カテゴリ: ホラー・シリアス

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは高橋佐理さんの「赤いパーカーの花子さんとカゲフミさま」です!
IMG_5503
中学に入学したばかりの千明は目立つことが苦手な大人しい女の子。ある日、クラスの男の子・瑞樹に誘われて天文部という名のオカルト部へと足を踏み入れる。そこで学校の怪談の一つ真っ赤なパーカーを着た花子さんの話を知る。花子さんを探しに行こうという話になり女子トイレを探すがそこには誰もおらず奇妙な音だけが聞こえた。しかしその日から千明の日常は一変する。千明をいじめようとしていたクラスメイトがなぜか千明と仲良くしようとしたり、他のクラスメイトの女子を突き飛ばしたり…その原因はカゲフミ様という学校の怪談だと考えた千明たち。真っ赤なパーカーの花子さんも現れ、千明たちは花子さんと協力してカゲフミさまと戦うことになるが…

富士見ファンタジア文庫で「さよなら異世界、またきて明日」や「放課後は、異世界喫茶でコーヒーを」を発表されている風見鶏さんの別名義作品。レーベル的には児童書?YA?な感じです。朝読書にオススメだから読書タイムっていうみたいですね。
肝心の作品ですが、オカルト×ホラーな学園ものでとても読やすく大人でも楽しく読ませていただきました!面白かったです!

中学に入学したばかりの千明は目立つことが苦手な大人しい女の子。そんな彼女がいじめのターゲットにされかけ、そして読書好きの瑞樹とオカルト大好きなスバルと出会うところから物語は動きだします。

千明をイジメのターゲットにしようとしていたクラスメイトたちがなぜか急に親しくなりはじめ、さらには千明をいじめようとしていた他のクラスメイトを突き飛ばしたり…そんな奇妙な事件が起こります。このあたりのイジメ描写はなかなかリアリティがあり、ある意味花子さんやカゲフミさまより怖かったですね…いつだって1番怖いのは人間です…

そんな中、学校の怪談と噂されていた赤いパーカーの花子さんに出会い千明たちは協力関係となります。クラスメイトが豹変した理由はカゲフミさまという別に学校の怪談だと考えた千明、瑞樹、スバルの3人はカゲフミさまを倒すために行動を始めます。

終盤は千明の過去を交えながらしっかりと問題が解決されて、エピローグも爽やかで非常によかったですね!児童書?YA?なので読む前はちょっとどうかな?とおもっていましたが大人もしっかり楽しめました。気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



赤いパーカーの花子さんとカゲフミさま



著者



佐藤佐理



レーベル



カドカワ読書タイム



ISBN



978-4-04-680132-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは最東対地さんの「異世怪症候群」です!
image


ホラー作家・最東対地さんの新作。オクソラケイタさんの素晴らしいイラストにも惹かれて購入。五つの短編からなるホラー短編集として楽しく読ませていただきました!面白かったです!以下各話のざっくりとしたあらすじと感想です。

ポストの村
妻と結婚したものの、一度も妻の実家に顔を出していなかった夫。彼はようやく念願叶って妻の実家のある上鶴子村を訪れる。赤が忌避されるその村で妻が子どもを作るためと監禁されることになるが…
とにかく吸い込まれる怖さがありました。最初の一編目ということでどんなものかと思っていたら…やられました…神隠しをモチーフにしているのですが、とにかく視覚的に吸い込まれる。読んだら戻ってこれない。なのに読み進めてしまう。そんな怖さがありました。妻が閉じ込められていたはずなのに最後は…というラストも衝撃的でした。

『ん』の車
酔い潰れた乗客がなんとか捕まえたタクシー。少し遠くの目的地を告げると、運転手に高速道路は使いたくないと言われる。それでもいいから高速道路を使えという乗客に運転手が告げたのは出会うと必ず死ぬ<おしへん>という付けられるはずのないナンバープレートをつけた車の都市伝説で…
高速道路の都市伝説と深夜の高速道路という本能的に怖さを抱く要素を組み合わせた作品。これは終盤で人間の人間らしさというか、欲に塗れた自己保身感が出るのが非常に良かったですね…いや怖いんですけど…そして最後ですよ…果たして乗客はどうなってしまったのか…

カミソリおっさん
女子高生達が暇つぶしに始めた怪談。そこで一人が語ったのはカミソリおっさんというお風呂に入っている間にある行為をするとやってくる殺人鬼の都市伝説だった。面白半分でそれを実行してしまった私。くるはずもないと思っていたカミソリおっさんだが、次第に日常にその存在が…
色々な都市伝説のモチーフを噛み合わせた作品。女子高生がパニくる姿は読んでいて本能的な不安を駆り立てられますね…そしてこの短編でも垣間見える人間の醜さ…あの4人とは絶対に友達になれないですね…最後はこれまてびっくりする展開かと思いきやさらに驚きの展開も待ち受けていて読む手が止まりませんでした。

サルソギ
ある寂れた街に取材にやってきた売れない小説家と写真家。彼らはある食堂に入る。そこで出されたのは醜悪な魚・サルソギの煮付けだった。それを食べた写真家は不可解な現象に巻き込まれていき…
不気味さが際立った短編。写真家と小説家が取材に来た街が実は…かもしれない。というところから始まり、醜悪な魚を食べてしまったことで巻き込まれる不可解な現象。写真家と小説家のキャラも好きでしたね。最後の展開まで含めて読んでいてゾワゾワする作品でした!

死に宿
樹海に首吊り死体お探しにきた<あざっす>と<VIO>のネット上で出会った二人。彼らは目的どおり首吊り死体を見つけるが、VIOは首吊り死体に導かれるように死に宿という宿に足を踏み入れてしまい…
1番死が近い作品でしたね。首吊り死体、誘われる宿、そこで起こる怪現象…どんどんパニックに陥っていくVIOの姿に読んでいるこちらも最後はどうなってしまうのかとハラハラしました。コケシはやっぱり怖いですね…

以上になります!
物語の構成上、この五つの短編は謎のラジオから流れる物語という設定なのですが、そこを語ってしまうと物語の本質的な部分に触れてしまうので…気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



異世怪症候群 



著者



最東対地



レーベル



星海社FICTIONS



ISBN



978-4-06-520651-5



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは知るかバカうどんさんの「君に愛されて痛かった4」です!
FullSizeRender
前巻の感想を書いていなかったので前々巻の感想↓

ストーリー A
寛への思いを強めていくかなえ。クラスでもとみ子を仲間たちと排除することで確かな居場所を確保していた。しかし寛と同じ野球部の越智に寛の邪魔になっていると言われ、寛の隣にいてもいいのかと悩むようになる。そしてかなえはある決断をするが…

〜だってここが私の居場所〜
シリーズ第4弾!前巻の引きからどうなるかと思いましたけど、今回は割とハートフルというかストレートに人の温かさを感じる作品でした!面白かったです!
寛に依存しまくりのかなえ。あーいいっすね…こういう不安定な子が閾値を超えて落ちていく感じ…躁鬱の鬱が爆発って感じです。今回は寛軸とクラスメイト軸があるんですけど、寛軸の方は散々でしたね。せっかく寛が優しくしてくれても越智のせいで見失いかけて、気持ちは混乱してわからなくなっていく。そして自分が本当に寛の邪魔になっているかのような気分に…かなえは本当に幸せになれないなと思ったところで、クラスメイトと仲直りのターン。あーいいやん。幸せやん。とか思ってましたけど、これ絶対に後でやらかすやつ…とまぁともかく割と平穏な回ではあったんですけど、このツケが確実に回ってくるなとも思えるお話でした。

キャラ A
寛は本当にいいやつですね。だからこそ、かなえはやめとけって言いたくなるんですよね…かなえはかなえでその行動の正しさにはきっと代償があることを知らないんですよね…越智もまたすごく正しいやつなんですけど、この機械的な正しさはどこかで壊れそうです…

最後に
結構身構えて読んだんですけど、今回は割と平穏でよかったです。まぁ、後々しっぺ返しがくることは確実ですが…5巻も楽しみです。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



君に愛されて痛かった4



著者



知るかバカうどん



レーベル



BUNCHコミックス



ISBN



978-4-10-772230-0


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

君に愛されて痛かった 4 (BUNCH COMICS)
知るかバカうどん
2019-11-09



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのははくりさんの「幸色のワンルーム7」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
松葉瀬が幸を助ける理由。それは20年前の自らの境遇からだと八代は知る。松葉瀬が味わった過去の苦難の日々とは…?そして松葉瀬に公的手段で引き取ると言われた幸には迷いが生じていた。お兄さんとの利害関係が破綻したなかで、幸は一体どんな道を選ぶのか。そして迫りくる幸を追う捜査の手。恐怖に駆られた幸の様子がおかしくなってしまい…

〜利害と気持ちは一致しない〜
シリーズ第7弾!ドラマとか色々メディアミックス展開もありましたけど、ここにきて外伝や特装版が発売されるなどより一層盛り上がってきてますね!今回も面白かったです!
まず序盤。松葉瀬の過去が語られます。なんとなく只者ではない感じはしていましたけど、まさかこういうバックボーンがあったとは…だからこそ「公的手段で引き取る」っていう言葉が出てきたんですね…まぁ八代の言う通りぽっと出のおじさんなのでこれがどういう結果を生むのかはわからないですが…一方幸はおにいとの利害関係の一つ破綻を迎えて、お兄さんと一緒にいることに悩みます。自分は何をするのか正しいのか…幸の気持ちは果たして依存なのか恋なのかそれとももっとドライなものなのか…こういう葛藤は苦しいですよね…そして迫りくる捜査の手に動揺してある問題を起こしてしまう幸。それでも助けにきたのは…なんかどうしようもなくて、でもどうにかしたい。そんながんじがらめの中でもがく登場人物達が印象的でした。

キャラ A
幸はある意味今が1番苦しいかもしれないですね。誘拐されたときのただ利害の一致がそこにあるだけではない状況…あの場所に連れ戻されるのかもしれないという恐怖…幸はどういう道を選ぶのでしょうか…お兄さんはお兄さんで答えを出せずにいて、松葉瀬という存在がいるからこその悩みもあって、悩みが尽きませんね…松葉瀬さんは幸がどんな選択をしてもしっかり彼女を導いて欲しいです。

最後に
今回も最後まで楽しく読ませていただきました!これから幸がどんな道を選ぶのか、そしてお兄さんは幸とどうやって向き合っていくのか…続刊も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



幸色のワンルーム7



著者



はくり



レーベル



ガンガンコミックスpixiv



ISBN



978-4-7575-6221-9




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは岩田洋季さんの「淫らで緋色なノロイの女王」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、5年ぶりに故郷の街に帰ってきた主人公の禊。彼はかつて街を支配していた夕焼けの女王・緋崎ミコが帰ってきたことを知る。かつて禊たちの青春をズタズタにした彼女が現れると街では不可解な事件が起こり始める。ミコは禊に街に蔓延る呪いを解くことに協力してほしいというが…とこんな感じです!
ジャンルはホラー。ヒロインがヤンデレ?です。
岩田洋季さんの新作!前作、前々作とイチャラブなラブコメだったので今回ホラーと聞いてどんな作品が…?と期待と不安がありましたが、恐怖の質感と展開に終始楽しく読める作品でした!面白かったです!
かつて女王であるミコが支配していた街。ある事件をきっかけにミコは街からいなくなりますが再び現れて…ミコの恐ろしさが序盤から嫌というほど語られますね。生理的な嫌悪感を抱かせるぬめりとした質感の恐怖がありました。そんな街へ五年ぶりに戻ってきた禊。禊はかつての仲間である、千早、凪、典人と再会します!しかしそれと同時に不可解な事件が始まり…こういう「死」はやはりホラーらしくていいですね…そして現れるミコ。呪いであり、呪いに対抗しうる、絶対的な女王の登場で作品の雰囲気が怖いから恐いへと変わっていきます。小学生ながらに大人まで支配したその女王としての能力…彼女に「押さられる」というのがまたいい表現で得体の知れなさが伝わってきましたね…紆余曲折の末に禊はミコと呪いにまつわる事件を解決していくことに。ここからは怒涛の展開でしたね。次々とおかしくなっていく人々にミコに対する自らの感情を知ってしまう禊の葛藤。そしてラスト。ホラーにふさわしい「いい意味で嫌な」感じのする作品でした!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ミコがとにかく恐いですね…高らかに上から女王然とした態度で物事を見て、禊を飼い犬と可愛がり…淫ら感も要所であり生理的に嫌な感じのヤンデレ感もありである意味すごくメインヒロインしていました。禊は最初は普通の男の子かと思いきや…彼もまた女王に支配されていたのだと気づくとなんだか恐ろしかったですね…そのほかのキャラも魅力的でした!

今後の期待度 A
終わり方的にまだ続編があってもおかしくないので2巻が出たらぜひ読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ホラーが読みたい方は!生理的嫌悪感を抱く感じの怖さです!とにかくミコがいやらしい感じで恐怖を与えてきます!気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4474

ISBN 978-4-04-912512-2

↑このページのトップヘ