カテゴリ: 雑談

新年度早々嫌な雑談ですね。と思いつつやります。

今回もダラダラ書くので先にどんなレーベルを扱うのか紹介。あと終わったとタイトルにありますけど、廃刊宣言があったか否かではなくて単純に最近刊行ないよね?というレーベルについても取り扱います。あと個人的な思い出を語るだけです。悪しからず。
・ぽにきゃんBOOKS
・ノベルゼロ
・LINE文庫エッジ

ぽにきゃんBOOKS
第二次ラノベレーベル創刊ラッシュの中盤あたりに生まれたレーベルという認識。当初はオーバーラップ文庫とあんまり差がなかった印象ですけど、今じゃ非KADOKAWA系では3本の指に入るオーバーラップが辿る道を辿れなかったなーという印象のレーベル。「ランス・アンド・マスクス」というアニメ化作品もあったんですけどね…初期はベテランのラノベ作家さんやシナリオライターさんを連れてきていて、途中からなろう路線に変更。コミカライズ作品も多かっただけにここ1年作品の刊行がないのが寂しいですね…
個人的にはかなり好きなレーベルで中期以降の作品は結構読んでますね。「宝石吐きのおんなのこ」をはじめ「キミ、色、トウメイ」「株式上場を目指して代表取締役お兄ちゃんに就任致しました」「救わなきゃダメですか?異世界」「美女と賢者と魔人の剣」「D.backup」「おひとりさまでした。 ~アラサー男は、悪魔娘と飯を食う~」「ノヴァゼムーリャの領主」と好きな作品が思い出と共にどんどん出てきます。個人的には何より「宝石吐きのおんなのこ」が幸せに完結を迎えてくれて嬉しかったです。
終わったラノベレーベル~とか紹介してますけど「救わなきゃダメですか?異世界」はつい先日コミカライズ決定したので、個人的にはまだまだ終わってないレーベルです。紙書籍も電子書籍もまだ買えますしね

ノベルゼロ
どうしてもラノベ読みに散々言われているレーベルという印象が付きまといますが…nさん…個人的には好きなレーベルですし、編集さんの存在を意識しはじめるきっかけにもなったレーベルですね。
超豪華な創刊レーベルラインナップで話題になりこりゃすごいレーベルがきた!と思ったらレーベルのキャッチコピーも相まって…刊行数が少なくなり…はい…
ぽにきゃんBOOKSさんと同様に好きな作品は多いです。「ブックマートの金狼」をはじめ「無法の弁護人」「食せよ我が心と異形は言う」「魔獣調教師ツカイ・J・マクラウドの事件録」「ワールドエネミー」「オカルトギア・オーバードライブ」「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」「酔いどれジラルド」「司書と王女の世界大戦」「死にゆく騎士と、ただしい世界の壊しかた」「滅びゆく世界と、間違えた彼女の救いかた」…どれも面白かったですね…てかノベルゼロの「オカルトギア・オーバードライブ」が初の涼暮さんの作品だったんですよね…ここで運命変わりましたね…
こちらも終わったラノベレーベル~とかいいつつ、ノベルゼロが初出の「もしも高度に発達したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら」がアニメ化していたりするので個人的にはまだ終わってないレーベルですね。ただ帯外すとイラストがさよならだったデザインは今でもよくなかったと思います。

LINE文庫エッジ
二度死ぬLINEは三度死ぬことLINE系レーベル三回目の廃刊レーベル。よくここまでレーベルが長続きできないなと逆に関心してしまいます…
ここ数年だと数少ない文庫系レーベルの創刊&ストレートエッジが手掛けるということでノベルゼロ以上の作家陣は豪華だったんですけど書店でそもそもどこにあるの?状態がLINE文庫と共に続き、一般書店にはたくさん在庫があるのに専門店にはあんまり在庫がないという傾斜配本ってなんだっけ…?状態な印象が強かったです。発行元が日販BPだったと思うんですけどね…
LINE文庫エッジは最近終わったということもありますけど、やっぱり強烈に思い出が残っているんですよね…「魔女の花嫁」が最高というのはいわずもな「デュアル・クリード」「サバゲにGO!」「勇者の君ともう一度ここから。」「ダンジョン・ザ・ステーション」「異世界サバイバル」あたりは好きでしたね…「デュアル・クリード」はやっぱり3巻くらいまでは読みたかったです…
ぶっちゃけ今ではぽにきゃんBOOKSやノベルゼロ以上に書店で見かける機会はないレーベルで、ほんまになんだったんだというレーベルですね…作品が好きなだけにもうちょっとこうさ…

とこんな感じで今日は終わっていきます。最後に各レーベルごとのオススメ作品








雑談。ヘッダー変わってしばらく経ちましたけどどうですか?はちゃめちゃにかわいくないですか?

ということでこれまで読んだ全電撃小説大賞を振り返ります。
まずはこれまで読んできた作品の振り返り。あっ(積)は積んでます…

電撃小説大賞
1回 なし
2回 ブラックロッド(積)
3回 パンツァーポリス(積)
4回 ブギーポップは笑わない
5回 なし
6回 なし
7回 ウィザーズ・ブレイン(積)
8回 なし
9回 キーリ
10回 塩の街(角川文庫版)
11回 なし
12回 狼と香辛料、火目の巫女
13回 ミミズクと夜の王
14回 なし
15回 なし
16回 空の彼方
17回 はたらく魔王様、空をサカナが泳ぐ頃
18回 エスケヱプ・スピヰド、侵略教師星人ユーマ、ミニッツ
19回 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。(積)、塔京ソウルウィザーズ(積)、失恋探偵ももせ、エーコと【トオル】と部活の時間。
20回 ゼロから始める魔法の書、水木しげ子さんと結ばれました
21回 ひとつ海のパラスアテナ、マンガの神様、いでおろーぐ(積)
22回 ただ、それだけでよかったんです、俺を好きなのはお前だけかよ、血翼王亡命譚
23回 86-エイティシックス-、賭博師は祈らない、オリンポスの郵便ポスト
24回 タタの魔法使い、Hello,Hello and Hello、世界の果てのランダム・ウォーカー、錆喰いビスコ
25回 つるぎのかなた、リベリオ・マキナ、マッド・バレット・アンダーグラウンド
26回 声優ラジオのウラオモテ、豚のレバーは加熱しろ、少女願うに、この世界は壊すべき、こわれたせかいの むこうがわ、オーバーライト
27回 ユア・フォルマ、インフルエンス・インシデント(積)

積み:7作品
読了:35作品


初期作品はあんまり読んでなくて、ここ数年は電撃文庫から出た作品は大体読んでます。逆にMW文庫の作品はあんまり読まなくなっちゃいましたねー。

ちなみに初めて電撃小説大賞の作品を読んだのは「空をサカナが泳ぐ頃」です。今や人気作家の浅葉なつさんのデビュー作ですね。当時中学一年生で朝読書に読む本を探しに書店に行った際にあらすじに惹かれて手に取りました。まだビブリオのヒット前のMW文庫ということでレーベル自体の知名度も低かったですね…ライト文芸とかキャラ文芸という言葉もなかったはず…その次は「エーコと【トオル】と部活の時間。」だったか「キーリ」だったか…「キーリは」高校時代に古本屋で買って読みました。当時はお金がなくて、でも書店で買わなくちゃ作者のためにならないことは知っていたので「じゃあもう本屋に売ってないくらい古い作品を中古で買うならいいだろう」ということでかなり古いラノベばっかり読んでましたね。ご存知の方はご存知の通り、このブログのタイトルの元にするくらい大好きな作品です。

「エーコと【トオル】と部活の時間。」は…汗

閑話休題。

電撃小説大賞受賞作の中で一番好きなのはもちろん「キーリ」なんですけど、「キーリ」以外で1作品選ぶのなら「血翼王亡命譚」ですね。この作品の最終巻のあらすじだけは一生忘れない自信があるくらい感情をぐっしゃぐしゃにさせていただきました。新八角さんの作品は、文章は、なんでこんなに心をつかむんですかね…

電撃小説大賞を受賞した作家さんの中で一番好きな作家さんは岬鷺宮さん。「失恋探偵ももせ」は僕の青春でしたし、今でも「失恋探偵ももせ」で出てきた登場人物たちを作品に出してくれるありがたさといったらないですよ。九十九や百瀬の人生をこんなに眺めることができるなんて本当に幸せです。岬鷺宮さんの作品に高校時代出会うことができたのは誰に自慢するわけではないですけど自慢です。

こうやって振り返ってみると本当にすごい作品ばっかりですよね。ジャンルも様々。ファンタジーにSFにラブコメに青春にホラー。アングラな作品からキラキラな作品まで。毎年2月から5月あたりまではこうして様々な作品を楽しませていただいています。まぁ個人的に合わない作品もあるんですけど…

ということでざっくり振り返ってみました。電撃小説大賞受賞作はラノベ好きな方なら少なからず読んだことあると思うんですけど、「キーリ」「血翼王亡命譚」「失恋探偵ももせ」は個人的にすごくオススメなのでぜひぜひ!特に「血翼王亡命譚」はぜひ3巻まで読んでください!

一昨日「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の最終巻を読んだ。大学生の頃から3年弱?くらい愛読していたシリーズなのでなんだか無性に寂しい。高校生の頃に始まったライトノベルのシリーズはほとんど終わっているし、大学生の頃に始まったシリーズも結構終わってきている。社会人2年目の終わりがなんだか無性に寂しい。

と、ノスタルジーに浸るのも束の間。ラノベの最終巻ってどれだけ読んできた?と振り返ってみるとそんなに読んでいない。打ち切りじゃないちゃんとした、幸せな結末を迎えたシリーズの最終巻だ。記憶とブログの記録にある限りだと4巻以上で完結した作品できちんとした最終巻を読んだのは

「巡る結魂者」
「アルティメット・アンチヒーロー」
「イレギュラーズ・リベリオン」
「叛逆のドレットノート」
「マンガの神様」
「激突のヘクセンナハト」
「魔術学園領域の拳王」
「賭博師は祈らない」
「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」
「編集長殺し」
「宝石吐きのおんなのこ」
「妹さえいればいい。」
「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」

とこれくらいしかない。たった13シリーズ。これまでこのブログで紹介してきた新作ラノベは約770冊。もちろん積んでいて最終巻を読めていないシリーズもあるが、それだってきっと5作品はない。このブログは6年半やっているが、打ち切りじゃない最終巻にたどり着けたのは770分の20作品にも満たない。

いや、もちろん1巻完結の作品や3巻以下で打ち切りではない完結を迎えた作品、ノベライズもあるのでイコールではない。それにまだ続いているシリーズもたくさんある。でも仮に、わかりやすいように、この6年半読んできた新作ラノベが700冊、打ち切りにならずに最終巻を迎えた作品が20冊と計算しても手にした新作ラノベの0.02%しか打ち切りを逃れて完結できてない

僕はラノベの打ち切りが嫌で嫌で新作ラノベばっかり買ってはブログでごりごり感想を書いて紹介してきた。でも99.8%が打ち切られたり理想の最終巻を迎えられなかったりしているのだ。

0.02%なんてもはや奇跡に近い確率だ。どんなソシャゲでも1%の確率でSSR出るのにそれ以下?

でもやっぱりラノベは好きだし、新作ラノベはとことん応援したいのでラノベは買います。特に新作ラノベは発売から1週間以内に紙で買うよ。本当に好きだし。

最後にこれは打ち切られてほしくないなーというライトノベル

雑談。エビデンスなし。感情論でぶちかます。

またごちゃっとするので先に結論。
タイトルの通りだけど「作品のことが好きでも作者のことが好きとは限らないし、作者のことが好きでも作品のことが好きとは限らない。でも作品が嫌いでも作家さんの人格を否定しているわけではないし、作家さんが嫌いでもそれはSNSを通して知るそのペルソナが嫌いなだけ。人格否定はしないし近づかないだけ
それじゃはじめましょ。

あっ、言葉の定義はこんなん。
ペルソナ:作家さんがSNSで見せるキャラクター
人格:その人そのもの。リアル人格

最近特に感じるのがタイトルの通り。作品のことが好きでも作者のことが好きとは限らないし、作者のことが好きでも作品のことが好きとは限らない。もっと言うのなら「作品も作者も好きになることがあれば、作者も作品も好きにならないことはある」要は4パターンなのだ。

さて、今回この話題を出そうと思ったきっかけはラノベ界隈でも賛否がわかれる某青い文庫の青春ラブコメアニメが始まったからだ。この作品の面白いところは観測範囲では「作品は好きだし作者も好き」「作品は好きだけど作者は嫌い」「作品は嫌いだし作者も嫌い」という3パターンが存在する(残念ながら「作品は嫌いだけど作者は好き」という方はお見かけしたことはない)。

確かにこの作品はその人気(100万部突破)もさることながら「作者がSNSを活用し積極的に前に出る」活動をしている。よって作家というペルソナにリアル人間性が非常に高いのだと思う。商業的な側面で見ると「作家は出版社に頼りすぎず自分で自作を宣伝すべし」という風潮にマッチしているし、その代償として嫌われていると思える。まぁこの作家さんはイケメンだし、顔を見てる分には悪くない。男も女もジェンダー的なものはおいといて美形を見るのはいいことだと思う。言動も僕個人としては面白いと思う。下手に人を傷つけることはしないし、徳的なものは高いと思う。

閑話休題。

まぁラノベ読むのはオタクだからキラキラ感に嫉妬してるんでしょ?とかそういう意見があるのわかるし、もしかしたらそうかもしれないから否定はしない。でも結局嫌っている人の根っこのところは「計算高さ」みたいなところでは?ちゃう?ちなみに僕は「作品は好きだし作者のことも好き」です。本気で惚れた作品だから周りの意見になんて流されてあげない。

と、この話題の典型パターンみたいなものを出したところで「作品は嫌いだけど作者は好き」のパターンはサムネの作者ではないだろうか。少なくとも観測範囲ではそういった人は相当多いように思える。実際僕もこのパターンで、作品は申し訳ないがそこまで好きではない(オブラート)(1巻の時は絶賛してたけど魔法が解けたよ)。正直この作者さんのツイートにはこのラノベブロガーという活動をしていく中で相当救われたし、作者のペルソナも相当好きだ。最近もこのツイートには相当救われた。作家さんがみんなこういうスタンスだったらいいのに、とは言わないが「作品は我が子!攻撃する者は断罪する!」みたいな作者よりは数がいてほしーなとは思う。

さて僕の中で「作品も作者も嫌い」というのはもちろん存在する。存在してしまう。でもそれはあくまで作品と作者のペルソナが嫌いなのだ。もしかしたら作者は現実ですごくいい人なのかもしれないし、すごく面白い人なのかもしれない。TwitterなんてSNSでそんなことわかるわけないからペルソナが嫌いという表現にしてる。

例えば、Twitterでフォローさせていただている方の中にはリアルでお会いしたことある人もいて(作家さんではない)すごく腰が低くて紳士な方でも、Twitterだと「うん?」と思うかたはいる。その方は間違いなくペルソナが嫌いなのだが、だからと言ってその人が嫌いになるわけではない。でももちろん作者に限ってしまうと、Twitterで見える姿が現状ほぼ全てなのでそっとミュートすることもある。嫌いなものには近づきたくないからね。

そんなわけで今回の雑談はおしまい。ペルソナなんて言葉使ってしゃらくせぇなと思った人は多いと思うし、僕もしゃらくせぇなとは思ってるけどいい言葉なくない?なんかある?

ちなみに作品も作者も嫌いは特にネットで公開するつもりはないので、どうしても知りたい僕を知ってる人はオフで聞いてください。会うかは知らない。

最後に作品も作者も好きなオススメ作品。

毎年20作とかラノベの新人賞受賞作を読む。
大当たりもあれば、もちろん大外れもある。最近はあんまり大外れはないけど。

そんなこれまで読んできた新人賞受賞作の中でとりわけ印象に残っている作品がある。飛田雲之さんの「《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!」だ



この作品が面白いかどうかいったん置いておく。そんなことを話題にしたいのではない。この作家さんが徹底的に計算を尽くしてこの作品を世に送り出し、そして2作品目を出すことなく今日まで沈黙を続けていることだ。とにかく今日はこの作品を、この作家さんのことを知ってほしくてこの記事を書く。

「《このラブコメがすごい!!》堂々の三位!」はありとあらゆる計算が緻密に詰め来られた作品である。リーダビリティの高いタイトルはラノベ読みなら思わず「おっ」とか「おいおいw」となるに違いない。そんなタイトルから始まるのはいまは完全にあったことすら忘れ去られたライトノベル系のまとめサイトの管理人を主人公にしたラブコメだ。あらすじはこんな感じ

「面白い=売れる」なんて幻想だ――。

大手ライトノベル系まとめサイト「ラノベのラ猫」の管理人をしている高校生、姫宮新。
彼はとある記事作りをきっかけに、最近行われたネット小説賞《このラブコメがすごい!!》で三位に輝いた小説の作者が意中の少女、クラスメートの京月陽文であると知ってしまう。
彼女の投稿作品は厳密な意味でのラブコメではなかったが、ネット民の悪ふざけで炎上気味に盛り上がり、三位に押し上げられてしまったのだった。
そして、その悪ふざけを煽った張本人は「ラ猫」管理人の新。
だが、それを知った陽文は怒るワケでもなく、こう言った。
「わたしにラブコメの書き方を教えてほしいの」
新は陽文にドギマギしながらも、自分の考える「売れるライトノベル」の条件を示し、陽文が次の《このラブ》に向けて小説を書くのを手伝うことになる。
陽文が書いて、新がまとめサイトで宣伝する。
そうすれば、話題作になること間違いなし、と。ついでに陽文との距離も縮まれば言うこと無し。
だが、青春&恋愛偏差値ゼロの新は、陽文と距離が近づくほどに自分は陽文にはふさわしくないと思うようになってしまい……?
まとめサイト管理人と作家志望の少女が紡ぐ青春サクセスラブコメ!

このあらすじだけでいくつものツッコミどころをネット民は、ラノベ読みは見つけられるだろう。「ネット民の悪ふざけでランキング上位にされてしまった作品」「2018年当時でも完全に廃れたラノベまとめサイト」「売れるライトノベルの条件」…ラノベが好きなら、ラノベブロガーなら反応してしまう要素がこれでもか!と散りばめられている。

ストーリーはある意味王道。クリエイター×ラブコメという今の流行の先取り。これもすごい。しかしなによりもすごいのは作品全体に無駄が一切ないことだ。文章ひとつ、単語ひとつ、助詞ひとつとっても無駄なく洗練された文章。

その文章が、ラノベの感想を書く身としては狂おしいほど求めていたセリフを生み出す。

「(前略)作品を否定しても、君自身を否定しているわけじゃない」132p

「(前略)俺たちは所詮、外野だよ。ちょっと他のやつらよりも声がでかくて、影響力を持っているだけの外野だ。」223p

前者はライトノベル作家のヒロイン陽文に向けて主人公の新が放った言葉だ。
そうだ。少なくとも僕は作品を否定することはあっても作家さんを否定しているわけじゃない。これを作家さんが物語の中で言ってくれることがどれだけ救いか…
後者はまさに「そうだよな」とうなずいてしまうセリフ。いや、僕は声はちっともデカくないんですけど、ラノベの感想やラノベを話題にする僕らはどこまで言っても外野で作家さん側、クリエイター側には絶対になれないんですよ。作家さんとTwitterでいくら距離が縮まっても、しょせん読者は感想を言うやつらは外野なんですよ。

ということを当時Twitterで散々わめいたw

そしてこの「最高に話題性を秘めた作品」の唯一の誤算は「ラノベ読みたちがたいして話題にしなかったこと」だ。話題になれば売れてた。話題にする要素を存分に取り入れていた。誰が読んでも60点にはなる万人受けのストーリー。個人的には面白くて、すごく手のひらで踊らされてすごく楽しかった作品。本当に惜しくて惜しくてたまらない作品だ。

飛田雲之さんという超計算型作家(個人的に)の2作目が早く読みたい。


ちなみに僕の感想はこれ

↑このページのトップヘ