カテゴリ: 少年漫画(新作・シリーズ紹介)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは大森藤ノさん原作、青井聖さん作画の「杖と剣のウィストリア」です!
IMG_4866
ストーリー A
魔法をいかに操ることができるか。それが全てのリガーデン魔法学院で、魔法が使えないウィルは他の生徒たちから時に差別をされながらもダンジョンでのモンスター討伐と抜群の筆記試験の成績で単位を獲得し卒業を目指していた。『筆記のみ優等生(ラーナー)』と揶揄されながらもウィルは幼き日に交わした約束のために戦い続ける…

〜魔法の代わりに剣を〜
ダンまちの大森藤乃さん原作の作品!魔法学院で魔法なしで純粋な剣力だけで成り上がっていくウィルの成長と熱いバトルを描いた作品でした!面白かったです!
魔法が使えないながらも幼い頃に交わした約束を果たすために日々単位獲得に奔走するウィル。筆記試験は抜群で魔法が使えないという設定がめちゃくちゃいいですね…魔法が使えないという欠点を補うために得た剣という武器。それを使ってダンジョンでモンスターを狩る…普段はどこかなよっとした印象を受けるウィルですが、ダンジョンでモンスターと対峙するときの彼の目は獣のソレですね…そしてとにかくバトルがすごい!モンスターとの戦闘もそうなんですけど、単位を得るためにエドワルドという先生と戦うシーンが…魔法vs剣。その圧倒的に不利な状況を己の身一つで覆していく…熱いだけではなくて、計算の上に成り立っているバトルシーンにただ圧倒されました…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ウィルは魔法が使えずに筆記とダンジョンでモンスターを倒すことで経験値を稼ぐ劣等生。しかし魔法が使えなくても圧倒的な剣技でモンスターや魔法を使う教師までを圧倒していきます!普段はどこか頼りなさげなんですけど、剣を握った時の彼の表情が最高ですね!ヒロインのコレット、アイリスも可愛くて敵キャラも魅力的でした!

最後に
めっちゃ熱くて面白いバトルファンタジーでした!早く2巻が読みたいです!続刊は8月とのことなので今から楽しみですね!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



杖と剣のウィストリア



著者



大森藤ノ 青井聖



レーベル



マガジンコミックス



ISBN



978-4-06-522519-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは佐藤ショーキさんの「メイカさんは押しころせない 1」です!
IMG_3722

ストーリー A
完璧に家事をこなすメイカさんは住み込みで働く女子高生のメイドさん。世話をする同級生の晃汰にはいつも厳しいけれど、ふとした時に見せる晃汰の優しいところやかっこいいところに思わず感情が…?女子高生メイドとだらしない男子高校生の晃汰の日常ラブコメが始まる!

〜同級生メイドは隠せない〜
Twitterで見かけて面白そうだったので購入。メイカさんと晃汰の関係が絶妙で掛け合いも楽しいいい日常系ラブコメでした!面白かったです!
まずなにより晃汰とメイカさんの関係がすごく良かったです!お互い高校生で学校ではただの同級生。でも家の中では主人とメイド…だらしない晃汰に対してメイカさんがびしっと言って、でも時々かっこよかったり優しかったりする晃汰にメイカさんが照れて自分の気持ちがわからなくなって押し殺せなくなっちゃうの見ていてすごく楽しいです!物語はそんな2人の関係性に焦点を当てながらゆっくり進んでいきます!メイカさんがメイドとしてきた理由、ちょっと悲しい過去…でもそんなことも2人が一緒にいれば楽しい日常になって、2人の楽しそうな顔を見ていると幸せってこういうことなんだろうなって思います。メイカさんと晃汰の同級生主人メイド関係が最高でした!

キャラ A
晃汰は基本ダメダメなんですけど、要所でかっこよかったり優しかったりでメイカさんが気になっちゃうのもわかりますね。でもそれってダメンズにかわいい女の子がハマるのと同じ理屈ry。メイカさんは仕事も完璧で普段は凛としてカッコいいんですけど、晃汰が突然優しくなったりすると…うん。照れる顔がすごく女の子で最高にかわいいです!

最後に
晃汰とメイカさんの関係が最高な日常ラブコメでした
!普段は同級生の2人が家ではメイドとダメ主人な関係ってすごくいいですね!2巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



メイカさんは押しころせない 1



著者



佐藤ショーキ



レーベル



少年チャンピオンコミックス



ISBN



978-4-253-22941-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはミナミさんの「嘘月-ウソツキ-」です!
IMG_3242

ストーリー A
吸血鬼の父親を持ち、誘惑(テンプテーション)という女性を虜にする能力を持つ月城蒼。彼は幼馴染の柏木に恋をしていた。しかし彼女には好きな人がいて、それが叶わぬ恋だと知っていた。柏木を友達として応援することを心に決める蒼。しかし、ちょっとした事故で誘惑の能力を柏木に使ってしまう。柏木と恋人のような一日を過ごすが、誘惑の能力は終わってしまい蒼のひと時の幸せは終わりを告げる。蒼はそれでも柏木を応援しようとするが…

〜君の恋を応援したいのに〜
書店でぱっと目について買ってみましたが大正解でしたね!こういう歪な関係の恋愛もの大好物です!面白かったです!
吸血鬼の父親の能力を引き継ぎ、自身も誘惑(テンプテーション)という女性を虜にする能力を持つ蒼。彼は父親が誘惑で母親を不幸にした過去からこの能力は使わないと決めていて…あぁ、こういう過去がある男の子いいですね…でも血は争えないんですよね…幼馴染で気が合う柏木に密かに恋する蒼。でも柏木さんには好きな人がいてそれが絶対に叶わない恋だと知っていて…あー好きです。こういうの好きです。そしてたまたま事故で柏木に誘惑の能力を使ってしまう蒼。蒼に虜にされた柏木は想い人への気持ちを忘れて柏木に夢中…甘い甘い蒼がどれだけ望んでも手に入れることができなかった時間を手に入れます。このデートシーンの柏木さんかわいすぎますね…しかし幸せな時間は唐突に残酷に終わり、柏木は蒼ではない、彼女が好きな人を見つめて…柏木の幸せを望んだはずなのに、幸せを知ってしまうと素直に応援できなくなって…歪んだ恋愛のスタートとして最高の1巻でした!面白かったです!

キャラ A
蒼は冴えないメガネ男子。吸血鬼としての父親をあまりよく思っていなくて、母親がいなくなってしまった過去があって…歪んだ恋愛にはこういう過去を持った主人公がぴったりですよね!柏木さんは清楚な学級委員タイプの女の子なんですけど、好きな人を見つめるときの乙女感がかわいすぎますね…恋するガールはキラキラですね…

最後に
ダークな恋愛もののはじまりとしてめっちゃ面白い作品でした!これからどうなっていくのかめっちゃ楽しみですね!蒼は幸せになれるのか、その幸せを手にするためにどんな犠牲を払わなければいけないのか…2巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



嘘月-ウソツキ-



著者



ミナミ



レーベル



少年サンデーコミックス



ISBN



978-4-09-850032-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは堂本裕貴さんの「ネクロマンス」です!
IMG_2744

ストーリー A
魔王を討伐するも相打ちで死んでしまう勇者シブキ。愛する聖女のサフィにお別れすら言えないまま…と思ったら奇跡が起きて復活!?サフィに告白して晴れて恋人同士になった2人!しかし、シブキは魔王の呪いのせいでアンデッドになっていた。せっかく復活して恋人になったのに、アンデッドゆえに聖女であるサフィ触れられない…そんな状態はもう嫌だ!自身にかかった呪いを解くためにまだ生きている魔王を探して旅にでることになるシブキたち!もう一度魔王を倒す二度めの冒険ファンタジーが始まる!

〜S・M・T(サフィちゃん・マジ・天使)〜
堂本裕貴さんの新作!前作「りぶねす」は高校時代に読んだ短期集中連載からめっちゃくちゃ好きな作品で終わってしまって堂本裕貴さん作品ロスだったんですけど、また最高に面白いラブコメが読めて幸せです!今作もめっちゃ面白かったです!
魔王を倒したらサフィに告白しよう…と考えていたシブキ。しかし魔王と相打ちとなり死んでしまいます。悲しむサフィを置いて死ねない…とそんな時に奇跡が起こりシブキは生き返ります!でもアンデッドとして蘇ったため、聖女でバリバリ聖属性のサフィには触れることすらできなくなってしまいます…いいですね…こういう枷のあるラブコメ…もうめっちゃ大好物ですよ…魔王の呪いを解くために、再び魔王を倒す旅を始めるシブキ、サフィ、そして魔法使いの少女リコ。3人のやりとりは軽快で、表情も豊かで楽しいですね!もちろんラブコメもガンガン見せてくれて、シブキが触れないけどサフィと恋人らしいことをしたい…!という葛藤の中で見せるイチャイチャはもう最of高でした!物語はまだまだ始まったばかりですが、ファンタジーを下敷きに最高に面白いラブコメを楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
サフィかわいい!あー…なんですかこの天使…守ってあげたいこの笑顔…ちょっと天然?っぽいところや意外と魔物と戦えたりとバーサク聖女な一面もグッドでしたね!リコはコメ要員みたいな部分も多かったですけど、なんだかえっちなことに興味津々みたいで?これからラブコメで活躍しそうですね!シブキはやたらハイテンションな勇者でしたけどw賑やかで何より真っ直ぐサフィだけを見つめて彼女のために行動していく姿がグッドでした!

最後に
新作もめちゃくちゃ面白かったです!まだまだ物語は序盤!これから最高にイチャイチャするシブキとサフィをたくさん見たいです!2巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ネクロマンス



著者



堂本裕貴



レーベル



マガジンコミックス



ISBN



978-4-06-517747-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは遠藤達哉さんの「SPY×FAMILY」です!
FullSizeRender

ストーリー A
凄腕スパイの黄昏はある任務から名門校に潜入しなければならなくなる。そのために必要なのは「家族」。黄昏はなんとか家族を作るが、娘は心を読む超能力者で妻は暗殺者⁉︎お互いがお互いの正体を隠した状態で名門校の受験をしながら任務をこなすことに…
前々から話題になっていて気になってはいたんですけど、先日Twitterでめっちゃ面白いとの評判を見て購入。何件か書店回ってなくて、この前たまたま専門店で残り一冊でした。危なかったです(^_^;)
まず言わせてください…めっちゃ面白い!こ、これです!これですよ!痛快なホームコメディとはまさにこのことです!互いに家族のフリをして、裏の顔も持ちながら表では幸せな家族を演じて受験に挑む!めっちゃ好きです!大好きです!最高に楽しませていただきました!
凄腕スパイの黄昏はある依頼で名門校に潜入することになりますが、当然学校ということで子どもがいなければならない。孤児院で任務のために必要な子どもを見つけます。そこで出会ったのが心を読める女の子のアーニャ。このアーニャが信じられないほど可愛くて、この乾ききった現代社会で唯一星になれる存在でした…アーニャすこ。そしてアーニャの人の心を読む能力に振り回されながらも任務は順調に進んでいく…かと思いきや、受験の面接の際は両親が揃っていなければならない。ということで妻探し開始!苦戦するかと思いきやあっさり見つかり…と思ったら美人な女性ヨルはなんと殺し屋。しかしお互いの利害が一致して正体を隠したまま家族に…この3人揃ってからの面白さがまた凄まじいんですよね。アーニャが心を読める分、奔放に振舞ってコメディチックに作品を盛り上げていきます!後半の面接も最高でした!アーニャが天使可愛くて痛快ホームコメディな作品でした!面白かったです!

キャラ A
アーニャが天使すぎます…年相応の可愛らしさはもちろん、心を読めるからこそ出てくる行動の数々、そして顔!表情!可愛い!アーニャは定期摂取したいですね…黄昏さんはイケメンかと思いきやただのいい父親でした!ヨルさんは平時と殺し屋モードの時の差が、ギャップが素晴らしかったです!アーニャとのやりとりもグッド!

A
作風にぴったりあっていましたね!個人的に好きなのは結婚指輪のシーン!これがロマンチックです!

総合 A
アーニャが可愛い最高のホームコメディでした!2019年下半期一発目にこの作品を読めたことに感謝です!とにかく2巻!楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ