カテゴリ: 恋愛

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは神戸遥真さんの「声が出なくなったので、会社を辞めて二人暮らし始めました。」です!
IMG_4515
仕事のストレスが原因で声が出なくなり会社を辞めた絵麻。ルームシェアしていた友達も結婚を機にいなくなり、祖母の残した家でずぼらな引きこもり生活を送っていた。そんなある日、ルームシェアをしていた友達の弟だという空が現れる。絵麻の生活っぷりを見て呆れた空は半ば強引に一緒に暮らすことになる。空の料理や絵麻のお世話により改善されていく生活。そしてお互いに惹かれあっていく2人。だが空はある秘密を抱えていて…

神戸遥真さんの新作。個人的には初挑戦の作家さんです。書店で一目惚れして買ってみました。ダメダメな絵麻が空のおかげて少しずつ輝きを取り戻していく過程が印象的な温かな恋愛ものでした。面白かったです。

仕事のストレスが原因で声が出なくなってしまった絵麻。仕事をやめて引きこもりでズボラな生活をしていたところに現れたのは空という青年。ルームシェアをしていた友達の弟だという彼は絵麻の引きこもり生活を見て半ば押し切るように同居を始めることになります。

序盤は絵麻のダメダメさ、空くんの強引さが印象的でしたね。元彼は浮気性のクソ男で、仕事もいらないものをいっぱい抱え込んでしまって、ルームシェアをしていた友達がいなくなったためズボラな引きこもり生活…そんな絵麻のダメさを目の前にして一緒に暮らことを提案する空。空くんも20代後半なのになかなか強引なことしますよね…そして絵麻が断れず二人暮らしが始まります。

絵麻と空の二人暮らしは最初はダメダメな絵麻を空がどんどん改善していくことから始まります。ゴミだらけの部屋を掃除したり、生活リズムを整えたり、空が作る美味しいものを食べたり…空のお世話の甲斐あって絵麻はどんどん元気になっていきます。声は出せないままですが、付箋を使って筆談でコミュニケーションをとる姿はどこか愛おしかったです。

物語が進むと絵麻と空だけではなく、彼女たちのことを温かく見守ってくれる人が増えます。元同僚の柚葉、近所で出会った女の子の京花ちゃん、近所に住むおばあちゃんのチエさん。みんな何かを抱えながらも絵麻と空のことを受け入れてくれて、反対に絵麻と空も彼女たちのことを受け入れる。ちょっとしたお茶の時間やおしゃべりで生まれる優しい空間や会話が印象的でしたね。

一方、生活が改善されてどんどん可愛くなっていく絵麻さん。空くんのことが好きになり、空もまた絵麻のことが…この2人の甘いやりとりは見ていて微笑ましいですね。いつもは空くんに何かとキツいことを言われがちな絵麻が、空に好きと伝えて空くんが照れるところとか本当に尊いです。

終盤は空の秘密が明らかになりちょっとしたピンチに。でも絵麻と空が二人暮らしで築きあげた絆でピンチを乗り越えてチャンスに変えてしまう。そんな2人がとても絵麻と空らしくて、彼女たちの幸せを願わずにはいられません。

最後の1ページまで愛おしく温かな二人暮らしを楽しませていただきました。機会があれば神戸さんの他の作品も読んでみたいです。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



声が出なくなったので、会社を辞めて二人暮らし始めました。



著者



神戸遥真



レーベル



メディアワークス文庫



ISBN



978-4-04-913641-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは桜野いつきさんの「ふたごわずらい(1)」です!
IMG_3803

ストーリー A
双子の伊澄アコとこまちは幼い頃からとても仲良し。しかし高校三年生になってから姉のアコは将来に対して漠然とした不安を抱いていた。こまちや友達の雪以外の人に心の拠り所を求めたアコは副担任である麻紀先生のことを好きになってしまう。そしえ強引にキスをするが、それを妹こまちが目撃していて…

〜お姉ちゃんが好きなら〜
Twitterで見かけてこれはいいダークさのある百合だなと思い購入!期待を遥かに超えるゾクゾクくるような背徳感と双子のどこか歪んだ絆が最高の作品でした!面白かったです!
ずっと仲良し。お互いが大好きなアコとこまちの双子の姉妹。しかしアコは高校三年生となり将来に漠然とした不安をきっかけに麻紀先生のことが…序盤のアコとこまちの双子の描き方が「あー…よき…」となったところで背徳的恋愛に走っていくの、感情がヤバい。いやマジでヤバい。はー(クソでか溜息)。そして始まるアコの先生への猛烈なアタック。補習したり、学校内で起こるちょっとしたイベント、そして2人でデート…そんなことを繰り返すうちに麻紀先生もアコに…ゾクゾクしますね…背徳的ですね…最初はあれだけ先生もダメって言っていたのに…しかしそれを黙ってみているだけではないのがこまち。アコと先生がキスしているのを目撃してから、募らせるお姉ちゃんへの「好き」。姉が怪我した箇所と同じ箇所を自分で傷つけてみたり(感情がヤバい)そしてついに…もう本当、こういうのヤバい(語彙力)。最後まで背徳感と歪にも思える双子の絆にゾクゾクしっぱなしでした!面白かったです!

キャラ A
アコちゃんの無邪気に先生が好きって言っている裏で色んな感情と戦っているのが僕の中の巨大感情を大暴走させてきますね…やばばばばば…こまちちゃんはこまちちゃんでお姉ちゃんに対する好きが暴走して暴走して…大人しそうな見た目の子が爆発するときは静かなんですよね…そして麻紀先生も麻紀先生で…この先生がおちていく姿もグッドでした…

最後に
めっちゃ感情を支配される系の百合でした!おいおいここで終わりとかマジ?早く続きを読ませてください…背徳感と歪な姉妹関係が不足してますよ…2巻待ってます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ふたごわずらい(1)



著者



桜野いつき



レーベル



百合姫コミックス



ISBN



978-4-7580-2143-2






どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはミナミさんの「嘘月-ウソツキ-2」です!
IMG_3755

ストーリー A
誘惑の力に頼らず柏木の恋を応援することにした蒼。しかし、男性を次々と誘惑しまくる吸血鬼の女子・美桜に狙われることに…柏木が好きなら誘惑を使い奪いとれという彼女に蒼が取る行動とは…

〜誘惑だけじゃ物足りない〜
シリーズ第2弾!今回もピュアそうなお面の下にいい感じのドロドロ一歩手前の感情があって非常にいい恋愛してましたね!面白かったです!
吸血鬼の能力である誘惑を使い次々と男子を虜にする美桜。そんな彼女に狙われた蒼は、柏木のことも奪い取れと迫られます。蒼としては一回誘惑を使ったあとの苦しみやあの時の幸せな気持ちを知っているからこそそれを使いたくなくて、彼女を遠ざけようとします。でも結局は柏木のことが気になって2人のデートを尾行して…うーんこの矛盾感情めっちゃいいですね。美桜に誘惑を使われた時の先輩の反応もすごくよかったですね。この人現状1番ピュアなんですよね。だからこそこの感情が確実にドロドロになりそうなんですけど…後半からは柏木のことは切り替えて美術部の活動に精を出す蒼が描かれます。その中で新しい関係が構築されたり、柏木も実は蒼が必要なことに気づいて…と、どんどん物語が加速していきそうな予感…今回も最後まで楽しく読ませていただきました!

キャラ A
蒼は人間らしくていいですね。好きな人に誘惑は使えない。でも先輩との初デートは気になるから尾行する。柏木のことは好きだけど、魅力的な女の子が出てくると気になって…いい男子高校生ですね。今回のメインヒロインの1人である美桜は吸血鬼らしいというか、自分は普通の人とは違うから、特別なんだからという感情があってそれも相まって妖艶さが際立ってますね。後半から出てくる宮村も非常にグッドでしたね!

最後に
今回も面白かったです!後半から物語は確実に動き始めたのでこれからどんな展開になるのか楽しみです!3巻も読みます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



嘘月-ウソツキ-2



著者



ミナミ



レーベル



サンデーコミックス



ISBN



978-4-09-850079-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは零真似さんの「君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る」です!
IMG_3727

ストーリー A
内容は、空に世界時計という巨大な砂時計が浮かび天獄と地国に分かれる世界。地国で暮らす死者のデッドはある夜、天獄から降ってくる1人の女の子と出会う。ファイという彼女に恋をしたデッド。しかしデッドは死者であり、ヒトであるファイとの恋は実らない。彼女が天獄に戻れるようになる天地返りの日まで地国のゾンビからファイを守ることに決めたデッドだが、世界を揺るがす危機に巻き込まれていき…とこんな感じです!

〜死者とヒトのボーイ・ミーツ・ガール〜
第14回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞作!角川スニーカー文庫からデビューした零真似さんの作品です。どこまでもまっすぐにデッドとファイの恋を描いた素晴らしいエンタメでした!面白かったです!
まず世界観がすごくいいですよね!空に浮かぶ巨大な砂時計・世界時計。全ての砂が落ちきると天地返りという現象が起きて上下が入れ替わる。天獄にはヒト、生者が住み、地国には死者やゾンビが住む…幻想的なのにどこかリアルさがある世界観でしたね!物語は死者であるデッドがヒトであるファイと出会うところから始まります。空から女の子が降ってくるのって王道を通り越して古典的ですらありますけど、こういう風に描かれるとグッとお話に引き込まれますよね。最初は死者であるデッドをゾンビと勘違いし、襲われると思って逃げ出すファイ。しかし彼女に恋をしてしまったデッドの説得もあり、ゾンビだらけの地国で彼女を守るために戦うことを決めます。ちなみに地獄ではざっくりいうと理性があるのが死者で、理性なくヒトを襲うのがゾンビという感じです。好きだから。それだけの理由でファイを守るために地獄を旅して、ファイのためにゾンビと戦って、ファイのために天獄から
降ってくる食料を見つけて…と純粋にファイのために頑張るデッドは応援したくなりますね!そしてついに運命の日、天地返りの日が訪れます。この日はすごく煌めいていましたね…デッドの気持ちがファイに届いて、ファイがその気持ちに応えて、逆さまになっていく世界でこの世界の象徴でもある世界時計に近づいて…空中で手をつないでくるくると世界で1番自由な2人は読んでいて本当に眩しかったです。後半からは2人の恋が世界を敵に回して、そして世界の危機に立ち向かうお話へ。でもデッドとファイの2人ならどんな困難でも乗り越えられて、どんな時でも必ず2人一緒に戻ってこれる安心感がありました。だからこそこの結末は何にも変えがたいんだと感じました。零真似さん再始動作、最高に楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
デッドは本当にまっすぐファイという1人の女の子のために行動していてめっちゃ好印象でしたね!死者とか生者とかそういうの乗り越えてめっちゃ幸せになってほしいです!ファイはちょっとバイオレンスだけど元気いっぱいでな女の子!最初は元気がいい印象が強かったですけど、後半になるにつれて頼り甲斐があってでも守りたくなるような魅力のある女の子であることをたくさん知れてよかったです!

最後に
最高のボーイミーツガールでした!零真似さんのこういう作品が読みたかったんです!2巻もあるんですかね?それともキリがいいのでここで終わり?とにかく零真似さんの作品待ってます!

どんな人にオススメか?
ボーイミーツガールを読みたい方は!幻想的な世界観で描かれる死者とヒトの恋物語は、2人が世界を変えてしまうお話は、読めば必ず心に残る何かがあるはずです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る



著者



零真似



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-451855-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは岬鷺宮さんの「三角の距離は限りないゼロ5」です!
IMG_3556
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、修学旅行である約束を交わした矢野。それは秋玻と春珂に同じだけ恋をするということ。年が明け高校3年生を目前に控える中、矢野は進路のことそして秋玻と春珂のことで葛藤していく。そんな中、柊と細野が出版社で職業体験を行うことになり矢野も一緒に行くことに。そこで編集者の野々村と出会い矢野は自分のするべきこと、しなければいけないことについて考えはじめ…とこんな感じです!

〜二人に同じだけの恋〜
シリーズ第5弾!今回でいよいよ物語も終盤に入ってきましたね…前巻、そして今回と青春に必要な遠回りを経てつながるラストはやっぱりとは思いつつもこれからがより一層楽しみになりました。面白かったです!
修学旅行の帰りからお話は始まります。遊園地で話したこと、そして交わした約束…多分これが2人の女の子だったらシンプルなんですけど、2人の人格に一つの体なので余計に…2人に恋をするってすごく難しいですよね…そして始まる秋玻と春珂に同じだけ恋をする日々。秋玻にキスをしたら春珂にもキスをして、秋玻にエッチなことをしたら春珂にもして…ドキドキしてほしいとあとがきにありましたけど、これはドキドキしますね…とてもえっちだと思います(真顔)しかしそんな日々の中でどうしても苦しさが拭えない矢野。好きになれるのは1人だけ。でも2人に恋をしなければならない。恋愛的に好きじゃない相手とスキンシップをする後ろめたさと、決められない自分のもどかしさに徐々に苦しめられていきます。さらには進路のことも重なり、周りの友人たちはもう行く先が決まっている中で自分は何も決まっていないという事実…これはキツいですよね…そんな中、出版社に職業体験に行くことになった柊と細野と共に矢野くんも出版社へ!ここで岬鷺宮ファン待望の野々村九十九さん…!いや「読者と主人公と二人のこれから」でところさんの担当をしているのは知っていましたけど、こうして二人がやりとりして作品を作っているのを見るのはすごく感慨深いですね…今回は千代田先生も登場シーンが多くて…何年も会ってない友達と久しぶりに会ったときの感覚です…閑話休題。そして矢野くんは野々村さんとの出会いを通して自分の迷いや進むべき先が見えないことなんかを吐露し始めます。ここで九十九がこんな素敵な大人なアドバイスをできるのはいいですね…なまじ高校生の彼を別の物語で知っているのでなんだか感動です。そしてラスト。やっぱりこの展開にはなるか…と思いつつも短くない遠回りを経てここに戻ってきてくれたことはちょっと嬉しかったり…矢野くんが不誠実な対応を続けるとは思えないですけどね。今回も最後まですごく楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
春珂と秋玻はなんだかえっちなシーンがやたら印象に残ってしまってダメですw でも二人が本当に矢野くんが好きなこと、今回のお話を通して改めて伝わってきました!矢野くんはまさにモラトリアム由来の悩みというかこの悩みがあるからモラトリアムなのかっていう見事な青春の悩みに直面していてすごく主人公してましたね。なんとなく未来は見えてきたと思うので頑張ってほしいです。そして九十九と百瀬。巻末で二人のこんな話が読めて最高に幸せです。ありがとうございます。

最後に
次かその次でラストですかね?個人的に岬鷺宮さんは7巻で作品を終わらせたいのかなーと思っているので、ラストは前後編かもしれないですね…なにはともあれ矢野くんと秋玻と春珂の恋をどのように決着つけるのか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



三角の距離は限りないゼロ5



著者



岬鷺宮



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913183-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ