カテゴリ: 一般文芸・キャラ文芸・ライト文芸

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは古宮九時さんの「彼女は僕の「顔」を知らない。」です!
⚠︎致命的なネタバレはないですがミステリ作品の感想のため未読の方は注意してください
IMG_4631
夏休みのフリースクールで起きたキャンプ場放火事件。複数の死者を出したその事件から10年。生存者である新塚良の前に現れたのは同じく生存者である静葉だった。放火事件の当日に怪しい黒い男に遭遇したという彼女の証言から、放火事件の真実を追い求めることになるが彼女は人の顔が認識できない失貌症を患っていた。差出人不明の脅迫状が届く中、果たして良と静葉は真実にたどり着くことができるのか…

古宮九時さんの新作。最近では電撃の新文芸からファンタジー作品を出版されていますね。もちろんそちらの作品も大好きなのですが「死に見る僕と、明日死ぬ君の事件簿」「純真を歌え、トラヴィアータ」といった古宮さんがこれまでMW文庫で発表されてきた作品も大好きなのでMW文庫の新作が読めて嬉しいです。10年前の放火事件の謎を追うというミステリとしての軸はしっかりしていながらも、青春ものとしても楽しめる作品でした。面白かったです。

少し問題を抱える生徒たちが集まる夏休みのフリースクール。そこの会場で起きたキャンプ場放火事件。数人の死者を出した凄惨な放火事件の生き残りである良。彼は人の負の感情を強く感じてしまう体質に悩まされながら生きています。彼の生きづらさは序盤から痛いほどに伝わってきますね。そんなある日、転校生として放火事件の生き残りの1人である静葉がやってきます。

静葉は失貌症という人の顔を認知できない病を患っています。そんな彼女は良が放火事件の生存者だと気づきませんが、ひょんなことをきっかけに良のことを生存者だと知ります。このシーンは運命的なものを感じられる場面でとても印象に残っています。そして静葉の証言を元に10年前の放火事件の真実を追い求めることになります。

事件に関する証拠を集めながら紡がれる良と静葉の青春模様もとてもよかったです。良と静葉が一緒に市内を巡るシーンがあるのですが、良が失貌症を患う静葉に気を遣って変な格好できたり、静葉のことを心配したり優しく気遣ってあげたり…甘酸っぱさとはまたちょっと違った不器用なだけど優しい青春を感じられました。

中盤から終盤にかけて放火事件の核に良と静葉は迫っていきます。事件の謎に関しては読むとストンと落ちる納得感がありましたね。そしてラストではここまでためてきていた青春の甘酸っぱさが花ひらく場面もありで大満足でした。

260pちょっととサクッと読める物語でありながらもミステリとしても青春ものとしても読み応え抜群の作品でした。気になった方はぜひご一読を

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



彼女は僕の「顔」を知らない。



著者



古宮九時



レーベル



メディアワークス文庫



ISBN



978-4-04-912484-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは神戸遥真さんの「声が出なくなったので、会社を辞めて二人暮らし始めました。」です!
IMG_4515
仕事のストレスが原因で声が出なくなり会社を辞めた絵麻。ルームシェアしていた友達も結婚を機にいなくなり、祖母の残した家でずぼらな引きこもり生活を送っていた。そんなある日、ルームシェアをしていた友達の弟だという空が現れる。絵麻の生活っぷりを見て呆れた空は半ば強引に一緒に暮らすことになる。空の料理や絵麻のお世話により改善されていく生活。そしてお互いに惹かれあっていく2人。だが空はある秘密を抱えていて…

神戸遥真さんの新作。個人的には初挑戦の作家さんです。書店で一目惚れして買ってみました。ダメダメな絵麻が空のおかげて少しずつ輝きを取り戻していく過程が印象的な温かな恋愛ものでした。面白かったです。

仕事のストレスが原因で声が出なくなってしまった絵麻。仕事をやめて引きこもりでズボラな生活をしていたところに現れたのは空という青年。ルームシェアをしていた友達の弟だという彼は絵麻の引きこもり生活を見て半ば押し切るように同居を始めることになります。

序盤は絵麻のダメダメさ、空くんの強引さが印象的でしたね。元彼は浮気性のクソ男で、仕事もいらないものをいっぱい抱え込んでしまって、ルームシェアをしていた友達がいなくなったためズボラな引きこもり生活…そんな絵麻のダメさを目の前にして一緒に暮らことを提案する空。空くんも20代後半なのになかなか強引なことしますよね…そして絵麻が断れず二人暮らしが始まります。

絵麻と空の二人暮らしは最初はダメダメな絵麻を空がどんどん改善していくことから始まります。ゴミだらけの部屋を掃除したり、生活リズムを整えたり、空が作る美味しいものを食べたり…空のお世話の甲斐あって絵麻はどんどん元気になっていきます。声は出せないままですが、付箋を使って筆談でコミュニケーションをとる姿はどこか愛おしかったです。

物語が進むと絵麻と空だけではなく、彼女たちのことを温かく見守ってくれる人が増えます。元同僚の柚葉、近所で出会った女の子の京花ちゃん、近所に住むおばあちゃんのチエさん。みんな何かを抱えながらも絵麻と空のことを受け入れてくれて、反対に絵麻と空も彼女たちのことを受け入れる。ちょっとしたお茶の時間やおしゃべりで生まれる優しい空間や会話が印象的でしたね。

一方、生活が改善されてどんどん可愛くなっていく絵麻さん。空くんのことが好きになり、空もまた絵麻のことが…この2人の甘いやりとりは見ていて微笑ましいですね。いつもは空くんに何かとキツいことを言われがちな絵麻が、空に好きと伝えて空くんが照れるところとか本当に尊いです。

終盤は空の秘密が明らかになりちょっとしたピンチに。でも絵麻と空が二人暮らしで築きあげた絆でピンチを乗り越えてチャンスに変えてしまう。そんな2人がとても絵麻と空らしくて、彼女たちの幸せを願わずにはいられません。

最後の1ページまで愛おしく温かな二人暮らしを楽しませていただきました。機会があれば神戸さんの他の作品も読んでみたいです。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



声が出なくなったので、会社を辞めて二人暮らし始めました。



著者



神戸遥真



レーベル



メディアワークス文庫



ISBN



978-4-04-913641-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは松村涼哉さんの「監獄に生きる君たちへ」です!
IMG_4421
廃墟に閉じ込められた6人の少年少女。彼らは7年前に起こった真鶴茜殺人事件の犯人探しを行うことになる。児童福祉司だった茜とそれぞれ関係があった6人の少年少女たち。7年前の茜と6人が共に廃墟となった施設に宿泊したあの日、彼らはそれぞれ何をしていたのか。そして証言から導き出される犯人とは…
松村涼哉さんの新作。「15歳のテロリスト」「僕が僕をやめる日」と10代の少年の犯罪と感情を切れ味鋭く描いてきたので新作をとても楽しみにしていました。今作も心を切り刻むような描写が鮮烈に印象に残る素晴らしい作品でした。面白かったです。


7年前、児童福祉司の茜に連れられとある宿泊施設に泊まり旅行をした6人の少女たち。そこで茜は事故死してしまい、少年少女たちはそれぞれ心に傷を負ったまま生活していました。そんなある日、廃墟となったその宿泊施設に再び集められた6人は茜を殺した奴がいるという手紙をきっかけに過去の証言から犯人探しを行うことになります。

序盤は児童福祉司というちょっと見慣れない職業と少年少女の独白に近い証言に物語に入り込みづらいと感じる部分もありました。しかし茜の人柄が輪郭を帯びるようになるとグイグイ物語に引き込まれていきました。

かつて団地で起こった少女の転落死。6人の少年少女の過酷な虐待の過去。暴力ではなく両親の関係悪化や目に見えない傷を負った彼らがどのようにして茜と出会い、そして茜に何を感じてどんな感情を持ったのか。彼らの口から語られるたびにそれらは鋭い痛みとなって胸に突き刺さります。

中盤からは新たな人物が現れいよいよ物語は真相へと近づいていきます。特に茜と距離が近かった美弥の証言は心にくるものがありましたね。疑心暗鬼と緊張の中で明かされる犯人。そして彼ららしい結末。全てが印象的かつ鮮烈な10代の少年少女の物語でした。

ミステリ(というかサスペンス)ということもあり、ネタバレを避けるとどうしても作品の細部を語ることはできないのですが読めば間違いなく記憶に残る作品だと思います。気になった方はぜひご一読を。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



監獄に生きる君たちへ



著者



松村涼哉



レーベル



メディアワークス文庫



ISBN



978-4-04-913375-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは川澄浩平さんの「探偵は友人ではない」です!
IMG_4307
前巻の記事↓
前作「探偵は教室にいない」に続くシリーズ第2弾。このシリーズはシリーズ名的なものはないんですかね?それはさておき、約1年ぶりの真史と歩のコンビによる謎解きはとてもワクワクとさせてもらいました。面白かったです!ミステリということもあるので、簡単に各話の感想を。


ロール・プレイ
歩がかつての友人と再び仲良くなるお話。このお話であぁ歩もちゃんと中学生の男の子みたいに悩んだりするんだなと思いました。かつて塾が一緒だった鹿取という男子と一緒に体験した遠い日の、ほろ苦い思い出。水野先生は多分大学生らしくすごく焦っていたのもあるんじゃないんですかね…この事件については…と当時の歩もやっぱり歩なんだということに激しく納得しながら、鹿取と水野先生は学校で再会して何を話したんだろうなと思いに馳せるのも楽しいお話でした。

正解には程遠い
謎解きとしては、やはり暗号解読?ということもあって僕でも楽しく解けるものでしたね。そしてこのお話から本格参戦してくる彩香ちゃんがすごいうパワータイプでグイグイきますねw 彩香ちゃんの実家の洋菓子店の謎解き企画に協力することになった真史。そしてそれを手伝う甘いものに目がない歩。このお話が2人の距離感としてはすごく安心できるというか、2人らしいなと思いました。図もきちんとあって作中の2人と一緒に謎解きできたのも楽しかったです!

作者不詳
ミステリ的な部分はもちろん人間的な部分でもやられたなと感じた作品。美術室と美術準備室を舞台に繰り広げられる日常の謎。歩の謎解きもありますが、真相に近づくのは真史の方で、学校の先生とのやりとりやエナちゃんとの会話とか、真史が見るような普通の青春じゃなくて、そうじゃないものも学校には存在するんだよと訴えかけてくるような謎でしたね。


for you
これが1番好きでしたね!喫茶店での謎から物語が始まってこれが本題かと思いきや青春をガツンとぶつけてくる。歩くんのことはこのお話でますます好きになっちゃいましたねw そっか頭のいい彼でもこんなことに悩んでわざわざそのためにこんな行動するんだなって。そんな歩に対する真史の行動もいいですし、最後の1ページはとても彼ららしいなと思いました。

2巻もとても面白かったので3巻も楽しみにしています。


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



探偵は友人ではない



著者



川澄浩平



レーベル



東京創元社



ISBN



978-4-488-02817-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは作者さんの「アーモンド入りチョコレートのワルツ」です!
image

森絵都さんの作品。「DIVE!」「カラフル」など有名な作品も多いですね。個人的には中学二年生の頃に読んだ「カラフル」以来の森絵都さんの作品になります。本作が発売されたのは1996年10月とのこと。24年前の作品ですね。しかし今なお色あせない魅力があり、僕の手元にある文庫もちょど2ヶ月前に重版した39版でした。長く愛されていますね。

この作品は前3編の短編で構成された短編集になります。それぞれのクラシックの楽曲がモチーフになったお話です。それら3編について簡単にご紹介。

子供は眠る
お金もちの章くんの別荘に親戚の子供たち5人が集まり、夏休みの2週間を過ごすのが毎年の恒例な智明。しかし今年の夏はいつも仲良く過ごしている5人に不協和音が生まれて…
夏休み。子供たちだけの別荘(正確には別荘を管理する小野寺さんがいます)。みんなの憧れの章くん。そして彼に従う智明を含めた4人。学校とは違う非日常を過ごす彼らは、最初はすごく楽しそうに語られますが、智明がちょっとしたことから章くんに疑問を持ってしまったことで5人は徐々に分裂していきます。青春ちょっと手前の中学生・小学生たちが抱えるもの、感情、心情、屈託がちょっとした会話の中にギュッと詰め込まれていて読んでいて胸にすっと刺さりました。最後に眠っていた彼らを誰が運んでいたのかわかるシーンにははっとさせられました。

彼女のアリア
不眠症になった少年が旧校舎で出会ったのはピアノを弾く女の子・藤谷りえ子。同じく不眠症だという彼女と話が弾み、少年は週に1回彼女のピアノを聴き話をするために旧校舎を訪れるようになる。しかしりえ子に関するよくない噂を聞き…
本作品の中で唯一学校を舞台にした物語。突然不眠症になった少年。彼が出会ったピアノを弾く女の子。すごく綺麗な出会いの中で、徐々に始まるすれ違い。最初は共有していた不眠症があっさりと治ってしまった少年。そしてどこか話がおかしいりえ子。2人がそれぞれに抱えるもの、そして知ってしまうりえ子の噂。でも卒業式の日にあぁして出会いより素敵なことをして、笑いえるのはとても素敵だなと思いました。すべてがハッピーエンドでした。

アーモンド入りチョコレートのワルツ
変人として有名な絹子先生の元でピアノを習う奈緒と君絵。ある日、ピアノ教室に絹絵先生の知り合いだというフランス人・サティが現れる。絹子先生以上に突拍子もない行動をするサティに戸惑いながらも、徐々に彼を受け入れていく。しかし君絵がサティのことを好きになり駆け落ちしようとしたことで絹子先生とサティの間に不穏な空気が…
表題作。とても優しくて温かいくせにどこか鋭い。そんな作品でした。ピアノを習う奈緒と君絵、2人を指導する絹江先生、突然現れたサティ。4人はとても仲が良くて、木曜日にはいつもワルツを踊って楽しそう。でも君絵がサティに恋をして彼と駆け落ちしようとしたことで、物語は不穏な方向へ。奈緒と君絵。2人の少女がなにもできずに絹子先生とサティのことをおろおろと見るしかないのが、とても子供らしくこちらも悲しい気持ちになってしまいます。しかしクリスマスの演奏会に向けて頑張る2人の姿、2人の成果をワルツで受け入れる絹子先生とサティ。くすっと笑ってしまうようなラストも含めて素敵な作品でした。

3編ともクラシックをモチーフに中学生を瑞々しく描いていた素晴らしい作品でした。今なお愛され続ける理由は読めばわかります。気になった方は


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



アーモンド入りチョコレートのワルツ



著者



森絵都



レーベル



角川文庫



ISBN



978-4-04-379101-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ