カテゴリ: ラブコメ

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は記事二つで…さすがに、毎日記事五つはきつくなってきました…それが、作品紹介でなくても…

さて、今回紹介するのは岩田洋季さんの「叛逆のドレッドノート3」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
百華ー! どうして君は紙の中でしか生きられないの? 早くこっちまで来てよ!
さて、冗談と本音が混ざったの叫びはともかく(本音?) 今回も最高でした! 零の姉が島に来て、二人の秘密はバレてしまい、あげくいちゃフェスなるものまで…細かいイベントもあり、安定の面白さでした!  ちなみに零の姉の名前が高校生の頃の同級生と同じ名前でした(苦笑)まあ、巨乳じゃなかったですけどねw

前巻と比べて A
巻を追うごとに百華の魅力が増していく…あぁ…(∩´∀`)∩スンバラスィ♪
今回もラストで百華が見せた勇気には感動。百華と零の歩む物語がさらに気になりました!

今後の期待度 A
電撃文庫MAGAZINEの方で連載している関係もあって半年くらい続刊が出ていませんが、そろそろ百華成分が足りなくて発狂しそうなので、年内中には四巻お願いいたしますm(_ _)m

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日は久しぶりにライトノベル調査企画やります!

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は早く起きたので、色々できましたが、三回ほど昼寝? しました…まあ、一回の昼寝が15分から20分程度なので、合計で1時間も寝てないですけどね(苦笑)

さて、今回紹介するのは岩田洋季さんの「叛逆のドレッドノート2」です!
前巻の記事↓

個人的に今もっとも推してるラブコメです! ぶっちゃけライトノベルでガチのラブコメはこれくらいしか読んでないかな?

ストーリー A 
プロローグから百華が可愛いすぎる! 反則ですよ! レッドカードですよ! 本の中から退場して、僕の元へ来てください!
という、半分冗談はさておき(半分?)ストーリーは後輩のくれこが加わり厚みが増し、相変わらずど激甘ラブコメを見せてくれました! これは百華以外がやったら絶対悶絶しながら読めないですね。後半の百華が勇気を振り絞る場面は最高でした!

前巻と比べて A
いちゃいちゃ度がさらにアップ! 甘い、甘すぎる! 前巻は文体に慣れていないせいか、読みづらい感がありましたが、今回はそれがなくなり二人の物語をさらに楽しめました! 

今後の期待度 A
一巻を読んだ方なら満足できる出来です! 岩田洋季さんの作品は大体メディアミックスしているので、そちらに期待しつつ今後のさらなる展開に期待です!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日は三巻を紹介します( ̄^ ̄)ゞ

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
最近Twitterのフォロワーさんが増えて嬉しいです(・ω・)bグッ まあ、基本的に僕のツイートに反応があるのは綱垣ことひなもんぢゃだけなんですけどね(苦笑)

さて、今回紹介するのは葵せきなさんの「ゲーマーズ 雨野景太と青春コンティニュー」です!
葵せきなさんは第17回ファンタジア長編小説大賞佳作を「マテリアルゴースト」で受賞しデビュー。第二作の「生徒会の一存シリーズ」は二度のアニメ化を果たすなど大ヒットしました。

葵せきなさんの作品は「生徒会の一存シリーズ」は読んだことがありましたが、他の作品は未読で今回が二作目でした。

ざっくりとしたあらすじ。
主人公雨野景太はゲームが趣味の普通の高校生。
ある日、平凡な日常を送る景太の前に学園のアイドル天道可憐が現れる。実は彼女は大のゲーム好きで、景太をゲーム部に勧誘する。しかし、景太は彼女とのゲーム観の違いからゲーム部への入部を断ってしまう。するとそこから景太の日常は変わり始め…とこんな感じです!

ジャンルはラブコメ。ゲーム部がどうこうとあったのですが、部活ものではないですね。

久しぶりに葵せきなさんの作品を読みましたが、生徒会の一存シリーズとは文体が大分違い、最初はかなり戸惑いましたΣ(・□・;)しかし、慣れると読みやすく、テンポよく読めました。

作品の序盤はなんだかなー、という感じで微妙でしたが、三話以降急激に面白くなりました! 序盤のアレはなんだったんだ! というくらい滅茶苦茶面白いです!

主人公目立たない高校生で、冴えない感じですが、頑張って知らない人ともコミュニケーションを取ろうとしていく姿勢にはとても共感できました! また、正ヒロイン?の天道さんも、完璧美少女かな?と思わせておいてエピローグで、可愛いところを見せてくれました! 良いヒロインですw

ストーリーはとにかく登場人物たちのすれ違いが面白いです! 主人公、ヒロイン、その他の登場人物たちの思惑が物の見事にかみ合わない。そのすれ違いがストーリーをぐいぐい進めていきます!

この作品は現在二巻まで発売されています。また、ファンタジアbeyondの方で連載されていて、こちらは無料で読めるので、気になった方はこちらから試しに読んでみてください↓

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
通信制限かかりました( ꒪Д꒪)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日三回目のブログ更新ですw 最近真面目に更新していなかったので、久しぶりにこんなに更新してみました。ちなみに、三回も更新するときは「ネタがもったいないなー」なんて思ったりします(苦笑)

さて、今回紹介するのは岡本倫さん原作、横槍メンゴさん作画の「君は淫らな僕の女王」です!
原作の岡本倫さんは長くヤンジャンで活躍されている漫画家さんで、最近では「極黒のブリュンヒルデ」がアニメ化され話題となりました。
作画の横槍メンゴさんは現在ヤンジャンで連載中の「レトルトパウチ」や「クズの本懐」が有名な方です。後で言及しますが女性の方です。

ざっくりしたあらすじ。
好きな女の子で幼なじみの昴を追い私立の名門学校に入学した主人公の斎藤アキラ。しかし、彼女との間には大きな隔たりができてしまっていた。
そんなある日、噂で聞いたとある占いをすると突然昴の部屋とアキラの部屋が繋がってしまう。さらに、昴は1日半時だけ自制心をなくすはめになり…とこんな感じです!

ジャンルはラブコメでいいですかね? ただ、TOLOVEるの比じゃないくらいエロいです!

⚠︎特別書いてありませんが、おそらくR-15指定程度の描写がありますので実際に作品を読む際はご注意を。

主な登場人物の紹介。
まずは主人公の斎藤アキラ。好きな女の子のために猛勉強をして名門私立学校に入学しました。

次はヒロインの川奈昴。最初は清純派秀才美少女として登場しますが、化けの皮が剥がれていかます(苦笑)

以上の2人が中心となり物語は進行します!

まず言わせてもらうとこの作品は理想のヒロイン像をぶっ壊した作品です。実はこの作品事前知識ゼロで読み始めたのですか、昴が自制心を失って豹変したのは驚きました(ーー;)

また、横槍メンゴさんは女性の方のはずですが、こんなの書いていいの? と思うところがいくつかありました。それくらい過激でぶっ飛んだ場面もあります。

ストーリー自体は王道で、ベテランの岡本倫さんが書いたと納得できる面白さです。また、若干好みが分かれると思いますが、横槍メンゴさんの絵も魅力的でスラスラ読めます!

この作品は一巻完結済みです! 普通のラブコメとして楽しむもよし、TOLOVEるの上をいく作品として楽しむもよしな作品です! ぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
下の記事見た方がいるかもしれませんが、ついに同人サークルの脚本の一稿があがりました! いやー、今回は割ときつかったですね(ーー;) 最初はキャラが動かないし、ストーリーが面倒だし…でも書いていて楽しかったです! 

さて、今回紹介するのは筒井大志さんの「マジカルパティシエ小咲ちゃん!」です!
筒井大志さんの作品は先日「ミサイルとプランクトン」を紹介しましたね。筒井大志さんは女の子が可愛く描けるのが特徴の漫画家さんだと個人的に思っています! あと、影のつけ方が非常に上手いと思います。

この作品はニセコイの公式スピンオフとなっていて、最初はジャンプ+の前身ジャンプLIVEに掲載されたニセコイの作者古味直志さんの作品がおそらく元になり(ニセコイ8巻巻末に収録)スピンオフとして筒井大志さんが漫画を描くことになった作品です。

あと、この記事を書いている現在本屋ではかなり品薄となっているようです。新宿に行く用事があったので紀伊国屋の南口店で購入したのですが、その前に紀伊国屋本店で売り切れ、アニメイトで売り切れと久しぶりに探すのに苦労した作品です(苦笑)

作品の内容を簡単に紹介するとニセコイのメインヒロイン三人、小咲、千棘、万里花の三人が魔法少女となり悪の組織と戦うというものです!

主な登場人物の紹介。
まずは小野寺小咲。引っ込み思案な女子高生で、洋菓子店の娘です!

魔法少女になるとパティシエ風の衣装や武器で戦います!

次は一条楽。頭脳明晰、スポーツ万能、超絶イケメンな生徒会長で、御曹司です。

本編とのギャップに突っ込んではいけませんw

次は桐崎千棘。魔法少女が好きな怪力女子高生です。

多分本編と一番変わらないのが千棘です(苦笑)

最後は橘万里花。幼い頃に楽に恋をした女子高生です。

後で説明しますが、ぶっちゃけ今後のコミックスで一番楽しみなのが万里花です! 恥じらいがないので(苦笑)

この四人に小咲につく魔法の国の使者(契約者を魔法少女にする)ルーリン(宮本)、ツグミャー(鶫)、ホンダーソン(本田さん)が中心となり物語は進行します!

この作品は一言でまとめればお色気魔法少女ものです。魔法少女ものはまどマギくらいしか知らないのでなんとも言えませんが、毎回ラブコメして悪い奴らを倒して次回への引き。というパターンが続きます。

ストーリー自体は割と単純ですが、何よりキャラがスピンオフの中で本編と同じように行動しながらも、魅力を保っていることが評価できます! 小咲、千棘、万里花が好きな方でも文句一つ言えないくらい完璧なスピンオフだと思います!

そして、何より重要なことがあります。それはこの作品を連載している「ジャンプ+」で読んでいて、「いつでも読めるからコミックスまで買わなくていいや」と思っている方に向けてです。

解禁されてます!

何が? は無粋ですね(苦笑) でも大切なことなので二回言います!

解禁されてます!

この作品は現在一巻まで発売されています! ニセコイ本編を知っている方なら楽しめるはずなのでぜひご一読を! ジャンプ+のほうでめ読めます! また、この作品は先日ニセコイのアニメでアニメ化されました。こちらはまだ見れるかどうかわかりませんが、ジャンプ+のほうでも配信しているので機会があれば見てみてください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

↑このページのトップヘ