カテゴリ: ライトノベル(新作・シリーズ紹介)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは冬坂右折さんの「恋を思い出にする方法を、私に教えてよ」です!

img_9784815614430_2

ストーリー B
内容は、才色兼備でクラスメイトからの色々な相談を受ける深山葵には恋が苦手という悩みがあった。そんな彼女は同じクラスの不良・佐藤孝幸が自称恋愛カウンセラーとして活動していることを知る。恋心を食べて消してしまうという特別な力を持つ孝幸と一緒に活動することになった葵は色々な恋に触れていくが…とこんな感じです。

〜恋心を食べてしまう〜
第13回GA文庫大賞銀賞受賞作。ジャンルはラブコメ。最初だけめちゃくちゃ面白かったのに右肩下がりで白ける微妙な作品でした。以下面白いとは言わないので気に食わない方はブラウザバックで。
まず全体的に表現が合わないです。端的に言ってキモいです。恋心を食べて忘れさせる能力を持つ孝幸が、恋愛カウンセラーとして依頼者の恋心を食べていくんですけどその味を「いつまでもフライパンから取り出さなかったベーコンエッグみたいだな」とかいうの普通にキモいです。こんなキモい表現が全ページに満遍なくあるのが無理です。あと肝心のカウンセリングがたった2回しかないのも…えっ、この物語ってこれが本命なんじゃないんですか?なんでたった2人しかこないんですか?なら相談相手を1人に絞ってその1人をしっかり深掘りすればよかったのでは?全体的に薄くなってしまっていて微妙です。そのせいで葵と孝幸のお話をやりたいのか、恋愛カウンセリングものをやりたいのかわからないですし、最後なんてどうなってるの?って感じです。序盤は葵の一人称で始まってめっちゃ面白そうな感じだったのにここまでぶち下がるのある意味すごいです。

キャラ B
孝幸は前述の通りキモいです。葵もせっかくいいキャラなのに物語が何やりたいかわからないせいでその魅力が全然出しきれなくて終わってます。友人キャラの柚子も超中途半端な役回りですし、相談者たちもきっと魅力的なのにその魅力を半分も出せずに終わっている感が半端じゃないです。

最後に
ひたすらに微妙でした。でもイラストが神がかり的によくてそれが本当に救いでした…イラストだけなら2022年トップ5に入ります。まだ2022年始まったばかりですけど…

どんな人にオススメか?
個人的にオススメはしません。試し読みの上それでも気になった方は。ただイラストは本当にめちゃくちゃいいのでここだけはオススメしておきます。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

恋を思い出にする方法を、私に教えてよ



著者

冬坂右折



レーベル

GA文庫

ISBN

978-4-8156-1443-0
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは坂石遊作さんの「魔女学園最強のボクが、実は男だと思うまい」です!

img_9784049141504_1
ストーリー A
内容は、魂という力を使い男だけがなれる騎士と、魔力を操り女だけがなれる魔女。そんな騎士と魔女は国の平和をお互いに維持するために日々奔走しながらもお互いの存在を疎ましく思っていた。ユートはそんな騎士として指折りの実力を誇り、騎士団でもトップクラスの実力を有していた。そんなある日、ユートは騎士団長である兄から女装をして魔女学園に潜入せよとの指令を受ける。少女のような顔つきのユートはなんと魔女学園への潜入に成功し普通の女子生徒と同じように授業を受けることに。しかし魔女学園への潜入の目的は目の上のたんこぶである魔女の弱みを探るためではなく、世界を変えてしまうかもしれない魔法の存在を突き止めることで…とこんな感じです!

〜女装して男子禁制の魔女学園に⁉︎〜
坂石遊作さんの新作!個人的に好きな作品が多い作家さんなので新作楽しみにしてました!今作は女装もの×魔法学園ものということで潜入ミッションのドキドキ感と魔法による派手なバトルが楽しめる学園ファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。いがみあう騎士と魔女が描かれます。序盤にさらっとでも過不足なくこの物語の世界観を伝えてくる文章ですっとお話に入っていけましたね。そして若くして騎士団でもトップクラスの能力を誇るユートに魔女学園潜入の任務が与えられます。少女のような顔立ちゆえにその役目を与えられたユートですがあっさりと?魔女学園への潜入に成功します。こういう女装ものっていつも声が気になってしまうんですけど…まぁそこは気にしちゃダメですよね汗 魔女学園に潜入してからは周りの生徒たちと交流しながら魔女見習いとして生活していきます。委員長のメイファ、ラクシャール商会の令嬢・フラウ、フラウの護衛であるシリカ、厨二病のフォルテといった魅力的なクラスメイトたちとのやりとりは見ていて楽しかったですね!寮で同室のメイファとのちょっとドキドキするやりとりは潜入ものの醍醐味がありましたね!そして中盤、ユートは魔女学園への潜入の目的が世界を変えてしまう魔法の使い手を探すことだと告げられその調査を開始することに…潜入もので真の目的が明かされる驚き…いいですね…そして学園を、メイファを狙う悪の魔女が現れます。ここからは怒涛のバトル展開でメイファの過去も明かされてめちゃくちゃ盛り上がりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ユートは女の子みたいな顔をしながらも騎士団でもトップクラスの実力を誇る騎士。騎士として任務を全うしようとしながらも、女装がバレないかドキドキしたり距離が近いメイファにドキドキしたりと普通の男の子で見ていて楽しかったですね。バトルシーンでは非常に頼りがいがありそのギャップもグッド!メイファは委員長でユートと同室の女の子。実は寂しがり屋でユートに甘える姿と、委員長として一人の魔女として敵と戦う凛とした姿がグッドでした!そのほかのキャラももちろん魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白い学園ファンタジーでした!まだまだ物語は序盤ですしここから面白くなることは間違いなしなのでぜひ2巻も読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
学園ファンタジーが好きな方は!大勢の女の子の中に男一人というシチュエーションですが、ユートが真面目なのであんまりハーレムものとかエロい方面のドキドキ感はなくしっかりめと学園ものが楽しめると思います!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

魔女学園最強のボクが、実は男だと思うまい



著者

坂石遊作



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914150-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは入間人間さんの「私の初恋相手がキスしてた」です!

img_9784049141382_1
ストーリー A
内容は、星高空の家に突然居候することになったフワフワした女性とその娘の水池海。狭い家の狭い高空の部屋にいる海のことをなんとなく気に食わない高空。しかも彼女は時々夜にふらりと出かけていて…どうしても海のことを放っておけない高空と、高空が知らない秘密を抱えた海の青春が始まる…とこんな感じです!

〜居候の少女に〜
入間人間さんの新作!入間人間さんの作品自体は「やがて君になる」のスピンオフ以来ですけど、オリジナルだとみーまーi以来ですかね…?ひさしぶりの入間人間節をとことん楽しませていただきました。お話としてはどこか退廃的な百合青春ものといった感じで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。海の母親と海が高空の家に転がり込んでくるシーンから物語は始まります。かなり突然な始まり方ですが、入間人間さんの文章ですっと物語に入っていけるのでこの辺りは流石といった感じですね。突如居候することになった不純物である海とどう接すればいいかわからず、また海自身も何を考えているかわからず夜に出かけたりしているため二人の間には常に微妙な空気が流れています。でもこの微妙な空気感が物語をしっかり形作っているのがまたすごいんですよね…中盤以降は物語の視点は海へと移っていきます。海が夜に出かけてあっているのはチキさんという海のことを買う女性。ホテルでヤったり、勉強したり、時々一緒にご飯を食べたりする二人の関係は買う/買われる以上のものがあり…普通ではない環境で育った海と何もかも恵まれているであろうチキさんとの距離感が凄まじくいいんですよね…物語は終盤でまた動きだして海が夜に出かけて何をしているか突き止めようとした高空との間にいざこざが…高空と海の間が埋まりそうで埋まらない距離感が本当にたまらないです…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
高空はなんだかんだで海のことが気になっている女の子。優しいのに不器用でそれが海に伝わっていないのが、海と噛み合わせの悪いコミュニケーションをしている時の感情がめちゃくちゃ好きです。海はちっちゃくて顔が良くておっぱいが大きい女の子。チキさんという女性に買われてそのお金で生きている女子高生。過去とか色々抱えているものとか、そういうのがとにかくグッと刺さりますね…チキさんも悪い大人のくせに魅力的で困っちゃいます。

最後に
退廃的な青春百合として楽しく読ませていただきました!どうやら3巻完結で次もそう遠くないうちにでるとのことですので楽しみですね!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
退廃的な青春ものが好きな方は!高空と海の絶妙に噛みわない関係と、高空の知らない海。そしてチキさんに買われることで生かされている海の日常が刺さります。3巻で完結予定で手に取りやすいと思うので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

私の初恋相手がキスしてた



著者

入間人間



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914138-2
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは丸深まろやかさんの「天使は炭酸しか飲まない」です!

img_9784049139464_1
ストーリー A
内容は、恋愛を成就させると噂の久世校の天使。しかしその正体はどうしても好きという気持ちを伝えられない生徒の後押しや相談に乗ることだった。明石伊緒は相手の顔に触れると好きな人がわかる能力を利用し久世校の天使として活動していた。そんなある日、相談者の告白を後押しするために久世校三大美少女の柚月湊の顔に触れる。すると彼女に何十人もの想い人がいることを知る。それをきっかけに湊に久世校の天使であることを知られてしまった伊緒は彼女の惚れ癖を治すために一緒に原因の調査をすることになるが…とこんな感じです!

〜久世校の天使は惚れっぽい美少女と〜
丸深まろやかさんの新作!前作のびきょりがはちゃめちゃに好きだったので新作楽しみにしてました!今作は顔に触れると好きな人がわかるという能力を持った伊緒と惚れ癖を持った湊とのちょっと不思議なラブコメで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。伊緒が久世校の天使として活動する場面が描かれます。ここで若干のタイトル回収なんですけど天使って湊じゃなくて伊緒なんですねw あらすじ全然見ていなかったので湊さんのことだと思ってましたw そしてそんな天使の活動中に三大美少女の湊に正体を知られてしまいます。どうなるかと思いきや伊緒が天使であることを秘密にする代わりに湊の惚れ癖を治すため原因調査をすることになります。このあたりの展開は割とスムーズでするすると物語に入っていけました!そして始まる伊緒と湊のラブコメ!湊の惚れ癖の原因を調査するためあまり積極的に男子と絡みにいかない湊に男子と絡んでもらったり、定期的に湊の顔に触れて好きな人の増減やタイプを確認したり…なんかこう…付き合ってもない女の子の顔に定期的に触れるの背徳感あっていいですね…というか付き合っていてもメイク的な問題でなかなか触れなさそうですが汗 この調査の中で印象的だったのがデートシーンですね。いいですね大垣書店で女の子とデート…こういうデート憧れます…しかし終盤からは湊を良く思わない人物によって湊のありえない噂が広まってしまいます。ここで見せる天使の行動はめっちゃかっこよかったですね!(まぁ結果的に一人だけあぁなっちゃうのは…アレですが…)ラストも爽やかで良かったですし最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
伊緒は過去に色々あり天使として活動している男の子。過去を知ると彼の行動の理由とかがすごく良くわかって思わず応援したくなりますね…湊は最初はクールキャラかと思っていたんですけどすぐにデレ要素が出てきて見せていて楽しい女の子でしたね!こちらも彼女の過去を知ることで見える本質が魅力的でした。その他のキャラももちろん魅力的でした!

最後に
ちょっと不思議なラブコメとして楽しく読ませていただきました!これは続刊も読みたいですね!丸深さんの書く伊緒と湊はまだまだ見ていたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ラブコメが好きな方は!ちょっと超能力要素?オカルト要素?が入りますが、伊緒と湊のラブコメに根本的に関わるものではないのでそういった要素が苦手な方でも楽しめるのではないかなーと思います!とにかく伊緒と湊の関係や、惚れ癖を調査する過程で描かれるラブコメが最高なので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

天使は炭酸しか飲まない



著者

丸深まろやか



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-913946-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは凪木エコさんの「かまって新卒ちゃんが毎回誘ってくる ねえ先輩、仕事も恋も教育してもらっていいですか?」です!

img_9784040743295_1
ストーリー A
内容は、ネット広告代理店に勤める風間マサトは自社のブラック企業っぷりに辟易しながらもなんとか仕事をこなしていた。そんな彼が面倒を見ている新卒の伊波渚は美人でスタイル抜群で仕事ができる新卒一年目。渚は毎日のようにマサトを飲みに誘い大好きアピールを繰り返していた。マサトは上司として渚と接し続けることができるのか…とこんな感じです!

〜かわいい新卒ちゃんに誘われたら?〜
凪木エコさんの新作!YouTube「カノンの恋愛漫画」さんで公開されている動画が原作?の作品ですね。短いお話が16話詰まった連作短編形式の社会人ラブコメものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
序盤はマサトと渚の関係を中心にお仕事の様子が描かれていきます。やっぱり社会人になると何気ない社会人描写がつらいんですよね泣 でも渚ちゃんは天真爛漫飲兵衛で見ていて楽しく、マサトもなんだかんだいって渚に上司として優しく男として甘くて2人の関係は見ていて楽しいですね。各話は短めですがその中でしっかりとマサトと渚の楽しい夫婦漫才を描き、マサトの先輩である涼森さんをはじめサブキャラも魅力的に描いていくのはグッド!お話の形式的な問題もあり、どうしてもエンジンがかかるのが遅いと感じる部分もあります。しかしそれを補ってありあまる2人のやりとりは見ていて楽しいです!終盤では渚がなぜこんなにマサトのことを好きなのかという理由も明かされましたね。王道ですけどこういうのに弱いんですよね…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
マサトはなんだかんだで仕事もできて渚の面倒もしっかりみられるいい男でしたね。渚へのツッコミもグッド!渚は天真爛漫でめっちゃ可愛かったですね!お酒が大好きで、しかもなかなか渋い飲み方をするというギャップもグッド!そのほかのキャラももちろん魅力的でした!涼森先輩はめっちゃ性癖でしたね…こういうお姉さんキャラすこです…

最後に
サクサク読める楽しい社会人ラブコメでした!これはぜひ長く続いてほしいですね!まだまだ気になる部分は多いですしマサトと渚のやりとりはこれからも見たいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
サクサク読める社会人ラブコメが読みたい方は!マサトがいい男で渚ちゃんもかわいく、2人のやりとりも軽快で楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

かまって新卒ちゃんが毎回誘ってくる ねえ先輩、仕事も恋も教育してもらっていいですか?



著者

凪木エコ



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074329-5
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ