カテゴリ: ラブコメ

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは猿渡かざみさんの

高嶺さん、君のこと好きらしいよ2

です!
img_9784094530988_1
前巻の記事↓




ストーリー A
内容は、めでたく付き合うことになった高嶺さんと間島くん。しかし初めての男女交際にカタブツな間島くんと恋する乙女の暴走列車な高嶺さんは困惑中。微妙なすれ違いを重ねる中、間島くんの過去を知る後輩女子天神岡クルミが現れる。クルミは間島くんと高嶺さんが付き合っていることを知りながらも猛アタックをしかけてきて…様々な思惑が交差する夏が始まる!とこんな感じです!

〜付き合っても2人は変わらず〜

シリーズ第2弾!1巻がめちゃくちゃ面白かったので2巻楽しみにしてました!今回は付き合いはじめた間島くんと高嶺さんの関係にニヤニヤしながら楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。付き合いはじめた間島くんと高嶺さんが描かれます。もうこの2人本当にかわいいですよね…初デートで適度にいちゃりつつ不正解を見事に引き当てる間島くんに「おい!頑張れカタブツ委員長!」と思いつつ高嶺さんの「ほっぺたぷくっとするのかわいい!」って感じで最高でしたね!そして物語は夏休みへ!誰かと付き合うことが初めてで微妙にすれ違ったりお互いのことを不審に思ったりする2人。そんな2人を見かねた瀬波ユウカが友達を含めて2人を海へ!そこになぜか間島くんの過去を知るクルミもついてきて…お互いの水着姿に(高嶺さんは間島くんの腹筋に)照れたり恥ずかしがったりする姿がめちゃくちゃ良きでしたね…初々しい…一方でクルミは間島くんの過去を知るからこそ思うところがあり…クルミちゃん本当に間島くんのことが憧れだったんだな…と思うのがまたいい…そんなクルミちゃんに一喝を入れる高嶺さん、高嶺さんのピンチにしっかりと駆けつける間島くんがよかったですね…ラストまで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
間島くん高嶺さんのことちゃんと好きなんだなーと思ってニマニマしちゃいましたね。カタブツすぎて融通が効かないところもありますけど、最後はちゃんと正解引き当てていて頑張れって応援したくなりました!高嶺さんは相変わらず恋する乙女の大暴走で見ていて楽しかったですね…間島くんのこと好きすぎて時々壊れるのがグッド!かわいいって言われたら嬉しいですもんね。そのほかのキャラももちろん魅力的でした!

最後に
今回も楽しく詠ませていただきました!次はまだまだ夏休み編ですかね?ピュアピュアな2人ももちろん大好きですが恋人らしいところももっと見たいです!3巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

高嶺さん、君のこと好きらしいよ2



著者

猿渡かざみ



レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453098-8

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは持崎湯葉さんの

恋人以上のことを、彼女じゃない君と。

です!
img_9784094530964_1

ストーリー A
内容は、ブラックな仕事をこなす日々を送る山瀬冬。彼はある日、大学時代の恋人である皆瀬糸と再会する。糸と飲むことになった冬は昔話や仕事の愚痴に花を咲かせているうちに酒に飲まれて勢いでヤッてしまう。後悔する冬に糸は再び付き合うわけでもなく心地良い関係でいようと持ちかける。こうして冬は糸と恋人でもなく友達でもない不思議な関係を結ぶことになるが…とこんな感じです!

〜大学時代の元カノと〜

持崎湯葉さんの新作!好きな作家さんの新作なので楽しみにしてました!友達でも恋人でもないどこか爽やかでヤることはしっかりヤる2人の関係が楽しいラブコメ?でした。面白かったです!
まず序盤。大学時代の恋人と再会とするところから物語は始まります。ゲーム会社で日々ブラックなお仕事に追われる冬。そんな最中に元カノが現れたら僕なら発狂するので、ちゃんと付き合ってちゃんと別れた感じがしてとても良いですね(白目)。そんなこんなで再会をきっかけに飲もうということになった冬と糸。そして酒に飲まれて一線を超えてしまいます。元カノとそういうことをしてしまったことを後悔する冬に糸は名前のない心地よいだけの関係を提案します。それに納得した冬はヤることはしっかりヤるような関係になります。こういうお互いにとって都合のいい関係きっと心地よいんでしょうね…そして始まる恋人でも友達でもない2人の日々。新宿のラブホの屋上で足湯に浸かってみたり(バリアンやん)カラオケに行ってみたり時にはハメを外してヤリまくったり…大学生のノリで社会人の男女がいろんなことをするのは見ていて純粋に羨ましいですね…なんで僕社畜やってるんでしょう…途中セックスの呼び方がフェアリーテールになるのは笑いましたw しかしそんな心地の良い関係も糸を縛りつける家族という呪縛によって…この時冬がとった選択肢めっちゃよかったですね。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
冬はなんか純粋にいいやつでしたね。根は真面目で時折頼り甲斐もあっていいことも言えて…糸が好きになるのもわかります。糸は分かりやすく男が好きな女の子という感じで非常に良かったですね!かわいくてノリが良くていっぱい食べる女の子好きです!

最後に
恋人でも友達でもセフレでもない2人の関係が魅力の作品でした!これ続きあるんですかね?2巻もあるならぜひ読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
社会人ラブコメが読みたい方は!元カノとのどこか爽やかで友達以上だけど恋人ではない関係が心地よいです。この作品でしか味わえない読後感があります!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

恋人以上のことを、彼女じゃない君と。



著者

持崎湯葉



レーベル

ガガガ文庫


ISBN

978-4-09-453096-4

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのはカネコ撫子さんの

推しに熱愛疑惑出たから会社休んだ

です!
⚠︎酷評です
img_9784041130889_1

ストーリー C
内容は、32歳の独身会社員の新木吾郎は清純派アイドルの桃花愛未のファンとしてライブに足を運んでいた。そんなある日、彼女に熱愛報道が出る。しかし週刊誌に載っていた写真には見覚えが…なんと以前コンビニで財布を拾ってあげたのが愛未だったのだ。SNSで彼女から呼び出しを受けた吾郎は写真の件とは別のことで相談を受ける。なんとそれは愛未がグループを脱退するというもので…推しに寄り添う日常が始まる!とこんな感じです!

〜推しとお近づきになれたら〜

第7回カクヨムWEB小説コンテストラブコメ部門特別賞受賞作。個人的にめちゃくちゃ微妙でした。以下酷評です。みたくない方はブラウザバックで。
とにかく気に食わないのが2点

・文章が古臭い。気障にしようとして失敗してる感じがキモい。というかキツい。
・推しなら推せよ!女の子として見るなよ!

まず文章。タイトルにあるシチュエーションからアイドルグループを脱退するところまではまだよかったです。そんなに主人公とヒロインの内面描写ないんで。でもその後。なんだかんだ愛未と友達(笑)な関係になったあたりから文章が怪しくなります。えっ、なに30代独身男性の一人称の文章ってこんなにキモい?ってくらいキモい。えっ、なに20代後半のアイドル女の一人称の文章ってこんなにキモい?ってくらいキモい。仕事の場においては社会人ですって面して、心情描写はは90年代の売れない恋愛ドラマみたいな感じなのマジキツい。このキツいのが男女ともなんでさらにキツい。90年代のラブソングを80年代の文章で描く感じがマジでキツい。
まぁ文章は最悪いいんですよ。好みなんで。1番の問題は推しとか言ってるくせに大した葛藤もなんもなく1人の女性としてあっさり恋愛対象にしてくるところなんですよ。推しじゃないんかい!別にフィクションなので推しと恋愛しようがなにしようが別にいいですよ。でも推しから恋愛対象の女性に変わるまでの過程とかそのあたりが全然ないじゃないですか!推しなら推せよ!推しが恋愛対象に変わるなら、恋愛対象にするならそこまでの過程をもっと丁寧に描けよ!
キツい文章と推しに対する価値観がとことん合わない作品でした。この作品読む時間で何ができたか考えるだけでイラつきます。

キャラ C
2人ともキモい。吾郎は32歳でこのキモさか…と思えるほどキモい。愛未は27歳でこのキモさか…と思えるほどキモい。魅力を一切感じませんでした。

最後に
きっつ…と思いながら読み切りました。個人的には徹底的に合わなかったです。

どんな人にオススメか?
個人的にはオススメしません。気になったかたは試し読みの上で。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

推しに熱愛疑惑出たから会社休んだ



著者

カネコ撫子



レーベル

角川スニーカー文庫


ISBN

978-4-04-113088-9
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは午鳥志季さんの

私のことも、好きって言ってよ! ~宇宙最強の皇女に求婚された僕が、世界を救うために二股をかける話~

です!
img_9784049146844_1

ストーリー A
内容は、平凡な高校生進藤悠人は彼女である日野叶葉と幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、銀河最強のリベルガスケット星軍の皇女であるアイヴィスに一目惚れされ図らずとも二股してしまうことに。大好きな叶葉にはアイヴィスと付き合っていることはバレたくない。アイヴィスに叶葉と付き合っていることがバレると地球が破壊されてしまう恐れが!果たして悠人は2人にバレずに二股を続けることができるのか!とこんな感じです!

〜宇宙人に一目惚れされたら⁉︎〜

午鳥志季さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。宇宙人の押しかけ嫁もの+二股ラブコメという新鮮味溢れる設定で楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。アイヴィスが地球にやってくるところから物語は始まります。地球なんて簡単に吹き飛ばしてしまえる宇宙人が半分お遊びで地球に滞在する… ラブコメの始まりとしてはなかなかパンチの効いた始まり方でしたね!そして物語は悠人視点へ。叶葉と付き合うことができて毎日幸せな悠人。しかしアイヴィスに一目惚れされて彼の日常は一変。悠人がアイヴィスと付き合わなければ地球を破壊される恐れがあり、なにより叶葉をアイヴィスが逆恨みで殺してしまうかもしれない…そんなワケで悠人は仕方なくアイヴィスとも付き合い二股することに。そして始まるドタバタな日常!悠人と叶葉が通う学校に転校してきたアイヴィスに叶葉と付き合っていることがバレないように立ち回り、叶葉には好きだよと言いつつもアイヴィスには嘘でも好きだよとか言わなくちゃいけなくて…こういう胃がキリキリする感じめちゃいいですよね!しかしそんな二股生活も長くは続かず叶葉とアイヴィスにバレてしまい、さらには他の宇宙人がアイヴィスを狙って…二股をかけた悠人がどういう答えを出すのか気になっていましたが、最終的に納得できる答えを出してくれましたね。ラストも大満足!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
悠人はさいしょは(どうしようもないとはいえ)二股をかけるやつでうーんという感じでしたが、最後はきちんと決めているのが良かったですね。叶葉はお淑やかガールなんですけど、家が極道でアイヴィスにも物怖じしない強さがグッド!アイヴィスはめちゃパワフルガールで悠人のことをガンガン振り回していくのが見ていて楽しかったですね!時折見せる女の子らしさもよかったです!

最後に
押しかけ嫁ラブコメとして楽しく読ませていただきました!1巻でひとつ決着はつきましたが、終わり方的にはぜひ2巻以降も読みたいですね!続刊楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
押しかけ嫁系のラブコメが読みたい方は!主人公が二股する系のラブコメなのである程度好みは分かれるかもですが最終的には主人公もかっこいいところを見せてくれます!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

私のことも、好きって言ってよ! ~宇宙最強の皇女に求婚された僕が、世界を救うために二股をかける話~



著者

午鳥志季



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-914684-4

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのはあきらあかつきさんの

親友の妹が官能小説のモデルになってくれるらしい

です!
img_9784041131954_1

ストーリー A
内容は、親友の妹である水無月鈴音をモデルにちょっとエッチな小説を書いてネットで発表している金衛竜太郎。そんな彼はある日、鈴音に彼女をモデルに小説を書いてることがバレてしまう。無断でえっちな小説のモデルにしたことを謝る竜太郎だが、なんと鈴音は竜太郎の小説を読んだことで変態になっていた⁉︎しかも竜太郎の小説の手伝いをしてくれることに⁉︎親友の妹とのちょっとかなりド変態なラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜ドM覚醒〜

あきらあかつきさんの作品!この作品がデビュー作のようですね。直接的なエロはないものの、性癖を狂わせてくるド変態描写が魅力のエロコメよりのラブコメでした!面白かったです!
まず序盤。竜太郎の日常シーンから物語は始まります。親友の水無月翔太とその妹である鈴音ちゃんと一緒に投稿する一場面…翔太の妹かわいい自慢はなかなかにウザいですねw とそんな平穏な朝の光景が一変。鈴音ちゃんがなんと竜太郎の書いているちょっとえっちな小説を読んでいることが発覚!しかも熱心にコメントをくれるファンで芋蔓式に竜太郎が作者であることがバレて…このあたりの流れはテンポが良くてサクサク読ませてくれますね!そして始まる竜太郎と鈴音の変態コメディ!竜太郎の書く小説のためと鈴音ちゃんがあらゆる変態シチュエーションを用意してきて…目隠し状態で鈴音ちゃんの生足に挟まれるドキドキイベント、結んだ紐飴をお互いの口に入れて擬似ディープキスをするイベント、一緒にブタカフェにいくデートシーン…なんかこうおっぱい揉んだりとかの直接的なエロや、キスしたりなんかの直接的な体のふれあいがないのにとにかくエロい。性癖破壊小説ですよ。これは。読者がみんなドMになってしまう…中盤以降は竜太郎の書く小説がサイトのランキング1位をとるためにに鈴音のさらに過酷?な変態調教?が始まり…竜太郎くん…終盤ではちょっとしたハプニングもありつつ性癖破壊系ラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
竜太郎は鈴音ちゃんによってどんどんドMに改造されてしまうのが…いやでもそうなっちゃうのわかるわ…鈴音ちゃんは最初は清楚な女の子かと思っていたら考える変態シチュエーションといい凄まじい性癖破壊力を持った女の子でしたね。これは敗北しちゃいます。

最後に
性癖破壊系のラブコメとして楽しく読ませていただきました!これはぜひ2巻も読みたいですね!鈴音による性癖破壊はまだまだ序盤!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
エロよりのラブコメが読みたい方は!エロよりといいつつも直接的な描写はほとんどなく、性癖を歪めてくるようなイベントで読んでるこっちの性癖が破壊されます…サクッと読めるので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

親友の妹が官能小説のモデルになってくれるらしい



著者

あきらあかつき



レーベル

角川スニーカー文庫


ISBN

978-4-04-113195-4

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ