントを選ぶ時の2人の胸の内とかナイスアシストを決めてくる奈良坂さんと読売先輩はなんかもう流石の一言ですねw 綾瀬さんの柔らかな表情もたくさん見れた気がします。そしてクリスマス当日。家族で過ごすクリスマスで七面鳥にご飯とお味噌汁というのはなんだかシュールで笑っちゃいましたが、お父さんとお母さんが2人のことをよく見て考えていることが伝わってくるシーンは心が温かくなりますね…そして年末になり家族で父方の実家である長野に帰省。帰省先では色々なことがありましたね…沙季の苦手や好きが知れたり悠太のかっこいいところが見れたり…最後の沙季のシーンは挿絵も相まってやられました…今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!


キャラ A
悠太は沙季へのプレゼント選びのシーンが印象的でしたね。彼もこんなふうに悩んでプレゼント選ぶんだなってちょっと微笑ましかったです。沙季はビーフシチューのシーンはもちろん印象深かったんですけど、やっぱり帰省先で新たな好きと苦手が知れて彼女の魅力をまたひとつ知ることができましたね。ラストは破壊力高すぎでした。


最後に
今回もめちゃくちゃ面白かったです!次は冬に出るとのことで今からめちゃくちゃ楽しみですね!これから2人がどうなっていくのか…7巻も待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

義妹生活6



著者

三河ごーすと



レーベル

MF文庫J


ISBN

978-4-04-681656-6

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは雪仁さんの

隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった4

です!
img_9784049142891_1
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、季節は秋から冬へ。夏臣から合鍵をもらい幸せいっぱいなユイ。2人でクリスマスデートしたり突然夏臣の母親が来訪したりと色んなことがありながらも2人はこれまで以上に仲良くなっていく。そして高校三年生になる2人はこれからの進路について考えるが…そして慶と湊の関係にも変化が…とこんな感じです!

〜いつまでも隣に〜

シリーズ第4弾!そして完結!いやーいいラストでしたね。このシリーズのラストに相応しい夏臣とユイのイチャイチャを存分に楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。2人のイチャイチャが描かれます。この甘々っぷりを見ると1巻のことが遥か昔のことのように思えますね…もう2人が恋人じゃなかった頃なんて思い出せないですw 夏臣の母親がやってきたりクリスマスデートをしたり初詣に行ったりと秋から冬にかけてのイベントを一緒に過ごす2人。夏臣の母親とユイのやりとりは微笑ましかったですね…クリスマスデートもこの2人らしくでグッド!こういう甘々なイチャイチャデートが見たかった!お正月の着物でも撮影会もよかったですね。ユイの和装はもちろんまた違った表情が見れました!そして季節はどんどん巡り2人は高校三年生に。進路のことも考えつつ今後についても話していく2人。やっぱりこの2人はお互いを尊重しつつも一緒にいることを心から望んでいるんだなと温かい気持ちになりますね…慶と湊の関係にも変化が…この2人のこともしっかり描いてくれるのは嬉しいですね!慶と湊にも存分に幸せになってほしいです!ラストは文句なし!このシリーズの最終巻に相応しい最高のラストだったと思います!面白かったです!

キャラ A
夏臣はいつでもどこでもきちんとユイに気持ちを伝えるので見ていて安心できる主人公でしたね。ぜひこれからもユイをたくさん幸せにしてほしいです。ユイはもう夏臣のことが大好きすぎて時々暴走してましたがw 1巻の頃からじゃ考えられない甘えた姿や幸せな表情をたくさん見せてくれてすごくかわいかったです!慶と湊も幸せそうで何よりでした!

最後に
シリーズ最終巻にして最高糖度のラブコメを存分に楽しませていただきました!どうやら電撃文庫から次回作も出るとのことですのでこちらも楽しみですね!新作楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

隣のクーデレラを甘やかしたら、ウチの合鍵を渡すことになった4



著者

雪仁



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-914289-1

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ