カテゴリ: ミステリ・サスペンス

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは早坂吝さんの「アリス・ザ・ワンダーキラー 少女探偵殺人事件」です!
IMG_3834

十歳の誕生日を迎えたアリスは父親からウサギ耳型のヘッドギアをプレゼントされる。それは不思議の国のアリスをモチーフにした仮想空間で五つの謎を解くゲームが遊べるというものだった。父親のような名探偵に憧れるアリスはゲームマスターである白ウサギに導かれて謎解きを始めるが…

2014年にメフィスト賞を受賞しデビューした早坂吝さんの作品。時々ミステリを読むのでお名前は見聞きしていましたが早坂さんの作品は初挑戦。不思議の国のアリスに謎解きを持ち込んだミステリ作品として楽しく読ませていただきました。面白かったです。

十歳の誕生日を迎えたアリスは名探偵の父親からウサギ耳型のヘッドギアをプレゼントされます。それをつけることで不思議の国のアリスをモチーフとした仮想空間へ行き謎解きが始まる…童話のエッセンスを取り入れたミステリはいくつか読んだことがありますが、こうしたVR技術を融合させる導入は新鮮でした。

そして仮想空間にやってきたアリスはゲームマスターである白ウサギに導かれ五つの謎を解いていきます。このアリスの世界観はとてもよかったですね。不思議の国のアリスにはあまり明るくないですが、アリスを彷彿とさせるエピソードの中に謎を散りばめていて謎が出てくるまでの過程も楽しいです。

アリスがゲームの中で解くなぞは五つ。謎は図を交えて出題されるので、読者もアリスと一緒に謎をとくことができますね。謎解きもトリッキーな方法を使用したものから話に散りばめられたヒントを拾ってロジックで解決していくものまで幅広く読んでいて非常に楽しかったです。

終盤では衝撃の真実が。このあたりの展開は好みが分かれそうですが、個人的には好きな展開でした。ラストの一文もすごく好きです。

アリスモチーフの楽しい謎解きミステリでした。気になった方は。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



アリス・ザ・ワンダーキラー 少女探偵殺人事件



著者



早坂吝



レーベル



光文社文庫



ISBN



978-4-334-77961-0





どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはなみあとさんの「うちの作家は推理ができない」です!
⚠︎若干のネタバレありです。
IMG_3778

「宝石吐きのおんなのこ」で有名ななみあとさんの作品。優しい雰囲気が印象的な日常ミステリでした。

現役大学生推理小説家の二宮花壇。売れっ子な彼の担当をすることになった左京真琴だが、書いている物語の推理パートを忘れてしまうとい悪癖を持っていてた。締め切りになっても原稿を上げられない彼のために真琴は一緒に推理パートを考えるのだが…

物語は連作短編形式で描かれます。一話一話のお話は花壇が推理パートを忘れ、真琴が推理パートを思い出させる/考える手助けをするという部分が中心となります。推理小説の推理パートを考えるというミステリはなかななか斬新で、真琴の気持ちになって物語を読み進められるのはミステリならではの面白さがありました。

花壇と真琴の関係も素敵でした。作家と編集というビジネスライクな関係以上に、お互いがお互いを(文句を言ったりしながらも)信頼しているのが何気ない日常の会話から伝わってきます。

上記の2人の関係性は花壇が書く小説からも伝わってきます。花壇は「自分自身と真琴が日常の謎を推理する」という小説を書いているのですが、彼の書く小説からも花壇がいかに真琴のことを信頼しているのか、どういう風に思っているのか読み取ることができます。

各話で謎として提示されるのはいわゆる日常の謎。誰かが死ぬような劇的な事件は起きませんが、ミステリとしての読み応えはばっちり。推理パートを考察するシーンは自分の考えと比べてなるほどとなる部分も多かったです。

ラストのお話も良かったですね。花壇は真琴からクソガキと思われているそうですが…こんなことしているようじゃその評価はまだまだ変わりそうにないですね(苦笑)花壇くんには頑張って欲しいです。

日常の謎を楽しめる優しさを感じるミステリでした。花壇くんと真琴さんの関係もグッド。気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



うちの作家は推理ができない



著者



なみあと



レーベル



二見サラ文庫



ISBN



978-4-576-20102-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは小林一星さんの「シュレディンガーの猫探し」です!
⚠︎ミステリ要素があるのでネタバレには気を使っていますが、読む際は自己責任で
IMG_3597

ストーリー A
内容は、文芸部に所属する芥川くりすの勧めである事件の謎を解くために守明令和は魔女の洋館を訪れる。そこにいたのは「迷宮落としの魔女」を自称する焔螺。紫の髪にオッドアイ、服装も魔女という彼女は事件を迷宮入りさせることを目的に行動していた。令和は妹の弥生が関わる事件を高校生探偵・明智太陽に解かせないために行動を始めるが…事件を解決する名探偵と謎を謎のままにし<神秘>として扱いたい魔女との知恵比べが始まる!とこんな感じです!

〜探偵vs魔女〜
第14回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作!まず言わせてください…この作品すごく面白いです!あー!もうめっちゃ好き!作者の小林さん絶対ファウスト系の作品好きですよね?ファウストの波動を感じます!好き!こういうの好き!めっちゃ好き!謎を解かせないアンチミステリとでもいうべき最高に面白い作品でした!最高!
まずプロローグ。ここ好きポイントですね。主人公の語り、魔女の反応…もうめっちゃ好きですね。これで勝ちを確信しました。物語は三章構成となっていて、一章が密室、二章がクローズドサークル、三章は…シュレディンガーの猫(でいいのでしょうか)?というようなテーマを扱っています。一章でどんな物語を展開していくのかとワクワクしていたら…予想の斜め上すぎて本当に最高でしたね。迷宮落としってそういうことか!と思わずニヤリとさせられました。なるほど。これは迷宮落としの魔女です。ミステリに対するアンチテーゼで思いっきりぶん殴ってくる感じ好きすぎますね。もう本当に好きすぎてヤバいです。学校で起きた不可解な事件を解決しようとする高校生探偵の明智くん。そんな彼を真っ向から邪魔する魔女…この構図も好きですね…いい…めっちゃいい…二章は打って変わって沖縄の孤島というほど孤島じゃない島を舞台にした推理合戦⁉︎ここでは新たにハードボイルド探偵金田一勘渋郎と助手のゆでたまごちゃんが登場します。この2人との戦いも好きです!絶対に不可能なことを可能だと証明する相手を邪魔する。最高にワクワクしますね!そしてゆでたまごちゃんがかわいい。三章ではこれまで存在しか語られなかった姉の存在がフォーカスされて…令和くんの弥生ちゃんを思う気持ちとそれにしっかり答える魔女の存在。そして真っ向勝負で探偵たちをへし折る痛快さ!最高でした1文章、というか作中の出来事や事象に対する表現もすごくいいんですね!54、55pみたいなストレートでぶん殴ってきたかと思えば、249pみたいなセンチメンタルな読者を掴んでくるような表現も魅せる。めちゃ好きな文章ですね。読んでてひたすら最高!って感じです!という感じで僕のめっちゃ好き!がめっちゃ詰まった最高の作品でした!面白かったです!

キャラ A
令和くんがいい感じに主人公してましたね!探偵が嫌い、妹を守りたい。シンプルな行動理由が根っこにあるのはグッド!迷宮落としの魔女・焔螺さんは最高に好きなキャラでしたね!ひねくれてるのともまた違う、独自の理論や美学があって、魔法という奇跡?が使える?かもしれないし実際使えている?というミステリアスさ…ビジュアルも含めてめっちゃ好きでした!妹の弥生ちゃんは全力でかわいいですし、芥川くりすちゃんは出番が多くない割にガツンと印象に残る魅力がありますし、高校生探偵・明智太陽にハードボイルド探偵の金田一勘渋郎と助手のゆでたまごちゃんもすごく魅力的でした!

最後に
めっちゃ好きな作品でした!2巻は実質この作品の後編?にあたるらしいので続刊楽しみですね!とにかく早く続きが読みたいです!なるはやで2巻お願いします!

どんな人にオススメか?
ファウストと聞いてピンときた方はとりあえず読んでみていいと思います!大外れはしないはずです!アンチミステリ的な作品として、高校生と魔女、事件を迷宮入りさせる魔女と名探偵の知恵比べが魅力の知能戦ものとして楽しめるはずです!気になった方はぜひぜひ!個人的にイチオシです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



シュレディンガーの猫探し



著者



小林一星



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-451857-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは玩具堂さんの「探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる 1」です!
IMG_3463

ストーリー A
内容は、入学早々親の仕事が探偵だということを明かしてしまいぼっちとなった戸村和。そんな彼の元にクラスの女子から彼氏の浮気調査を依頼される。親が探偵でも自分はそうではない和が最初は断ろうとする。しかし隣の席に山田雨恵が興味を持ち事件の調査をすることに。しかし雨恵は女子たちの証言だけであっさりと浮気の真相を解き明かしてしまう。以降、和の元に相談が持ち込まれるようになり…探偵の息子の和、勘が鋭い山田雨恵(姉)、事件の状況把握や整理が上手な山田雪音(妹)の3人による探偵ものが始まる!とこんな感じです!

〜山田(姉)に解けない謎はない?〜
玩具堂さんの新作!MF文庫から作品を発表されるのは初めてですね。個人的にも初挑戦の作家さんとなります。玩具堂さんといえば、スニーカー小説大賞で歴代たったの5人しか受賞していない大賞受賞作家で有名ですね。デビュー作もミステリとのことですので原点回帰的な感じでしょうか。学園ミステリというよりは探偵ものという方がしっくりくる感じでしたかね?連作短編形式でテンポよく楽しめる作品でした!面白かったです!
まずなんといっても文章が読みやすいですよね。事件のこととか時系列や登場人物の説明など、読み易くて頭にすっと入ってきました!個人的にはかなり好感度高いですね!
物語は高校入学早々失敗してしまった和にクラスの女子から浮気調査を依頼されるところから始まります。父親が探偵でも当然調査なんてしたことのない和は途方に暮れていて…そんな時隣の席に座る山田姉妹(双子)にたまたまこの話をしたことで和は探偵役として浮気調査をすることに。いつも眠そうにしていて不真面目でだらけているのに、やたら勘は鋭い姉の雨恵。真面目でクラス委員長を務めているけど、雨恵にからかわれると弱い妹の雪音。3人があぁでもない。こうでもないと言いながら少しずつ浮気の真相に近づいていく過程は読んでいてワクワクしましたね!そして無事に浮気の真相を明かしたことで3人の元には事件が持ち込まれいくことに…絶版した推理小説の犯人をあらすじと登場人物から探したり、美術部の絵を台無しにした犯人を探したり…そうした事件を経て和たちは事件の真相を解き明かす楽しさを覚えていきます。なんかこうして放課後にあつまって謎解きするの、中学生の頃に憧れた高校生像みたいな感じでいいですよねー。好きです。事件的には推理小説の犯人探しは結構ツボでしたね。雪見ミステリー文庫…いったいどこの富◯見ミステリー文庫なんでしょうか…ミステリラブコメとあらすじに書かれているだけあって結構ラブコメ要素も…?終盤なんかはその色が強く出ていて今後の展開が楽しみですね。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
主人公の和は探偵役?ではなく、かといって助手役?でもないちょっと不思議なポジションでしたね。なんでしょう友人枠?ぼっちな感じですけど、人のことをよく見て感情を汲んでどうにかしてあげようとする優しさは主人公らしくて好きでした。雨恵は自由奔放というか、普段好き放題やっているのに事件の時だけは勘が冴えてピシッと真相を解決できる天才肌な感じがグッドでした!雪音は普段は大人しくて真面目で雨恵にイジられるような女の子なのですが、こちらも事件の時は雨恵のそして和の良いサポート役として情報を整理したりと大活躍でしたね。

最後に
学園探偵ものとして楽しませていただきました!これは続刊が出るたびに面白くなっていくタイプの作品だと思うのでぜひ続きが読みたいですね!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
探偵ものが好きな方は!帯裏にもありますが、10代〜30代、児童文庫からワンランクアップしたい方には確かにオススメしたいなと思いました!和と双子の山田姉妹による謎解きは読んでいてワクワクします!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる 1



著者



玩具堂



レーベル



MF文庫J



ISBN



978-4-04-064661-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは浅白深也さんの「アンフィニシュトの書 悲劇の物語に幸せの結末を 1」です!
⚠︎致命的なネタバレはないですが、ミステリなので未読の方はご注意ください。
IMG_3431

ストーリー A
内容は、主人公募集という怪しい言葉に惹かれ謎のバイトに募集した平凡な高校生輝馬。彼は雇い主の不思議な女性・霧ヶ峰絵色から仕事の内容を聞く。それはアンフィニシュトの書という読んだ人間を物語の中に誘う本でヒロインをハッピーエンドに導くというものだった。早速本の世界に入る輝馬だが、物語は3日目にしてヒロインが惨殺されるという結末を迎える。輝馬は再び本の世界へと向かうが果たしてヒロインをハッピーエンドに導くことができるのか…とこんな感じです!

〜物語なかのヒロインを救え〜
初挑戦の浅白深也さんの作品!電撃の新文芸から
デビューされた作家さんですね。序盤はファンタジックなまるでフェアリーテイルのような雰囲気がありましたが、ヒロインの女の子が殺されるところからガラリと色を変えループ×ミステリの顔を覗かせてきましたね…結末は賛否あると思いますが個人的には面白かったです!
平凡な高校生輝馬は主人公募集という怪しいバイト募集が気になりそのバイトに応募します。雇い主の元へいくとそこには不思議な(というか傍若無人な)女性・霧ヶ峰絵色が。彼女からアンフィニシュトの書という物語の中に入れる不思議な本の世界に入り、ヒロインをハッピーエンドに導いて欲しいとたのまれ…最初の見開き1ページ、挿絵と文章が一体となっているページがアンフィニシュトの書の1ページ目というのはいい演出でしたね!いたって平凡な輝馬の日常と、主人公募集という謎のバイトの非日常感もグッドでした!絵色さんはぶっ飛んでますね…この人の時任さんは苦労してそうです…そして輝馬は物語の中のヒロインを救うためにアンフィニシュトの書のなかへ。そこでアリアというパン屋の少女と出会い成り行きから彼女のパン屋を手伝うことになります。ここからはファンタジーとお伽話のような優しくて明るくてアリアとの何気ないやりとりが楽しい日常が描かれます。しかしそれはアリアの死という形で終わりを迎えます。ここからはループものとミステリががっつりと顔を覗かせます。アリアを救うために何度も物語の中に向かう輝馬。しかしなん度も失敗してはアリアを始めとして物語の登場人物が殺されときには自分も殺された…精神をすり減らしながら物語の中で出会ったただの登場人物ではないアリアのために奮闘します。そして明らかになるアリアを殺す犯人というか事件の全貌。うん。確かに伏線はありましたね。これは気付けませんでした。でも事件の全貌がわかってもそれで終わりではなくて物語の終わりがあって…この物語の結末は個人的には好きなんですけどね…ファンタジー×ミステリ×ループものがまさに三位一体で組み合わさった作品でした!面白かったです!

キャラ A
輝馬は本当に普通の男の子なんですけど、物語の中で
アリアと出会い彼女に惹かれる中でたとえ現実ではなくても本気で彼女を救おうとする姿がすごく純粋でまっすぐでした。アリアはすごく優しくて笑顔が素敵な女の子。街の人の笑顔のためにパンを焼いてでもその裏では…フィクションの中のフィクションのヒロインという立場の女の子なんですけど、妙に魅力あるキャラでしたね…絵色さんはすごい人。輝馬くんがこれからめっちゃ大変な思いをするのが目に見えますw

最後に
ナンバリングされてるってことは続くんですかね?これからもこのテイストで色んな物語を終わりまで導くお話が展開されるならぜひ読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ミステリが読みたい方は!結末は割と賛否が分かれるかもですが、ミステリ好きなら楽しめるかと思います!またファンタジーにミステリにループものとなかなか珍しい要素の組み合わせで読んでいて楽しい作品です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



アンフィニシュトの書 悲劇の物語に幸せの結末を 1



著者



浅白深也



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913196-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ