カテゴリ: 一般文芸・キャラ文芸・ライト文芸

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは凪良ゆうさんの

「汝、星のごとく」

です!
IMG_7940


風光明媚な瀬戸内海の島で生まれ育った暁海。彼女は父親の浮気で崩壊していく家庭内と日に日に荒れていく母親、そして噂が絶えない島内の生活に辟易としていた。そんなある日、京都から櫂という少年が転校してくる。彼もまた家庭に問題を抱えており、父親はおらず男を追いかけてきた自由奔放な母親と共に島にやってきていた。暁海と櫂は似たような家庭の事情から意気投合し恋仲となるが、漫画家を目指していた櫂が連載を獲得し東京へ向かったことで徐々に歯車が狂い始める…

凪良ゆうさんの最新作。もういわずもがな近年本屋大賞を受賞されたりと活躍されている作家さんです。実はこの作品が凪良さん作品初挑戦。似たような背景を持つ暁海と櫂の恋と成長と不自由さを描いた傑作でした。面白かったです。

物語の舞台は瀬戸内海に浮かぶ小さな島。噂話が最高のエンタメという狭い世界で生まれ育った暁海は父親の浮気のせいで日々崩壊していく過程と浮気した旦那の家の子という噂に常に晒されながらいきています。そんな彼女は京都からやってきた櫂と出会います。櫂もまた家庭内に問題を抱えており、男をおっかけてきて島までやってきた母親のスナック経営を手伝いながら生きています。

そんな2人が惹かれ合うのは必然で、2人は恋人同士に。しかし甘い青春を溶かすような日々は永遠には続きません。暁海の家庭の問題が爆発し、さらには原作者として漫画家を目指していた櫂の連載が決まったことで2人は離れ離れになります。暁海は島に残って母親の世話をしながら働き、櫂は東京に状況して作画担当と編集者と一緒に必死で漫画を作り上げていきます。

時々、櫂のいる東京に足を運ぶもすれ違っていく2人。暁海は父親の浮気のショックから立ち直れない母親を献身的に世話をしながら男尊女卑が著しい島で生きていく。一方の櫂は漫画が売れたことで生活がどんどん派手になっていき、浮気は当たり前で酒と金に溺れていきます。

そんな櫂についに愛想を尽かした暁海は島で奮闘していきます。仕事を続けながらも憧れていた刺繍を仕事としてできるまでに成長し、その一方で家事をこなし母親の面倒を見る。1人で生きていくという強い信念が心に刺さります。

一方の櫂は暁海と別れてからは転落する一方。漫画がうまくいかなくなり、私生活も荒れ周りからどんどん人がいなくなっていく…彼の行いを考えれば因果応報だと思う一方で、高校時代あれだけ輝いていた彼が落ちていく様子は見ていられませんでした。

そんな壮絶なすれ違いの果てに、物語の終盤で再び一緒に歩むことになった暁海と櫂。ラストは本当に震えましたし、この2人だからこそ紡げた物語に心の底から感動しました。

なんでもっと早く凪良さんの作品を読まなかったんだという強い後悔と、この素晴らしい作品が僕にとっての凪良さん初作品になる喜びで満たされています。本当に最高の作品でした。文章もすごく読みやすくてオススメです。気になった方は。


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

汝、星のごとく



著者

凪良ゆう



レーベル

講談社


ISBN

978-4-06-528149-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは南木義隆さんの

蝶と帝国

です!
IMG_7894
孤児として血のつながらない祖父と祖母に育てられた少女キーラ。彼女は数奇な運命の末に帝政ロシアの貴族の一人娘エレナ一家の従者となる。キーラには思いを寄せる女性がいたが、彼女には夫がおりキーラの想いが届くことはなかった。そんな日々の中でキーラは主人と従者という枠を超えエレナと体を重ねていく。永遠に続くかと思われた2人の関係はエレナの祖母の死とユダヤ人の迫害をきっかけに変わっていく。モスクワで料理人として成功していくキーラ。貴族の娘として、またバレリーナとして成功を収めていくエレナ。革命の時代に2人はすれ違っていく…

南木義隆さんの作品。pixiv百合文芸コンテストを受賞し、デビュー作の短編はハヤカワから発売されている「アステリズムに花束を」に収録されています。そちらは未読ですので、今作が初挑戦になります。

一言で言うと帝政ロシア×百合×料理ものという作品ですが、帝政ロシアからソビエトへと変わっていくロシアを舞台に1人の少女が主人を愛し、想い人に恋をし、過酷な運命に流されながらも強く生きていく素晴らしい作品でした。面白かったです。

本作は三部構成となっています。エレナと共にまだ穏やかなロシアで平穏な少女時代を過ごす第一部。エレナと別れモスクワで料理人として名を馳せ1人の女性として逞しく生きていく第二部。そして革命が起きロシアからソビエトへと変わっていく激動の時代からラストを描く第三部。どの章も圧倒的でした。

第一部では孤児として拾われ、エレナの家で従者として働き今は独り立ちしている少女時代のキーラが描かれます。オデーサの地で怠惰な料理人として働き、友達と笑い合い、孤児とふれあい、想い人に恋心を募らせ、そして主人と従者の関係であるエレナと酒を酌み交わし体を重ねる…瑞々しくあまりにも美しすぎるこの光景は物語の最後にたどり着くと愛おしくてたまらなくなります。

しかしそんな平穏な日々はいつまでも続きません。オデーサの地で名を馳せたエレナの祖母の死、帝国によるある事件をきっかけとした苛烈なユダヤ人弾圧…死と暴力が永遠と思われたキーラとエレナを離れ離れに仕向けます。そして少女から大人になっていくキーラはモスクワの地で料理人として名を馳せる第二部が始まります。

エレナの家や料理の師匠であるヘンダーソンのおかげで料理の腕に自信があったキーラは紆余曲折を経て自分の店を持ち、それは彼女の心の隙間を埋めるように拡大を続けいつしかキーラはモスクワで一財を成した実業家になります。しかし成功と引き換えにキーラは徐々に精神を病んでいきます。この頃のキーラの空っぽさは胸が痛いです。

そして時代は革命へ。ロシアはなくなり労働者のための国ができ、キーラは時代と運命に翻弄されながら生きていきます。大切だったものを失い、迷い、復讐n走り、時に傷つきながらそれでも忘れられないもののために歩みを止めないキーラは獣のような美しさがあります。

ラストも文句なし。久しぶりに物語とはこういうものだという感覚を味わえる作品でした。圧倒的面白さ。やや過激な描写もありますが、この読後感を味わえるのはこの作品だけです。オススメです。
それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

蝶と帝国



著者

南木義隆



レーベル

河出書房新社

ISBN

978-4-309-03051-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは作者さんの

笹森くんのスカート

です!
IMG_7839
ジェンダーフリーの制服が導入された高校。そんな高校に通う笹森くんは、夏休み明けのスカートを履いて登校してくる。最初は戸惑っていた周囲の生徒たちだが笹森くんのさっぱりとした性格もあり次第にそれを受け入れていた。しかしそれに思うところがある生徒もいて…文化祭が近づくなか笹森くんを中心に5人の少年少女たちの物語が始まる…

神戸遥真さんの新作。ジャンルとしては児童書というよりYAで良いのでしょうか?夏休み明けに突然スカートを履いてきた笹森くんを中心とした青春群像劇。200pちょっとの短い物語ながらこの作品は一生忘れない。5年、10年と推せる作品だなと思いました。素晴らしい青春ものでした。

物語は連作短編形式で進んでいきます。各話ごとに笹森くんと同じクラスに所属する少年少女たち、そして笹森くんの視点で物語は進んでいきます。各話に明確なつながりがあるわけではありませんが、夏休み明けにスカートを履いてきた笹森くんが各話の中心にいて彼と関わりながら時には思うところもありながらお話が描かれます。

他の人より汗っかきなことがコンプレックスな篠原智也、他の子とはちょっと違った家庭環境を持つ西原文乃、ぽっちゃり体型がコンプレックスな恋多き乙女の細野未羽、かわいいが故に過去にトラブルを経験しその容姿をごまかすようになった遠山一花、そして突然スカートを履いてきた笹森くん…それぞれ何か抱えていて、それを自分1人では簡単に飲み込めなくて、でも誰かと話したり他の人のことを知ることで受け入れたり落とし所を見つけたりする。そんな過程がすごく青春でいいなと思います。

またそれぞれの登場人物から見る景色は同じものを見ていてもまったく違うというのもよかったですね。例えば篠原くんから見たクラス委員の倉内さんは特別な女の子でキラキラいているのに、西原さんや遠山さんから見るとまるで違う女の子に見えたり…それぞれの登場人物の主観で同じ人を見ているのに印象が全然違うというのが思春期の少年少女らしさを感じる部分でもありました。

最終話で描かれる笹森くん視点のお話もすごくよかったですね。彼がスカートを履いてきた理由、彼から見える学校やクラスの景色、そして笹森くん自身のこと。さっぱりしているように見えても何か抱えていて、でもやっぱり根っこのところはみんなが思っている笹森くんなんだなと感じられる良いお話でした。最後の一文もすごくいい。ぐっときました。

心の底から読めてよかったと思える素晴らしい青春群像劇でした。普段僕がこのブログで紹介している作品とはまたちょっと色の違う作品ですが、誰もが持っている青春の原風景、あるいは現在進行形で体感している青春に訴えかけるものがある作品だと思います。青春もの好きならオススメです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

笹森くんのスカート



著者

神戸遥真



レーベル

講談社


ISBN

978-4-06-528046-1

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは夢見里龍さんの

死者殺しのメメント・モリア

です!
IMG_7772
かつては術師の血を引く王家の娘だったが数奇な運命の果てに死神と契約を交わし、永遠の命を得たモリア=メメント。彼女は刻を渡る力を持つ死神・シヤン=ラウエレウムと共にあるものを探すために死者を弔いながら様々な時代や場所を旅をする。果たしてモリアたちは旅先で出会う死ねない死者に死を届けることができるのか…

第26回電撃小説大賞最終候補作。発売当時は気になっていたもののタイミングもあり手に取れていなかたのですが、数ヶ月前にTwitterで本作の感想を見かけて気になって購入。死が強く香る儚くい物語を悲しくも美しい文章で楽しませてくれる作品でした。面白かったです。

本作は全4話で構成されています。時代も場所も様々な場所に現れる青い喪服を着た美しい少女モリアとその従者である時を司る死神シヤン。2人は街中で起こる不可思議な事件を解決することになります。どこか神秘的な雰囲気を醸し出すモリアと軽薄なシヤンのやりとりは見ていて楽しいです。

各話は基本的に死者にまつわる事件が起きモリアたちがそれを解決するという形式で進んでいきます。凄惨な事件が描かれますが、文章が丁寧で綺麗なのでそれほど嫌悪感はなくむしろ事件の背景にある死者の悲しい真実に目が奪われます。人を襲い、狂わせる死者たちの事情。それをモリアが優しく紐解き、平等に死を運ぶ。その過程に心を奪われます。

また各時代の雰囲気が文章からすごくよく伝わってきます。2000年代のニューヨークや1700年代のフランス。その時代の都市の風景やそこで生きる人々。本当にその時代の光景を見ているかのような文章はとても魅力的です。

個人的にお気に入りなのは第2話にあたる「ヴェルサイユ宮殿の魔女は歌う」。こういうお話に弱いんですよね…腐敗したフランスで成り上がった女性の過酷な運命と呪いの歌。時代や環境に翻弄され、さらには人にも翻弄されてなお強くあろうとする彼女の姿はとても印象的です。

どのお話も美しい文章で読ませてくれる素晴らしい作品でした。決して明るいお話ではないのですが、死を題材にしながらも暗くなりすぎないという不思議な魅力を兼ね備えた作品です。気になった方は。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

死者殺しのメメント・モリア



著者

夢見里龍



レーベル

メディアワークス文庫

ISBN

978-4-04-914058-3

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは綾里けいしさんの

偏愛執事の悪魔ルポ

です!
⚠︎ネタバレはしていないつもりですが、ミステリ要素がある作品なのでご注意を
IMG_7721
内容は、心酔する春風家の琴音の従者として働いている悪魔の夜助。犯罪被災体質のせいでいつも事件に巻き込まれる彼女を守るべく夜助は悪魔的な解決策を考えるが、いつも琴音が事件を解決してしまい…

綾里けいしさんの新作。講談社タイガからはちょっと意外でしたね。タイトルの通りちょっとかなり愛が重たい悪魔で執事の夜助が犯罪被災体質のせいで事件に巻き込まれる琴音と繰り広げるラブコメ?とミステリでした。面白かったです。

物語は短編というより掌編くらいの短いお話7話で進んでいきます。基本的には夜助と琴音のいちゃいちゃ(語弊ありな偏愛ラブコメ)と事件の発生と解決…という流れでテンポがいいのでサクサクと読めてページを捲る手が止まりません。

夜助の偏愛っぷりはすごかったですね…意味がわからないとおもうんですけど琴音の家具になるんですよ。「は?」って思った方正解です。本当に意味わからないですよね…そんな夜助のことを「まあまあ、うふふ」で受け入れちゃう琴音もまたすごい。懐の深いご主人様です。

ミステリ部分は定番ネタをからおっというものまであって楽しく読めましたね。ここもお決まりの流れがあって最初に夜助が推理をして琴音さんのターンという形式で進んでいきます。夜助のまさに悪魔的ともいうべき推理と琴音の超天使的ともいうべき推理の組み合わせは見ていて楽しかったですね。

ラストのエピローグもすごく良かったです。というかエピローグが1番好きまでありました。この2人のやりとりは最後まで見ていて飽きなかったです。続きがあるならぜひ読みたい作品です。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

偏愛執事の悪魔ルポ


著者

綾里けいし


レーベル

講談社タイガ


ISBN

978-4-06-528011-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ