カテゴリ: 少年漫画(続刊)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは猪ノ谷言葉さんの「ランウェイで笑って7」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
千雪と心がタッグを組み敵同士となってしまった育人。そんな彼は予選でぶつかった龍之介に協力を依頼し芸華祭に向けて準備を始める!マネージャーを認めさせたい心と見返したい千雪、そして家族のためにショーに挑む育人の戦いが始まる!
しばらく読んでいなかったんですけど、久しぶりに続きを読みました(^_^;)相変わらずめちゃくちゃ面白くて熱くて心臓にくる物語でした!すごく面白かったです!
千雪と心を敵に回して1人で芸華祭に挑む育人。そんな彼は予選でぶつかった龍之介に協力を依頼してショーを目指すことに。まぐれで予選を勝ち抜いたのではない実力を龍之介の前で遺憾無く発揮していくのがもう本当にのまれましたね。家族の思いと家族への思いを背負ってショーに向けて準備をする育人。て千雪、心、遠、木崎香留、はそれぞれの胸の内に秘めた思いで芸華祭へ向けて準備を進めます。そして始まる芸華祭。まだまだ始まったばかりなのに熱くて熱くてそれなのに胸を貫く特大の感動もある。ただ熱を感じました。本当になんでこんなに面白いんですか…6巻も最高でした!

キャラ A
龍之介が意外といい奴で笑いましたw ちゃんと他人のいいところを認められるんですね…結構印象変わりました。育人は本当にすごくカッコいいんですよね…普段は冴えないくせに「家族」が入ってくるとすごく強化されて、自分の実力もガンガンだせてキラキラ輝く!最高に主人公してました!

総合 A
6巻もめっちゃ面白かったです!これから最新刊まで時間があるときに読んでいきます!芸華祭は始まったばかりなのでこれからどうなるか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは筒井大志さんの「ぼくたちは勉強ができない11」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー  A
父親に天文学をやりたいという思いを伝えるも聞き入れてもらえない文乃。そんな文乃に成幸がかけた言葉とは…そしてそんな文乃に触発されてうるかと理珠も行動開始!果たして2人は成幸に何をするのか…とこんな感じです!
シリーズ第11弾!ついにアニメも始まってますます人気が出てきましたね!今回も面白かったです!
今回の目玉は前巻から続いていた文乃編の決着。天文学をやりたい思いを父親に伝えるも相手にされない文乃。そんな文乃に成幸はある場所へ。いいですねーこういう青春な感じ…ぼく勉は割とドキドキ感のあるラブコメなのでこういう爽やかな感じのシーンは割と新鮮ですね!落ち着くところに落ち着いた感じですけど、やっぱりやりたいことを貫くのはすごいと思いました。そしてそんな文乃に触発されてうるかと理珠も成幸にアピール!うるかのあの表情はちょっと切ないです…そして我らが理珠ちゃんがかわいいこと!僕も理珠ちゃんに催眠術かけられたいです!先生やあすみ先輩の活躍も良かったです!そして成幸自身にも変化が…一体どうなるのか…今回も面白かったです!

キャラ  A
文乃がすごく魅力的でした!自分のやりたいことを貫いて貫いて親を説得するその気持ちから本気が伝わります!成幸とのやりとりも青春!って感じで良かったです!うるかはあの表情がすごく鮮烈で印象に残りましたね…うるかはこれからどうするんでしょう…理珠ちゃんはかわいすぎて無理です。僕たちも催眠術かけられたいですし、かけたいです!理珠ちゃんに膝枕されたいです!

総合  A
今回も面白かったです!文乃編も決着がついていよいよ次は成幸の問題を解決していく感じですかね?12巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうと夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは春場ねぎさんの「五等分の花嫁2」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
落第寸前の美少女五つ子の家庭教師をすることになった風太郎。戦国武将が好きな三女の三玖の信頼は獲得するも、なかなかうまくいかない日々が続いていた。そんな中、たまたま二乃を押し倒してしまったことで五つ子の様子が⁉︎そして花火大会の中、一花が何かを隠していることに気づき…
シリーズ第2弾!実は最新8巻までまとめ買いしていてハマってしまい全部読んでしまいました(^_^;)2巻も面白かったです!
ようやく三玖という味方を得た風太郎。ラブコメの香りも漂ってきていい感じですね〜こういうの非常に良きです!そして風太郎の二乃押し倒し事件から始まる五つ子の関係性の変化。これまで微妙なバランスで保たれていた五つ子が、風太郎によって良くも悪くも変化していきます。二乃を始め姉妹それぞれの思いがあるからこそ、譲れない部分があって…五つ子ゆえにこれがまた複雑になってますね…一花は今回でかなり好きになっちゃいました…いいですね。夢に向かって頑張れるのって…花火大会の中で風太郎が感じたまま行動してほしいです…ラブコメ成分も増えてより楽しくなってきた2巻でした!面白かったです!

キャラ A
三玖はクールな感じだったのに早速デレてきて風太郎を見るときの表情とか…もうめちゃくちゃニヤニヤしますね!一花は姉妹誰も知らない夢があって、そのために頑張っているがゆえに…長女としての役割がある中で努力しているの本当に魅力的でした!

総合 A
三玖によってラブコメ成分が補給されていました!今回も面白かったです!最新刊まで追いついていますが、3巻以降も面白かったです!気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは筒井大志さんの「ぼくたちは勉強ができない10」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
海外への留学を決め成幸と距離を取ろうとするうるか。そんな彼女の姿を見て成幸が思うことは…そして三者面談が始まり文乃は父親と喧嘩をしてしまう。思わず家を飛び出した文乃は成幸の家に居候することになるが…
シリーズ第10弾!大台二桁に乗って4月からアニメも放送開始とますます楽しみなラブコメですね!今回も面白かったです!
10巻で個人的に良かったお話はあすみ先輩のお話!鉄板ですけど、こういう普段は強気な先輩が追い込まれて羞恥心に駆られるの非常に良きです!ストーリーに関わる大きなところだとうるかのことと文乃の家出ですよね…うるかは成幸のあの言葉を聞いて何を思ったのか、成幸はうるかが遠くに行ってしまうとしたら成幸は何を思うのか…この辺りの気持ちは今後に深く関わっていきそうですね。そして文乃。理珠の父親も強烈でしたけど、文乃さんのお宅もですか…数学者として活躍している父親は文乃の進路を認めていないどころか文乃との間に確執があって…これからどうなるのか…今回も存分にラブコメを楽しませていただいた一方ストーリーも色々展開していて面白かったです!

キャラ A
文乃の過去は辛いですね…父親があんな感じだと理系目指すって決めるのにも相当な覚悟が必要だったのではないでしょうか?桐須先生は相変わらず大暴走してますねw 今回クールな教師キャラの場面の方が少なかったですよw 理珠はオープンキャンパスの時のあの場面の表情がすごく可愛かったです!

総合 A
今回も面白かったです!アニメも始まりこれから大変だとは思いますが、11巻も楽しみにしています!今は文乃のターンですけど、そろそろ理珠の活躍も見たいですね…続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは赤坂アカさんの「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜12」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
秀知院高等部の文化祭「奉心祭」が近づき忙しくなる生徒会のメンバーたち。海外留学を考える白銀は文化祭最終日までに四宮から告られなければ自分から告ると決めガンガン攻める!しかしかぐやは白銀からのデートの誘いを気づかず断ってしまい…文化祭が近づくなか2人の距離は縮むのか…
シリーズ第12弾!アニメ放送開始まで1カ月を切り累計350万部も突破しましたね!アニメが成功したら500万部まで行くのではないでしょうか?今回も面白かったです!
今回は文化祭準備編!てか内部進学者を増やすために12月の20、21で文化祭ってなかなかイジワルなことしますね(^_^;)会長にコスプレ姿を見せたり奮闘するもなぜかデートの誘いには気付かず断ってしまうあたりかぐやは相変わらずポンコツですねw そして文化祭準備ではこちらもなかなか上手くいかない白銀…バルーンアートはマジで今までの経験上やめておいた方がいいのになんで挑戦するのか…てか会長さん女子からの評価悪すぎてw ミコちゃんは変なことするまえに普通に聞けばそれなりの答えが返ってきましたよ…多分…文化祭準備というなんとなくワクワクする雰囲気と謎の積極性を見せ始めた白銀が楽しかったです!

キャラ A
かぐや様のポンコツ具合にますます磨きがかかってきましたね…なんで弓道とか完璧にできるのに会長の前だとダメなのか…石上も面白かったですねw 子安先輩のこと好きすぎて謎のウェイ系に暴走するのは見ていて楽しかったですw 

総合 A
今回も面白かったです!アニメも始まり忙しくなっているとは思いますが(Twitter全然更新されてないですし)1月に出る13巻も楽しみに待っています!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ