カテゴリ: ラブコメ

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは西塔鼎さんの

ひとつ屋根の下で暮らす完璧清楚委員長の秘密を知っているのは俺だけでいい。

です!
img_9784049144505_1

ストーリー A
内容は、幼馴染の黒河スヴェトラーナことチカは成績優秀でハーフの美人。成績も優秀でみんなが憧れるスーパー委員長だが彼女にはある秘密が。それはとんでもなく怖がりだということ。あることをきっかけに主人公と同棲することになったチカの怖がりを解消するための手助けをすることになるが、ちょっとしたことでも悲鳴をあげてしまうチカに大苦戦。果たしてチカの怖がりを克服させることはできるのか…とこんな感じです!

〜幼馴染が悲鳴をあげる〜

西塔鼎さんの新作!大好きな作家さんなので新作楽しみにしてました!前作と同じくさとうぽてさんとのコンビで新作ラブコメということで読む前からワクワクが止まりませんでした!スーパー委員長兼幼馴染の怖がりを克服するコメディ寄りのラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。完璧な委員長である黒河スヴェトラーナことチカちゃんの普段の姿が描かれます。これは完璧美少女委員長ですね!と思っていたら、突然主人公と同棲することになり、彼女の昔からの弱点である怖がりを克服することに…このあたりはテンポ良く進んですすっと本題の怖がり克服ラブコメに入っていったので読みやすかったですね!そして始まる主人公とチカちゃんのラブコメ!怖がりを克服するために怖い話が書かれた本を音読したり、ホラービデオを見たり…とても美少女とは思えない悲鳴をあげるチカちゃんがかわいすぎましたね…時々とんでもない表情をしていましたがw 結構距離が近くて思春期を刺激する感じなんですけどチカちゃんが純真かつはちゃめちゃに怖がりなのであくまでもコメディ方向にお話が向くのがグッドでしたね。幼馴染として思い出を共有しながら進んでいく物語。しかし2人の楽しいやりとりはあることをきっかけにちょっとしたピンチに。そして時同じくして主人公と仲のいい女子が…このあたりの展開は王道ではありますがチカちゃんの反応が良くてニヤニヤしちゃいましたね。ラストもすごく良かったですし最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
主人公は作中ではたっくんと呼ばれるんですけど多分正式な名前出てきてないですよね…?チカちゃんのことを大切にチカちゃんのことを第一に動ける主人公で好感度高かったです!チカちゃんは普段は完璧な美少女なのにめちゃくちゃ怖がりで…ちょっとしたことでもすぐに悲鳴をあげるし美少女がしちゃいけない顔になるのがある意味可愛かったですねw こういうヒロイン好きですw そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
幼馴染の美少女の怖がりを克服!というコメディよりのラブコメで楽しく読ませていただきました!これはぜひ2巻も読みたいですね!チカちゃんの悲鳴はまた聞きたいですw 続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
コメディよりのラブコメが読みたい方は!普段は完璧美少女だけどとことん怖がりですぐに悲鳴をあげちゃうチカちゃんがめちゃくちゃかわいいです!主人公とのやりとりもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ひとつ屋根の下で暮らす完璧清楚委員長の秘密を知っているのは俺だけでいい。


著者

西塔鼎


レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914450-5

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは佐伯さんの

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5.5

です!
img_9784815611996_1
前巻の記事↓ストーリー A
短編集?というか掌編集。周と真昼が付き合う前のお話が描かれます。各話を紹介するとネタバレがとんでもないことになってしまうので個人的に好きだったお話について紹介。


お掃除大作戦再び、そして事件
真昼と周でお掃除をするお話。真昼が周にジュース飲ませてあげたり、真昼がお風呂場で転んでスケスケになったり、真昼が周の服を借りてぶかぶかになったり…もうとにかくかわいいが詰まった作品でしたね。このお話だけで巻頭イラスト含めて3枚もイラストありますし作者の佐伯さん的にもお気に入りのお話なんですかね?

夜ふかしは悪いこです
周と真昼で流星群を見るたびにちょっぴり夜ふかしするお話。暗闇が怖い真昼が周にぴったりで周がドキドキ…という期待通りのお話で楽しく読ませていただきました。最後にすごく悪いことをしていて笑いましたw

裏側の決意と感傷
優太と樹のお話。こうして優太のお話を読めるとは思っていなかったのでありがたいですね。優太くんすごくいい子だと思うので頑張って欲しいですね…

お泊まりと昔話
真昼と千歳がお泊まり会して千歳と樹が付き合うまでのお話を聞くお話。樹イケメンすぎません?こんなの惚れるやん…っていう過去知ると千歳の樹に対する態度も納得ですね。あと中学時代の樹と千歳のイラストがすごくよかったですね。個人的に1番好きなお話でした。

その声は反則です
THEお隣の天使様というようなお話。真昼が周にもうちょっと意識してほしくて夜に電話するお話。周の声を聞いてご満悦な真昼、眠くてふにゃふにゃしちゃう真昼、周に耳元で話しかけられて変な声出しちゃう真昼…かわいすぎてヤバかったですね…

最後に
今回は短編集?掌編集?ということで真昼や周をはじめ普段見られない表情や普段以上の甘々を楽しませていただきました!6巻も楽しみです!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件5.5



著者

佐伯さん


レーベル

GA文庫

ISBN

978-4-8156-1199-6

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは久慈マサムネさんの

好きで好きで大好きなので、いっしょに好きを伝えたい

です!
img_9784041124994_1

ストーリー A
内容は、フィンランドからの留学生エイヤ・ピッカライネンが自分の家にホームステイすることになった蒼井桜雅。学校では誰に対しても無反応でクールな態度もで氷のエルフと呼ばれているが、実はオタクで桜雅と2人きりのときはめちゃくちゃよく喋る女の子だった。オタクであることに悩んでいた過去を持つ桜雅と共にエイヤは一緒にオタ活していくことになるが…とこんな感じです!

〜フィンランドからの留学生と一つ屋根の下〜

久慈マサムネさんの新作!個人的に初挑戦の作家さんです。これまではエロ!って感じの表紙の作品が多くて微妙に手に取りづらかったんですけど、今作は現代を舞台にした作品なので初挑戦。ヒロインのエイヤのかわいさはもちろん、軽いラブコメの中に屈託とか生きづらさとかそういうものを伝えてきていてよかったですね。面白かったです。
物語はエイヤとの日常シーンから始まります。一章にあたる部分は導入というよりはエイヤと桜雅の関係がある程度出来上がってからのお話しですね。そして二章からエイヤと桜雅との出会いから仲良くなるまでの過程が描かれていきます。冷たい反応を見せるエイヤがオタク趣味の話になるとキラキラ目を輝かせてお喋りになるのがかわいいですよね。しかしエイヤがうまくお喋りできるのは桜雅と2人きりの時だけ。学校では誰に対しても冷たくて誤解されてしまう…でもこうした問題を強引に解決しようとしないところがこの作品のいいところでもありますよね。そしてエイヤや桜雅の過去を掘り下げながら、お話は進んでいきます。2人のやりとりは初々しくてみていて楽しいですね!そして多分この作品で1番伝えたかった230pあたりはすごく良かったです!
ただ個人的に微妙だったのは時系列が微妙に整っていないのと、Vtuber要素があんまりなかったことですかね…前者は個人的には捻る必要ないなら真っ直ぐ時系列通りに書いてほしい…という要望なのでともかく…後者は表紙のイラストとタイトルで期待した要素なので後半であっさり、しかも「Vtuberはじめるぞ!」で消化されちゃうのは…これは楽しみにしていた要素でもあるので2巻以降はがっつりやってほしいです…
とはいえエイヤと桜雅のやりとりは楽しかったです!

キャラ A
エイヤは普段は超クールでオタク話となるとキラキラ目を輝かせてお話する女の子!ちょっと怪しい日本語とか時々出てくるフィンランド語やフィンランド要素も楽しかったですね!桜雅はオタク的なものが好きだけど、過去の経験が原因でオタク的なものが好きなことを言い出せなくなってしまった男の子。でもエイヤとのやりとりを通して少しずつ変わっていく姿がグッドでしたね。そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
エイヤと桜雅のやりとりが楽しいラブコメでした!個人的に期待していたVtuber要素が1巻では全然だったので2巻ではガンガンやってほしいです!2巻!待ってます!頼みます!

どんな人にオススメか?
軽めのラブコメが読みたい方は!エイヤと桜雅の初々しいやりとりは見ていて楽しいです!オタク話になると人が変わったようによく喋るエイヤもかわいい!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

好きで好きで大好きなので、いっしょに好きを伝えたい



著者

久慈マサムネ



レーベル


角川スニーカー文庫

ISBN


978-4-04-112499-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは御宮ゆうさんの

この恋は元カノの提供でお送りします。

です!
IMG_7631

ストーリー A

内容は、高校時代。二大マドンナの1人である柚木真波と偽の恋人関係だった衣笠創。そんな彼は大学に入学してもなかなか彼女ができずにいた。そんなある日、チャットアプリで仲良くなった女の子と会うことに。しかしやってきたのはかつての偽の恋人である真波だった⁉︎ 高校時代に真波の偽彼氏になってもらった貸しを返してもらうべく、創は真波から恋愛指南を受けることになるが…とこんな感じです!

〜チャットアプリで元カノと再会したら?〜

御宮ゆうさんの新作!「カノジョに浮気されていた俺が、小悪魔な後輩に懐かれています」が好きだったので新作楽しみにしてました!今作は微妙に恋愛方面でダメな?主人公に恋愛指南をするような大学生ラブコメで楽しく読ませていただいました!面白かったです!
まず序盤。創と真波がチャットアプリを通じて再会するところから物語は始まります。元偽の恋人同士でお互いに会いたくもなかった創と真波。しかしお腹も空いていたこともあり2人でご飯にいくことに。ですがご飯を食べた場所でぼったくりにあい…4万円のぼったくりというのがまた絶妙にリアルでいいですね…そんなぼったくりのお店のお金を全額払ったこと、高校時代の偽の恋人関係の借りを返せていないことから真波は創に恋愛指南をすることに。真波の恋愛指南は見ていて楽しかったですね。創自身を変えろというのではなく、お店選びであったり化粧品の褒め方だったり女性に対する気の使い方だったり…「あっ、これならできそう」ってポイントで指南してくれるので創もうぐにそれを実践できていましたね。そして真波から恋愛指南を受けた創は想い人である七野優花とデートすることに。真波の指南のおかげで上手にデートすることができる創。しかしデートはうまくいっても別の問題が…こういう男女の関係を微妙な距離感とかではなくて、しっかり明示してくるのはいいですよね。ラストもよかったですしいい大学生ラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
創は等身大の大学生らしくて好きでしたね。意外と面白いツッコミができたり恋愛方面のアドバイスに素直に従ったりと見ていて楽しかったです!でも飲み会あとのカップラーメンはすぐに太るからやめとけ(真顔)。真波はさすがマドンナという感じの美貌の持ち主でいるだけで映える女性でしたね。創とのラフなやりとりや恋愛指南する姿が魅力的でした。優花は男子大学生理想の女友達という感じでめっちゃよかったですね!こういう女の子にハマっちゃうんですよね…

最後に
恋愛指南+大学生ラブコメとして楽しく読ませていただきました!これは続きが気になりますね!これから創と真波、そして優花の関係がどのよう変化していくのか…2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
大学生ラブコメが読みたい方は!解像度高く等身大の大学生によるラブコメが描かれます!恋愛指南も自分を変えろ!という感じではなく女性目線を考えて!というもので読んでいて楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

この恋は元カノの提供でお送りします。



著者

御宮ゆう



レーベル


角川スニーカー文庫

ISBN


978-4-04-112302-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは小狐ミナトさんの

ぽんこつかわいい間宮さん ~社内の美人広報がとなりの席に居座る件~

です!
img_9784040744797_1

ストーリー B

内容は、陰キャな社会人・藤城悠介の隣にやってきたのはミスコンで優勝したこともある美人の先輩・間宮ユリカ。広報を務める彼女は藤城がSNSに詳しいためフォロワーの増やし方を教えてもらいたいという。ポンコツな間宮さんにフォロワー数を増やすコツを教える中で2人の距離は徐々に縮まっていくが…とこんな感じです。

〜美人の先輩が隣で働くことに〜

カクヨムからの書籍化作品。個人的には面白いとは思いませんでした。以下面白いとは言わないので読みたくない方はブラウザバックで…
個人的に気になったのは2点。

・描写が薄い
・サブキャラの存在意義を感じられない

描写が薄いについて、これはカクヨムに掲載している作品なのでWEBで読ませるためにある程度は仕方ないとは思いますがいくらなんでも薄すぎます。見せ場である水族館のデートシーンがたったの30pで終わってしまったり、日常のドキドキするシーンやキャラ同士のやりとりをはじめ何もかもが薄いです。たくさん地の文を書けとか、キャラにもっと喋らせろとかそういうことを言いたいわけではないのですが…せっかく魅力的なキャラがいるのにその魅力の半分も伝えられていないように感じてしまいます。
続いてサブキャラについて…こちらも描写が薄いに関わってくるのですが、ただでさえ主人公もヒロインも魅力的に魅せられていないのに謎のJKバイトやかつて主人公に初恋していた同僚を出してこられても…記号的な属性が伝わってくるだけの文章でサブキャラ出されても何を感じればいいのかわからないです。
と、とにかく全体的に薄い作品でした。

キャラ C
前述の通り。魅力が伝わってきません。せっかくいい設定のキャラなのに描写の薄さでキャラが棒人間状態です。

最後に
薄かったです。せっかくいい設定のキャラのオフィスラブコメなのに、描写の薄さで自らの首を絞めているようにしか感じられませんでした。

どんな人にオススメか?
個人的にオススメはしないです。気になる方は試し読みの上で。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ぽんこつかわいい間宮さん ~社内の美人広報がとなりの席に居座る件~



著者

小狐ミナト



レーベル


富士見ファンタジア文庫

ISBN


978-4-04-074479-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ