カテゴリ: ライトノベル(続刊紹介)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは古宮九時さんの「Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙」です!
IMG_4883
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、再編された世界でオスカーの呪いを解くことに成功したティナーシャ。彼女はトゥルダールに戻り女王として即位することになる。だがその即位は1年間だけで国の在り方を見直し制度を整えたら退位するという。そんなティナーシャに対してオスカーは結婚を申し込む。果たしてティナーシャはオスカーからの結婚の申し出を受けるのか…そして現れる呪いの元凶である沈黙の魔女。彼女が明かすオスカーの呪いの真相とは…とこんな感じです!

〜もう一度結婚を〜
シリーズ第5弾!すっかり読むのが遅くなってしまい6巻が発売される前に読んだ次第です…コミカライズも発売されて盛り上がっているのでもっと早く読みたかったのですが…第二幕も中盤ということで「これ!第一幕でも見た!見たよね…?」というシーンもあり、ようやく2人が2人らしい関係になってきたのかなと思えるお話でした!呪いについても明らかにされて楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。オスカーの母親のことが語られます。オスカーの父親が母親に出会ったエピソードがさすがこの親子だなーと思わせるもので非常に良かったですね。親が親なら子も子ですねw膝枕もよかったですね…全日本膝枕協会関東支部支部長の僕も納得の膝枕です。挿絵も素晴らしい!そしてティナーシャがトゥルダールの女王として即位する即位式が執り行われます。即位式はなんかあるだろうなと思っていましたが案の定何かありましたね。本当に期待を裏切らないティナーシャさんすこです。そしてその後すぐに厄介な事件に巻き込まれるオスカーさんんも期待を裏切らないです。すこです。そしてその後はトゥルダールの魔法学院で起こる事件をきっかけに魔法球のことに触れられていきます。この第二幕の大元でもある魔法球を使ってどのように過去に戻れるのか…その仕組みに触れることになるのですが…この魔法球はまだまだ何かありそうですね…そして様々な事件のあとにやってくる沈黙の魔女。明かされる呪いの真実。ここで色々繋がってくるのはおぉ…となりましたね…そしてこの2人の対処方法?にもおぉ…となるのですが…まぁ何はともあれ幸せな2人の関係が続きそうで安心しました!(していいですよね?)今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
オスカーは相変わらずな男でしたね…オスカーの父親の話を読んでさらにその印象が深まりました。とはいえ、ティナーシャのことになると熱くなる姿は最高にカッコいいんですよね。やっぱりパワーですよ。パワー。ティナーシャさんは今回も驚かせていただきましたね…いろんなことを平然とやるので思考の処理が追いつかないですよ。でもオスカーに甘えたり、彼の言葉やスキンシップで照れるティナーシャさんは最高にかわいいです。でもやっぱりパワーの波動を感じます。パワーis力。

最後に
5巻もめっちゃ面白かったです!6巻とコミカライズ1巻も早く読みます!好きな作品なのでラストを見届けられるのすごく楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



Unnamed Memory V 祈りへと至る沈黙



著者



古宮九時



レーベル



電撃の新文芸



ISBN



978-4-04-912804-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは佐伯さんさんの「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件4」です!
img_9784815608279_2
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、さらに距離を近づける周と真昼は変わらぬ日常を過ごしていたが、徐々に真昼が甘えたがりに…⁉︎周にだけ見せる真昼のかわいい姿に周はドキドキが止まらない…!テスト勉強を一緒にしたり家でいちゃついたり、膝枕してもらったり…しかしそんな日常も真昼があるきっかけで発した「周は大切な人という」爆弾発言で少しずつ変わろうとしていて…とこんな感じです!


〜1番大切な人〜
シリーズ第4弾!累計30万部突破と巻を重ねるごとに人気になってますね!まず言わせてください…膝枕ぁああああああああああああああああ!か、可愛すぎる…こ、これが天使…だめになりたい…だめになっちゃだめですか…?膝枕のシーンがあまりにも最高すぎてなんで毎日こんなに一生懸命仕事しているんだろうと生きている意味を見失いかけました…真昼さん…なんで現実には僕だけの真昼さんがいないんですかね…周くんになりたい…周くんにしてよ神様…
閑話休題。
今回も最高に甘くて砂糖ドバドバなラブコメと一歩前に進んだ2人を存分に楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。1話目で飛びました。なんなんこれ。真昼さんかわいすぎかよ…言われたいです…愚問ですねって言われたいです…真昼さんに溺れたい…ダメになりたい…2人のいちゃこらは相変わらず最高ですね。頭なでなで、真昼が周の胸に顔を埋める、ほっぺた触って、手を握ったり、一緒に勉強したり、アイスあーんしたり…もうもう甘すぎて糖尿病です…やっばいです…なんでこんなに真昼さんかわいいのですか…そして真昼さんが周くんをかわいいと言った時の周くんがまたかわいいんですよね…かわいい…そして膝枕ですよ。膝枕ヤバい。膝枕はヤバい。僕が欲しかった真昼と周の膝枕シーンの全てがここにありました。膝枕。膝枕ヤバい。好きすぎます。膝枕。この膝枕シーンに叶う膝枕はあと5年は出てこないですよ。膝枕やばい。と甘々をとことん楽しませていただいている中で、後半は2人の関係に変化が起こりそうなできごとが…天使様にしてはやること強引かな?と思いつつもまぁ幸せならOKですとしか言いようがないですよね…これからも甘々ならいいと思います。というかもっと甘くなれ。もっとイチャイチャしろ。今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
小悪魔真昼に翻弄される周くんバリよかったですね…かわいいっすね…時々しっかり反撃して逆に真昼を照れさせるところは最高でしたね…真昼さんはこんなにかわいく甘えたがり屋さんになっちゃって…どうなっても知りませんよ(?)膝枕の素晴らしさは散々語ったんですけど、個人的にはアイスあーんもやばかったですね…あの時の真昼さんの表情可愛すぎません?僕は2回死にました。

最後に
2人の関係性が変わってしまうできごとはありましたが、相変わらず甘々で非常に楽しませていただきました!まだまだ物語は続くとのことですので5巻も楽しみにしてます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件4



著者



佐伯さん



レーベル



GA文庫



ISBN



978-4-8156-0827-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは暁佳奈さんの「春夏秋冬代行者 春の舞 下」です!
img_9784049137538_1
前巻の記事↓
ストーリー AA
内容は、賊によって誘拐された秋の代行者を救うべく動き出した雛菊たち。夏の代行者、冬の代行者、そして秋の代行者の護衛官と協力しながら秋の代行者の誘拐先を見つけるべく奮闘する。雛菊の誘拐から止まっていた時が、雛菊、さくら、狼星、凍蝶の間で動きだしていく。果たして雛菊たちは秋の代行者を救うことができるのか…とこんな感じです!


〜秋の代行者奪還へ〜
シリーズ第2弾!同時刊行された上下巻の下巻になります。
まず言わせてください…
素晴らしい


最高ですね。それしかないです。どうしてこの物語はこんなにも心を震わせて文章の全てが確かな質感を持って最高の読書体験を与えてくれるんですかね…雛菊たちの物語の全てが、目に映る景色全てが、すべてが愛おしくてたまらないです。上巻に続き最高の読書体験でした。最高に面白かったです!
まず序盤。上巻の続きからではなく、雛菊とさくらの過去が描かれます。やっぱりこの2人の物語は読んでいて胸にきますね…嫌われるべくして嫌われた2人。春の里で孤立し、運命に導かれるようにして出会った2人が引き離され、そして再び出会うまでが描かれます。2人の過去は読むだけで辛くなるのに、それはきちんと受け止めなければならないという使命感的な何かでじっくり読んでしまうんですよね…さくらの叫びはあんなにも痛いのにどうしても目が離せないんですよね…そして始まる秋の代行者・撫子の奪還作戦。雛菊が誘拐された時とは異なり四季の代行者と護衛官が協力しながら撫子を取り戻すべく賊と立ち向かうことに。竜胆さんにはとことん惚れましたね…上巻では大切にしているとはいえ、どうしても面倒に思っている場面がありましたが本当に自分の人生全てを賭けて守ろうとしている姿が印象的でした。中盤以降、撫子奪還作戦は予想外の事態を巻き起こしながら進んでいきます。裏切りや賊側の物語、そして雛菊、さくら、狼星、凍蝶を取り巻く過去と今。許す/許さない。好き/嫌い。そんな相反する感情の中で4人は空白だった10年間を、そして新たな関係を築きあげていきます。個人的には凍蝶が電話でさくらと会話するシーンが好きなんですよね…アレは本当にグッときてしまって電車の中で読んでいて大変なことになりました…あとやっぱり賊たちのお話も語らずにはいられないですよね…賊とはいえ雛菊の人生の半分以上である奴らの過去をあんな風に見せられると彼らが正義の立場でないとわかっていても、やっぱり人間として彼らが救われる道がないのかなと考えてしまいます…ラストはこの上なく素晴らしく、そして美しい。美しくも悲して切ない。全てが最高の物語でした!最高に面白かったです!

キャラ A
雛菊は序盤で過去の見せられてしまうと今の雛菊を見て何も思わずにはいられないですよね…ずっと苦しかった彼女が賊に対して勇敢に立ち向かい、ラストであんな表情を見せてくれる。本当に最高です。さくらははちゃめちゃに好きでしたね…過去の話もそうですし、なんだかんだ言っても凍蝶からの電話であんな反応をしてしまうところが愛おしくてたまらないです。ずっと幸せでいてほしいです…狼星と凍蝶のコンビは相変わらず最高でしたね!無力だった過去を乗り越えて、雛菊とさくらのために、そして秋の代行者のために力を振るう…とても魅力的でした。竜胆もはちゃめちゃに良かったですね…クールぶっていた印象があったんですけど、撫子のためにこんなに熱くなれて、夏の代行者たちも認める戦闘でのあのカッコよさ。惚れぼれしちゃいます。最高の王子様でした。

最後に
下巻も最高でした。こういう作品に出会うためにライトノベルを読んでいるんだと改めて強く思いました。すごく綺麗な終わり方をしているのですが、まだまだシリーズは続くと勝手に思っています…今回は上下巻で春のお話だったので夏秋冬が残っていますし…どんなお話になるかはわからないですけど読みたいですね…続刊待ってます…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



春夏秋冬代行者 春の舞 下



著者



暁佳奈



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913753-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは丸深まろやかさんの「美少女と距離を置く方法 2.ぼっちとクールと恋敵、キスとヤキモチと修学旅行」です!
img_9784865548655_1
前巻の記事↓ストーリー A
内容は、学年でも注目される美少女・橘理華と付き合うことになったぼっちの楠葉廉。不器用に距離を縮める2人に夏が訪れる!修学旅行でグアムに行くことになった2人だが、最近廉と同じく修学旅行委員の紗矢野美緒が廉と話す機会が多くなる。リア充な紗矢野とはただのクラスメイトのはずなのに…そんな廉と紗矢野を見て理華の中にある感情が芽生え始めるが…とこんな感じです!


〜好きだから不安でしかたない〜
シリーズ第2弾!1巻が超面白かったので2巻も楽しみにしてました!今回もちょっとずつ距離を縮めていく2人の姿が本当に愛おしい最高の青春ラブコメでした!面白かったです!
理華と付き合うことになり不器用ながらもちょっとずつ距離を縮めていく2人。名前呼びのところがもう本当に愛おしいですね…なんなんですかこの初々しさは…かわいすぎかよ…砂糖で溺れます…そんな風にちょっとずつ距離を縮める2人。しかし廉は間近に迫った修学旅行を前に修学旅行委員としての仕事を通じて同じクラスの紗矢野とよく会話するように。同じクラスなのに名前も顔も認識していないところが廉らしいですね(^_^;)結構グイグイ距離を縮めてくる紗矢野に戸惑いながらもなんとか対応していく廉。こういうところで女の子の好意に気づかないところが廉らしいですね…そして始まる修学旅行!隠しているわけではなくても、なんかバレるのが恥ずかしくてコソコソいちゃいちゃする2人。アオハルかよ。爽やかすぎて死にます(吐血)僕の学生時代はこんなに爽やかじゃなかったですよ…なんすか部屋で男女揃って楽しくおしゃべりとか…永遠に終わらない野郎同士のダウトとかしないんですか…しかし紗矢野が廉と仲良くしているのを見て理華が…理華の感情がそれはもう初々しくて可愛いんですけど、当の本人たちは気が気じゃないですよね…廉でもちゃんと向き合って、喧嘩しようとしてでも解決しようとして、お互いがお互いのことを好きだって確認しあえる関係はとても素敵だと思いました。そして終盤!エピローグ!これは糖尿病まっしぐっらですよ!なんすか!この甘さは!インドのお菓子もこんなに甘くないですよ!もう最高にとろけました…理華さん可愛すぎでは…?最初から最後まで最高の距離感をとことん楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
理華ー!なんなんですか!この美少女は!嫉妬しちゃうのかわいい!寂しくなっちゃうのかわいい!想いが溢れて不安になちゃうのかわいい!どんな表情も最高に可愛かったです!廉も普段は面倒くさがったり、ぼっちでいることを好んだりしますけど、理華とちゃんと向き合って好きって言えて非常に好感度高いです!紗矢野に対する最終的な距離感もグッドでした!

最後に
今回も最高の距離感ととんでもない砂糖を楽しませていただきました!2巻は相当糖分過多でしたが、欲張りなのでまだまだ糖分を追加して欲しいです!甘々な3巻期待してます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



美少女と距離を置く方法 2.ぼっちとクールと恋敵、キスとヤキモチと修学旅行



著者



丸深まろやか



レーベル



オーバーラップ文庫



ISBN



978-4-86554-865-5


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは長岡マキ子さんの「経験済みなキミと、 経験ゼロなオレが、 お付き合いする話。その2」です!
img_9784040739939_1
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、ついに夏休み。ずっと好きだった白河月愛を付き合いはじめて一ヶ月が経った陰キャな加島龍斗。それぞれ違った文化圏で育ったことを実感しながらも、順調に交際を進める2人。しかしある日、龍斗の初恋の相手で最近龍斗のことが気になっている海愛が龍斗にアタックしてきて…果たして龍斗は月愛と順調に交際を続けることができるのか…とこんな感じです!


〜浮気なんてしない〜
シリーズ第2弾!1巻がはちゃめちゃに面白かったので2巻もすごく楽しみにしてました!夏!海!水着!浴衣!ちょっとドキドキなお泊まり!と夏休みのラブコメイベントをこれでもか!と詰め込んだ大満足の1冊でした!面白かったです!
まず序盤。テスト勉強を一緒にするところから。あー…いいっすね…一緒にテスト勉強するの…青春やん…という夢が詰まった状況の中でどうしても気になってしまう月愛の元彼たちのこと…龍斗はウブくていいですね…素直に元彼たちのことが気になってしまうところが純粋でいいと思います。そして始まる夏休み!龍斗と月愛は江ノ島へ!あー!青春!江ノ島で彼女と一緒に海を堪能できるとかめっちゃいいですね!江ノ島…ぼ、僕は3年前に就活終わりになんか開放感で1人で江ノ島行ってカップルの多さに絶望して30分で帰った記憶がありますね。
閑話休題。
月愛の水着姿にドキドキしつつもちゃんと月愛のことをみて似合ってるって言える龍斗くんがマジで好感度高いです!しかし江ノ島ではハプニングも…どうなるのかな?と思いましたが、しっかり龍斗と月愛の気持ちが噛み合っていて同じ思い?でいて幸せな感じになるのすごくいいですね…しかしそんな幸せな日々も龍斗の初恋の人である海愛によって…でもやっぱりちゃんと龍斗が月愛のことを好きなんだと実感できる行動もあって、拒みきれなかったところも人間らしくていいなと思いました。あれは男子高校生には刺激が強いですね。後半は月愛との幸せな夏休みがこれでもか!と描かれていて糖分を大量に摂取させていただきました!甘い!甘いです!ラストもよかったですし、今回も大満足な陰キャとギャルのラブコメでした!面白かったです!

キャラ A
龍斗はピュアで真っ直ぐでいい男の子ですね。ちゃんと月愛に好きだって、かわいいって伝えてあげてるのも好感度高いです!ちょっと危ない場面もありましたが、その後の対応は誠実でしたね。月愛は今回もすごく可愛かったですね!経験豊富で余裕ある感じかと思いきや、龍斗の着飾らない優しさに照れたりして…女の子らしい色気もありすごく魅力的でした!

最後に
今回もめっちゃ面白かったです!3巻…3巻がよみたいんじゃ…まだまだ龍斗と月愛の絡みが見たいですしこれから2人がどんな風になるのか気になります!ぜひ続刊を…!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



経験済みなキミと、 経験ゼロなオレが、 お付き合いする話。その2



著者



長岡マキ子



レーベル



富士見ファンタジア文庫



ISBN



978-4-04-073993-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




↑このページのトップヘ