カテゴリ: 一般文芸・キャラ文芸・ライト文芸

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは岩倉文也さんの

透明だった最後の日々へ 

です!
img_9784065303139_1
小学六年生の頃の震災の記憶と初恋のに囚われる詩人のリョウ、エキセントリックで薬がないとダメなミズハ、美少年だがミズハを崇拝してやまないことが玉に瑕なナツト。それぞれ自分自身に何か問題を抱えながら3人は日々怠惰にどこか退廃的に暮らしていた。しかしそんな日々も長くは続かなかった…

岩倉文也さんの作品。個人的に初挑戦の作家さんですね。小説だけではなく詩も手がけられているようです。どこか退廃的で閉鎖的な三人の関係と詩的な文章が印象的な作品でした。面白かったです。

物語はどこか断片的に、しかし連続性を持って進んでいきます。震災の記憶と初恋に囚われ続けるリョウと薬がなければ生きていけない中性的な女性のミズハ。そんなミズハを崇拝しているナツト。三人の関係は側から見ていると今にも破綻しそうな危うさがありますが、そんな関係性に強く惹きつけられます。

そんな彼らを描く文章もすごくよかったですね。詩的、といってしまえばそれまでなんですけど句点と読点のリズム感であったり時折挟まれる秀逸な比喩表現だったり登場人物のセリフだったり…物語を構成する何気ない文章の一つ一つの引力がものすごいです。

リョウ、ミズハ、ナツトがそれぞれ抱える問題もよかったですね。日々ただ生きるだけでもそれに向き合わなければならなくて、お互いにそれを解決する術が明確にあるわけではなくて、ただそこにあってどうしようもない感じがすごくよかったです。

そんな三人の生活は永遠には続きません。ナツトが、ミズハが関係を変えようとしてリョウも自分の問題に向き合わされて…そうして迎えたラストが最後の1シーンがとても印象的でした。

220pちょっとかつ星海社FICTIONSの作品にしては文字が大きく1ページあたりの行も少ないのでサクッと読めてしまうのですがすごく印象的な作品でした。岩倉文也さんの作品は機会があればまた読んでみたいです。


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

透明だった最後の日々へ 



著者

岩倉文也



レーベル

星海那FICTIONS


ISBN

978-4-06-530313-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは柴田勝家さんの

走馬灯のセトリは考えておいて

です!
img_9784150315375_1
柴田勝家さんの短編集。ずっと読もうとは思っていたのですが柴田勝家さんの作品は本作で初挑戦となります。バーチャル、信仰、生と死を扱った短編が合計で6作品収められた読み応え抜群の短編集でした。以下各作品の感想です。

オンライン福男
いわゆるアフターコロナSF。新年に行われる福男を決める神社の境内を走る行事。あれがコロナ禍をきっかけにバーチャル空間で開催されることになったということを(多少言葉は悪いかもしれないですが)Wikipedia風に描いた作品。バーチャル空間でいかに早く本殿に辿り着くことができるのかを本気で考える参加者たちのいい意味での馬鹿馬鹿しさがすごく尊い。コミカルな文体も相まってこの短編集の最初に読めて嬉しい作品でした

クランツマンの秘仏
信仰が質量を持つことの証明に全生涯を捧げたあるひとりの東洋美術学者をめぐるお話。論文長で書かれるのでやや硬さはありますが、それは決して読みづらさに繋がるわけではなくこの作品で描かれる<信仰>がより神秘的なものになっています。日本の某所にある秘仏、いわゆる絶対非公開の仏像に対する憧れと信仰は重さを持つという不思議さにのめり込みました。

絶滅の作法
あらゆる生物が絶滅した地球で異星人が地球人のフリをして生きるというスローライフもの。何気なく見える日常の異物感であったりおかしさがのんびりと流れる時間の中で描かれるのが特徴でおれまた独特な読み味があります。お寿司を作ろうと考えるまでの発想や「じゃあお米から育てよう」と考える主人公・佐藤たちの生き様が楽しかったです。

火星環境下における宗教性原虫の適応と分布
宗教があたかも原虫のように広がったら?というような発想がインパクト抜群なお話。こちらも論文長ではあるのですが読みづらさはなく、宗教が広まる過程の神秘性が補強されています。スルメ的な面白さというか、読むほどに「なんだかよくわからないけど面白い」と感じられる作品でした。

姫日記
著者の自伝的?私小説的?作品。日本史に疎いこともあり楽しみ方が不十分だった気がします。とはいえバグだらけの織田信長の野望のようなゲームを攻略するというコミカルなお話で最後の一文にはくすっとさせられました。

走馬灯のセトリは考えておいて
表題作。かつてバーチャルアイドルだった・柚崎碧のライフログ(死後に自らの分身を残す技術)を作ることになった小清水イノル。柚崎碧は自身が亡くなったあとにかつてバーチャルアイドルだった自分でラストライブをしてほしいと依頼してきて…というお話。Vtuber文化から50年経った未来で柚崎碧が黄昏キエラという自身の分身たる存在にこめた想いが明かされていく過程が素晴らしい。短編ながら著者のVtuberやバーチャルに対する造詣深い描写も感じられ、Vtuber黎明期にVtuberにどっぷり使っていた身としてはとても楽しく読ませていただきました。ラストライブのシーンもすごくいい。とても印象的な作品でした

また作品外にはなりますが解説を担当されている届木ウカさんの文章もすごく良いので本編を読まれた際はぜひこちらも。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

走馬灯のセトリは考えておいて



著者

柴田勝家



レーベル

ハヤカワ文庫JA


ISBN

978-4-15-031537-5

表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは神戸遥真さんの

本日は、離婚日和です。

です!
IMG_8073

憧れのウェディングプランナーとして働くも担当したカップルが次々と離婚してしまい職を失った別居鳴美。そんな彼女は友人の離婚式をきっかけに離婚式のプランニング事務所で働くことになる。美形だがどこか掴み所のない所長・桐山と共に離婚式を取り仕切ることに。離婚する様々な夫婦に出会い人生の再スタートに立ち会う鳴美は心を動かされていく…

神戸遥真さんの作品。発売日近くに買っていたのにすっかり読むのが遅くなってしまいました…離婚日和という一瞬ギョッとする単語が入った作品ですが離婚する夫婦の再スタートの背中を押してあげる。温かくて人情味の溢れる作品でした。面白かったです。

ウェディングプランナーとして働くも担当したカップルが立て続けに離婚し新婚クラッシャーとまで呼ばれた鳴美。職を失った彼女の元に届いたのは友人からの離婚式の招待…という感じで物語はスタートします。離婚式なんて本当にあるのか?と調べてみたら実際にあるようで、さらにあとがきを拝見させていただくと実際に離婚式プランナーの方にインタビューされているようで…離婚式に関する書籍も参考文献として載せられていてまだまだ知らない世界はあるのだなと驚きました。

友人の離婚式に納得がいかない成美は離婚式プランナーの桐山に突撃しにいきます。この突撃力は彼女の良さでもあり弱点でもありますね。桐山に説得?された鳴美は友人の離婚式で裂人(仲人の対義語)をすることになり、離婚式を経験したことで離婚式に対する考えが変わります。そして元ウェディングプランナーという経歴を活かし桐山の事務所で働くことになります。

離婚をプランニングするというこれまでとは真逆の仕事に最初は戸惑うもののしっかり依頼者と向き合い、時に熱く離婚式に取り組む鳴美は見ていて思わず応援したくなりました。離婚をすると言っても様々な事情を抱えた夫婦に対して心から寄り添う鳴美姿は本当にこの仕事に向いているのだなと感じました。猪突猛進っぷりが時に仇となることもありましたがそれもまた彼女の良さでしたね。

終盤では桐山の持つ問題にしっかりと向き合い、彼の背中もしっかり押してあげる鳴美はとても素敵でした。桐山もただかっこいい上司なのではなくこうして悩んだり弱いところもあると知るとどこか愛おしいですね。

離婚式をテーマにした人情味溢れる素敵な作品として最後までとても楽しく読ませていただきました。実はいくつか積んでいる神戸遥真さんの作品もあるのでこれからも少しずつ読んでいきたいですね。もちろんこれから発表発表される作品も楽しみです。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

本日は、離婚日和です。



著者

神戸遥真



レーベル

メディアワークス文庫


ISBN

978-4-04-914467-3

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは凪良ゆうさんの

「汝、星のごとく」

です!
IMG_7940


風光明媚な瀬戸内海の島で生まれ育った暁海。彼女は父親の浮気で崩壊していく家庭内と日に日に荒れていく母親、そして噂が絶えない島内の生活に辟易としていた。そんなある日、京都から櫂という少年が転校してくる。彼もまた家庭に問題を抱えており、父親はおらず男を追いかけてきた自由奔放な母親と共に島にやってきていた。暁海と櫂は似たような家庭の事情から意気投合し恋仲となるが、漫画家を目指していた櫂が連載を獲得し東京へ向かったことで徐々に歯車が狂い始める…

凪良ゆうさんの最新作。もういわずもがな近年本屋大賞を受賞されたりと活躍されている作家さんです。実はこの作品が凪良さん作品初挑戦。似たような背景を持つ暁海と櫂の恋と成長と不自由さを描いた傑作でした。面白かったです。

物語の舞台は瀬戸内海に浮かぶ小さな島。噂話が最高のエンタメという狭い世界で生まれ育った暁海は父親の浮気のせいで日々崩壊していく過程と浮気した旦那の家の子という噂に常に晒されながらいきています。そんな彼女は京都からやってきた櫂と出会います。櫂もまた家庭内に問題を抱えており、男をおっかけてきて島までやってきた母親のスナック経営を手伝いながら生きています。

そんな2人が惹かれ合うのは必然で、2人は恋人同士に。しかし甘い青春を溶かすような日々は永遠には続きません。暁海の家庭の問題が爆発し、さらには原作者として漫画家を目指していた櫂の連載が決まったことで2人は離れ離れになります。暁海は島に残って母親の世話をしながら働き、櫂は東京に状況して作画担当と編集者と一緒に必死で漫画を作り上げていきます。

時々、櫂のいる東京に足を運ぶもすれ違っていく2人。暁海は父親の浮気のショックから立ち直れない母親を献身的に世話をしながら男尊女卑が著しい島で生きていく。一方の櫂は漫画が売れたことで生活がどんどん派手になっていき、浮気は当たり前で酒と金に溺れていきます。

そんな櫂についに愛想を尽かした暁海は島で奮闘していきます。仕事を続けながらも憧れていた刺繍を仕事としてできるまでに成長し、その一方で家事をこなし母親の面倒を見る。1人で生きていくという強い信念が心に刺さります。

一方の櫂は暁海と別れてからは転落する一方。漫画がうまくいかなくなり、私生活も荒れ周りからどんどん人がいなくなっていく…彼の行いを考えれば因果応報だと思う一方で、高校時代あれだけ輝いていた彼が落ちていく様子は見ていられませんでした。

そんな壮絶なすれ違いの果てに、物語の終盤で再び一緒に歩むことになった暁海と櫂。ラストは本当に震えましたし、この2人だからこそ紡げた物語に心の底から感動しました。

なんでもっと早く凪良さんの作品を読まなかったんだという強い後悔と、この素晴らしい作品が僕にとっての凪良さん初作品になる喜びで満たされています。本当に最高の作品でした。文章もすごく読みやすくてオススメです。気になった方は。


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

汝、星のごとく



著者

凪良ゆう



レーベル

講談社


ISBN

978-4-06-528149-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは南木義隆さんの

蝶と帝国

です!
IMG_7894
孤児として血のつながらない祖父と祖母に育てられた少女キーラ。彼女は数奇な運命の末に帝政ロシアの貴族の一人娘エレナ一家の従者となる。キーラには思いを寄せる女性がいたが、彼女には夫がおりキーラの想いが届くことはなかった。そんな日々の中でキーラは主人と従者という枠を超えエレナと体を重ねていく。永遠に続くかと思われた2人の関係はエレナの祖母の死とユダヤ人の迫害をきっかけに変わっていく。モスクワで料理人として成功していくキーラ。貴族の娘として、またバレリーナとして成功を収めていくエレナ。革命の時代に2人はすれ違っていく…

南木義隆さんの作品。pixiv百合文芸コンテストを受賞し、デビュー作の短編はハヤカワから発売されている「アステリズムに花束を」に収録されています。そちらは未読ですので、今作が初挑戦になります。

一言で言うと帝政ロシア×百合×料理ものという作品ですが、帝政ロシアからソビエトへと変わっていくロシアを舞台に1人の少女が主人を愛し、想い人に恋をし、過酷な運命に流されながらも強く生きていく素晴らしい作品でした。面白かったです。

本作は三部構成となっています。エレナと共にまだ穏やかなロシアで平穏な少女時代を過ごす第一部。エレナと別れモスクワで料理人として名を馳せ1人の女性として逞しく生きていく第二部。そして革命が起きロシアからソビエトへと変わっていく激動の時代からラストを描く第三部。どの章も圧倒的でした。

第一部では孤児として拾われ、エレナの家で従者として働き今は独り立ちしている少女時代のキーラが描かれます。オデーサの地で怠惰な料理人として働き、友達と笑い合い、孤児とふれあい、想い人に恋心を募らせ、そして主人と従者の関係であるエレナと酒を酌み交わし体を重ねる…瑞々しくあまりにも美しすぎるこの光景は物語の最後にたどり着くと愛おしくてたまらなくなります。

しかしそんな平穏な日々はいつまでも続きません。オデーサの地で名を馳せたエレナの祖母の死、帝国によるある事件をきっかけとした苛烈なユダヤ人弾圧…死と暴力が永遠と思われたキーラとエレナを離れ離れに仕向けます。そして少女から大人になっていくキーラはモスクワの地で料理人として名を馳せる第二部が始まります。

エレナの家や料理の師匠であるヘンダーソンのおかげで料理の腕に自信があったキーラは紆余曲折を経て自分の店を持ち、それは彼女の心の隙間を埋めるように拡大を続けいつしかキーラはモスクワで一財を成した実業家になります。しかし成功と引き換えにキーラは徐々に精神を病んでいきます。この頃のキーラの空っぽさは胸が痛いです。

そして時代は革命へ。ロシアはなくなり労働者のための国ができ、キーラは時代と運命に翻弄されながら生きていきます。大切だったものを失い、迷い、復讐n走り、時に傷つきながらそれでも忘れられないもののために歩みを止めないキーラは獣のような美しさがあります。

ラストも文句なし。久しぶりに物語とはこういうものだという感覚を味わえる作品でした。圧倒的面白さ。やや過激な描写もありますが、この読後感を味わえるのはこの作品だけです。オススメです。
それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

蝶と帝国



著者

南木義隆



レーベル

河出書房新社

ISBN

978-4-309-03051-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より

↑このページのトップヘ