カテゴリ: ファンタジー(現代要素多め・現代異能)

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは川原礫さんの

デモンズ・クレスト1 現実∽侵食

です!
img_9784049146776_1

ストーリー A
内容は、VRMMORPG<アクチュアル・マジック>のテストプレイに参加した雪花小学校6年1組のメンバー。しかしテストプレイ中に突然視界がブラックアウトすると、現実でモンスターが出現するようになっていた。アルテアという施設に閉じ込められた芦原佑馬は双子の妹である佐羽、親友の近藤健児と共にアルテアからの脱出を目指すが…とこんな感じです!

〜現実世界がデスゲームになったら〜

川原礫さんの新作!ウェブトゥーンとの同時展開の作品ですね。面白かったんですけど、それ以上に今後この作品が完結までちゃんと辿り着けるのか不安になるお話でした…
まず序盤。主人公の佑馬たちがアクチュアル・マジックをテストプレイしているところから物語は始まります。このあたりのVRMMOの設定や描写はさすが川原礫さんという感じで文句なしでしたね。サクッと理解できるのに細部まで練り込まれていることが伝わる設定にゲームを楽しむ佑馬たちの楽しげな感じが伝わってきます。しかしゲームがログアウトできないことを知りテストプレイの終了時間が近づいてきた瞬間、佑馬の視界がブラックアウト。現実に引き戻されます。それだけではなくクラスのアイドル的存在綿巻すみかがモンスターになっているのを目撃し…現実がデスゲームとなったことを知っていく過程や仲間と協力してモンスターを倒していく過程は等身大の小学生という感じでグッド!戦闘シーンも良かったですね!中盤からは生き残ったクラスメイトたちと合流した佑馬たちがアルテアという施設からの脱出を目指す展開になっていくのですが…うーん…ちょっと時間がかかりそうな展開に…終盤ではしっかり見せ場があるものの、このペースでいったら一体何巻で完結して
(SAOとかを並行で出しながら)完結巻を出すまでに何年かかるのかちょっと想像できません…お話は面白いだけにこのスローテンポな展開と完結までの年数を想像してうーんとなりました…面白いんですけどね…

キャラ A
佑馬は等身大の小学生らしくてそれが魅力でしたね。時折見せえる機転の効いた立ち回りがグッドでした!佐羽はメインヒロインではあるのですが。主人公の双子の妹ということでラブ要素にはあんまり発展しなそうですね苦笑年相応の可愛らしさと色々なことを秘密にしてる感じがグッドでした!その他のキャラも魅力的でした!

最後に
面白かったんですけどちょっとこの作品が完結までにたどり着けるのが想像できないです。とにかく早めに続刊出して欲しいんですけど無理ですかね…気長に待ちます…

どんな人にオススメか?
川原礫さんの作品が好きな方は!小学生にMMORPGみたいなデスゲームものを現実でやらせてみたらの模範解答のような面白さがあります!ただ続刊についてはかなり不安です…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

デモンズ・クレスト1 現実∽侵食



著者

川原礫



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-914677-6

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは紫大悟さんの

断頭台の花嫁 世界を滅ぼすふつつかな竜姫ですが。

です!
img_9784040746548_1

ストーリー A
内容は、世界を滅ぼす災厄として死ぬ運命にあった伊良子燐音。しかし彼女を乗せた航空機は何者かによって撃墜される。撃墜をきっかけに燐音の中に宿る竜の因子が暴走してしまい世界はピンチに。そんな現場を目撃した普通の少年・太宰龍之介にはなぜか燐音の暴走を止める力があり彼女と結合魂魄術式を結ぶことで燐音を助ける。自分を助けた龍之介に惚れた燐音は彼と一緒に暮らすことに⁉︎龍之介は燐音を狙う存在から彼女を守ることができるのか…とこんな感じです!

〜世界か彼女か〜

紫大悟さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんです。「魔王2099」は1巻発売当初から積んでます…すみません…どこか懐かしい感じの現代異能×ボーイミーツガールな作品で楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。龍之介の日常が描かれます。こういう生徒会で女の子とイチャイチャなシーンは定番ですけど久しぶりに見ましたね。そして航空機を撃墜され竜の因子が暴走している燐音と出会います。世界を滅ぼす少女とそれを救うことができる少年との出会い。こういうの読みたかった…!で物語が動きだすの最高ですね!燐音を助けた龍之介は世界の平和を守る?組織に所属している生徒会メンバーに監視されること。そして監視に都合がいいからと燐音と同居生活を始めます。生徒会長だけど実はとある組織のお偉いさんな蘭子。吸血鬼の因子を宿し龍之介が大好きな後輩の真理。燐音も含めて3人で龍之介を囲んでワイワイイチャイチャ…というのも鉄板ですけどやっぱりいいですね。そして始まる燐音との同居生活!竜の因子を宿しているため常人を遥に超えるパワーを発揮してしまう燐音。そんな彼女のサポートをしながら学校生活を送ったりちょっとしたハプニングもあったり…龍之介のことが好きだから燐音に協力したくない真理がなんだかんだいって燐音のことを助けてあげるのてぇてぇですね。しかしそんな平和な日常は続かず燐音を狙う影が…なんの能力も持たないけれど燐音を助けようと頑張る龍之介の姿は見ていて熱いですし、最後のバトルは迫力満点!こういう物語が読みたかったのど真ん中をいく作品でした!面白かったです!

キャラ A
龍之介は熱い男でよかったですね!最初は成り行きで助けた燐音のことを本気で守ろうとする姿がグッド!燐音へのあの言葉はすごく響きました!燐音は普段はバカ力暴走ドラゴンガールですが、龍之介の前で時折見せる恋する乙女な瞬間が最高でしたね!生徒会長でとある組織のお偉いさんである蘭子。吸血鬼の因子を宿し龍之介が大好きな後輩の真理も魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白かったです!こういう作品が読みたかったという作品に出会えました!これはぜひ2巻が読みたいですね!まだまだ龍之介たちの活躍は見ていたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
どこか懐かしい感じの現代異能×ボーイミーツガールが読みたい方は!燐音を守るために頑張る龍之介や魅力的なヒロインたちがグッドな作品です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

断頭台の花嫁 世界を滅ぼすふつつかな竜姫ですが。



著者

紫大悟



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074654-8

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは雨宮いろりさんの

あやかし専門縁切り屋 鏡の守り手とすずめの式神

です!
IMG_8070

ストーリー A
内容は、訳あって大叔母の家に引っ越してきた野見山ひより。人と接することが苦手でマイペースな彼女は新生活に不安を抱いていた。そんな彼女はふとしたきっかけで式神の青年・青磁の封印を解いてしまう。ひよりは彼が営む式神と人の縁を切る縁切り屋を手伝うことになる。青磁と一緒に縁切り屋として式神やあやかしと接するひよりだが、彼女を狙う怪しい影が…とこんな感じです!

〜式神の縁切り屋と出会ったら〜

第19回角川ビーンズ文庫小説大賞優秀賞&読者賞受賞作!発売日近くに買っていたのに読むのがすっかり一年近く後になってしまいました…積みすぎですね…のんびりマイペースなひよりと凛とした青磁のやりとり、式神やあやかしとのやりとりが温かいあやかしものでした!面白かったです!
まず序盤。ひよりが引っ越してきて青磁と出会うところから物語は始まります。マイペースでのんびりしているけど人と接することがちょっと苦手なひより。そんな彼女がふとしたきっかけで目覚めさせたのは式神の青磁。かつてひよりの曽祖父の式神として働いていた彼は式神と人間の縁を断ち切るという不思議な力を使い縁切り屋を営むことになります。放っておけない感じのひよりとサクサクと物事を進めたがる青磁とのやりとりは見ていて楽しかったですね。そして始まる縁切り屋としてのお仕事!青磁が持つ人と式神の縁を切ることができる能力を使って様々な依頼を解決していきます。縁を断ち切るというと冷たい印象を受けますが、縁切り屋に訪れる人たちの人柄の良さや人間味あふれるひよりのおかげで心温まる人間模様が描かれていましたね!物語終盤ではひよりたちを狙う存在が現れて…ひよりの皆んなを守りたいという思いが伝わってくるいい展開でしたね。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ひよりは普段はマイペースで人付き合いがちょっと苦手な女の子なんですけど、ピンチの時になると普段の様子からはいっぺんして頼り甲斐がありましたね。青磁はクールな式神。でも必要な時にしっかり頼りになるかっこいい青年でした!その他のキャラも魅力的でした!

最後に
人と式神/あやかしとの縁が温かなあやかしものでした!読後感も素晴らしい作品でした!

どんな人にオススメか?
現代を舞台にしたあやかしものが読みたい方は!ひよりと青磁のやりとりは見ていて微笑ましいものがあり縁切り屋にやってくる人々と描かれる人間ドラマもグッド!心温まる作品です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

あやかし専門縁切り屋 鏡の守り手とすずめの式神



著者

雨宮いろり



レーベル

角川ビーンズ文庫


ISBN

978-4-04-111866-5

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは澱介エイドさんの

SICK -私のための怪物-

です!
img_9784094530889_1

ストーリー A
内容は、精神に帰省し恐怖症を引き起こす概念生命体フォビア。フォビアに侵された人々を助けるために叶音は逸流という弟分と共に心の中の世界であるゾーンに侵入し彼らを殺していた。そんなある日、依頼者の心の中に侵入し恐怖を育てる謎の存在・禍吐ツヅリに出会う。意図的に恐怖を植え付けるツヅリを倒すため叶音はゾーンに侵入するが徐々に彼女の過去が明らかになり…とこんな感じです!

〜精神世界で戦え〜

第16回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作!ちょっと厚くて読むの後回しになっていたんですけど、読み応え抜群のダークな現代異能として楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。叶音と逸流の過去が描かれます。このシーンがこの作品唯一の癒しでしたね…兄妹のように仲良しな2人は見ているだけで…この後の物語を思うと…そして精神世界でフォビアと呼ばれる概念生命体と戦う叶音と逸流が描かれます。スタイリッシュだけどどこまでもダークな雰囲気が付き纏う戦闘シーンは読み応えありましたね…そして物語は2人の女子高生が叶音の元に誰かに見られていると相談するところから大きく動き始めます。誰かに見られているように感じる原因がフォビアだと感じた叶音は彼女の精神世界に侵入しフォビアを倒しに向かいます。しかしそこにいたのは禍吐ツヅリ。恐怖を植え付けるエンターテイメントとして動画配信を行う謎の存在。フォビアを意図的に植え付ける彼を倒すために叶音は奮闘することに。彼を倒すために戦う中で徐々明らかになっていく叶音の過去。これはかなり壮絶でしたね…まず間違いなく今年1のダークさ…彼女がフォビアを根絶やしにしようとする理由もよくわかります…後半は怒涛の展開。ツヅリだけでない敵。現実にも侵食していく狂気。最後のバトルはスタイリッシュなだけではなく叶音の感情がこもった素晴らしいものでした。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
叶音は苦しい過去を抱えた少女。年相応の振る舞いを見せるかと思ったらその裏に抱えるものが壮絶すぎましたね…逸流は天真爛漫な弟分の男の子かと思ったら…この子も壮絶な過去がありましたね…その他のキャラも敵味方含めて魅力的でした!

最後に
ダークな現代異能?バトルものとして楽しく読ませていただきました!終わり方的に続刊あありそうですかね?こういうダークな作品は貴重ですし好きなので続刊楽しみです!

どんな人にオススメか?
ダークな現代異能、バトルものが読みたい方は!精神的にも肉体的にも結構ダークなので読む人は選ぶかと思いますが…スタイリッシュなバトルとこの作品でしか味わえないダークさが魅力です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

SICK -私のための怪物-



著者

澱介エイド



レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453088-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは枯野瑛さんの

砂の上の1DK

です!
img_9784041128961_1

ストーリー A
内容は、産業スパイの青年・江間宗史は任務で訪れた研究施設でかつて家庭教師のバイトをしていた頃の生とだった真倉沙希未と再会する。しかし突然研究施設を襲った破壊工作に巻き込まれてしまう。瀕死の沙希未を連れてなんとかセーフハウスに逃げ込むも、なんと沙希未の体には秘密裏に研究されていた未知の寄生細胞が宿っていた。アルジャーノンと呼ばれていたそれは沙希未の体に宿ったことで自我を獲得していた。沙希未の体を守るため宗史とアルジャーノンの不思議な同居生活が始まるが、アルジャーノンを取り戻そうとする奴らが…とこんな感じです!

〜奇跡のような五日間〜

枯野瑛さんの新作!個人的に初挑戦の作家さんですね。もう5年も前から枯野さんの作品は複数積んでいるんですけどね…それはともかく、1巻完結の作品としてこれ以上にないほど綺麗に終わっていてかつアルジャーノンという未知の生命体との奇跡のような同居生活が印象的なお話でした!面白かったです!
まず序盤。産業スパイとして忍び込んだ研究施設でかつての教え子沙希未と出会うところから物語は始まります。産業スパイというちょっと現実味のない職業を現実味がある形で描かれているのはすごいの一言ですね…そして研究施設を襲った破壊工作。宗史は研究施設から離れていたため難を逃れるも沙希未は破壊工作に巻き込まれえ瀕死の重傷を負います。沙希未を抱えてセーフハウスに逃げ込む宗史。そこで彼女が負った傷が癒えていることに気づきます。そしてアルジャーノンという未知の細胞が沙希未の傷を癒やし、彼女の体に宿り自我を獲得したことを知ります。このとんでもない展開をすらすらと読ませてくれるのは流石ですね…そして始まるアルジャーノンとの不思議な同居生活。見るもの全て、聞くもの全てどころか、人間という生物そのもの、感情、自我に至るまで何も知らないアルジャーノンが宗史とのやりとりの中で<人間らしいなにか>をちょっとずつ獲得していく過程は素晴らしいの一言でした。特に料理のシーンは印象的でしたね。アルジャーノンの本質みたいものが1番見れた気がします。しかしそんな平穏な生活も長くは続かずアルジャーノンを取り戻そうとする奴らに追われることに。アルジャーノンを狙う組織に追われる中で宗史には彼にしか見えていない景色や彼が大切にしているもの、アルジャーノンが隠していることがすれ違っていうのが胸にきますね…でも終盤の困難を乗り越えたラストが本当にすごくよくて心にきました。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
宗史は結構独特というか面白い行動理念に基づいて動いていて見ていて楽しかったですね。こういう青年好きです。アルジャーノンは…なんかこう言葉で説明しにくいんですけど自我を獲得して数日の存在にしては人工感も動物っぽさもなくてなんか不思議な感じでしたね。沙希未はアルジャーノンに寄生されている関係上出番は少ないんですけど印象的な女の子でした。

最後に
1巻完結のちょっと非日常ファンタジー?SF?タイムリミットつきの物語を楽しませていただきました!1巻完結なので枯野瑛さんの次回作に期待ですね!積んでる作品もそのうち読みます…

どんな人にオススメか?
ちょっと不思議な物語を読みたい方は!1巻完結で綺麗にまとまっていますし、宗史とアルジャーノンのやりとりは見ていて興味深いです。気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

砂の上の1DK

著者

枯野瑛



レーベル

角川スニーカー文庫


ISBN

978-4-04-112896-1
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ