カテゴリ: SF

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは塗田一帆さんの

鈴波アミを待っています

です!
img_9784152100962_1
Vtuber鈴波アミのデビュー1周年配信の日。予定時刻になっても彼女は現れず突如失踪してしまった。鈴波アミの視聴者たちは彼女の復帰を信じて1年前のアーカイブを同時視聴しながら彼女を待ち続けることを決める。コロナウイルスによって徐々に社会も変化していく中で果たして鈴波アミは復帰するのか…

塗田一帆さんのデビュー作。本作は元々ジャンプ小説新人賞で金賞を受賞した短編作が元になっており、それを元に長編化したものを早川書房から出版というちょっと珍しい流れで発売された作品ですね。Vtuberものということもあるのですが、作者の方がYouTuberのKUNさんの初代編集者ということで気になって読んでみました(5年来のKUNキッズなので…)。さて作品はと言いますと…

はっきり言ってすごい。

とんでもない小説でした。最初はただの鈴波アミの一視聴者だった俺を俯瞰する形で物語を追っていました。でも途中から僕が<俺>になって強制的に2020年に戻らされて鈴波アミを推されて彼女を助けるためにページを捲るようになりました。没入感が半端じゃないです。なんなんですかこの引力は。200pの物語にこんなに引き込まれたことはないです。最高の読書体験でした。

まず序盤。物語はVtuberの鈴波アミがデビュー1周年配信に現れなかったとろこから始まります。一視聴者として彼女が現れるのを心待ちにしていた<俺>は鈴波アミが現れなかったことに動揺しながらも、視聴者たちに過去のアーカイブを同時視聴しながら彼女を待つことに。

物語の序盤は<俺>が鈴波アミを待つ物語で、Vtuberに関する豊富な知識に裏付けられたリアルな2020年を感じながら物語を追うことができましたね。

鈴波アミの配信アーカイブの同時視聴を通して読者は彼女のことを知るようになります。鈴波アミの配信スタイルであったり、彼女の人となりであったり、人気になるまでの過程であったり…その全てが奇跡のような連続で成り立っていて徐々にVtuber鈴波アミに引き込まれていきます。

しかし配信アーカイブを同時視聴するようのチャット欄が荒らされたことで物語は思わぬ方向へと転がっていきます。鈴波アミの配信アーカイブを同時視聴することはなくなり世間はコロナで徐々に追い詰められていく<俺>。それでも鈴波アミの復帰を信じてアクションを起こしていきます。

そしてここからがすごい。彼女のために推しのために必死で行動する彼の姿に没入していきます。これまで他人だった<俺>がまるで自分のように感じられるようになり、<俺>が狂おしいほどに鈴波アミを求めるようになる。本当にすごい引力でここまで引き込まれるのかと読んでいて驚きました。

ラストは文句なし。この物語にふさわしい最高の結末でした。これ以上はないです。

推しがいるならぜひ読んでほしい。本当に凄まじい引力と没入巻のある作品でした。オススメです。


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

鈴波アミを待っています



著者

塗田一帆



レーベル

早川書房

ISBN

978-4-15-210096-2
表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは蒼井裕人さんの

エンド・オブ・アルカディア

です!
⚠︎ネタバレありです
img_9784049142204_1

ストーリー B
内容は、クローン技術が発達し死が遠くなった世界。生命再生システムの<アルカディア>を使い瞬時に蘇生できるようになった戦場ではエルメリア合衆国とローレリア連邦の10代の少年少女たちが日々終わらない戦いを続けていた。エルメリア合衆国軍の少尉・一ノ瀬秋人は成績不振のペナルティとして超難易度の任務に挑むことに。しかしローレリア連邦軍のフィリアと地盤崩落で廃都市の地下深くに落ちてしまう。2人は協力して脱出しようとするが、その最中に衝撃の事実を知ってしまい…とこんな感じです!

〜何度も生き返る戦場で〜

第28回電撃小説大賞金賞受賞作。個人的には面白いと思いませんでした。以下面白いとは言わないので読みたくない方はブラウザバックで。
気になったのは2点

①バトルシーンが薄い
②結局この物語で何がしたいのかわからない。

まずは①について…バトルシーンがめちゃ薄いです。多分この作品はSFアクションとかそういった分類の作品だと思うんですけど…なんか銃弾が飛び交っているのはわかるんですけど、それ以上の情報がないというか…戦場を俯瞰するシーンがあるわけでもなく、個人の戦闘にフォーカスするわけでもないので本当に薄味です。さらに言えば途中で突然ライトセーバー的なものを使い始めて…なんか正直迫力もなければ情報量も少ないので何やってるのかわからないです。
続いて②。これが1番の問題で…結局この作品何がしたいのかわかりませんでした。大人の実験のために戦争させられている子供vs実験している大人たちをやりたいのか、それとも秋人とフィリアの戦場の恋をやりたかったのか…正直どっちもやろうとしてどっちも超薄味になっている感が否めませんでした…前者をやろうとしているなら圧倒的にその構図にするまでの過程が足りないですし、後者ならとってつけたような恋愛要素がかなり寒いです。で終盤大して盛り上がらないバトルにとってつけたようなラスト。カタルシスがない。個人的にはこの作品に面白さは見出せませんでした。

キャラ C
キャラは秋人もフィリアも魅力を感じませんでした。2人ともお互いをなんで好きになったんだ…?そして大人サイドのキャラも微妙かと思えば、サブキャラはいらないのではないかという存在感のなさ。微妙でした。

最後に
個人的には面白いとは思いませんでした。続刊は出ても買いません。

どんな人にオススメか?
個人的にオススメはしません。気になる方は試し読みの上自己責任で。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

エンド・オブ・アルカディア



著者

蒼井裕人



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914220-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは長月東葭さんの「貘 -獣の夢と眠り姫-」です!
img_9784094530155_1
ストーリー A
内容は、電子の代わりに夢を媒体とする通信技術《夢信技術》が発達した世界。共有された夢の世界で人々は睡眠時も経済活動を行うことが可能になっていた。そんな夢の世界に侵入し精神を破壊する悪夢を武力で制圧する貘と呼ばれる存在。貘に所属する瑠岬トウヤは那都神ヨミと薪花ウルカと共に悪夢を狩っていた。そんなある日、トウヤは自身の姉にそっくりな呀苑メイアという少女に出会う。彼女はある願いを叶えるためにトウヤのもとにやってきたという。メイアのことを疑いながらも行動を共にすることを決めるトウヤだが、メイアを狙い恐ろしい悪夢が出現し…とこんな感じです!

〜夢の世界で悪夢を狩る〜
第15回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作!作者の長月さんはこれがデビュー作ではなく、以前ドラゴンノベルスで「宵の国戦記」という作品を発表されているようですね。濃厚なSF設定に切れ味鋭いバトルシーンが印象的なSFアクションバトルものでした!面白かったです!
まずなんと言っても設定がよかったですね!夢信技術が発達し、現実の世界のみならず眠っている間に夢の世界でも生活ができるようになった世界。そこで発生する悪夢を狩る存在《貘》。こういう設定すごくワクワクします!物語は貘に所属するトウヤ、ウルカ、ヨミの活躍が描かれるところから始まります!この3人のチームとしての戦いや個人の戦いは見事でしたね!ウルカは遠距離が狙撃で、ヨミは剣術を使った近接戦闘で、トウヤは自身のある特性を使ってそれぞれ悪夢を倒していきます!バトルはスタイリッシュでとにかくかっこよかったですね!そしてトウヤの姉にそっくりなメイアと出会うところから物語は動き始めます。トウヤにある願いを叶えてほしいメイア。そんな彼女に振り回されながらもトウヤは彼女と交流していきます。メイアさんとのデートシーンはどこか微笑ましくてバトルメインの作品に華を添えていましたね。そして物語はメイアを狙うある存在が現れたことで急展開を迎えます。そもそもメイアはどんな存在なのか、過去に夢の世界で起きた事件により昏睡状態となったトウヤの姉のこと…散りばめられていた伏線が繋がり終盤に向かっていく展開はすごくワクワクしました!終盤はバトルも熱くて盛り上がりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
トウヤは個性が強いタイプではないんですけど、貘でリーダーを務めたりメイアと話す中で見えてくる彼の人間らしさが魅力的でしたね。メイアさんはすごく謎めいていて最初は掴みどころがなかったんですけど、彼女のことが明らかになるにつれて、その謎めいた雰囲気の裏にある彼女らしさに惹かれていきました。ウルカ、ヨミの2人も魅力的でした!

最後に
スタイリッシュなバトルが印象的なSFアクションものでした!これは長く続くとさらに面白くなりそうなのでぜひ2巻も読んでみたいですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
SFアクションものが好きな方は!スタイリッシュなバトルと濃厚な設定に好きな人はハマること間違いなしです!終盤に加速する物語の展開もいいですし、気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



貘 -獣の夢と眠り姫-



著者



長月東葭



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-453015-5


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは呂暇郁夫さんの「楽園殺し 鏡のなかの少女」です!
img_9784094530124_1
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、有毒な砂塵が舞う偉大都市。荒廃した都市では有毒な砂塵から身を守るためそこで暮らす人々はみなマスクをしていた。そして砂塵を取り込み様々な能力を発現させる人々がいた。都市で悪事を働く砂塵能力者を取り締まる粛清官のシルヴィは射撃の名手として剣を扱うシンと共に偉大都市で暗躍する悪を狩っていた。そんなある日、人を獣に変貌させるドラッグが流通するという事件が発生する。黒幕を追うシルヴィとシンだが、ドラッグの流通にはある黒い過去が関係していて…とこんな感じです!


〜少女の復讐〜
呂暇郁夫さんの新作!といっても前作にしてデビュー作の「リベンジャーズ・ハイ」と世界観が同じというか、シルヴィ視点になったほぼ続刊ですね。ストーリー的にも前作の続きという立ち位置が強く個人的にはこの作品単体よりは前作も読んでいる方が楽しめるなと感じました。
閑話休題。
お話としてはまだまだ序盤というか、完全に続く前提の1巻でしたが荒廃した偉大都市を舞台にしたどことなくサイバーパンクを感じる素晴らしいSFアクションでした!面白かったです!
まず序盤。シルヴィの任務の様子が描かれます。どことなく焦りを感じる彼女の行動と、そんな彼女に訪れる危機を防ぐチューミーことシン。前作での二人のバディっぷりは様々な危機を乗り越えて完璧になっていく過程がとことん最高でしたが、今回はちょっと不穏な感じですね…そして二人に人を獣に変化させるドラッグの調査が命じられます。偉大都市で幅をきかせるギャングたちが売り捌くそれは、偉大都市に根を深く生やすばかりか都市の過去にも深く関わる代物で…まだまだ全容は見えてこないですけど、こういう問題は見ていてぞくぞくしますね。一方、シルヴィはとにかく色んなことに焦ります。自分より後から入ってきたくせにあっさりシルヴィの階級を抜いたシンに対して、そして両親殺しの復讐を果たせない自分に対して…偉大都市で巻き起こるアレコレに対して自分が何もできていない。彼女の焦りがとにかくガンガン伝わってきます。物語は終盤に急展開。捉えられていた男の脱走を機に人を獣に帰るドラッグの事件は一気に偉大都市に牙を剥き始めます。そして戦いの中でシルヴィはシンと決定的な溝を作ってしまいます…ここからどうなるのか…というところで終わってしまい正直かなり中途半端感は否めませんがこの時点でもかなり面白いので続刊に期待ですね。

キャラ A
シルヴィは「リベンジャーズ・ハイ」の時と全然印象違いましたね…彼女がこんなに焦っているところなんて正直想像できませんでした。でも乗り越えてほしいですね。シンはシルヴィの良きパートナーで彼女をなんとか救おうとしていましたが…戦闘中の行動が裏目に出てしまいましたね…シンも頑張ってほしいです…

最後に
1巻時点ではまだまだ序盤かつかなり中途半端なところで終わっているのでとにかく早く続刊が読みたいです!続き待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



楽園殺し 鏡のなかの少女



著者



呂暇郁夫



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-453012-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは山口隼さんの「ガンナー・ガールズ・イグニッション Case1.フェイタル・インシデント」です!
img_9784865548648_1
ストーリー A
内容は、トウキョウの東にある環境建築都市チバ・シティのダウンタウンで運び屋をして暮らす青龍寺天。天は生まれながらにしてサイコキノという物に触れずに物体を動かす能力、ESPを扱うことができたがそれを隠して生活していた。ある日、天が体の一部をサイボーグ化する違法な機関義肢を運んでいる最中にESP能力者の事件に巻き込まれSIAという機関義肢犯罪を専門に扱う諜報機関に加入することに。心を読める七世涼、火を扱う岬今日子と共にフェイスレスという組織を追うことになるが…とこんな感じです!

〜超能力と銃弾で陰謀を打ち破れ!〜
山口隼さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。クランチ文体?を取り入れたキレのある文章に、近未来のアンダーグラウンドといった感じのチバ・シティを舞台に繰り広げられる超能力×激しい襲撃戦、そしえ魅力的なキャラによる百合がたまらない作品でした!面白かったです!
まず序盤。チバ・シティのダウンタウンに暮らす天の日常が描かれます。あー…いいですね…タバコを吸うこういう豪快な感じの女性…ここで惚れました…キレのある一人称にクランチ文体を取り入れてテンポ良く読ませてくれる文章。アングラ感漂うチバ・シティで運び屋というこれまたイリーガルな仕事をする天。たまらなく好きです!物語はそんな天が違法な機関義肢(体の一部をサイボーグ化するパーツ)を運んでいる最中にESP(超能力)に関する事件に巻き込まれるところから動き始めます!SIAという機関義肢を専門に扱う諜報機関に加入し、七世涼というクール系上司と今日子という生意気系後輩キャラ(先輩)と共にチバ・シティで暗躍するフェイスレスの犯罪を追う…ところどころに挟まる百合がまためちゃくちゃいい…見境なく女を襲う七世さんに、七世さんが大好きな今日子、そして七世さんに襲われる天…今日子と天のバチバチの関係もいいですし3人の絡みは本当に見ていて楽しいです!中盤以降はフェイスレスの背後に潜む強敵や陰謀が明らかになりどんどん面白さが加熱していって最高に盛り上がりましたね!硝煙香る激しい戦闘描写もグッド!最高にクールでかっこいい作品でした!面白かったです!

キャラ A
天は豪快で血の気が多くてかっこいい女性でしたね!タバコをカッコよく吸って、普段はガツガツした感じなのに七世さんに責められると思わず照れちゃうところのギャップとか最高でした!今日子は七世さんラブな荒れた敬語系後輩キャラ(先輩)。天とバチバチにやりあうところと七世さんが本当に好き!大好き!という表情がいいですね!七世さんは女大好きクール系上司。ガチの女たらしで見ていて楽しいですけどこれはいつか背中刺されますね…天に対する態度とかかわいらしい一面もあり個人的には1番好きなキャラです!

最後に
近未来アングラ!銃撃戦!超能力!サイボーグ!百合!ととにかく好きな要素が満載の作品でした!面白かったです!タイトルに1と入っているわけですしぜひとも2巻が読みたい…!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
アングラで血生臭いバトルと百合が好きな方は!好きな人は絶対にハマる作品だと思います!とにかく天が豪快でカッコよく、今日子や七世さんとのやりとりも見ていて本当に楽しいです!気になった方は!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ガンナー・ガールズ・イグニッション Case1.フェイタル・インシデント



著者



山口隼



レーベル



オーバーラップ文庫



ISBN



978-4-86554-864-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ