カテゴリ: 少年漫画(続刊)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ちょっと元気になりました。

さて、今回紹介するのは横田卓馬さんの「背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜6」です!
前巻の記事↓

ストーリーA
夏の全国大会オールジャパン・ダンススポーツ大会か開幕!絶対王者咲本ペアや花園ペアも参戦し大会は盛り上がりを見せる!
背ピン6巻目。というかもう6巻なんですね…ええ、これを書いている今7巻出てますけど…
地獄?の合宿をくぐり抜けた土屋・亘理ペアは大会で本領発揮!華麗なダンスで読者を魅了します! 土井垣・絢辻ペア、金龍院・神宮寺ペア、そして咲本ペアという三大勢力もすごかったですね…ちょっと踊っているシーンが写るだけでも迫力が段違いでした。そしてジョーカー的な立ち位置の花園ペア。御木君のお姉さんと組んでのスタンダード。こちらも良かったですね…波乱の大会編の幕開けと言ったお話でした!

キャラ A
やっぱり咲本さんの圧力というか、存在感はすごいです…パートナーの沙羅さんも綺麗ですね…ダンスをあまりよく知らない読者的にはまさに理想的なペアでした。ひらりんも頑張ってましたね…それを支える八巻がまたキザですね(苦笑)個人的にはひらりんちゃんに注目してほしいですね。

総合 A
やっぱり大会編は面白いです!これからグイグイあげてくると思うので7巻も期待ですね! 早く読みます。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
金木犀も終わりいよいよ秋本番…と思いきや今日は結構暑かったですね…

さて、今回紹介するのはミウラタダヒロさんの「ゆらぎ荘の幽奈さん3」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
ゆらぎ荘の幽奈さん3巻目! 早くも50万部突破ということで勢いがありますね〜
ます言わせてください…カバーをとって! そして宮崎さんのイラストを楽しんでから本編にいきましょう。
まあ、毎度のことながら解禁されていて、あちら方面でも楽しめるんですけど個人的にはストーリーもすごくいいと思うので絵ばかりではなく、そちらにも注目です。最初の宮崎さんがゆらぎ荘にお泊まりにくる話ではコガラシの本音に触れてちょっと心境の変化が見られる宮崎さんが格別ですね…そして23話から始まる臨海学校編。コガラシ、宮崎、狭霧、幽奈、そして新キャラのうららと楽しく海で遊ぶのは青春ですね…個人的に好きなのは19話の仲居さんのお話。解禁成分はぜろですけど、仲居さんの妖怪として生きながらも人としても生きたい。そんな複雑な胸の内が丁寧に表現されていました!

キャラ A
やっぱり宮崎さんは…ね。でも、今回で料理が得意なところやファッションセンスがあるところがアピールされていたのは良かったです! 狭霧さんも相変わらずかわいいです! まあ水着のセンスはお察しでしたがw 恥じらう姿がとても魅力的です! 新キャラのうららはこの中では割とまともな女性キャラかと思いきや出て早々解禁してましたね…こういう元気のある子は好きなので今後さらに魅力が増していくことに期待したいです!

総合 A
今回もすごく楽しめました! 仲居さんの話は本音に好きな話なのでぜひ! 


それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は早めの更新です…よ、余裕があれば夜にもう一度…

さて、今回紹介するのは堂本裕貴さんの「りぶねす5」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
病気のテツを看病するアスカ、七瀬との関係に疑惑を持たれるカスミ、そして舞台は林間学校へ…
やばいですね…今回も破壊力抜群ですよ…なんなんですか? 男子は出てくるキャラみんなかっこいいですし、女子はみんな可愛くて…端的にいってなんも言えないですよ…
やっぱりテツは最強のお兄ちゃんですね…病み上がりでもあの破壊力(物理的)というかりんご握りつぶせるの本当にすごいです…幼稚園のシーンではののかちゃんの七瀬くんを守ろうとするシーンがすごく良かったです! 健気ですね…カスミだけではなくこちらの妹も可愛いです…林間学校ではまあそうなりますよね…という展開で…行き過ぎた行動に笑える場面もあり、思わず応援したくなるような場面もありました!

キャラ A
アスカ可愛いですね…こんなことしてくれる幼馴染の女の子いたら絶対惚れますよ…カスミと幼稚園児たちの触れ合いも心が癒されます…そして今回はやはりのりこちゃんがすごく魅力的でしたね! もっと軽い感じの女の子だと思っていたので、ピュアな反応がギャップとなって…悶えました…すごく悶えました…ファンになりそうです…

総合 A
林間学校編もまだ続くみたいですし、これからの展開が楽しみです! のりこの活躍にも期待してます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ようやく…ようやく夏休みですよ…長かったです…これからラノベ読みまくります…

さて、今回紹介するのは田口囁一さんの「フジキュー!!!4」です!
前巻の記事↓

ストーリー B
今回で完結ですね…好きな作品だっただけに残念です…
藪内の演奏を目の前にしたフジキューが自身を喪失し、バンドは空中分解。フジキューは一人でもオーディションの決勝に出ることを決めるが…
最後ということで、やや駆け足気味でしたね…もう一巻あれば…と思わずにはいられませんでした…一度は情熱を失いかけたフジキューが徐々に音楽に対する熱を取り戻していく過程がよかったですね…なんだかんだいって一人で立ち上がり、そして仲間を導いていく力があるところがフジキューの魅力だと思います。不器用ながらも前に進んでいく力、そして再び舞台に立つ勇気に胸を打たれました。ラストはらしい終わり方でしっかり締められていました!

キャラ A
やっぱりフジキューはすごいですよ。仲間を失っても、前を向いて、立ち上がって、突き進んでいく。素晴らしい魂の持ち主です。安生田のなんだかんだいってフジキューをしっかりサポートするところもよかったです。相変わらず憎めない奴です。パンダの正体にはびっくりしましたねΣ(・□・;)と、最終巻にしてパンダの正体を知れるお話でもありました。

総合 A
4巻で完結してしまいましたが、全体を通して密度の高い作品だったと思います! 面白かったです! 完結お疲れ様でした!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
最近、シャンプーがメンソール入りのものになって入浴後とてもすっきりするのですが、目に入るととても痛いです(´・_・`) どうにかなりませんかね…

さて、今回紹介するのは横田卓馬さんの「背すじをピン!と 5」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
二度目の競技大会で無事に四種目踊り終えた土屋と亘理ペア。一次予選は通過なるか? そして地獄の夏合宿へ!
背すピン五巻! 前巻で大会の方は一つの山場を迎えていて、今回はほとんど後日談的なものになっていましたが、宮大工や御木ペアと切磋琢磨しあい次の大会でまた会おう! という終わり方は非常に良かったです!
そして、お話は合宿へ! 自分たちの弱点克服と必殺技を編み出すべく毎日必死に練習します! 地味なお話のようにみえますが、背後で色々動いていてこれからが楽しみになりました!

キャラ A
土屋くんの成長がやっぱりいいですね…精神的な面でグンと成長を感じられると主人公だなーとしみじみ思います。
八巻ペアのぎくしゃくした感じも、部長ペアの今後を見据えた感じも良いアクセントになっていました!

総合 A
合宿もおわりいよいよ次の大会へ! ここで成長した鹿校のメンバーがどのような戦いを見せるか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

↑このページのトップヘ