カテゴリ: 雑談

雑談。いつも10日前後なんですけど(だったっけ?)ちょっと忙しくてラノベ読めてないので早めに…

今日はタイトルの通り作家さんと読者の距離についてです。色々思い出も交えながら話していきます。またダラダラ話すので先に結論言っておくと
・僕は作家さんとは仲良くしたいです。でも作品の感想は別
・読者と作者の距離が近くなるのはいいけどお互い守らなくちゃいけない領域は守ろうよ
ってことです。あと文中の"領域"という言葉は自由解釈で。それじゃいきましょ。

僕がTwitterを始めたころ(7年前)は作家さんと読者が絡むことってほとんどなかったんですよ。っていうと当時からTwitterにいた方には誤解されそうなんですけど、少なくとも今のガガガ文庫作家さんのような絡み方ってなかったじゃないですか。なんか距離があったというか、それぞれの世界があったじゃないですか。

である時期を境に作者と読者の境界が曖昧というか、作家さんが読者の領域に近づいてきた(と僕は思っています)時があって。ガガガ文庫の某作家さんのTwitterの使い方とかで流れが変わってきて。あの作品や作家さんはアニメ化する前から知ってましたけど、少なくともTwitterの使い方はこんな風に使うんだなって思ったりしましたもん。

そしてそれからしばらくしてTwitterで作家さんと読者の距離について、あることを発端に主に作家さん側でちょっとした議論?があったんですよね。2018年の話なんて持ち出すなよ。今は読者も作者の価値観もアップデートされてるだろ、っていわれたら終わりですけど…この議論も結構衝撃的だったと思うんですよね。まぁなんかやれライトノベルの衰退の始まりだ的な論には素直にムカつきましたけど。



またしばらくして昨年あたりからガガガ文庫の編集さんがTwitterにがっつり参戦するようになってからさらに流れが変わったなーってなりましたね。なんで読者のリプライに引用リツイートで丁寧に答えてあげるんだろうとか今でも割と不思議ですもん。

という感じで思い出話をしたところで…この話題について色々書こうと思ったきっかけが先日の感想がどうとか批評がどうとかいう件ですね。あれはもちろん商業作品ではないですし、僕も全部は見切れていないですし、この件自体についてアレコレ言う気はもうないですけど…やっぱりモヤるんですよね。

今では作家さんによるエゴサで当たり前のように行われるようになりましたけど、やっぱり7年くらい前って色んなところで作家さんはエゴサしないほうがいいとかかなり見たんですよね。真実は知りませんけど。でも結局エゴサって読者の領域を作家さんが採掘する行為じゃないですか。すごく自分勝手なイメージになるんですけど、エゴサしなければ見つからないようなもの見つけるって他人の山にあちこち穴空けてお宝探すようなものじゃないですか。もちろん山は厳密に立ち入り禁止されているわけでじゃないですけど…ちなみにTwitterは想定していないです。あれはもう性質上探さなくても見つかる可能性のあるものなので。Google検索とかYouTubeとかですかね…最近はTikTokとか?

そうやって読者の領域を掘って見つけたもので色々言うのはなんか違うな―って思うんですよね。だって作家さん宛てのファンレターじゃないんですよ?もちろん全世界に公開されているものである以上見るなとは言いませんし思いもしませんけど…

もちろん読者だってきちんとルールとか守れているとは思っていません。作者にやたら攻撃的な人は見かけますし(もしかすると読者ではないかもですけど)、Twitterで作者に直接作品のこととか、サイン本とか色々要求する人いますし…もちろんそれは違うって思います。作者さんのこととか、作品のことって読者が作家さんに直接あぁだこうだいうことじゃないっしょ。

色々言ってきましたけど、僕は別に作家さんと喧嘩したいとか距離を置きたいとかそういうわけじゃないです。作家さんに僕のTwitterアカウントフォローされれば嬉しいですし、リプライいただいたらすぐに返そうと思いますし、作品買おうと思いますし、宣伝ツイートはなるべくリツイートしようと思いますし、できればブログやTwitterで感想書いてちょっとでも売り上げに貢献できればなって思います。これは間違いないです。でも作家さんにこのブログの感想について色々言われるのは嫌だなーって思います。だってここ僕の領域ですし。ちゃんとお金出して本買って読んで感想書いてるんですから、作品のことについてここに書く権利があると思います。

わぁーって書きましたけど…結局作家さんと読者の距離がここまで近づいてしまったので作家さんは作家さんで、読者は読者でお互いに入ってはいけない領域を守ればいいのかなーって思います。曖昧な話なんですけどね。

ここまでは僕の思い出とか感情なので、意見があったらTwitterとかでガンガン言ってください。

雑談。毎月恒例のやつ。
最近Twitterを見ていて思っていたことをたらたら書きます。たらいです。

これはTwitterでも時々いうんですけど、ライトノベルっていうただでさえ人が少ないジャンルでいきなりデカいことをやろうとすると失敗します。デカいことというのは規模もそうですし(複数人を巻き込んだ企画とか)コスト的にもデカいことやろうとすると大抵失敗します(すごく時間かけて凝った動画をYouTubeにあげるとか…)ラノベ界隈も5年以上いるとこういうのを結構見てきていて現に今頓挫しそうな大きな企画がある認識そんなことするよりチマチマTwitterに感想書いていた方がいいよっていうのが正直なところです。

というかライトノベルのファン活動は本当にそんなに頑張らなくていいと思うんですよね。いやもちろんやるなというわけでも、デカいことに挑戦するな!というわけでもなくて、デカいことする人が10人いてパイを奪い合うよりは小さなことする人がたくさんいた方が賑やかに見えますしファン活動に対する参加ハードルも低くなると思うんですよ。

今は色んなツールがあって、5年くらい前まではラノベのファン活動で目立つならブログ一択!みたいなところがあったんですけど、今はTwitterでも結構感想を拡散してもらえて(信じられないかもしれませんが5年くらい前のTwitterでは作者と読者の交流なんてなくて作者さんに感想をリツイートしてもらえるなんて結構で稀でした)YouTubeもtiktokもある。マジで色んな媒体で色んな人に見てもらえるチャンスがあるので、まずは小さく初めてみるのがいいと思うんですよ。マジで。

あとやっぱり承認欲求満たしたい理由でラノベのファン活動している人もそこそこいる印象なんですけど、投資とリターンについては考えた方がいいと思うんですよね。めっちゃグッズ集めたり、本棚すごいことしたり、プレゼント企画したり…そういうのって結局将来自分の首をどっかで絞めるんですよね。と過去の自分に首を絞められたことがある僕が言ってみます。マジで今の自分の行いは未来の自分へのプラスかマイナスの投資なんですよ。

てか、ラノベってこんなにキラキラしたものじゃなかったと思うんですよ。いや今もキラキラしてるとは思ってないですけど、ガガガ文庫青春ラブコメ枠のファン層見てるとキラってるなーと。ラノベってもっと教室の隅っこのほうで、陽キャや女子の嬌声を聞きながら「俺だけがわかってる感」を醸し出しながら陰キャが読むやつじゃないっすか。っすよね?なんでこんなにキラキラしようとしてるんですか?夜空に埋もれる六等星でいいやん。

と思うところを色々書いたんですけど、デカいことマジでやらないほうが無難です。
普通にラノベ楽しんで、時々たまにTwitterに感想放流しましょ。

最後に最近オススメのラノベ。たまには3冊くらいあげときましょ







雑談。
先月かなり遅くなってしまったので今月は早めに…といってもネタが思いつかなかったので最近ラノベ界隈(と言ってもTwitter観測範)を見ていて思ったことをダラダラ書いていきます。

感想について
まず最初に…感想書けるって結構特殊スキルなんですよ。少なくとも「読む」「書く」って組み合わせで、しかもTwitterや読書メーターなら既定の文字数以内に納めないといけない。いやまぁツイート分割すればいくらでも書けるやん…っていうのは置いておいて…少なくとも人から強制されないでこの「読む」と「書く」を自発的にやろうと思えて実行できるのは相当すごいですよ。学生なら学校で、社会人でもどんな仕事でもある程度これをやっている上で趣味でもやるんですから。
まぁ何が言いたいのかっていうと感想書くって大変なことで観測範囲にいる人が当たり前にやっていてもそれは特殊なことなので「感想書かなくちゃ!」って思ったりしなくていいんですよ。読むだけでも十分すごいんですから。書けるときに書いていきましょ。

ブログの感想について
2021年は結構新作ラノベで外れを引いてしまってあんまり芳しくない感想があがることも多々ありますけど…まぁ自分のメンタルや選球眼のせいもあるんですけど…それはそうとのブログの感想は別に作者さんに配慮しません。これはブログ始めた時から7年間ずっとそうです。えっ?と思う方がもしかしたらいるかもしれませんが、僕のブログはこれから作品を読む人/読んだ人向けです。だからストーリーに関する致命的なネタバレはないですし(あくまで致命的)、自分の思ったこと素直に書きます。ブログっていうわざわざ探しにこないとクリックしないと見られない場所にあります。作者さんは見るなとかそこまでは言わないですけど、こういうスタンスでやっているのを承知の上で見に来てください…
あっ、Twitterの感想は配慮します。あそこは一種の公共空間なので。

作家さんのTwitterについて
なんか最近すごく気になっているのが公式アカウントに引用リツイートとかリプライでものすごい態度をとる作家さん…いや公式アカウントだって中に人いますし…なんでも言っていいわけじゃないっしょ…ってすごく思います…まぁ僕が思うだけかもですけど…

スペースについて
最近は割と落ち着いてきましたけど、結構流行ってますよね。でもなんかすごいこと話すならアーカイブ残せとは言わないので、メモ書き程度でいいので、記録に残して欲しいんですよね…特に作家さんとか編集さんの対談とか…2時間もスペース聞いてられないですけど、2時間しゃべった分の文字はその何十分の一という時間で読めるので…
ちなみに僕はこういう↓企画系のスペースやって記録に残してあります…


ラノベ系ユーチューバーについて
あんまり、というかほとんど見てないお前が言うなって感じなんですけど…どうもラノベ系ユーチューバーのサムネが苦手…そうしないと見てもらえないのはわかっても表現過剰すぎちゃうか?って思います…

ラノベの布教について
学生はお金出しての布教は無理してやらなくていいっすよ…って本当に思います。ラノベって消費税上がったのもありますけど昔より高いですし…口と文字だけでも十分布教になりますよ…ラノベばっかり読んでる僕が言うのもですけど、ラノベにお金使いすぎずに学生時代は学生時代にしかできないことも多少やった方がいいですよ。

と最近思うことを色々書きました。最後に応援してる作家さんの新作が8/17に出るので読んでください

雑談。今月書いていなかったので書きます。

絶賛ラブコメブーム中のラノベ。だけど3、4年前はちょうど穴というか「29とJK」が徐々に人気になっていって社会人×女子高生ラブコメの基礎が作られたり、髭がまだ剃られたてくらいの微妙な【空き時間】があったイメージ。そんな空き時間に発売されて「今ならもっと売れるっしょ!」と思うラブコメを紹介する。

「絶対彼女作らせるガール!」まほろ勇太 MF文庫J
これ。これしかない。今、今売れば絶対に売れた。確信を持っていえる。
主人公改造系ラブコメ。憧れの生徒会長のために陰キャな男子がモデルのみりあにファッションを、小説家のエレナに話し方を教わり、手のひらに願い事を書くと叶うなんていうジンクスを持つ絵馬の手を借りてどんどん成長していく。絶対に売れた。めっちゃ人気になった。出るのが早すぎたんです…




「→ぱすてるぴんく」悠寐ナギ 講談社ラノベ文庫
絶対に売れた。間違いなく売れた。ネット恋愛を扱ったラブコメ。ネット恋愛していた緋色とスモモ。スモモが緋色の学校に転校してきたことをきっかけに二人の恋は画面越しではなくなる。そしてなんといっても元カノ。元カノ概念がヤバい。渚はマジで今でもラノベのベストオブ元カノヒロイン。すごく好きだった。だからラブコメブームが成熟した今なら絶対に売れた。売れてほしかったな…



「幼馴染の山吹さん」道草よもぎ 電撃文庫
正直言うと2巻はそこまで好きじゃないんですけど汗1巻はめっちゃ好きで出る時期さえ違ったら「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」くらい売れてもおかしくなかったなーと思うくらいには面白くて好きだった作品。最近は幼馴染も勝ちますけど、まだ若干幼馴染の勝利が珍しかった時代にど真ん中の幼馴染もの。青春の呪いで徐々に消えていく山吹さんと救うために真っすぐに頑張る喜一郎がすごくよかった。山吹さんすごくかわいかった。売れたな…売れてほしかったな…という作品。



というわけで3作品紹介した。
面白いんですけどどれも2巻で終わっちゃってるんですよね…今読んでも絶対に面白いので未読の方には読んでほしいですね…今回は短いですけどここまで。

突発的に雑談。
タイトルの通り面白さ以外で記憶に残っているラノベの話をする。こういう話になるとどうしてもつまらなかったラノベの話になってしまいがちなので、つまらなかったラノベについては扱わない。ちなみに面白かったラノベについて扱うわけでもないのでそこはお願いします。

まずここ1年で一番記憶に残ったのは「時給12億円のニート参上! 使っても無くならない財布を拾ったけど、お金の使い方が分かりません」という作品だ。おそらくこの記事を読んでいるコアなラノベ読みも「?」という作品だと思う。



この作品の何が印象に残っているのかというと、主人公が異世界ではなく現代日本でいくらでもお金を増やせる財布で大金持ちになるという極めて俗な(というと語弊があるか…)ストーリーだからだ。主人公はいくらでもお金を増やせる財布を拾いドンドンインフレする豪遊を楽しむ。最初はラーメンにトッピングをたくさん乗せるだったのが、キャバクラで豪遊をして、これまで買えなかったような服を買い、お金にものを言わせて様々な美少女を助ける。異世界に行かないで無双という設定は強烈に印象に残っている。

次にラノベで初めてコロナが登場した(と観測範囲内では思っている)「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?7時間目」も印象に残っている。最も作中ではコロナという直接な単語は使われていないが、ある登場人物が流行りの風邪にかかったと描写されている。



もちろんインフルエンザなどの可能性もなくはないが、話の流れ的にコロナだと思われる。
ちなみに最終巻でもある登場人物が風邪にかかるのだがこちらは普通の風だと思う。

単純に衝撃を受けた作品なら「ラン・オーバー」は外せない。イジメに対する復讐という黒い感情を最大限に前面に押し出したストーリーはもちろん、衝撃的なラストは今でも痛烈に印象に残っている。少なくとも○○○をしている作品を、ラノベではこの作品しか知らない。



あとついに直されなかった公式サイトのあらすじの誤字という意味でも記憶に残っている。なおしてあげて…

あと本当に色んな意味で記憶に残っているのは「アルカディア=ガーデン」という作品だ。ラノベ読み歴7、8年の人はタイトルを見て「あっ」と思うはず…



この作品というか、理想郷プロジェクトについては言いたいことが多すぎて言い切れない。それは当時もそうだし、今もそう。でも大成功にはきっとならなかったのかなとか、大成功していたのならというIFストーリーが無限に思いつく。

「電波女と青春男」は初めて読んだラノベのラブコメ作品だった。正確には青春ラブコメか。入間人間さんの作品はみーまーから入ってそのストーリーに魅了されたタイプなので「電波女と青春男」のストーリーがそれとは異なりすぎて衝撃を受けた覚えがある。



入間人間さんの作品は久しく読んでいないが(「やがて君になる 佐伯沙弥香について」は読んだがオリジナルは「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛」以来未読)やっぱり青春のバイブルの一つだなと思い返す。


ラノベか?という疑問符はつくと思うが「プラスティック・メモリーズ ーHeartfelt Thanksー」というアニメプラメモのノベライズもまた強烈に記憶に残っている。

https://bookwalker.jp/de67d6024b-795f-401c-98c2-13541590bb64/?acode=B35nbYPe

元々アニメがすごく好きだった作品で、ノベライズが出ると聞いてそれから何度か延期をしてようやく発売され、そして読んでみるとめちゃくちゃに面白くてノベライズというとこの作品が最高傑作だと今でも揺るがずにいえる。

あとこんな作品いいんだと思ったのが「僕の地味な人生がクズ兄貴のせいでエロコメディになっている。」



クズで絶倫な兄の悪霊がとりつき教え子たちとエロいことしまくるという作品なのだが、妙なリアル感とかクズさとかがすごく印象に残っている。赤月カケヤさんの作品はすごく好きなのでまたこういう系の作品も読みたいなーと思ってしまう。

と7作品を紹介してみた。面白くてもつまらなくても、それとは違うベクトルで印象に残っている作品というのが誰にでもあると思う。そんなお話でした。

↑このページのトップヘ