カテゴリ: その他

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは遠宮にけさんの「あなたを愛しているつもりで、私は――。 娘は発達障害でした」です!
IMG_5959
深町夕子には七緒という他の子に比べて賢い娘がいた。しかし七緒は奇妙なこだわりを持ち一方的に他人に話し続けたり、同世代の子たちとは一才会話をせずに大人と話したがるなどコミュニケーションに問題を抱えていた。夕子は保育園からの勧めもあり七緒に検診を受けさせる。そこで七緒に発達障害の可能性があることを告げられる。普通とは異なる七緒に向き合いながら夕子は自分の進む道を探して行く…

第8回ネット小説大賞受賞作。担当が岡田さんというところから興味を持って手に取ってみました。普通とは何か、発達障害の七緒のために夕子は何をしてあげられるのか。読んでいる中でいろんなことを考えさせられ、そして彼女達の一つのゴールを見届けることができた作品でした。面白かったです。

普通とはちょっと違うこだわりがある七緒。七緒と同い年くらいの子が興味を示すものには無関心で数字や魚、機械に興味津々。そんな七緒のことをどこかおかしいと思いながらも母親として彼女に接する夕子の姿が序盤は描かれます。

そして夕子が教職に復帰するために七緒を保育園に預け始めてから問題が徐々に表面化してきます。他の子と遊ぼうとせずに自分の世界に閉じこもる七緒。そんな彼女の様子を見た保育園から検診を勧められます。そして発達障害(ADHDとASD)の傾向にあると診断されます。

ここから物語は本格的に動き始めます。どうしても七緒に普通になってほしい夕子。自分の親に縛りつけられた過去と夕子を縛り付けている現状。誰かに頼ることができない夕子は夫である誠司にも、同じ母親である妹の朝子にも、根っこの部分で相談することができずに七緒と2人の世界に閉じこもっていきます。

そんな彼女を誠司が、そして朝子がサポートしていく中で夕子は七緒に対して本当の意味で向き合っていきます。七緒もこれまではずっと自分の世界に閉じこもっているように見えましたが、夕子が変わったことでそうではないことに少しずつ気づかされました。

発達障害という昨今話題になる要素を物語の中に取り入れて、向き合って進むべき道を見つける。発達障害という言葉だけではわからない、根っこの部分を少しでも知ることができる作品でした。もちろん物語としても素晴らしく、七緒のこれからの人生が輝かしいものであることを願わずにはいられませんでした。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



あなたを愛しているつもりで、私は――。 娘は発達障害でした



著者



遠宮にけ



レーベル



宝島社



ISBN



978-4-299-01986-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは有馬桓次郎さんの「ステラエアサービス 曙光行路」です!
IMG_4428
ストーリー A
内容は、戦後飛行機産業が発展した世界。憧れの亡き父の後を継ぎ商業飛行士としてデビューした夏海。彼女は姉の美春が経営するステラエアサービスという会社で妹の秋穂のサポートも受けながら日々仕事をこなしていた。しかし仕事をしているうちに夏海のパイロットとしての致命的な欠点が明らかになり…さらに山で遭難者が発生し駆けつけられるのが夏海しかいないという状況に陥るが…とこんな感じです!

〜小型飛行機で空へ!〜
元々気になっていた作品だったのですが、発売月に買いたい作品が多くスルーしていた今作。先日、作者さんにTwitterでリプライをいただいたこともありこの機会に読んでみました。やっぱりプロペラ機には夢がありますね…南アルプスを望む山梨県を舞台にハートフルな作品でした!面白かったです!
まず現代日本より航空産業が発達した世界という設定が素晴らしかったですね。作者の有馬さんが戦史ライターということもあり、設定はカチッとしていて航空産業が発達した世界というイメージが掴みやすかったです!物語は天羽家三姉妹の次女である夏海が商業飛行士としてデビューするところから始まります。戦闘機・飛行機はあまり詳しくないのですがやっぱりプロペラ機というのは趣きがあっていいですね…夏海が乗る三式連絡機を整備するのが第二次世界大戦時にビルマの最前線で整備士をしていた夏海の祖父という設定もグッド!こういう頑固オヤジ好きです!姉の美春が経営する会社で飛行士として働く夏海。そしてそのサポートをする妹の秋穂。美春が頑張って取ってくる以来は農薬散布ばかりで、退屈する夏海ですがそれでも仕事はミスばかり…最初は飛行士になりたてだからと思っていたら、ある依頼で夏海の飛行士としての致命的な弱点が判明します。ここの夏海の落ち込み具合と葛藤はよかったですね…地元では名の知れた飛行士だった父親。しかしうまく飛べない自分。なんとか調子は取り戻してもフラッシュバックする失望の言葉…そんな風に落ち込んでいる最中に空を飛ぶ夏海に無線が。今にも雪崩を起こしそうな山から遭難者を助けて欲しいという依頼…絶望的な条件の中で真価をはっきする夏海の姿はかっこよかったですね…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
夏海は元気一杯な女の子!すごく元気が良くてルンルン気分で飛行機に乗っていてかわいかったですね。壁にぶち当たったてそれを乗り越えていく姿もグッド!姉の美春は穏やかそうに見えて実はかなりやり手な女性。ステラエアサービスが籍を置く県営空港でも一目を置かれる存在とキャリアウーアン的な雰囲気と、穏やかな姉というギャップがグッド!秋穂は元気一杯な姉にいつも困らされている妹。でもあることから県営空港では一目を置かれる存在で…こういう秘密がある女の子いいですね…そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
面白かったので2巻もあるならぜひ読みたいです!プロペラ機に女の子が乗ることはとてもロマンがあることなんですよ…2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
飛行機が好きな方は!プロペラ機はロマンです!山梨県を舞台に繰り広げられる飛行機を中心としたヒューマンドラマは人の温かさを確かに感じられます!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ステラエアサービス 曙光行路



著者



有馬桓次郎



レーベル



電撃の新文芸



ISBN



978-4-04-913327-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは西山暁之亮さんの「パワー・アントワネット」です!
img_9784815608231_1

ストーリー A
内容は、ロベスピエールが主導となり起こした革命で処刑間近のマリー・アントワネット。革命に酔う民衆たちに怒りを爆発させたマリーは己の筋肉で処刑台を破壊し奪ったギロチンを武器に変え革命軍に立ち向かう。サンソンと共に革命軍に反抗しフランスをあるべき姿に戻すために戦うマリーの運命は…とこんな感じです!

〜筋肉万歳!(ヴィヴ・ラ・フランス!)〜
西山暁之介さんのデビュー作。発売された経緯がかなり特殊で西山さんは別作品で第12回GA文庫大賞銀賞を受賞。その受賞作が発売される前にTwitterで連載されていた本作を書籍化し受賞作より先に刊行という…新人賞を取ったのに先に別の作品が出るのは珍しいですね。とにかく「なんかすごい」「なんかヤバイ」が止まらないフランス革命を舞台にしたバトルもの?いやバトルものなのか?そいういう作品でした。面白かったです!
ロベスピエールの革命により罪人に仕立て上げられ処刑間近のマリー・アントワネット。彼女は絶対絶命のピンチに、マリーは革命に酔う民衆への怒りを筋肉に変え処刑台を破壊し処刑を免れます。もう最初から意味わからないんですけど、なんかすごいことになっているのはわかります。そしてサンソンと筋肉と共に革命軍を打倒するため仕立て屋のローズ、王宮のスパイであるシュバリエ・デオンと共にルイ17世を救い、デュ・バリー夫人と戦い…そしてその戦いの全てが筋肉。筋肉なのです。なんだこの筋肉は。なんだこの筋肉は。背中にヴェルサイユ宮殿?は?とか思ったら多分負けでDon’t think feelで読み進めると。うぉなんかすごい。筋肉すごい。えっ、は、すごいとなってどんどん読み進められて、いつの間にかロベスピエールとの戦いに。これがまた熱い。なんか筋肉すごい。ヤバイ。そして熱い。なんかすげー盛り上がる。言語化できない。筋肉。筋肉すごいよ。筋肉。すごく面白いんですけど最終的に「なんかわかんねーけど筋肉すげー」となってすげぇ面白かったとう満腹感が残るすごい作品でした…面白いんですけどこの面白さは言語化できません。

キャラ A
マリーさんの筋肉すごい。キレてる。キレてるよ。なんか筋肉がフランスでフランスはマリーでマリーは筋肉みたいな。パワー is パワーな作品でした。筋肉すごいよ。筋肉。サンソンはマリーに振り回されて割と普通なやつかと思っていましたけど、やっぱりというか比較的普通なだけで所々普通じゃなかったですね。なんかすげーよ。キャラ全員すげーよ。

最後に
面白かったんですけどなかなか言語化しづらい作品でした。これがフランスですか・・・綺麗に纏まってますけど続刊あるんですかね…なにはともあれ新人賞受賞作も楽しみです。

どんな人にオススメか?
パワー系ライトノベルが読みたい方は。とにかく考えるな感じろで読み進めてください。面白いはあとからついてきます。あとフランス革命のあたりの歴史的知識があるとより楽しめるかなと思いました。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



パワー・アントワネット



著者



西山暁之亮



レーベル



GA文庫



ISBN



978-4-8156-0823-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは江島絵理さんの「対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」です!
IMG_3640

ストーリー AA
外部生として全寮制のお嬢様学校に入学した綾。食事以外はお嬢様学校に慣れてきた彼女は、ある日同じく外部生にして同学年の注目を集める白百合が格ゲーをやっているところを目撃してしまう。学内で格ゲーをやっていることを口止めされるが、白百合に格ゲーのアケコン特有のマメを見抜かれ格ゲー経験者だとバレてしまう。綾は白百合に対戦を申し込まれたことをきっかけにかつて封印したはずの格ゲー熱が再燃し…

〜お嬢様と格ゲー〜
書店でふと見かけて表紙のあまりの"圧"に負けて購入。まず言わせてください…

なんっじゃこりゃ⁉︎

めっちゃ笑えるめっちゃ熱い!なにこれ!なにこれ!なにこれ!めっっっっっっちゃ面白い!えっ、は、えっ?ヤバない?ヤバないですか?めっちゃ面白くないですか?あまりにも面白すぎて面白い以外の感情がないです。てかずるいなにこの緩急。笑かしてきた瞬間、ドキドキさせて、次のページで熱くさせる。こんなん無理やん。おもろいに決まってるやん。最高でした。
お嬢様学校に入学してきた綾は庶民感あふれる普通の女の子。この庶民感すこですよ。一方、同じ外部生なのに圧倒的オーラを纏い注目を集める白百合…こ、これがオジョーサマガッコーですか…すげー…と思ったのも束の間。白百合様格ゲー。うん。そしてガチ勢。うん。すげー。というわけで格ゲーマー白百合と出会います。誰にも見られない特別棟の教室で格ゲーに興じていた白百合のことを察して、誰にも言わないことを約束する綾。しかし白百合は綾の手にあるアケコンのタコから彼女が格ゲーマーだと知ります。すげーな。ネクストコナンズヒントもないのによく彼女が格ゲーマーってことあてられますね。ここからは緩急の乱れ打ち。2人で格ゲーで対戦してくっっっっっっそ熱い対戦が繰り広げられたかと思ったら、ゲームをやってるのがばれそうになってドキドキ百合タイム。からの、逃亡劇コメディ。98、99pの見開きとか緩急ヤバすぎて地球から木星行ってからの深海くらい感情が冒険しました。てか102pの「そ」でズポはマジでずるい。天才か?と感情MAXで永遠に心が掴まれっぱなしの最高の百合×お嬢様×コメディでした!強い!最強!

キャラ A
綾の1人語りが狂おしいほど好き!庶民感よし!格ゲーへの熱い思いよし!白百合との距離感でドキドキしちゃう乙女心よし!全部よし!最高の主人公だ!白百合ちゃんは最初は高嶺の花、孤高の美少女という感じでしたが、格ゲーバレてからはやんちゃ小学生の姿も時折見せてきてその緩急がズルすぎました…おいおいこんなお嬢様ありかよ。最高かよ。

最後に
感情のジェットコースターってなに?と聞かれたらまずこれを差し出す。これはそういう作品だ。「対ありでした。」とりあえずタイトルだけでも覚えて帰ってほしい。そして手にとれ。読め。溺れろ。僕と握手しろ。百合×格ゲー×コメディの先で待ってる。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~



著者



江島絵理



レーベル



MFコミックスフラッパーシリーズ



ISBN



978-4-04-064613-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはカルロ・ゼンさん、蝉川夏哉さん、 津田彷徨さん、暁なつめさん、長月達平さん、日向夏さん、柴田勝家さん、理不尽な孫の手さん、円居挽さん、みかみてれんさんの「作家逃亡飯」です!
IMG_3500

コミケで同人誌を発行する作家軽飯の作品の書籍化(と言っていいのか)作品!収録されているのは「作家軽飯」「じゃがトマ警察の生理学」「作家重飯 魚編」「異世界ヒッチハイク・ガイド」「作家重飯 肉編」の5作品です。それぞれが一種アンソロジー的な形式で一つの作品となっており、それをまとめて「作家逃亡飯」としているのでかなりのボリュームですね。ちなみに「作家軽飯」「作家重飯」は同人誌版を買わせていただいています。1作品ずつ紹介しようかと思ったのですが、それだとおそらく4000〜5000字は固い超重たい感想になってしまうので(^_^;)上記5つをそれぞれ簡単に感想書いていきますね。

作家軽飯
サークル作家軽飯の初同人誌にあたる作品。この時は僕もコミケに出展側として参加していて「あっ、津田さんの同人誌読みたい!」と思って午前中には買いに行くつもりでした。それがまさかの発行部数100部。100部って…嘘やろ…?と思っていたら光の速さで完売していてとにかくすげーしか言葉がなかったです…はい。ちなみに後日メロンブックスで買いました。
閑話休題。
カルロさん。蝉川さん、津田さんの3人がそれぞれ神保町界隈のお店を紹介するレポ的側面が強い作品が収録されています。締め切りから逃げ、編集から逃げる御三方のそれぞれが食べるご飯はどれも美味しそうでしたね。個人的にはカルロさんの1000円コース、津田さんのトリコロールカラーを胃にがお気に入りでした!

じゃがトマ警察の生理学
小説家になろうをはじめとしたネット小説界隈で「中世ヨーロッパにじゃがいもはない!」というようなツッコミをしてくる人々たちのことをネタにした論文集?形式の作品。個人的には蝉川さんの作品が1番好きでしたね。ストレートに刺さりました。カルロさんのはなんだか脳内ジャックされた感じになって楽しかったですw 津田さんはさすが本業が本業とあって(?)かっちりとしているようで、その実書いていることはじゃがトマ警察という奇妙な感覚に陥りましたね。

作家重飯 魚編
これは暁なつめさんが強すぎる!なんなんだこの人!魚食べに来たのにめんどくさがって帰ろうとするし、魚じゃないもの食べようとするし…暁さんの編集さんのやりとりで5分アニメワンクールいけるんじゃないですか?津田さんの首折れ鯖のお話からのあの謎SF作品の爆誕には笑いましたw あと165pの津田さんのセリフに「むぅ」が出てくるんですけど、これがこの作品1番の萌えポイントでしたね。むぅ。

異世界ヒッチハイク・ガイド
柴田勝家さんの前書きが面白くて面白くて…まるで落語のような語りから語られるPNの由来がめっちゃ面白かったです!もちろん柴田さんの作品も面白かったですね!名前を生かしたこういう召喚もの好きです!カルロさんのはまた奇妙に脳を侵食してきますね…長月さん、蝉川さんの作品は短いながらもすごく面白かったですね!日向さんの作品は癒しでした…積本20冊ですか…僕なんて300冊はありますよ(張り合う部分ではない)最後は津田さんが綺麗に締めて満足度は1番高かったです!

作家軽飯 肉編
魚ときたら肉ということで今度はお肉を食べにいくお話。ここでも暁さんが優勝してましたね…マジで暁さんの編集さんとのやりとりを書籍化した作品とか出ませんか?みかみてれんさんの作品は楽しかったですね!佐伯沙弥香についてはマジで強いので全人類読んでほしいですね。長月さんの作品は異様に羊肉が食べたくなりました…個人的に牛豚鶏よりも羊鴨が好きなように獣臭い肉のほうがいいんですけど、それはそれとして美味しい羊は食べたい…理不尽な孫の手さんの味噌カツも美味しそうでしたね…

以上になります!同人誌版のデザインを踏襲しながら5作品それぞれ魅力のある作品になってましたね!豪華な執筆陣もさることながら、作家さんの素を感じる文章が読んでいて心地よかったです!同人版5冊買うより断然おトクなので気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



作家逃亡飯



著者



カルロ・ゼン 蝉川夏哉 津田彷徨 暁なつめ 長月達平 日向夏 柴田勝家 理不尽な孫の手 円居挽 みかみてれん



レーベル



星海社



ISBN



978-4-06-519944-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ