カテゴリ: 音楽もの

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは杉井光さんの「楽園ノイズ2」です!
img_9784049136814_1
前巻の記事↓ストーリー A
内容は、バンドとして本格始動したパラダイス・ノイズ・オーケストラ。しかし二学期になっても彼らのバンドはトラブル続き!クラシックピアノ以外を認めない凛子の母親がバンド活動をする凛子に怒って学校を退学させようとしたり、詩月の祖父がいきなり学校にやってきて真琴を拉致?して強制的にセッションさせられたり、生徒会長のゴリ押しで文化祭の中夜祭と女装コンテストに出場することになったり…さらには大物音楽プロデューサーとデビューをかけて勝負することに⁉︎果たして真琴たちPNOの選ぶ道は…とこんな感じです!


〜バンドになにが必要か〜
シリーズ第2弾!杉井光さんの音楽小説は本当に大好きなのでこうして2巻が発売されてすごく嬉しいです!今回も真琴をはじめPNOのメンバーたちの活躍と青春をとことん楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。凛子の母親が凛子のバンド活動を知って、バンドをそして学校を辞めさせようと迫ってきます。このバンドのメンバー、親に色々問題を抱えてますね…朱音くらいですね…ご両親に本当に意味で理解がありそうなの…クラシックピアノしか認めない。ピアノが弾けるのならクラシックピアノの世界に戻れという母親に猛反対し、なんとかバンドを続けようとする凛子。最終的に真の解決には至らなかったのかもしれませんが彼女の芯の強さが感じられるエピソードでしたね!続いて詩月のおじいちゃんのお話へ。詩月を鍛え上げたおじいちゃんがいきなり学校にやってきて真琴を拐ってとんでもない設備がそろった別邸でいきなりセッション。しかもジャズという無茶振りになんだかんだで応えてしまう真琴はやっぱりすごいですね…まぁおじいちゃんがすごすぎて認められないわけですが…ここのセッション描写は本当にすごくて頭の中にガンガン音が響いてきます!全然知らない、聴いたこともない曲なのに読者の頭の中にここまで音を響かせられるのは杉井光さんの音楽小説だけですよ…でもこの話もまた切ないんですよね…僕は大好きなんですけど…そして物語の中盤以降は文化祭+メジャーデビューが決まるかもしれない大物音楽プロデューサーとの勝負へ。いやー真琴の女装ありがたいっす。これを待っていた(えっ)というのはさておき…大物音楽プロデューサーの言葉でバンドの今後の行方が…この言葉もそうなんですけど見せつけられた音楽というのもやっぱり大きいですよね…でも結局は最高の音楽で答えを出してしまうんですよね。小説の中の観衆に、そして読者の頭の中にガンガン音を鳴らしてくれる。本当に最高です。最後の勘違いには苦笑しつつ、そして最速カバーをしたあの人にちょっとセンチな気持ちになるラストも最高でした!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
やっぱり真琴は女装ですね!これからも女装期待してます!というのは半分冗談で…真琴がいろんなことを考えながらもがき苦しんで音楽で答えを出す姿は心に響きます!凛子はVS母親ばバッチバチで好きでしたね…こういうロックンロールな感じめっちゃ好きです!そして真琴への安定したムーブもグッド!詩月、朱音ももちろん魅力的だったんですけどやっぱり今回は詩月のおじいちゃんですよね。カッコ良すぎて痺れました。

最後に
2巻も楽しく読ませていただきました!絶対に3巻も読みたいです!まだまだ真琴たちの音楽を聴いていたいですし、これからどんどん成長していうPNOの活躍が楽しみです!続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



楽園ノイズ2



著者



杉井光



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913681-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは杉井光さんの「楽園ノイズ 1」です!
IMG_3426

ストーリー A
内容は、自分で作った音楽の再生数が伸びないことに悩みを抱える村瀬真琴は姉のアドバイスの元、女装をして動画をあげる。すると謎の女装JKミュージシャンとして一躍話題になる。しかし、その動画をたまたま見ていて音楽教師の花園美沙緒先生に正体がバレてしまい女装ミュージシャンであることを秘密にしてもらう変わりにこき使われることになる。そんなある日、同じく花園先生にこき使われる冴島凛子と出会う。かつて天才と呼ばれたピアニストの彼女はなぜピアノを辞めてしまったのか…そして真琴の元には次々と問題を抱えた音楽少女が集まっていくが…とこんな感じです!

〜僕らの音楽の幕開け〜
杉井光さんの新作!しかも音楽もの!全国10万人の杉井光ファンの皆さん!(この5倍は杉井光ファンがいて欲しいっすね…)杉井光さんの音楽ものですよ!いやー本当に新作の情報が発表された時から死ぬほど楽しみでした!女装男子とJK離れした音楽の腕を持つ少女たちとのボーイミーツな音楽青春もの!端的に言って最高でした!面白かったです!
姉に唆され出来心で女装で音楽動画を上げてネット上で一躍有名になった主人公の真琴。うん、読んで1pでわかる杉井光主人公。「あぁ、杉井光さんの文章だな」とわかってしまう文章。好き。めっちゃ好き。これだよこれ。と思わず言いたくなる安心感がありますね!そんなわけでネット上で女装ミュージシャンとして有名になった真琴は、たまたまその動画を見ていた花園先生に女装のことを黙っておく代わりにこき使われることになります。読んだ時はひでぇ先生だと思いましたが、後々考えれば先生は時間がないからこうしてたとも捉えられますよね…そして出会う凛子という天才的な腕前を持つピアニスト。まぁ杉井光作品を複数読んでいる人はご存知の通り、どこか見たことあるヒロインなんですよね…でもそれがいい。好き。凛子にセクハラ?されながらもなぜピアノを辞めてしまったのかを知っていく真琴…花園先生の手伝いと真琴がアレンジした曲を中心に2人の距離は音楽で縮まっていき…凛子の奏でるピアノは読むだけで脳に音が流れます。音楽をここまで文章で表現できるのはやっぱり杉井光さんだけなんですよね。そして真琴の周りに増えていく音楽少女たち。華道の家に生まれながらもドラムを愛する百合坂詩月。ギターにベースにドラムになんでもこなすオールラウンドな腕前を持つ宮藤朱音。それぞれが抱える問題に音楽で向き合って、セッションで会話して、音で繋がる絆を作っていく。そしていつしかバンド未満個人プレイ以上の4人組となっていきます。終盤では真琴の作った曲と3人の天才的なプレイがきっかけでネット上でさらに話題に…しかしある問題が発生して…ライブのアンコールといい、ラストシーンといい、すごく熱くて切なくて響いてくる音楽を脳内で掻き鳴らしてくれるんですよね…本当に読んでいてこんなに脳内で音楽が鳴って、こんなに夢中にさせてくれるの最高ですよ…最後まですごく楽しませていただきました!最高に面白かったです!

キャラ A
真琴は女装キャラで表紙も女装姿なんですけど、好き好んで女装するわけではないので女装男子感はあんまりなかったですね。なんというか女装もできる男子みたいな。音楽に関してはピンポイントで色々詳しくて長年DTMいじってきたおかげで作曲はできるけど、楽器が苦手(というか3人がうますぎる)というのがいかにも杉井光っぽくてツボでした。性格とかはいつもの杉井光主人公なので割愛。凛子は下ネタ?多め?の天才ピアニスト。なんだかんだ言って音楽のことは真琴を信頼しているのはグッドですね!いつもの杉井光ヒロインでした!詩月は華道の家のお嬢様。いつもの勘違い暴走系ヒロインですね。好き。朱音は割と杉井光ヒロインではいないタイプのヒロインでしたね。ちっこいけどどこか迫力があって、音楽もオールラウンドになんでもできて、元気あるかと思ったらさっぱりした一面もあって…かわいい女の子でした!

最後に
最高の青春音楽ものでした!これだよこれ!これが読みたかったんですよ!杉井光さんの音楽ものが、キャラば、文章が、改めて好きだと感じる素晴らしい作品でした!2巻も待ってます!

どんな人にオススメか?
青春音楽もの読みたい方は!杉井光さんの作品を複数読んでいる方は安心していつもの杉井光作品に最高の音楽ものが乗っかっているので安心して最高に楽しめると思います!とにかく面白いですし、作中に出てくる音楽とかわからなくても楽しめますしなんなら調べながら読むともっと楽しめます!とにかく気になったら読んでください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



楽園ノイズ 1



著者



杉井光



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913157-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのははまじあきさんの「ぼっち・ざ・ろっく!2」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓
ストーリー A
そろそろ夏休みも終わり。しかしぼっちちゃんは学校に行きたくないあまり完全グロッキー状態…結束バンドのメンバーはぼっちちゃんを連れて海に行くが…一方学校では文化祭が迫り結束バンドはステージに出ることになる。果たしてぼっちちゃんは無事に演奏できるのか…

〜ひとりぼっちが1番ロックだ〜
シリーズ第2弾!1巻めっちゃ面白かったので2巻すごく楽しみにしてました!発売当初から話題になってましたけど、次にくるマンガ大賞で8位になるなど注目度上げてきてますね!今回も面白かったです!
夏休みの終わりが近づき学校があんまり好きじゃないぼっちちゃんは完全にお通夜…というかなにこれ?状態…ぼっちちゃん生きて…そんなぼっちちゃんを連れて結束バンドのメンバーは海へ!まぁすぐに海から逃げるんですけどw 結束バンドらしいw でも江ノ島でワイワイやってすごく青春してましたね!陰キャの青春ですけど…そして近づく文化祭。出るか出ないか散々迷って、きくりお姉さんのバンドのライブ見て元気付けられたりきたちゃんに励まされたりしてステージに上がることに!てか文化祭編はライブ以外がなんかこう…文化祭感がゼロでつらいっす…まぁこれがこの作品らしいというかぼっちちゃんらしいんですけど…ライブはめっちゃよかったですね。陰キャのロックっていう感じでした!こういうのがロックなんです!っていうロックですよね。結束バンド。そしてギターヒーローのことが…この辺も今後キーになりそうですね…今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ぼっちちゃん…なんかもうぼっちちゃんが幸せになるにはTwitterでどんなツイートしても常に5000いいねもらい続けるしかないような気がしました…陰キャなのに自己承認欲求の塊で、なまじギターの才能があるから厄介で、でもネガティブで、音楽は大好き。魂がロックをやる形になるのにさらに拍車がかかっていましたね…きたちゃんは唯一の清涼剤。てかまじできたちゃんいないとヤバい…きたちゃん大事。とても大事。虹夏ちゃんはパワフルで明るくていい女の子ですね!時々暴走したり的確にツッコミ入れるのがグッド!山田ぱいせんはお金を返しましょう(真顔)

最後に
今回も面白かったです!3巻出るのはまたちょっと先かもですが、それまでにまたこの作品の魅力に気づいてファンになる人が増えるといいですね!続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ぼっち・ざ・ろっく!2



著者



はまじあき



レーベル



まんがタイムきららコミックス



ISBN



978-4-8322-7170-8






どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのはむつき潤さんの「バジーノイズ」です!
FullSizeRender

ストーリー A
マンションの管理人をしながら好きな音楽を奏でるだけの生活をする清澄。彼が出会ったのはマンションの上の部屋に住む潮と出会う。彼女がバンドマンの彼氏と別れたことをきっかけに清澄の音楽への扉が開かれる…
心地よい空間が魅力の音楽漫画。青春全開でも、音楽全開でもなく、日常に染み渡る感じがすごく好きな作品なんですよね…
物語はまだ若いのにマンションの管理人をしながら音楽を奏でる清澄の描写から始まります。この「すきなもんいっこ、あればいい」っていうのめっちゃわかります…僕も本だけあればいいです…そして出会うアッパー系全力系女子の潮。彼女がバンドマンの彼氏の別れたことで、清澄は潮に振り回されて音楽に傾き始めます。自分の好きなように、自分のために奏でていた音が潮のSNSを通して世界へ広がって、そしてそれを本気に楽しむようになっていく過程は静かに心を揺さぶられました。決して激しくはないかもしれませんが、確実に人の心を揺らす音でした!

キャラ A
清澄の言いたいこととやりたいことが自分の中で微妙に噛み合っていない感いいですね…そんな清澄を潮が引っ張って音を外へ連れ出していく。なんだかんだで2人はいいコンビでした!

A
音の表現がすごくいいですね!絵柄もすごく好きです!あと216pの見開き本当に最高でした!

総合 A
心を揺らす音楽ものです!めっちゃ面白いので音楽好き!って方はぜひ読んで見てください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは三木聡さんの「音量上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ‼︎」です!
FullSizeRender

歌声が小さなことが悩みの明日葉ふうかはそれを理由にバンドから追放されてしまう。そんな時に出会ったのはシンという不思議な男だった。だが実は彼は奇跡の歌声を持つカリスマロックスターとして名を馳せており、さらにその歌声はドーピングによるものだった!ドーピングにより限界を迎えていたシンの声帯。彼を救うためにふうかは奔走する…

著者はトリビアの泉など有名なテレビ番組の構成作家や脚本、監督を務める三木聡さん。この作品は2018年の映画公開に先駆けて発売された作品となります。

全188pと短いながらもかなり密度の高い作品です。圧倒的なドライブ感とテンポの良さが光る文章は構成作家を務めたことがある氏ならではないでしょうか?

ストーリーはふうかという大きな声が出せないボーカルがバンドから追放されるところから始まります。落ち込む彼女が奇跡的に出会ったのがシン。スター街道を駆け上がる彼との出会いでふうかの日常は劇的に変化します。

シンが大きな声を出せといい、なんだかんだで逃げる理由を探してしまうふうか。有名と無名、男と女、大きな声と小さな声、なにもかも反対にいる2人がコミカルな掛け合いで音楽を中心にぐるぐる回る姿は見ていてとても楽しいです。

しかしそんな2人の日常はシンがある事件を起こし、体調に異変を起こしたことで一変します。人気者ゆえに追われることになったシンは己の傷ついた声帯とふうかを連れて逃げ、ふうかはそんなシンに振り回されるままどこまでもついていきます。

中盤以降の展開は序盤に比べてさらに非現実的なものでした。しかしこの2人ならやってしまう、やっても違和感がないと思わせられるまま物語は忙しい余韻を残して終えます。それでもふうかがシンがなにを言いたいのか、歌いたいのかが伝わってくるまっすぐな作品でした。

音量上げろタコ!シンが言った言葉を跳ね返してあまるほど成長したふうかをぜひ見届けてください!


↑このページのトップヘ