カテゴリ: SF

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは牧野圭祐さんの「月とライカと吸血姫6 月面着陸編・上」です!
img_9784094518863_1
5巻の記事↓
星町編の記事↓
ストーリー A
内容は、停滞気味の宇宙開発を隠蔽するための無茶な計画のせいで死んだミハイル。レフたちはミハイルの死を無駄にしないために、かつてコローヴィンが極秘に記した共和国と連合王国の共同計画を世界に暴露した。レフたちの思惑通りにゲルギエフは連合王国との共同計画を宣言。全4段階に及ぶ計画がスタートする。失敗すれば即計画は中止という厳しい条件の中、レフとイリナは連合王国へ。バートとカイエは共和国へと向かうことに…とこんな感じです!


〜月への道は開かれて〜
シリーズ第6弾!星町編も入れるとシリーズ合計では7冊目になりますね。まず言わせてください…アニメ化おめでとうございます!こんなに!こんなに嬉しいアニメ化はあと10年はないです!あぁ…レフがイリナがアニメで動く姿が見られるなんて…アニメ化発表を見た時は半年ぶりくらいに涙しました…本当に生きててよかったです…アニメ化を糧に日々の残業頑張ります(真顔)
閑話休題。
今回は上下巻の上巻、内容としては計画の序盤から中盤ということもあり、次巻に向けた準備といった印象が強かったですね。それでも久しぶりにレフ、イリナ、バート、カイエに会えてそれだけですごく嬉しいですし、共同計画のお話はすごくワクワクしますしレフたちが連合王国で、バートたちが共和国で訓練したり研究したりする様子を楽しませていただきました!面白かったです!
物語はレフたち共和国側の視点とバートたち連合王国側の視点で進んでいきます。レフたち視点では、コローヴィンが極秘に記した共同計画がついに実現に向けて動き出す中、人類最初の月面着陸をする宇宙飛行士にレフが任命されます。そしてイリナは彼とともに宇宙船に乗り込むことに。連合王国のコンピューターを積んだ宇宙船に乗るために彼らは連合王国で訓練を行うことに。レフたちのお話ではまずなんといってもローザですよね…いやもう本当によかった…彼女の元気な姿を予想外に嬉しい姿も見れて本当に大満足です…はちゃめちゃに幸せになってほしいです…そして連合王国へに向かったレフたちに待ち受けていたのは過酷な訓練。肉体的なものは共和国でも体験していたとはいえ、共和国では完全自動だった宇宙船の操縦を行うことになります。イリナの最初の事故っぷりはなんか笑えない感じで壮絶でしたね…イリナは強い子なのでできると信じています(後方父親面)。一方のバートたちは共和国の宇宙船に連合王国のコンピュターを積むために共和国へ。連合王国とは異なる不自由さを感じながら、そして共和国と連合王国の不仲さを肌に感じながらも計画を成功させるために奮闘していきます。共和国側との会議ではカイエさんがかなりの胆力を発揮していましたね…そしてバートはそれをうまく支えていましたね…月に見守られていい雰囲気でこの2人は心配なさそうですね。この2人も大好きなので計画はもちろん、お互いの幸せもちゃんと掴んでほしんですね…まだまだ上巻ということもあり準備という印象もありましたが、それでも共同計画が始まり最高にワクワクさせてくれるお話でした!面白かったです!


キャラ A
イリナの酔った姿が見られたのでもう僕は満足です。でも今回のイリナはちょっと陰りがある表情が目立ったので…レフはしっかりしてくれよ…という気持ちでいっぱいです…そんなレフもイリナのことはありつつも共和国の宇宙飛行士代表として連合王国では堂々とした振る舞いを見せてくれましたね。レフなら必ず月面着陸に成功すると信じています!バートはかつての頼りない印象からは一変。カイエを支える唯一無二の存在になっていましたね。計画が終わるまでお願いします。カイエさんは今回かわいい姿を見せてくれることが多かったですけど、技術面ではしっかり共和国の信頼を勝ち取っているようで安心です。下巻でも頼もしい姿を期待したいです!

最後に
上下巻の上巻ということもあり、最高の盛り上がりは7巻になるかと思いますが上巻でこれだけワクワクさせてもらったので期待してます!そう遠くない未来に7巻も出るようなので発売楽しみにしてます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



月とライカと吸血姫6 月面着陸編・上



著者



牧野圭祐



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-451886-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは菊石まれほさんの「ユア・フォルマ 電索官エチカと機械仕掛けの相棒」です!
img_9784049136869_1
ストーリー B
内容は、ユア・フォルマという脳に埋め込んで使用するデバイスが普及した世界。ユア・フォルマに記録されたデータから事件捜査を行う電索捜査官のエチカは天性の情報処理能力の高さゆえに電索補助官の脳を焼き切っては病院送りにしている孤高の天才だった。そんなある日、エチカに新たなパートナーとしてアミクスという人形ロボットであるハロルドが電索補助官としてあてがわれる。2人は電子ウイルス事件を調べることになるが、その過程で衝突していき…果たして2人は無事に事件を解決することができるのか…とこんな感じです!

〜記憶と記録から追え〜
第27回電撃小説大賞大賞受賞作。近未来を舞台にしたSFですね。個人的に文章が合わなかったこと、キャラに魅力を感じなかったことを除けばそれなりに楽しめる作品でした。
まず文章。これがどうにも合わなかったです。合わなかったポイントしては二つ。一人称と三人称が入り混じるのと、セリフと地の文を合体させた文章が散見されることです。一人称と三人称の組み合わせ方自体は良いのですが、エチカの感情が挟まる文章はなんかこう「エチカってこんなに内心激しく感情が揺れ動くのか…?」と思ってしまう場面も多々ありました。あとセリフのあとのに改行入れずに地の文がしかも三人称視点でくるとなんかこう脳内で会話から思考に切り替わらずに混乱します。文章が合わなかったこともあり、300ページ以下の作品でしたが3時間くらい読むのに時間かかりましたね…まぁ文字数が多いというのもありますが…
序盤は世界観やユア・フォルマ、そしてエチカのことが語られていきます。序盤からかなりの情報量が前述の合わない文章で語られるので個人的にはちょっとかなりキツかったですね…そしてハロルドとパートナーを組むことになったエチカは電子犯罪の捜査を始めます。天才的な情報処理能力を持ちアミクスをなぜか毛嫌いしているエチカ。見ていないはずなのにまるで見てきたかのように他人の特徴を話すハロルド。2人は当然のようにぶつかり合いながら事件の捜査を進めていきます。この2人の関係性はよかったですね。終盤になるにつれて明らかになる事件の全貌もよかったです。このあたりの見せ方はさすが大賞作という感じで終始ワクワクしながら読み進めることができました。物語の着地点もよかったですし、文章が合わないということはありましたが楽しませていただきました。

キャラ B
個人的にはエチカもハロルドも微妙に魅力を感じなかったんですよね…なんかエチカは人間味が足りなくて、逆にハロルドはロボットみが足りないというか…いやハロルドに関してはロボットみを求めるのは違うかもですが…ビガが1番魅力的でしたかね…

最後に
文章が合わない、キャラに魅力を感じないという個人的な事情を除けば物語は面白かったと思います。ただこの2点は致命的にあわずnot for meでしたので続刊は読まないと思います…

どんな人にオススメか?
SF好きな方は。個人的には合いませんでしたが、文章とかキャラが気にならなければ電子犯罪を追うバディものとして楽しめるかと思います。気になった方は。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ユア・フォルマ 電索官エチカと機械仕掛けの相棒



著者



菊石まれほ



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913689-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは冴吹稔さんの「培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった」です!
img_9784040739946_1
ストーリー A
内容は、才色兼備なお嬢様である薫子と付き合うことになった和真。しかし不意の事故に巻き込まれてしまう。和真が次に目を覚ますとそこは240年後の世界!なんと薫子が自身のクローンを何体も作り、長年研究を重ねて事故で死んでしまった和真を蘇らせたという。久しぶりの先輩との再会を喜ぶ和真だが、なんと240年の間に文明は衰退していた⁉︎終末世界で先輩との青春を取り戻すための日々が始まる!とこんな感じです!

〜終末世界で青春できますか?〜
第5回カクヨムWEB小説コンテストSF・ゲーム部門特別賞受賞作!ポストアポカリプスな日本を舞台に日常?非日常?を謳歌する和真と薫子が魅力的な作品でした!面白かったです!
事故に巻き込まれて死んでしまうも、恋人である先輩の薫子によって240年後に和真が蘇るところから物語は始まります!好きな人を240年もかけて蘇らせると聞くとなかなかのヤンデレっぷりを想像しますが、当の薫子さんが研究者気質だからかあんまりヤンデレ感ないですね。いやヤンデレですが。和真が死んでいた240年の間に色々あり一気に衰退した文明。日本には数万人の人々しか残っていないとされ、和真が眠っていたラボを除けば街はジャングルのようになっていて…いいですね…人がいなくなった東京、ジャングル化する街…野盗や奴隷商人が跋扈するというのも終末感あってグッドです!和真を救うために色々とハイスペックな機器を用意していた薫子は和真が目覚めると国を作ると言い出し、また食料も将来的には心許ないことから2人は終末世界を探索することに。途中野盗から助けたノゾミも加えて3人で終末世界を旅していきます!終末世界の探索・旅というだけでテンション上がりますけど、設定もしっかりしていてかつて人が暮らしていた痕跡であったり「じゃぁ人間がいなくなった240年後の東京はどうなっているの?」という部分のディティールに非常にこだわりを感じました!この世界観めっちゃ好きです!時折和真と薫子のイチャイチャを眺めつつ、終末世界での過酷な現実を乗り越えていく2人。人の命が軽かったり、倫理観が現代日本のそれではなかったり、人を襲う凶悪な動物がいたり…240年前とは何もかも違う世界に驚き戸惑いながらも終末世界で日常を送る和真と薫子は魅力的でした。最後はやや駆け足気味でしたが、最後までこの終末世界にどっぷりと浸からせてくれる素晴らしい物語でした!面白かったです!

キャラ A
和真は最初は頼りない感じでしたが、法律なんてないこの終末世界で日々生活するうちにどんどん逞しくなる姿が魅力的でした!薫子さんはバリバリの才女というか理系女子?で最初は和真を蘇らせる執念と科学者っぽい感じで女の子らしさをあまり感じなかったのですが、話が進に連れて和真と日々を乗り越えていく中で見せる女の子らしさと和真を守ろうとする強さのギャップが出てきて非常に良かったです!

最後に
先輩と僕のいい終末世界ものでした!結構大きな謎というか気になる部分もあるのでぜひ2巻は出して欲しいですね!これから和真と薫子がどんな日々をこの世界で送っていくのか楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
終末世界もの、ポストアポカリプスものがすきな方は!とにかく終末世界の世界観がディティールがすごくて好きならハマること間違いなしです!和真と薫子のやりとりも楽しいですし、過酷な日々を生き抜くことで強くなる2人の絆もグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった



著者



冴吹稔



レーベル



富士見ファンタジア文庫



ISBN



978-4-04-073994-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは石川博品さんの「ボクは再生数、ボクは死」です!
IMG_4389
ストーリー A
内容は、しがない28歳の会社員狩野忍はVR空間<サブライム・スフィア>で世界最高のモデラーが作り上げた世界最高の美少女シノとしてVR風俗に通って遊んでいた。そんなある日、ツユソラというこれまでにない美女娼婦に出会いあっという間に彼女の虜になる。しかしツユソラはすぐに百万単位のお金が動く超高級娼館へと移籍してしまう。彼女を指名するためにシノは会社の先輩であるイツキと共にストリーマになり動画配信を行うことで多額の金を稼ごうとする。だが、動画や配信は次第に過激さを増していき…そしてツユソラに会いに行けるようになったシノはツユソラに関する衝撃の真実にたどり着くことに…とこんな感じです!

〜VR空間を本気で楽しめ〜
石川博品さんの新作!読むの楽しみにしていたんですけど、単行本でめっちゃ分厚くてなかなか読む機会がなく先送りになっていました…まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!VR空間をここまで!こんな風に表現するのか!というのが率直な感想なんですけど、VR空間で繰り広げられるヒューマンドラマも熱い!Vtuberやニコニコ・YouTube、VRチャットといった文化をしっかり取り入れて<どこかありえそうなちょっと未来のVRのお話>にしてるのがもう…とんでもなく面白い作品でした!最高でした!
序盤はいきなり28歳男性会社員がオムツを履いてサブライム・スフィアにログインするところから始まります。なかなか衝撃的な始まり方ですが、VRに限らずゲームガチ勢はオムツ履くって聞きますもんね…28歳冴ない会社員の忍はVR空間に入ってしまえば世界最高峰のモデラーが手がけたシノという美少女。そのシノの姿で娼婦と致して現実でも電動オナホで致すという…これまた衝撃的ですけど、マジでセックスロイドよりはこういう方が近未来にあり得そうな感じですよね…そんなシノはある娼館(というかソープ?)でツユソラというこれまで見たこともない絶世の美女と出会います。まぁ絶世の美女といってもアバターなんですけど(^_^;)初めてのプレイですっかり彼女の虜に、もとい恋をしてしまったシノは週5で彼女の元に通うようになります。しかし突然ツユソラは100万単位のお金が動く高級娼館に移籍してしまいます…どうしてもツユソラに会いたいシノは会社の先輩でVRをこんな風に楽しんでいることを知られてしまったイツキと共動画配信でお金を稼ぐことに!このあたりのイメージはまさにVtuberですね。最初はうまくいかなかったものの、過激な動画がヒットしたことで徐々に知名度をあげていく2人。なんでもありのエリアで有名配信者をぶっ殺したり…と本当に過激な動画でしたね…そしてシノの美貌もあって2人は急上昇!どんどん仲間も増えて、シノはセフレも増やしていきます。うーん。この欲望に忠実な感じたまりません!物語は終盤までそんなシノとイツキがサブライム・スフィアで
有名となり成り上がっていく様子が描かれます。が、終盤になって物語は一変。ツユソラの秘密が明かされ、最強の敵と対峙することに…もうとにかく第9章はすごかったですね…これぞVRを文章にした際の頂点にして臨界点でしたね…今後VRを描いた作品でこの作品を超える作品が出るのは10年はかかるでしょう。ラストもよかったですし、最高に面白い作品でした!面白かったです!

キャラ A
シノは中身がVR風俗(リアルではオナニー)にハマる冴ない28歳会社員であることを意識させない完璧なボクっ娘美少女でしたね。ゲームスキルというかプレイヤースキルも高くてとにかく見ていて楽しいキャラでした!イツキはシノの良き相棒にしてパートナーでしたね…最初はチョロいというかショボくてこいつ大丈夫か…?という感じだったのに、後半になるにつれてどんどん成長してシノの唯一にしいぇ無二のパートナーになっていく過程がよかったです!そのほかのキャラもすごく魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白いVR空間を描いた作品でした!2巻もあれば読みたいですけど、綺麗に終わってますし1巻完結ですかね?石川博品さんの作品は定期的によみたいので新作楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
VtuberとかVR好きな方は!最初は結構度肝抜かれる描写があるかもですが、テンポが良い会話に読みやすい文章であっという間に物語に引き込まれていきます!とにかくこんな面白い小説はなかなか出会えないですし、VR空間を描いた作品でこの作品を終える作品が出るのはあと10年はかかります!それくらいの作品なので厚さとか値段とか気にせずとにかく読んでみてください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ボクは再生数、ボクは死



著者



石川博品



レーベル



エンターブレイン



ISBN



978-4-04-736384-7


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは藻野多摩夫さんの「さいはての終末ガールズパッカー 1」です!
IMG_3808

ストーリー A
内容は、何世紀も前に起こった戦争と寒冷化により滅びかけの人類。そんな数少ない人類の生き残りであるレミはある日、雪の下で眠っていたリーナというオートマタに出会う。姉妹のように育った2人は面倒を見てくれていたトニー爺の死をきっかけにエリシウムと呼ばれる楽園を目指すことに。ルート66という国道を旅する2人は果たしてエリシウムに辿り着けるのか。そしてリーナに迫るカウントダウンは…とこんな感じです!

〜世界の果てまでふたりで〜
藻野多摩夫さんの新作!「オリンポスの郵便ポスト」「できそこないのフェアリーテイル」とデビュー作から大好きな作家さんなので新作読むのすごく楽しみにしてました!
まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!終末!雪の世界!人間の女の子!オートマタの女の子!楽園へと続くルート66!別れと出会い!そして悲しくも美しくて優しい結末!全てが最高の一言!久しぶりにラノベ読んでこんなにワクワクしました!めっちゃ面白かったです!
まず序盤。氷ついた世界観とレミの悲しい描写から物語は始まります。なにもかもが氷、雪に閉ざされ、太陽も人類も滅びかけの世界。そんな絶望的な世界でレミはオートマタのリーナに出会います。色々なものを失っていくレミがこうしてリーナと出会うシーンは、この物語の終盤を知ってから読かえすとじーんとくるものがありますね…そしてレミとリーナの面倒を見ていたトニー爺の死をきっかけに2人は楽園<エリシウム>を目指す旅を始めます!トラブルメーカーなレミと真面目だけど片方の腕が動かないというこの世界ではあまりにも深刻なハンデを負うリーナ。2人は時にぶつかり合いながらもルート66をまっすぐ歩きエリシウムを目指します。そして道中で出会う生き残りの人類やオートマタたち。客のこないホテルで客を待ち続ける喋るスロットマシン、街から街へとあるものを運ぶ運送屋のオリヴィア、蒸気の街で出会うトーマス・アルバと呼ばれる技術者集団…出会いから別れまでのわずかな時間を共に過ごすシーンは人間の生きる力強さと優しさを感じられますね!そしてリーナに起こる異変。思い出される過去の記憶。レミではないご主人様のこと、かつてこの世界で起こった戦争、それにともなう悲惨な出来事…そうした記憶を夢として見始めたリーナは…切ないですね…終盤は怒涛の展開。旅の終わりで迎えるピンチを乗り越えて2人は…最後の最後まで一緒にいたいと願ったからこそのこの終わり方なんですよね…終末世界で人間の女の子とオートマタの女の子が旅をする切なく優しいロードSFでした。最後まですごく楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
リーナは優しくて強いオートマタでしたね。レミのことが本当に大好きで大切で、だからこそ自分自身に起こる異変のことも素直に話すことができない。迷惑をかけてしまっている自分のことが嫌い。すごく優しいからこそ危うくて、そうした部分が元気一杯でちょっと暴走気味なレミと相性がすごく良かったです!レミはとにかく元気いっぱいな女の子!トラブルメーカーで時々やらかしますが、そこは真面目なリーナがフォロー。リーナが困っていれば手を差し伸べて、リーナ対して本気で怒って泣いてあげられる。素敵な女の子でした!

最後に
めっちゃ面白かったです!ナンバリングもされてますし、終わり方的には続刊あってもいい感じですね!2巻も楽しみです!

どんな人にオススメか?
ポストアポカリプス、旅ものが読みたい方は!女の子2人の表紙が目を引きますが、百合という感じではないのでそういうの求めている方は注意です。切なくて優しい氷の世界を旅する物語は好きな人ならハマること間違いなし!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



さいはての終末ガールズパッカー 1



著者



藻野多摩夫



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913199-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ