カテゴリ: 漫画(続刊紹介)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは珈琲さんの「ワンダンス4」です!
image
前巻の記事↓
ストーリー A

伊折からバトルの才能を見出されたカボ。ダンスバトルに出場するか悩むカボだが、B-BOYの壁谷楽に出会ったことでバトルへの参加を決意する。湾田、恩ちゃん、伊折と共に一凛高校ダンス部は高校対抗ダンスバトルに参加することになる…

〜高校対抗ダンスバトル版開幕!〜
シリーズ第4弾!「のぼる小寺さん」の実写化の影響もあってか「ワンダンス」も日に日に注目度があがってきてますね!今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
伊折にダンスバトル向きと言われたことでバトルも意識し始めたカボ。ハウスをやりたいと言った時のカボくんの表情、めっちゃいいですね!そして伊折に誘われて地元のB-BOYたちの練習場所へ。やっぱりダンスって音楽ありきですから校内じゃ難しいですよね…そんなわけでB-BOYたちの練習場所で練習をすることになるカボと湾田ちゃん。そこで出会ったのがパワー系B-BOYの壁谷楽。絵もすごいですけど、彼のダンスがいかにすごいか伝わってくる彼自身が発する雰囲気にとにかく飲まれましたね…すごいっす…壁谷に気に入られたカボは彼から練習の誘いを受けますが、自分の中の迷いと決着をつけられずに断る日々…このあたりの葛藤はすごくよかったですね。そして後半はじまるダンスバトル!最初は壁にぶつかりながらもなんとかそれを乗り越えていくカボはやっぱりすごいっすね。終盤は本当に目が離せなかったです!
キャラ A
カボくん吃音とうまく付き合っているかと思っていたら意外なところで罠にハマってましたね…確かにアレスピードはやいですよね…ダンスに関しては色んな人に認められながらも、自分の中で葛藤があったり、それを乗り越えたりしていく姿が印象的でした!湾田ちゃんは恩ちゃんの背中を追っかけながらも自分の中でより高みを目指そうとしている感じがグッドでしたね。そしてかわいい


最後に
今回も最後まで楽しく読ませていただきました!5巻めっちゃ気になります!続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ワンダンス4



著者



珈琲



レーベル



アフタヌーンコミックス



ISBN



978-4-06-520724-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは天那洸太さん原作、梅津葉子さん作画の「金装のヴェルメイユ ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~3」です!
image
前巻の記事↓
ストーリー A
オブディシアンの陰謀を阻止しなんとか平和が戻った学園。アルトとヴェルメイユの関係はより深いものになっていた。しかしヴェルメイユは自らが悪魔であるが故にアルトに危害が及ぶことに悩んでいた。しかしリリアの言葉に目が覚めて…そしてやってくる生徒会。なんとアルトが何かを隠していることを見抜いてきて…絶対絶命のピンチにアルトがとった行動は⁉︎

〜悪魔との関係はより深く〜
シリーズ第3弾!累計12万部突破と波に乗ってますね!今回もアルトとヴェルメイユのドキドキする関係に陰謀渦巻く学園生活を存分に楽しませていただきました!面白かったです!
オブディシアンの事件を経て、アルトに思いを伝えられたヴェルメイユ。ヴェルメイユさんは攻めるのは得意でも守りは苦手ですか…?悪魔である自分が果たしてアルトの隣にいてもいいのかと悩む彼女にリリアがかけた言葉は素敵でしたね。大事なのは自分がどう思っているか…まさにその通りですよね…悩みが解決したらしたでヴェルメイユさんは攻めに甘えもついてつよつよになりましたね。そしてやってくる生徒会。アルトの強さを聞きつけ生徒会にスカウト…というのは表向きの事情で、オブディシアンに関する事件の事情聴取…というのも建前でアルトの秘密を探りにきます。生徒会長さんマジ怖いですね…ここでアルトが見せた強さはヴェルメイユさんのことを本当に大事に思っているんだなと実感させられましたね。後半からはブロンズ試験!色々不安があったアルトですが、今までの経験を糧に頑張っていましたね!そしてチラつく影…また怪しい奴らが出てきましたね…今回も最後まで楽しく読ませていただきました!

キャラ A
ヴェルメイユさんはアルトのこと、自分のことで色々悩んで自由奔放な雰囲気は残しつつも芯の通った感じになってきましたね!アルトから攻められると弱くてアルトに甘えて求めちゃうところは最高に可愛かったです!リリアは要所要所でいい言葉かけますね…たた今回はちょっと出番少なかったので次回に期待ですね。アルトは巻を追うごとにヴェルメイユのために!という気持ちが増していって魅力的な主人公になってますね!今回は生徒会メンバー相手に強さを見せて成長を感じました!

最後に
今回も面白かったです!次は今回から登場した怪しい奴らが色々暴れてくれそうなので続刊が楽しみですね!4巻待ってます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



金装のヴェルメイユ ~崖っぷち魔術師は最強の厄災と魔法世界を突き進む~3



著者



天那洸太 梅津葉子



レーベル



ガンガンコミックス



ISBN



978-4-7575-6746-7


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはイガラシユイさんの「先生、俺にかまわずイッてください!!4」です!
IMG_3886
前巻の記事↓
ストーリー A
マモルからローターをプレゼントされたまどか。しかしそのローターが二人用だったことでマモルのことを変に意識してしまい…これはもしかして恋…?なんだか仕事も集中できず…一方の瑠璃子は催眠術を誤ってめぐにかけてしまい、めぐは瑠璃子のことが大好きになってしまう!果たして催眠術は解けるのか…

〜まどかが一人エッチに悩みます〜
シリーズ第4弾!今回もちょっと?エッチで楽しいエロコメを存分に楽しませていただきました!面白かったです!
まずは第24稿のまどかが調子悪いお話。マモルから二人用のローターをプレゼントされたことでマモルのことを変に意識してしまいいつも通りの仕事ができない…これを恋と思っちゃうあたりまどかもまだまだお子ちゃまですね。原因は普通に体調不良というオチがなんとも彼女らしいですw 続いてめぐのお姉ちゃん襲来編。恋愛脳(というより煩悩)なめぐのお姉ちゃんがめぐに家業を継がせるために家に連れて帰ろうとします。このめぐのお姉ちゃんがなかなかのクセ者でしたね…めぐは実家に連れて帰られたくないので、マモルを彼氏だと嘘をついてその場を逃れようとします。しかしアグレッシブお姉ちゃんはなんとマモルとめぐがしているところの音声を聞かせろといい…てかお姉ちゃんはネカフェでなにをしてるんですか(^_^;)そして瑠璃子の催眠術により瑠璃子のことが大好きになってしまっためぐ。こんなにデレデレかわいいめぐさんは今後なかなか見られなさそうですね…なんだかんだいって満更じゃなさそうな瑠璃子も可愛かったです!今回もまどかをはじめとした面々がエッチでかわいいお話を存分に楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
まどかさんはなんだか今回きちんとえっちなことできてないですね…いや文字通りマモルを使ってえっちなことはしてましたけど…というか最後のアレはひどいw めぐは今回デレ回でしたね。瑠璃子のことが好き好き大好きなシーンもかわいくていいですけど、お姉ちゃんの言うことをなんでも聞いちゃう姿も可愛かったです!

最後に
4巻も面白かったです!今回はまどかさんのえっち成分が控えめだったので、5巻ではもうちょっとまどかのターン増量でお願いします!続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



先生、俺にかまわずイッてください!!4



著者



イガラシユイ



レーベル



ヤングガンガンコミックス



ISBN



978-4-7575-6808-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは天那光汰さん原作、おつじさん作画の「幻想グルメ7」です!
IMG_3632
前巻の記事↓
ストーリー A
オスーディアとアキタリアの間に鉄道を通すという壮大なプロジェクトを始めた俊一郎。その計画を成功させるには竜の巣という遥かなる時を生きる竜たちを相手にしなければならなかった。俊一郎はシルフィンと共に竜の巣に向かう。そして長と話し合うことになるが…とこんな感じです!

〜果たして鉄道は竜の巣を通れるのか?感動のフィナーレ!〜
シリーズ第7弾!そして完結!だ、大学時代から読んできた作品がまた完結…時は残酷ですね…最終巻にふさわしい最高に盛り上がるお話と最高のハッピーエンドでした!面白かったです!
オスーディアとアキタリアの間に鉄道を通す計画を進める俊一郎。しかしそれには竜の巣に住む竜族たちを納得させなければならず…最初は竜に歓迎される俊一郎ですが、過去の戦争のことを持ち出されさらには長に異世界人であることを見ぬかれこの世界には関係ないと言われてしまい…それでも自分の理想を、これまでの仲間たちを味方につけて立ち向かう様子は頼もしかったですね!1巻ではどこか大口叩いているだけに感じた俊一郎がこうして堂々と竜の長と対等に話し合う姿には感動しました!もちろん料理も美味しそう!まさに恐竜!というようなトカゲ?竜?の丸焼きに竜の瞳という果実?に竜の長の血を垂らした飲み物…幻想グルメここに極まる!というような美味しそうな料理の数々にはワクワクしましたね!そして鉄道計画も無事に終え、1巻のあのお店でもう一度ドラゴン肉を…いやモドキですけど…そこで見られた味の変化も想像するだけで楽しいですね!終盤からはこうなるのはわかっていたとはいえ俊一郎がきちんと幸せを手に入れられてよかったですね!ルリィちゃんもかわいい!最後まで大満足の作品でした!面白かったです!

キャラ A
俊一郎はめちゃくちゃかっこよかったですね!最初は大口叩くグルメな変人かと思っていましたが、こうして竜の長と堂々と渡り合い1人の人間としてすごく成長した姿を見ることができました!シルフィも最後まできちんと俊一郎の隣に立って彼の最高のメイドであり、最高のパートナーでしたね!かわいくて気高くて時々クールなシルフィンさん大好きです!もちろん他のキャラもすごく魅力的でした!

最後に
完結おめでとうございます!そして素敵な作品ありがとうございます!また天那さんとおつじさんがタッグを組んだ作品が読みたいです!いつかその機会に巡り会えること心よりお待ちしています!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



幻想グルメ7



著者



天那光汰 おつじ



レーベル



ガンガンコミックスオンライン



ISBN



978-4-7575-6682-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは山本アリフレッドさんの「理系が恋に落ちたので証明してみた8」です!
IMG_3122
前巻の記事↓
ストーリー A
ついに好きという気持ちを伝えた氷室。これまでの実験から好きを確証していたが、雪村はまだ迷っていた。デートを通して気持ちを数値化し自分なりの答えを出そうとするが…そして実験は第2ステージへ。〈Klp〉奏ラブパワーという新たな単位を用いて好きの定量化に挑戦する。

〜奏ラブパワー〜
シリーズ第8弾!累計100万部も突破してアニメ化効果で一気に人気が跳ね上がりましたね!今回も面白かったです!
一応この間の序盤で第一章というか「お互いがお互いを好きかどうか」は証明されて、この作品の大きなテーマは回収しましたね。実験の結果雪村に好きと伝えた氷室。しかし雪村はそれに確証が持てず…デートを通して気持ちを再確認して、そして伝えた好きという気持ちはかっこよくもロマンチックでもないですけど、彼らしいと感じました。しかしここで終わらないのがこの2人。次は好きの定量化のための実験を始めます。好きかどうかは決まったものの、好きの大きさや恋愛感情として好きかわからない。だから実験を続けるという…本当にこいつららしいんですけど、早く付き合ってくれませんか?しかも奏ラブパワーとかいう変な単語生み出しますし…物語に一つ区切りはつきましたが、今後さらに盛り上がっていきそうですね(主にコメディ面で)。

キャラ A
氷室さんがかわいすぎました…なんですか…デートの時のその表情は…そして雪村に好きと伝えられた時の表情は…雪村もかっこよくはないかもしれませんが、きちんと自分の気持ちを伝えて一歩前に踏み出していましたね。これからも氷室さんとイチャイチャしてください。そしてとばっちりなのが奏…奏ラブパワーはともかくデートくらい普通にさせてあげてください…

最後に
今回は一区切りつきましたが、まだまだ2人の実験は続きそうですね!これから2人がどんなラブコメもとい実験をしていくのか楽しみです!9巻も楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



理系が恋に落ちたので証明してみた8



著者



山本アリフレッド



レーベル



メテオコミックス



ISBN



978-4-86675-096-5







↑このページのトップヘ