カテゴリ: 漫画(続刊紹介)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは天那光汰さん原作、作画梅津葉子さんの「金装のヴェルメイユ〜崖っぷち魔術師は最強厄災と魔法世界を突き進む〜2」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
ヴェルメイと毎日キスをして過ごすアルト。魔法学院では原因不明の昏睡事件が続いていた。生徒会も動き出すなか、レクスが突然暴走を始める。なんとか止めようとするクリスだが全く歯が立たず…そこに生徒会長が現れる。一方、危険な匂いを嗅ぎつけたヴェルメイはオブシディアンに忠告をする…

〜キスは好きな人と〜
シリーズ第2弾!前回は学園もの!ラブコメ!バトル!の3要素が絡み合うバランスタイプだとするなら、今回はバトルメインの攻め攻めターンでした!面白かったです!
まず序盤。アルトはヴェルメイが本当は魔力のためだけにキスをしているのではないかと関係性に悩みます。うーんこのイチャイチャ感好きです。アルトが無垢な分余計に映えますよね…そして学院内ではなぞの昏睡事件が続きついに生徒会が調査に乗り出します!しかし時すでに遅くレクスが暴走を始めてクリスに襲いかかります。あのクリスさんが全く太刀打ちできない…そんななか満を辞して生徒会長の登場!今回はここが1番の見せ場でしたけど、今後めちゃくちゃ活躍しそうな予感です!そして不審な匂いをヴェルメイが嗅ぎつけたことで…黒幕の正体自体は前巻から伏線がありましたけど、こうして正体だけが明かになると不気味ですよね…「本物」とは一体…黒幕との激しいバトルは本当に見応え抜群でしたね!ガツン!ガツン!とインパクト抜群の戦闘描写が続いてとても見応えがありました!ラストはアルトとヴェルメイの関係がどうなるのかと思う場面もありましたが…ニヤニヤさせるところに着地しましたね!ヴェルメイさんかわいい!今回はバトルをメインにアルトとヴェルメイさんのイチャイチャを楽しませていただきました1面白かったです!

キャラ A
アルトはあの場面できちんと守りにいけるところに強さと絆を感じました。ヴェルメイさんとの関係に真面目に悩んだりするところも好感度高いです!ヴェルメイさんは…正体が明かになる場面もありましたが、やっぱり女の子だなと思う場面もありアルトの最高のパートナーであることを証明していましたね!敵味方合わせて魅力的なキャラが多かったです!

最後に
2巻はバトルと中心に見応え抜群の戦闘描写を楽しませていただきました!この事件は解決?したんですかね?なんかまだ色々ありそうな予感…ちょっぴり変わった?アルトとヴェルメイの関係もどうなるのか…3巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



金装のヴェルメイユ〜崖っぷち魔術師は最強厄災と魔法世界を突き進む〜2



著者



天那光汰

梅津葉子



レーベル



ガンガンコミックス



ISBN



978-4-7575-6339-1



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのははくりさんの「幸色のワンルーム7」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
松葉瀬が幸を助ける理由。それは20年前の自らの境遇からだと八代は知る。松葉瀬が味わった過去の苦難の日々とは…?そして松葉瀬に公的手段で引き取ると言われた幸には迷いが生じていた。お兄さんとの利害関係が破綻したなかで、幸は一体どんな道を選ぶのか。そして迫りくる幸を追う捜査の手。恐怖に駆られた幸の様子がおかしくなってしまい…

〜利害と気持ちは一致しない〜
シリーズ第7弾!ドラマとか色々メディアミックス展開もありましたけど、ここにきて外伝や特装版が発売されるなどより一層盛り上がってきてますね!今回も面白かったです!
まず序盤。松葉瀬の過去が語られます。なんとなく只者ではない感じはしていましたけど、まさかこういうバックボーンがあったとは…だからこそ「公的手段で引き取る」っていう言葉が出てきたんですね…まぁ八代の言う通りぽっと出のおじさんなのでこれがどういう結果を生むのかはわからないですが…一方幸はおにいとの利害関係の一つ破綻を迎えて、お兄さんと一緒にいることに悩みます。自分は何をするのか正しいのか…幸の気持ちは果たして依存なのか恋なのかそれとももっとドライなものなのか…こういう葛藤は苦しいですよね…そして迫りくる捜査の手に動揺してある問題を起こしてしまう幸。それでも助けにきたのは…なんかどうしようもなくて、でもどうにかしたい。そんながんじがらめの中でもがく登場人物達が印象的でした。

キャラ A
幸はある意味今が1番苦しいかもしれないですね。誘拐されたときのただ利害の一致がそこにあるだけではない状況…あの場所に連れ戻されるのかもしれないという恐怖…幸はどういう道を選ぶのでしょうか…お兄さんはお兄さんで答えを出せずにいて、松葉瀬という存在がいるからこその悩みもあって、悩みが尽きませんね…松葉瀬さんは幸がどんな選択をしてもしっかり彼女を導いて欲しいです。

最後に
今回も最後まで楽しく読ませていただきました!これから幸がどんな道を選ぶのか、そしてお兄さんは幸とどうやって向き合っていくのか…続刊も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



幸色のワンルーム7



著者



はくり



レーベル



ガンガンコミックスpixiv



ISBN



978-4-7575-6221-9




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはKoi さんの「ご注文はうさぎですか?8」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
長い共同生活の旅に出発したここあたち。木組みの街とは違う都会でおしゃれな街を思い思い楽しむことになるが…トラブル頻発⁉︎チノとここあは電車の乗り継ぎミスで迷子⁉︎千夜とメグはホテルが古いせいで部屋に閉じ込められる⁉︎そして旅先でエルとナツメという双子の姉妹、チェスが強い女の子・冬優に出会い…?ここあたちは無事に旅を終えられるのか…

〜ごちうさはいいぞ〜
シリーズ第8弾!もう本当に社会人になってから生きるだけで癒しがなくてゾンビみたいな生活してたんですけど、ごちうさ8巻読んで救われました…そうですよ…これですよ…現代社会に必要なものは…めっちゃ癒さました…ありがとうごちうさ…
今回はみんなで旅行のターン!はしゃぐここあたちに早速ハプニングはご愛嬌ですねwでもそのおかげで素敵な出会いもあったりして、幸先がいいとは言えないですけど無事に目的地にたどり着けましたね。都会での毎日は刺激的でしたね…ホテルが古いせいで閉じ込められたりシャワーのお湯が出なかったり、流行りのカフェがあったり、木組みの街では見たことがないものがたくさん!そんな生活の中でキラキラ輝くここあたちは見ていてとても楽しかったです!僕の推しのシャロちゃんは特に可愛かったですね…リゼ先輩との尊み限界突破のやりとりや、ママに会ってはしゃぐ姿、メグに見せるお姉さんとしての一面、千夜に甘える姿…やっぱり推しが可愛いと実感できましたね!シャロちゃん可愛い!新たな女の子たちも出てきたり、みんながみんなちょっとずつ大人に素敵な女性に成長する様子も見られて高校生になったり大学生になったり環境が変わってもみんなはこのままなんだと安心できるお話でした!面白かったです!

キャラ A
シャロちゃん〜…久しぶりに会いましたけどやっぱりシャロちゃんは最強に可愛かったですね!繰り返しになりますけどリゼ先輩の前でテンパったり、メグの前でお姉さんぶって、ママに会ってはしゃいて、千夜に甘える…これまで見てきた頑張り屋さんのシャロちゃんだけではない、等身大のシャロちゃんを、いろんな表情のシャロちゃんを見ることができました!チマメ隊はなんだか高校生らしくなってきましたね!特にチノは1人で堂々と行動して、初めて会う女の子とも一生懸命仲良くなろうとしてる姿が印象的でした!ここあと千夜は相変わらずw リゼちゃんは今回はクールというよりもかわいい感じで大人かわいい側面も。新キャラのエルとナツメはいろんな意味で息ぴったりで見ていて楽しかったです!冬優ちゃんはまだ出番が少ないですけど、チノのいいお友達になりそうですしこれからに期待ですね!

最後に
やっぱりごちうさはいいぞ!ということで、癒されまくりでした!シャロちゃんは本当に今回かわいくて推していてよかった…と心底思いましたね。早くシャロちゃんを現実に召喚する魔法を極めて会社辞めてシャロちゃんと暮らしたいだけの人生でした。環境が変わっていく中でそれぞれの新しい一面を見ることができて大満足です!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ご注文はうさぎですか?8



著者



Koi 



レーベル



まんがタイムきららコミックス



ISBN



978-4-8322-7119-7




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは空翔俊介さんの「三白眼ちゃんは伝えたい。3」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
ついに修学旅行となり、大好きな加藤くんと同じ班になったあまね。自由行動では加藤くんのためにおしゃれしてかわいくして幸せな時間を過ごしていく。そして訪れる想いを告げるとき。果たして2人の関係は進展するのか…?

〜真っ直ぐに好きと伝える〜
シリーズ第3弾!読んだらめっちゃあまねちゃんが可愛くて、めっちゃ尊くて天に召されまくりでした!ありがとうございます…ありがとうございます…こ、これが尊いっていう感情なんですね…今回もあまねちゃんが最強に可愛かったです!
序盤、バスであまねちゃんが高いところに荷物置けないの助けて隣の席に座る流れ。ここ好きです。もうあまねちゃんのかわいい成分と加藤くんの優しい成分が同時に摂取できるの人類最強の心の栄養補助食品って感じです。好き。そして2人きりでの自由行動。ヘアピンつけてるのかわいいって言われてるあまねちゃんを見れば世界中から戦争はなくなりますよ…あまねちゃんマジ天使…そして白あまねちゃん!白あまねちゃんが!白いカーディガンを着たあまねちゃんが…!天使です…天使が降臨しました…手を繋ぐときのちょこんって感じも最&高でかわいすぎて可愛かったです!そしてついに…!いや本当に本当におめでとうございます!最強にかわいい女の子と優しくて素敵な加藤くんならマジで最強最高なので…!それはそれはあまねちゃんかわいくなるので…!もう本当にあまねちゃんがかわいい&2人が尊いが止まりませんでした!

キャラ A
あまねちゃん…!良かったね…本当に良かったね!加藤くんにかわいいって言ってもらうために頑張って、頑張ってそれが最高の形で…!白あまねちゃんかわいいよ。天使だよ…加藤くんはイケメンすぎました…あのシーンのあの笑顔は反則ですよ…爽やかすぎますし、優しすぎます…加藤くん…あまねちゃんにいっぱいかわいいって言っていっぱい幸せにしてあげてください…

最後に
あまねちゃん!良かったね!もうなんか読んでいてすごく幸せでした!あまねちゃんがかわいくて嬉しそうな顔してるなら世界だって敵に回せます!守りたい!この笑顔!とはいえここがスタートラインなのでこれから2人がどうなっていくのかも楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



三白眼ちゃんは伝えたい。3



著者



空翔俊介



レーベル



ガンガンコミックスpixiv



ISBN



978-4-7575-6307-0




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは空翔俊介さんの「三白眼ちゃんは伝えたい2。」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
球技大会を経て少し距離が近づいたあまねと加藤くん。そして近づいてくる文化祭。クラスの出し物で桃太郎をやることになり、あまねは桃太郎役に加藤くんは鬼役を務めることに!2人は劇を成功させることができるのか?そして2人の関係に進展は…

〜あまねちゃんが天使すぎる〜
今日3巻読んだら2巻読んでいないことに気づいて慌てて紹介。読み返していたら初読みの時も尊みを叫んでいたはずなのに…ってなりました…紹介しとけよ自分…それはともかく文化祭編も面白かったです!
球技大会で距離を縮めた2人。もっと加藤くんに近づきたいあまね。序盤の電話シーンでファースト天国行きでしたね…あまねちゃん可愛すぎへんか?マージでこんなかわいい女の子から電話していいとか聞かれたらそんなん目の前にいてもしますよ…電話中のうんしか言えなくなるあまねちゃんも天使でしたね…そして始まる文化祭!桃太郎役のあまねは鬼役の加藤くんと練習することに!ここでセカンド天国行き。あまねちゃんが一生懸命練習する姿は頑張れって応援したくなりますし、加藤くんの絵を描いて練習する姿が健気で…できたときのしー…も良かったです!そして文化祭!桃太郎自体はコミカルな劇でしたが、鬼さんは悪くないと伝えるとこらでサード天国行きでした…尊い…尊いっすよ…劇が終わったあとの2人も青春してて甘爽やかで良かったです!最後までめっちゃかわいいと青春が詰まっていました!最高でした!

キャラ A
あまねちゃんがね…めっちゃかわいいんですよ…なんなんこの子…天使っすか?読者を天国に連れてく天使っすか?加藤くんに対して一生懸命で恥ずかしくて嬉して照れてうまく声が出ない時もありますけど、それでもきちんと伝えようとする姿が本当に最高に可愛かったです!加藤くんはいいやつですね…あまねと一緒にドキドキしたりしますけど、あまねのことをちゃんと見て手を差し伸べてくれる姿が…良かったんです…ゆいちゃんみよちゃんも可愛かったですし、世界もキャラも可愛かったです…

最後に
2巻は何度読み返しても最高なんだなと実感しました!あまねちゃんは本当にウルトラ最強スーパーかわいいです!次は高校生の最大メインイベントの修学旅行編ですね!3巻はすでに読んでいるのであまねちゃんがどんな風に頑張るかは知ってますけど、それでも頑張れって思ってしまいます!頑張れ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



三白眼ちゃんは伝えたい。2



著者



空翔俊介



レーベル



ガンガンコミックスpixiv



ISBN



978-4-7575-6060-4




↑このページのトップヘ