カテゴリ: ラブコメ

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは山賀塩太郎さんの「完璧な佐古さんは僕みたいになりたい」です!img_9784040743936_1
ストーリー A
内容は、勉強も部活でも完璧な美少女・佐古町香。そんな彼女に冴ないモブ男子の津吉晴は告白される。完璧な彼女に釣り合う存在ではないと彼女の告白を断ってしまうが、次の日から佐古さんがおかしな行動を始める。綺麗な髪を突然短くしたり、わざと宿題を忘れてきたり…なんと彼女は完璧じゃなくなることで津吉を振り向かせようとしていたのだ!完璧なのに残念な佐古さんとのラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜完璧な佐古さんが残念に⁉︎〜
第34回ファンタジア大賞銀賞受賞作!昨今流行りの主人公がリア充を目指すタイプとは真逆のヒロインが残念な感じになろうとする一種アンチテーゼ的なラブコメでしたね。気になるところがないといえば嘘になりますが、終始安定して残念かわいい佐古さんとのラブコメをとことん楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。津吉が佐古さんから告白されるところから物語が始まります。物語の視点のメインが佐古さん中心せ進んでいくのは面白かったですね。佐古さんがどんな気持ちで失恋をしてどんな気持ちで完璧じゃなくなろうとするのか知れるのは好印象でした。そして始まる残念美少女佐古さんの反撃!津吉くんに釣り合うように自らを落とすことで津吉くんの気を引くという大胆な?作戦で彼を堕としにかかります!短い章ごとに残念な佐古さんとモブだけど献身的で優しい津吉くんのラブコメが描かれていきます。2人のやりとりは安定して面白くて、章の最後にある佐古さんの一言日記も可愛かったですね!物語は中盤から少しずつ動き出します。モブだった津吉が努力をはじめて佐古さんに認められようとする。その決意の過程はすごく良かったですね。終盤では鉄板の展開からのこの物語にふさわしいラストで最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
佐古さんは終始安定して残念かわいい女の子でしたね!津吉くんに釣り合う自分になるためにあえて自分を完璧じゃなくしていく…髪を切ったり、下手くそなお弁当を渡したり、わざと宿題を忘れてきたり…その残念さがかわいくて愛おしい女の子でした!津吉は最初ははっきりしろよ!と言いたくなるような態度が多かったのですが、中盤以降は元の優しさに加えて主人公としてしっかり行動してくれるようになって非常に良かったですね!

最後に
佐古さんの残念かわいい感じがグッドなラブコメでした!結構綺麗に終わってますけど2巻は出るんですかね…?佐古さん可愛かったので2巻があるなら読んでみたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
残念系ヒロインが好きな方は!佐古さんと津吉くんのやりとりは終始安定して面白くラブコメ好きなら楽しめると思います!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

完璧な佐古さんは僕みたいになりたい



著者

山賀塩太郎



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074393-6
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは冬坂右折さんの「恋を思い出にする方法を、私に教えてよ」です!

img_9784815614430_2

ストーリー B
内容は、才色兼備でクラスメイトからの色々な相談を受ける深山葵には恋が苦手という悩みがあった。そんな彼女は同じクラスの不良・佐藤孝幸が自称恋愛カウンセラーとして活動していることを知る。恋心を食べて消してしまうという特別な力を持つ孝幸と一緒に活動することになった葵は色々な恋に触れていくが…とこんな感じです。

〜恋心を食べてしまう〜
第13回GA文庫大賞銀賞受賞作。ジャンルはラブコメ。最初だけめちゃくちゃ面白かったのに右肩下がりで白ける微妙な作品でした。以下面白いとは言わないので気に食わない方はブラウザバックで。
まず全体的に表現が合わないです。端的に言ってキモいです。恋心を食べて忘れさせる能力を持つ孝幸が、恋愛カウンセラーとして依頼者の恋心を食べていくんですけどその味を「いつまでもフライパンから取り出さなかったベーコンエッグみたいだな」とかいうの普通にキモいです。こんなキモい表現が全ページに満遍なくあるのが無理です。あと肝心のカウンセリングがたった2回しかないのも…えっ、この物語ってこれが本命なんじゃないんですか?なんでたった2人しかこないんですか?なら相談相手を1人に絞ってその1人をしっかり深掘りすればよかったのでは?全体的に薄くなってしまっていて微妙です。そのせいで葵と孝幸のお話をやりたいのか、恋愛カウンセリングものをやりたいのかわからないですし、最後なんてどうなってるの?って感じです。序盤は葵の一人称で始まってめっちゃ面白そうな感じだったのにここまでぶち下がるのある意味すごいです。

キャラ B
孝幸は前述の通りキモいです。葵もせっかくいいキャラなのに物語が何やりたいかわからないせいでその魅力が全然出しきれなくて終わってます。友人キャラの柚子も超中途半端な役回りですし、相談者たちもきっと魅力的なのにその魅力を半分も出せずに終わっている感が半端じゃないです。

最後に
ひたすらに微妙でした。でもイラストが神がかり的によくてそれが本当に救いでした…イラストだけなら2022年トップ5に入ります。まだ2022年始まったばかりですけど…

どんな人にオススメか?
個人的にオススメはしません。試し読みの上それでも気になった方は。ただイラストは本当にめちゃくちゃいいのでここだけはオススメしておきます。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

恋を思い出にする方法を、私に教えてよ



著者

冬坂右折



レーベル

GA文庫

ISBN

978-4-8156-1443-0
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは丸深まろやかさんの「天使は炭酸しか飲まない」です!

img_9784049139464_1
ストーリー A
内容は、恋愛を成就させると噂の久世校の天使。しかしその正体はどうしても好きという気持ちを伝えられない生徒の後押しや相談に乗ることだった。明石伊緒は相手の顔に触れると好きな人がわかる能力を利用し久世校の天使として活動していた。そんなある日、相談者の告白を後押しするために久世校三大美少女の柚月湊の顔に触れる。すると彼女に何十人もの想い人がいることを知る。それをきっかけに湊に久世校の天使であることを知られてしまった伊緒は彼女の惚れ癖を治すために一緒に原因の調査をすることになるが…とこんな感じです!

〜久世校の天使は惚れっぽい美少女と〜
丸深まろやかさんの新作!前作のびきょりがはちゃめちゃに好きだったので新作楽しみにしてました!今作は顔に触れると好きな人がわかるという能力を持った伊緒と惚れ癖を持った湊とのちょっと不思議なラブコメで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。伊緒が久世校の天使として活動する場面が描かれます。ここで若干のタイトル回収なんですけど天使って湊じゃなくて伊緒なんですねw あらすじ全然見ていなかったので湊さんのことだと思ってましたw そしてそんな天使の活動中に三大美少女の湊に正体を知られてしまいます。どうなるかと思いきや伊緒が天使であることを秘密にする代わりに湊の惚れ癖を治すため原因調査をすることになります。このあたりの展開は割とスムーズでするすると物語に入っていけました!そして始まる伊緒と湊のラブコメ!湊の惚れ癖の原因を調査するためあまり積極的に男子と絡みにいかない湊に男子と絡んでもらったり、定期的に湊の顔に触れて好きな人の増減やタイプを確認したり…なんかこう…付き合ってもない女の子の顔に定期的に触れるの背徳感あっていいですね…というか付き合っていてもメイク的な問題でなかなか触れなさそうですが汗 この調査の中で印象的だったのがデートシーンですね。いいですね大垣書店で女の子とデート…こういうデート憧れます…しかし終盤からは湊を良く思わない人物によって湊のありえない噂が広まってしまいます。ここで見せる天使の行動はめっちゃかっこよかったですね!(まぁ結果的に一人だけあぁなっちゃうのは…アレですが…)ラストも爽やかで良かったですし最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
伊緒は過去に色々あり天使として活動している男の子。過去を知ると彼の行動の理由とかがすごく良くわかって思わず応援したくなりますね…湊は最初はクールキャラかと思っていたんですけどすぐにデレ要素が出てきて見せていて楽しい女の子でしたね!こちらも彼女の過去を知ることで見える本質が魅力的でした。その他のキャラももちろん魅力的でした!

最後に
ちょっと不思議なラブコメとして楽しく読ませていただきました!これは続刊も読みたいですね!丸深さんの書く伊緒と湊はまだまだ見ていたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ラブコメが好きな方は!ちょっと超能力要素?オカルト要素?が入りますが、伊緒と湊のラブコメに根本的に関わるものではないのでそういった要素が苦手な方でも楽しめるのではないかなーと思います!とにかく伊緒と湊の関係や、惚れ癖を調査する過程で描かれるラブコメが最高なので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

天使は炭酸しか飲まない



著者

丸深まろやか



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-913946-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはみかみてれんさんの「わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 4」です!
⚠︎若干ネタバレありです

IMG_7087
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、紫陽花さんから告白されたれな子は勢いで思わず返事をしてしまうもなんとか撤回し時間をもらうことに。真唯と紫陽花さんから向けられる好意に、自己肯定感の低いれな子は戸惑うばかり…そんなある日香穂ちゃんの趣味であるコスプレを手伝うことに⁉︎香穂ちゃんお手製の衣装を着せられてカメラマンのお姉さんに撮影されて、打ち上げでラブホに行ったり…れな子は香穂ちゃんに悩みを相談するも答えはなかなか決まらない。しかし時間は待ってはくれずれな子は決断を迫られて…とこんな感じです!


〜れな子コスプレイヤーになる〜
シリーズ第4弾!前巻衝撃の引きでどうなるのかと思いましたがこうきますか…いや!れな子らしいですし僕は好きです!今回もめっちゃ楽しませていただきました!面白かったです!
まず言わせてください…
大天使!紫陽花さん!


あぁああああああああああああああ!紫陽花さん…なんでそんなに天使なんですか…なんでそんなに小悪魔なんですか…紫陽花さん…推し…好き…紫陽花さんしか勝たん。絶対に負けへん…120%優勝じゃんこんなの…紫陽花さん…尊いよ…

閑話休題。

さて、物語は前回紫陽花さんに衝撃の告白をされたあとからスタートします。なんとか時間をもらうことで現状維持?を選択したれな子は真唯、紫陽花さんと二人から向けられる好意に戸惑うことになります。流石にこういう状況はないですけど、自己肯定感低めの人間がいきなり複数人の人間から好意を向けられるとなぞの戸惑いがありますよね…そんなれな子が頼った先は香穂ちゃん。というか香穂ちゃんしかいないですもんね。頼れる人。紗月さんに相談したらなんかやられちゃいそうですし?というかやられてましたね…あと104pのイラストはめちゃくちゃズルいですよ…かわいくない?かわいいでしょ(断言)香穂ちゃんとの意外な過去も判明して何かアドバイスがもらえるかと思いきやなんと香穂ちゃんのコスプレ合わせに付き合うことに⁉︎てかれな子さんおっぱいデカいんですか。よくないと思います(いい)。そんなわけで香穂ちゃんのコスプレの手伝いをしていく中で、香穂ちゃんが抱えるいろんなものに触れながられな子は自分がどうするべきか決めていきます。香穂ちゃんは強いですね。弱い自分をバネにしてきちんと飛べる強さがありました。そしてれな子の決断…の前の紫陽花さんが本当に強すぎる…れな子と紫陽花さんが色々あって二人でお出かけするシーンがあるんですけど…もうこんな紫陽花さんズルいじゃん…シードで決勝飛ばして優勝じゃん…僕は砂になって消えました…そして決断の時。なるほど。こうきましたか。いや確かにれな子ならありえない選択ではないかもですけど…!とはいえ個人的に好きなのも事実。第一シーズン終了に相応しいいいラストだったと思います。紗月さんが爆弾落としていかなかったらね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
れな子のおっぱいが大きいのはダメです。解釈違いです。とか思っていたのに香穂ちゃんとのやりとりでいいやんとなってしまいました。いいやん。自己肯定感の低いれな子が香穂ちゃんのASMRで変な方向につよつよになるの可愛かったですし今回のれな子は見ていて楽しかったですね。紫陽花さんは本当に大天使。なしてこんな女の子が生まれると?紫陽花さんぽわぽわでかわいいよーと思っていたられな子とのお出かけでとんでもない小悪魔を見せつけられて瞬間優勝しました。勝つしかないじゃん。こんなの。香穂ちゃんは元気いっぱいでかわいいなーと思っていた裏でいろんなものを抱えていてそれを自分で乗り越える強さがあって非常に良いと思いました。真唯は今回はなんか弱いところばかり見てしまった気がするので早くあの最強の真唯さんを見せてほしいですね…でも強い女の子が弱まるところもいいですよね…そしてムーンさんこと紗月さん。マジでさ。よくないと思いますよ。最後のは。でも好きです。

最後に
第一シーズン終了ということで、一旦もろもろの問題は軟着陸?しましたかね?5巻も楽しみにしてます。僕はとにかく紫陽花さんが笑顔でいればあとはいらないので…おなしゃす…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?) 4



著者

みかみてれん



レーベル

ダッシュエックス文庫

ISBN

978-4-08-631439-8
表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは凪木エコさんの「かまって新卒ちゃんが毎回誘ってくる ねえ先輩、仕事も恋も教育してもらっていいですか?」です!

img_9784040743295_1
ストーリー A
内容は、ネット広告代理店に勤める風間マサトは自社のブラック企業っぷりに辟易しながらもなんとか仕事をこなしていた。そんな彼が面倒を見ている新卒の伊波渚は美人でスタイル抜群で仕事ができる新卒一年目。渚は毎日のようにマサトを飲みに誘い大好きアピールを繰り返していた。マサトは上司として渚と接し続けることができるのか…とこんな感じです!

〜かわいい新卒ちゃんに誘われたら?〜
凪木エコさんの新作!YouTube「カノンの恋愛漫画」さんで公開されている動画が原作?の作品ですね。短いお話が16話詰まった連作短編形式の社会人ラブコメものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
序盤はマサトと渚の関係を中心にお仕事の様子が描かれていきます。やっぱり社会人になると何気ない社会人描写がつらいんですよね泣 でも渚ちゃんは天真爛漫飲兵衛で見ていて楽しく、マサトもなんだかんだいって渚に上司として優しく男として甘くて2人の関係は見ていて楽しいですね。各話は短めですがその中でしっかりとマサトと渚の楽しい夫婦漫才を描き、マサトの先輩である涼森さんをはじめサブキャラも魅力的に描いていくのはグッド!お話の形式的な問題もあり、どうしてもエンジンがかかるのが遅いと感じる部分もあります。しかしそれを補ってありあまる2人のやりとりは見ていて楽しいです!終盤では渚がなぜこんなにマサトのことを好きなのかという理由も明かされましたね。王道ですけどこういうのに弱いんですよね…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
マサトはなんだかんだで仕事もできて渚の面倒もしっかりみられるいい男でしたね。渚へのツッコミもグッド!渚は天真爛漫でめっちゃ可愛かったですね!お酒が大好きで、しかもなかなか渋い飲み方をするというギャップもグッド!そのほかのキャラももちろん魅力的でした!涼森先輩はめっちゃ性癖でしたね…こういうお姉さんキャラすこです…

最後に
サクサク読める楽しい社会人ラブコメでした!これはぜひ長く続いてほしいですね!まだまだ気になる部分は多いですしマサトと渚のやりとりはこれからも見たいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
サクサク読める社会人ラブコメが読みたい方は!マサトがいい男で渚ちゃんもかわいく、2人のやりとりも軽快で楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

かまって新卒ちゃんが毎回誘ってくる ねえ先輩、仕事も恋も教育してもらっていいですか?



著者

凪木エコ



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074329-5
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ