カテゴリ: ミステリ・サスペンス

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは波戸彼方さんの「中野森高校文芸部のホームズ&ワトソン」です!

IMG_7026
ストーリー A
内容は、中野森高校の文芸部に所属する藤堂基子はミステリ好きで自身もミステリ作家を目指す高校一年生。そんな彼女の元に曲直瀬彰というこれまで関わりのなかった同じく高校一年生の女子がやってくる。なんと彼女は基子が中学生の頃に出した同人誌を読んで探偵を志したという。しかも彰は基子にワトソン役になれという。彰がやってきてから次々に発生する事件に2人は挑むことになるが…とこんな感じです!

〜ミステリを知らない探偵が謎解き〜
波戸彼方さんのデビュー作!THE学園ミステリという感じで謎解きも基子と彰をはじめとする賑やかなキャラたちとの掛け合いも存分に楽しませていただきました!面白かったです!あと一応。ミステリなのでトリックに関する致命的なネタバレはしませんが未読の方はご注意ください…

まず序盤。彰が文芸部の部室にやってくるところから物語は始まります。基子がかつて出した同人誌を見て探偵を志した彰。そんな彼女にワトソン役を頼まれて…いやー中学時代の同人誌が他人の人生を変えちゃうのはなんかすごい経験ですね汗 そしてなし崩し的に結成したコンビが学校で次々と巻き起こる事件を解決していきます!物語は連作短編形式で一つの事件に対して1話といったような形でお話は進んでいきます。盗まれた漫研のノート探し、増えたショートケーキの謎、アイス屋でのちょっとした事件、突然変わった平均点の謎に、部室荒らしの犯人探し…日常の謎に対して状況観察能力とキレる頭で謎を解いていく彰は見ていて気持ちがよかったですね!トリックもしっかりしていて一緒に謎を解く感覚が心地よかったです!個人的にはアイス屋さんのお話が好きでしたね…こういうトリックめっちゃ好きなんですよね…基子と彰のやりとりもいいですね!探偵と助手、普通の高校一年生同士、文芸部員同士、それぞれの場面でそれぞれの関係で魅力ある会話を展開してくれます!ラストもこの2人らしくてグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
基子はミステリ好きな文芸部員。彰とのやりとりや他の文芸部員とのやりとりなど見ていて楽しい会話を展開してくれる女の子でしたね!彰は王道というか証拠を集めて観察力と論理的な推理で事件を解決する王道の探偵。もちろん女の子としても魅力的で見ていて楽しい子でした!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白い学園ミステリでした!これは続刊が出るならぜひ長く続いて欲しいですね!2人の謎解きは見ていてすごく楽しいので2巻楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
学園ミステリが好きな方は!謎解きも楽しいですし、基子と彰のやりとりは見ていて楽しいです!日常の謎ゆえ派手さはないですがこういうミステリ好きな方は絶対にいるはずです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

中野森高校文芸部のホームズ&ワトソン



著者

波戸彼方



レーベル

星海社FICTIONS

ISBN

978-4-06-52146-0
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは日向夏さんの「迷探偵の条件」です!
⚠︎なるべくネタバレはしないつもりですが、ミステリなので未読の方は悪しからず。
img_9784046808417_1
ストーリー A
内容は、真岡陸は普通の高校2年生。だが真岡家に生まれた男子の運命として18歳までに運命との女性と出会わなければ死ぬという超不幸体質があった。しかも陸にはヤンデレの女性ばかり引き寄せてしまう体質と外を歩けば事件に当たる迷探偵体質も持ち合わせていた。クラスでイベント補助委員という名の雑用係に任命されてしまった陸は学園祭にかけて様々な事件に巻き込まれてしまうが…とこんな感じです!

〜事件は勝手にやってくる〜
日向夏さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。なんとなくファンタジーのイメージがある作家さんなので現代日本を舞台にした作品は意外でした。巨大な学園を舞台にした探偵ものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まずなんと言っても文章。これがすごくよかったですね。陸の一人称で描かれるんですけど、高校2年生の男子の見た世界というかリアル感のある文章で物語に没入できました!個人的にめっちゃ好きですね!物語は陸の体質が語られるところから始まります。18歳までに運命の女性を見つけなければ死ぬのに、普段はモブでヤンデレばかり引き寄せてしまいさらには事件を引き寄せてしまう探偵体質で…陸くんはあと1年間すごくいいことがたくさんあってもいいと思うんですよね…そして物語は学園で起きるある殺人事件から動きだします。ミステリなので致命的なネタバレはしないようにするんですけど、人が死ぬ学園ミステリって久しぶりに読みましたね。しかもがっつり死ぬ。結構びっくりしました。その後も人がしんだり死にかけたりとなかなか血生臭い学園ミステリでしたね…そしてそれを抜群の記憶力とこういうことになれてしまった胆力で謎を答えへと導いていく陸。すごく探偵してましたね…迷探偵要素はどこ…?衝撃的なラストもよかったですし最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
陸はなんか見ていてかわいそうになるくらい薄幸な男の子でしたね…18歳で死ぬならせめてもう少し幸せになってほしいです…探偵シーンはかっこよかったです!その他にも幼馴染で色々と秘密を抱えたユキ、なぜか陸のことをにらんでくるまりあ、腐っている樋野先輩と魅力的なキャラがストーリーを盛り上げていました!

最後に
人が死ぬ系の学園ミステリとして楽しく読ませていただきました!これはぜひ続きが読みたいですね!陸くんが運命の18歳をどのように迎えるのか…続刊楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
学園ミステリが読みたい方は!人が死ぬ結構血生臭い系の作品です。陸くんの一人称で語られる物語は見ていて楽しいですし、ミステリ的な部分もグッド!キャラも魅力的ですし気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



迷探偵の条件



著者



日向夏



レーベル



MF文庫J



ISBN



978-4-04-680841-7


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは駿馬京さんの「インフルエンス・インシデント Case:01 男の娘配信者・神村まゆの場合1」です!
img_9784049136852_1
ストーリー A
内容は、YouTubeで100万人の登録者を抱える人気女装配信者の神村まゆこと中村真雪。彼女は悪質なストーカー被害から逃れるためにエキセントリックな大学教授・白鷺玲華とその助手を務める姉崎ひまりに頼ることに。インターネットやSNSから巻き起こる事件を解決する2人に果たして真雪の問題は解決できるのか…とこんな感じです!

〜SNSは怖いですか?〜
第27回電撃小説大賞銀賞受賞作。作者さんのPNが最初に見た時に「競馬が好きで京都に住んでるのかな…」と思っていたら本当にそうだったようでちょっと笑いましたw それはともかく…女教授!パワー系お姉さん属性女子大生!現役男子高校生女装配信者!と性癖抜群な登場人物とSNSを起点に巻き起こる事件が魅力の作品でした!面白かったです!
現役男子高校生ながら女装配信者としてYouTubeに100万人の登録者を抱える神村まゆこと中村真雪。彼女は悪質なストーカー被害に遭っていてそのことを相談するために玲華とひまりの研究室に訪れる…という感じで物語は始まります。いやーキャラの性癖ですよ。めっちゃ好き。作者さんの好きがこれでもか!と伝わる性癖。いいっすね。現役男子高校生女装配信者。そしてお姉さん系女子大生とのおねショタ(にしては真雪くんが高校生なんですけど)な関係…これは性癖です。そして物語は真雪のストーカー被害から始まりネット上、主にSNS発の事件を解決していく展開に。過去にネットで炎上した人、真雪のインフルエンサーとしての立ち位置に、匿名の悪意。日々ネットって怖いな、SNSは失敗できないなーと思っているからこそ切れ味鋭く刺さってくるものがありますね。身内だけのつもりだった、自分は炎上して許されていないから被害者ぶって主張できる。そうした考えで正当化される悪をきちんと向き合って解決していく過程が非常によかったです。特に終盤の事件解決の盛り上がりは最高でしたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
神村まゆというか中村真雪くんはマジで性癖ですね。これ高校生以下が読んだら性癖歪みません?現役男子高校生にして女装配信者。女性が羨むほどのかわいさの持ち主で容姿・行動・言動その全てがかわいい…真雪くんは推せますね…ひまりさんはパワー系女子大生。普段のツッコミからいざというときの拳を使った解決までのその全てがエネルギッシュでした。りんごはすごいっす…でも普段はお姉ちゃん的ポジションで真雪くんのことを甘やかすのがグッド!玲華さんはなかなか掴み所がない人でしたね…優秀ゆえになって感じですかね…でもいざというときに本当に頼りになるいいい人でした。

最後に
現代のSNS事情をモチーフに性癖とサスペンスをぶつけた素晴らしい作品でした!ラストに色々伏線ばらまいていましたし2巻も楽しみですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
好きでしょ男の娘。なら買え。今すぐだ。めちゃちゃかわいい現役男子高校生女装配信者とお姉ちゃん系女子大生のひまりのやりとりを見ているだけで最高なのに、そこにSNSを題材にした事件をしっかり絡めて展開していく…向かうところ敵なしですね。めっちゃ面白いので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



インフルエンス・インシデント Case:01 男の娘配信者・神村まゆの場合1



著者



駿馬京



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913685-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは紙城境介さんの「僕が答える君の謎解き 明神凛音は間違えない」です!
⚠︎トリックに関する致命的なネタバレはしないつもりですがミステリ作品なので未読の方はご注意ください
IMG_4601
ストーリー A
内容は、お節介でクラスメイトからはママと呼ばれる伊呂波透矢。弁護士を志す彼は推定無罪を信条として日々勉強していた。そんなある日、カウンセリングルーム登校をしている明神凛音の教室に復帰させる役割を任命されてしまう。だが凛音は「どんな事件の犯人でも神様から啓示を受けたかのように解ってしまう」という特殊能力の持ち主だった。無意識で推理を行なってしまう凛音に推定無罪を主張する透矢は彼女の謎解きが正しいかどうか証明するために推理を行うが…とこんな感じです!

〜直感少女と論理派男子の学園ミステリ〜
紙城境介さんの新作!デビュー作以来のミステリ作品ですね。まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!いやー久しぶりに超大当たりの学園ミステリじゃないですか!直感で犯人が解ってしまう能力の持ち主・凛音と推定無罪を信条とし彼女の直感が正しいかどうか推理する透矢。2人のコンビが暴く真実がとにかく楽しい!最高の学園ミステリでした!面白かったです!
弁護士を目指し日々勉強する透矢。そんな彼が任されたのはカウンセリングルーム登校をする凛音を教室へ復帰させる役目。だがカウンセリングルールに持ち込まれる謎を直感で解決してしまう凛音のことが、推定無罪を主張する透矢には許せず…という感じで凛音の直感が正しいかどうか証明するために推理を行うという答えがあって計算式を考える系のミステリとなっています。フーダニットですね。直感で事件がわかるとのことですが、超能力じみたものではなくて単に状況証拠から結論を導き出す能力が異様に高いって感じですかね?いやそれでも十分すごいんですけど。そんな2人が学園で起こる謎に挑みます。指輪を盗んだ犯人探し、凛音の机にいたずらをした人物をなぜ凛音が直感で見抜けたのか、そして体育館倉庫に閉じ込められた生徒の謎…答えがあるところから逆算して犯人を推理する過程がめっちゃ面白かったです!あとラブコメシーンもグッド!透矢の不意の発言に凛音がドキドキしたり、凛音の行動に透矢がどきどきしたり…そして透矢のことがなんだか気になるクラスメイトのギャル・紅ヶ峰亜衣とのやりとり…この絶妙に甘すぎず酸っぱすぎず思わずニヤっとしちゃうラブコメをこのミステリに挟んでくるのは本当に天才ですね…マジで好きです!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
透矢の真面目で論理的なところはめっちゃ好きでした!女の子なんて全然興味ないふりして凛音の不意の行動にドキドキしちゃうところは思春期男子でしたね。凛音は最初はかなりとっつきづらい感じの女の子でしたけど、透矢とのやりとりを通してどんどんかわいく女の子らしい姿を見せてくれるようになりましたね。亜衣ちゃんのギャルかわいい感じもグッド!でも何より魅力的でこの物語を盛り上げていたのはスクールカウンセラーの凛音のお姉さん。これは未読の方はぜひ読んでその魅力を感じてください。

最後に
めっちゃ面白い学園ミステリでした!続刊は当然ありますよね!こんないいところで終わっておいて2巻なしは泣きます!早めに2巻お願いします!待ってます!

どんな人にオススメか?
学園ミステリ好きな方は!絶対に読んで後悔させないので読んでください!人が死なないミステリとして超極上な謎解きが楽しめます!あとラブコメもめっちゃいいんです!好きでしょラブコメ?読みましょう!本当に後悔させないのでぜひご一読ください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



僕が答える君の謎解き 明神凛音は間違えない



著者



紙城境介



レーベル



星海社FICTIONS



ISBN



978-4-06-522525-7


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは松村涼哉さんの「監獄に生きる君たちへ」です!
IMG_4421
廃墟に閉じ込められた6人の少年少女。彼らは7年前に起こった真鶴茜殺人事件の犯人探しを行うことになる。児童福祉司だった茜とそれぞれ関係があった6人の少年少女たち。7年前の茜と6人が共に廃墟となった施設に宿泊したあの日、彼らはそれぞれ何をしていたのか。そして証言から導き出される犯人とは…
松村涼哉さんの新作。「15歳のテロリスト」「僕が僕をやめる日」と10代の少年の犯罪と感情を切れ味鋭く描いてきたので新作をとても楽しみにしていました。今作も心を切り刻むような描写が鮮烈に印象に残る素晴らしい作品でした。面白かったです。


7年前、児童福祉司の茜に連れられとある宿泊施設に泊まり旅行をした6人の少女たち。そこで茜は事故死してしまい、少年少女たちはそれぞれ心に傷を負ったまま生活していました。そんなある日、廃墟となったその宿泊施設に再び集められた6人は茜を殺した奴がいるという手紙をきっかけに過去の証言から犯人探しを行うことになります。

序盤は児童福祉司というちょっと見慣れない職業と少年少女の独白に近い証言に物語に入り込みづらいと感じる部分もありました。しかし茜の人柄が輪郭を帯びるようになるとグイグイ物語に引き込まれていきました。

かつて団地で起こった少女の転落死。6人の少年少女の過酷な虐待の過去。暴力ではなく両親の関係悪化や目に見えない傷を負った彼らがどのようにして茜と出会い、そして茜に何を感じてどんな感情を持ったのか。彼らの口から語られるたびにそれらは鋭い痛みとなって胸に突き刺さります。

中盤からは新たな人物が現れいよいよ物語は真相へと近づいていきます。特に茜と距離が近かった美弥の証言は心にくるものがありましたね。疑心暗鬼と緊張の中で明かされる犯人。そして彼ららしい結末。全てが印象的かつ鮮烈な10代の少年少女の物語でした。

ミステリ(というかサスペンス)ということもあり、ネタバレを避けるとどうしても作品の細部を語ることはできないのですが読めば間違いなく記憶に残る作品だと思います。気になった方はぜひご一読を。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



監獄に生きる君たちへ



著者



松村涼哉



レーベル



メディアワークス文庫



ISBN



978-4-04-913375-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ