カテゴリ: 青年漫画(続刊紹介)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは珈琲さんの「しったかブリリア」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
新歓コンパの勢いのままみなとみらいとバーに行き告白したら成功してしまった理助。2人は付き合うことになるのだが、しったかぶりで相変わらず噛み合わない会話。そして元カノの姫姫が理助に…
シリーズ第2弾にして完結巻。ぶっちゃけ終わってしまったことは知っていたのでブログで紹介するかどうか迷ったんですけど…1巻はすごく面白かったですしね…
2巻は正直詰め込んで終わらせた感はあります。友保のこととか、姫姫のこととかもっとゆっくり見てみたいですし、理助とみなとみらいの恋だってもっと浮き沈みして大学生らしいことして、1巻の煽り文句にあった「インスタ映えする」恋愛や青春を偽ったり本当にやったりして欲しかったです。でも、それでも僕はこの作品が好きです。紛れもなく好きです!理助のしったかぶりで見栄を張るけど努力する姿も、嘘が怖いみなとみらいも、2人の噛み合わない会話も好きです!本当に好きです!2巻も笑えるところは笑えて、青春の甘酸っぱさを感じて、理助とみなとみらいの恋模様にドキドキしました!好きで好きで大好きな作品でした!

キャラ A
理助、みなとみらい、姫姫、友保とそれぞれにきちんとスポットが当たっていてよかったです!理助は言葉以上に努力して、でも等身大の大学生でした!みなとみらいは人より怖がりで嘘が嫌いで、でも理助のことを誰よりも真っ直ぐ見つめていました!姫姫も可愛くて、友保は理助との過去がすごく面白かったです!

総合 A
2巻で完結してしまいましたし、個人的に駆け足気味だったなとは思います!でも、それでも、好きな作品でした!珈琲さんの次回作を楽しみにしてます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのはLINKさん原作、宵野コタローさん作画の「終末のハーレム6」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
ウイルス研究者がいたとされる廃病院に忍びこんだ怜人たち。そこでMKウイルスが何か、UW日本支部の秘密、そしてある人物の正体を次々と知ることになるが…一方その少し前に土井は過激さを増す女子たちを前に少しずつ変わり始めて…
シリーズ第6弾!なんか新シリーズも始まりましたけど(^_^;)こ、こちらは…果たして終末のハーレムなのでしょうか?閑話休題。今回はストーリー的には大きな見せ場もあり面白かったです!
今回はシリーズの根幹に関わる部分が序盤で一気に明かされましたね!MKウイルス、UW日本支部、ある人物の正体…ちょっと押し込み過ぎ感はあるような感じもしましたけど、ここにきてようやくエロとのメリハリが出てきてタイトルの「終末」部分が別の意味で回収されてきた感ありますね。そして物語は土井視点へ。まあエロは有識者に任せるとして、過去にイジメられた痛み、その恨みは一生残りますね…あいつがあんな顔しても土井は許さないでしょうし、あいつ自身なんで土井が許さないのか本質的なところでわかってない気がします。土井視点の最後で怜人視点に繋がる伏線も見えていい引きで終わってました!今回も面白かったです!

キャラ A
土井視点の春歌、奈津、晶の3人はやっぱり強いというか正妻でしたね。やり方も狡猾?というかわかってますし、嫉妬も可愛いです…あと花蓮さんは土井の前では相変わらずですけど、女子生徒たちに見せる怖い顔がなんとも言えず好きです!

総合 A
物語は終盤に入ってきましたかね?どんなに続いても10巻までは続かない気はしますが果たして…7巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは鍵空とみやきさんの「ハッピーシュガーライフ8」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
しおのために人を殺してしまったさとう。彼女は証拠を隠滅し安全な場所に逃げるためにおばさんに協力を求める。さとうとは異なる「愛」を持つおばさんはさとうの求めに応じるのか…一方しおを探すあさひは三星が嘘をついていたことを知り…
シリーズ第8弾!てかもうアニメ始まるんですか…時間が経つのは早いです…
前巻は過去のお話だったのでちょっと時系列忘れかけましたけどさとうちゃんの行動で思い出しました。あー、そうでしたね…さとうちゃんやっちゃったんですよね…でもおばさんに協力を求めるとは思いませんでした…うーん…でも消去法的にはおばさんなんですかね…さとうの「愛」とおばさんの「愛」の違いにははっとさせられますよね。でもどちらの「愛」も間違ってはいないと思いますし…さとうとしおの短いというかひとときの安らぎはいちごクレープに集約されていましたね…あさひと三星も何か動きがありしたし、これからどうなるのかますます目が離せないです。

キャラ A
さとうちゃんはおばさんの愛を否定しましたけど、それもまた愛なんですかね…というか愛を貫くことが愛?でしょうか?しおちゃんは可愛くて無垢で純真で、でも強くて優しくてあったかい。それが癒しでした。おばさんはこれまでも出てきましたけどこんな人でしたっけ?まあさとうちゃんに言われて行動してるだけなんですけどね…

総合 A
アニメも始まりますが、原作も一つ山は超える準備ができたという感じですね。これからどうなるのか…楽しみです。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは赤坂アカさんの「かぐや様は告らせたい10」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
バイトが忙しく普段は友達からの誘いを断っている白銀。たまにはと遊びの誘いを受けるとそこは合コン会場⁉︎白銀が合コンに参加していると知ったかぐやは早坂に探りを入れさせるが…そしてかぐやが幼少から愛用していたガラケーが壊れてしまい…
テレビアニメ化も決まりついた大台二桁巻数に乗りましたね!累計発行部数もどんどん伸ばしていますし、このままアニメが放送されるまで突っ走ってほしいです!
さて、今回は個人的には伝説の花火回以来の感動回でしたね!壊れてしまったかぐやのガラケー。思い出の写真が詰まっていて、でも型が古すぎてデータをサルベージすることはできずに…これは辛いですね…でもスマホに買い替えたことで見えた世界があって、生徒会のみんなの優しさやこれまでの思い出の共有はきっとこれからまた素敵な思い出を作っていく上で大切なものになるんだなと感じました。かぐや様尊いです…合コンの回やいつものバカップルのお話も面白かったんですけど、個人的にお気に入りなのは第99話の10円玉ゲームですね!かぐや様シリーズといえば!みたいな要素がぎゅっと詰まっていて大満足でした!今回も楽しませてもらいました!面白かったです!

キャラ A
かぐや様は今回可愛いというよりも尊みに溢れてましたね…ガラケーが壊れてしまってスマホにしても写真はダメで、でもみんなのおかげで…あの時の表情は本当に最高でした!白銀は性格的にも合コンとかハーサカさんのこと引きずりそうだなと思っていたら案の定めっちゃ気にしていて見ていて面白かったですwこれまでサブキャラの扱いだったバカップルの彼氏が好きだった四条さんがメイン級で登場したのにはちょっと驚きでしたね。でも謎のめんどくささと可愛さがあってすごく好きでした!

総合 A
10巻も面白かったです!スピンオフも2作品始まって今後ますます盛り上がっていきそうですね!アニメも楽しみですし、11巻も待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
メンタルを安定させることはなかなか難しいですね…

さて、今回紹介するのは赤坂アカさんの「かぐや様は告らせたい9」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
相変わらずお互いが好きなかぐやと白銀。今日も2人によるバトルは続くが…そして季節は体育祭へ。応援団に入ればリア充になれると考えた石上だが、そこはリア充の巣窟。半端ない場違い感を乗り越え石上は過去と向き合うが…
シリーズ第9弾!累計210万部突破、連載2周年と相変わらず人気ですね!今回も面白かったです!
今回は野郎2人が表紙を飾っており、他の間とはちょっと毛色が違う感じでしたね。メインは体育祭での石上の話。中学時代の石上に何があって、どうしてここまで嫌われているのかということがわかるんですけど…いや、これは辛いですね…石上はナチュラルにキモいところがあるので(えっ)嫌われるのは自明の理かと思っていたんですけど…しかもあんな事件が中学の時ですよ?僕なら死んでます…そんな石上の力になり背中を押すのは白銀。いや、かっこよすぎますよ…石上のことをちゃんとわかって背中を押してあげる勇気もすごかったです!今回は普段のニヤニヤが止まらないラブコメ要素こそ抑えめでしたが、石上という男が過去を乗り越えるかっこいいお話でした!面白かったです!

キャラ A
石上は本当に頑張りましたよ…あんな辛いことがあったら普通は再起不能ですよ…体育祭で過去を乗り越えて必死に走るその雄姿は忘れません…!まあ、リア充にはなれないと思いますがw 白銀もかっこよかったですね!石上のことを本当によくわかっていて、きちんと背中を押してくれて力になれる。イケメンすぎます…個人的なお気に入りは副団長。彼女は本当にいい人だと思うので、これからも石上に何かあったら助けになって欲しいですね…

総合 A
今回はラブコメよりも石上の話がメインでしたが、別ベクトルで楽しませてもらいました!次でいよいよ大台の二桁10巻ですが、これからもラブコメで楽しませて欲しいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ