カテゴリ: 恋愛

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはアサクラネルさんの「彼なんかより、私のほうがいいでしょ?です!
img_9784049138313_1
ストーリー A
内容は、主人公の水沢鹿乃は大の男ぎらいで幼馴染の堀宮音々さえいればいい武道家少女。しかし音々に好きな人ができたと聞かされてしまう。相手はファンクラブまで存在する人気の生徒会長。鹿乃はその話を聞いて音々への恋心を自覚する。生徒会長に取られる前に音々を奪い取ってしまえ。そう考えた鹿乃はデートの練習と称して音々にえっちなことをしていくが…とこんな感じです!

〜男に取られてしまう前に〜
アサクラネルさんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね!まず言わせてください…
エっつつつつつつつつつつつつつ!


いやいやいやいや…ダメでしょ…えっ、ダメでしょこのえっちさは…えぇ…電撃文庫は人生で400冊以上は確実に読んでますけど、歴代よんできた電撃文庫の中で1番エロいです。てか美少女文庫を除けば今まで読んできた1500冊近いラノベの中でももっともエロいのでは…?ボーダー超えのエロエロ百合作品でした。
幼馴染の音々に好きな人ができたと聞かされ彼女への恋心を自覚した鹿乃。生徒会長に音々を取られる前に奪ってしまえとデートの予行演習と称して数々のえっちなことを…いやまず序盤。ここからいきなり160キロのストレート。鹿乃のオナニーが普通に描かれます。いやいいんか。女子高生主人公のオナニー。普通に書いちゃってええんか?マジでこれはヤバいのでは?と別の意味で背徳感を覚えながら物語は2人のデートへ。最初はソフトタッチだったのがどんどんどんどん激しくなって…いや…えっちやん…映画見るより先はもう普通にアウトやん…えっ、電撃文庫ってここまでやっていいの?えっ!って本当別の意味でドキドキしながら鹿乃と音々のえちえち(ガチ)を楽しませていただきました…そしてラストでこういう展開を持ってくる…もういろんな意味でドキドキが爆発しました…これはあかん。エロすぎる。そんな百合作品でした。

キャラ A
鹿乃さん…えちえちすぎる…音々さん…実はもっとえちえちだった…生徒会長は死ね。

最後に
とんでもない作品を読んじゃいました…これは禁書より禁書してますよ…2巻出るなら買いますよ…

どんな人にオススメか?
とにかくエロい百合が読みたい方は!そのへんの青年向け百合エロ漫画よりエロいです。とにかくエロ!えちえち!以上!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



彼なんかより、私のほうがいいでしょ?



著者



アサクラネル



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913831-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはしめさばさんの「君は僕の後悔」です!
img_9784086314275_1
ストーリー A
内容は、中学時代に自由でちょっとエキセントリックな水野藍衣と付き合っていた浅田結弦。しかし彼女の自由さに振り回された末ひどい別れ方をしてしまう。さらには藍衣は転校してしまう。高校一年生の夏、もう会うことはないと思っていた結弦の学校に転校してくる。しかも彼女はまだ結弦のことが好きだという。後悔を抱えた結弦とまだ結弦のことが好きな藍衣が再開するとき、2人の時間が再び動き出す…とこんな感じです!

〜終わったはずの恋がまた〜
しめさばさんの新作!ガガガ文庫から発売された「きみは本当に僕の天使なのか」と同時発売の新作ですね。主人公の恋の後悔と、彼の前に再び現れた藍衣が不器用に感情をぶつけあいそして答えを出していく過程が丁寧に描かれていて胸に響く作品でした!面白かったです!
まず序盤。何気ない部活での日常が描かれます。読書部という本を読むだけの部活で唯一真面目に活動する結弦と、カップラーメンを食べる小田島薫…この関係めちゃくちゃいいですね…特別なことはないけれどかわいい女の子が部室にいてカップラーメンを食べている…いいじゃないですか…しかしそんな日常は結弦がかつて付き合っていた藍衣が現れたことで崩壊していきます。中学時代に自由でちょっとエキセントリックな藍衣という少女と付き合っていた結弦。しかしそんな彼女の自由さに振り回されてひどい別れ方をしてしまいそれをずっと後悔していて…あー…いいですね…こういう思春期の青春的感情…結弦は色々思うところはあるのに藍衣は相変わらずで結弦に街を案内してなんて言ってくる…はちゃめちゃに最高じゃないですか…後悔を抱えたまま藍衣に接する結弦と変わらない好意を結弦に向ける藍衣。しかし安藤という男が藍衣のことを狙い始めたことで物語は動き始めます。ここでうじうじしちゃう結弦の気持ちは本当によくわかりますし、こういう時に背景は色々あるにせよ背中を押してくれる薫がマジでめちゃくちゃいいんですよ…その紆余曲折あってちゃんと2人で決着をつける結弦と藍衣もいい。後悔と再会の恋愛ものでした!面白かったです!

キャラ A
結弦めっちゃ好きでしたね…こういう思春期男子を好きにならずにはいられない…自分で告って自分で振った女の子のことに後悔し、その女の子に再会し他人に取られそうになると自分の気持ちは押し殺して関係ないふりをする…すこですね・・・藍衣はとにかく自由で大学生になったら突然大学を休学して世界旅行始めるタイプの女の子でしたね。自由なところばかり目立ちますが、結弦に対する気持ちや想いは本物でしたね。薫は高校時代に文科系の部活動の部室にこういう女子がいてほしかったNo1ですね…第二ボタン開けていて下着なんて余裕で見えて、カップラーメンばかり食べているのに困っているときに頼りになってめっちゃ女の子。好きにきまってるじゃん。

最後に
めっちゃ刺さる恋愛ものでした!こういうの好き!好きです!これはぜひ続刊読みたいですね!結弦と藍衣がこの恋にどんな決着をつけるのか、そして薫は…2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
恋愛ものが読みたい方は!思春期の少年の感情がこれでもか!と伝わってきます!結弦と藍衣の関係もめちゃくちゃいいんですけど、薫がマジで男が思春期に見た幻想の塊ってくらい刺さる女の子でした。とにかくめちゃくちゃオススメなので気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



君は僕の後悔



著者



しめさば



レーベル



ダッシュエックス文庫



ISBN



978-4-08-631427-5


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは神戸遥真さんの「ニセモノ夫婦の紅茶店 ~あなたを迎える幸せの一杯~」です!
img_9784049124651_1
千葉県の館山でひっそりと営まれる紅茶専門の喫茶店「Tea Room 渚」。そこではちょっと神経質で毒舌な店主の秀二と社交的で明るいあやめの二人で切り盛りしていた。しかし2人には4つのルールで繋がった偽装夫婦だった。お互いの部屋には入らない、共同生活に関わることは1人で判断しない、本当の夫婦であることは他言しない、どちらか一方の申し出でいつでも関係を解消できる…そんな偽装夫婦が営む喫茶店には訳ありな客ばかりが訪れて…

神戸遥真さんの作品。以前読んだ「声が出なくなったので、会社辞めて二人暮らし始めました。」がめっちゃよかったので本作も購入。人間味あふれる秀二とあやめのやりとり、渚に訪れるちょっと?困った事情を抱えるお客さんとのやりとりに元気付けられて優しい気持ちになれる作品でした!面白かったです!

東京でとあるサロンのアシスタントとして働いていたあやめ。しかし同棲したいあサロンのオーナーの浮気が発覚し、サロンも同棲も辞めてふらりと電車に乗って館山へ。いいっすね…僕も仕事を辞めて館山までいきたいですw そして海をぼーっと眺めていたところ自殺志願者と勘違いした秀二に声をかけられます。

近々喫茶店を開くという秀二のお店に案内されるも家電ポンコツな秀二は洗濯機を壊していたり、さらにはお店の準備もできていなかったりとひどいありさま。あやめはお節介を発動して、壊れた洗濯機を修理したりお店の片付けを手伝ったりします。そして行くあてのないあやめはそのままお店の手伝いをするのですが、近所の人たちに夫婦と勘違いされてしまいます…

結局、ルールを決めて偽装夫婦として一緒に喫茶店を営むことにした二人。最初は近所の人や観光来たひとたちで賑わっていた渚ですが、家出少女がやってきたり、大切なパートナーを失くした人がきたり、さらには秀二と確執のある彼の母親がお店を訪れます…

トラブルを抱えたお客様に最初は空回り気味で接するあやめですが、秀二の言葉に冷静になったり時には反抗したりしてそんなトラブルを抱えたお客様に寄り添っていきます。こういう人間味のあるやりとりが、温かくて時に優しい。読んでいて元気がもらえますね!

エピローグも彼ららしくてすごく微笑ましかったです!続きもあるので早いうちに読みたいと思います!人間味があふれるヒューマンドラマを楽しみたい方はぜひ!
それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ニセモノ夫婦の紅茶店 ~あなたを迎える幸せの一杯~



著者



神戸遥真



レーベル



メディアワークス文庫



ISBN



978-4-04-912465-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは機村械人さんの「君は初恋の人、の娘」です!
img_9784815611538_1
ストーリー B
内容は、かつて3歳年上の幼馴染の朔良に恋をしていた釘山一悟。しかし彼女は中学卒業と同時に資産家と結婚して海外に行ってしまった。それから十数年後、大型雑貨店の店長を務めている一悟は酔っ払いに絡まれている女子高生のルナを助ける。驚くほど朔良に似ている彼女はなんと、朔良の娘だった。しかも朔良や朔良が嫁いだ資産家はすでに他界しており天涯孤独の身だという。ルナを朔良から聞かされていた思い出の中の一悟に恋心を抱いていたと言い自分を恋人にしてくれないかと一悟に迫るが…とこんな感じです!

〜初恋の人によく似た女子高生は〜
機村械人さんの新作。個人的には初挑戦の作家さんですね。個人的には微妙でした。これ以降面白いとは言わないので見たくない方はブラウザバックで
個人的には最初の朔良との思い出エピソード以降はただただ微妙でしたね…まずルナを助けたシーン。28歳の社会人が一人暮らししている女子高生の家にたったあれだけのやりとりで上がり込みますか?いくらフィクションでもそりゃないっすよ。しかもそこそこ大きい雑貨店で店長をやるような人間なんですよね?このあとルナに一悟の家の住所を教えたパートにコンプライアンス教育のやり直しだなとかなんだとか言っている描写もあるんですけど…いやまずはお前がコンプライアンスどうにかせーや。しかも上がり込んだ女子高生の家で酒を飲む。まーじでない。気持ち悪すぎる。生理的にマジで無理。こういうキモさを狙った物語なのかと邪推してしまうくらいには無理です。とだいぶ無理だったのにそこからさらに無理が続いていきます…倫理観のない一悟につられるように倫理観のないルナ。それをきちんと拒絶してあげない一悟。いや拒絶しないのはいいんですけど、そのなぁなぁな態度やめろや。初恋だった幼馴染の姿をルナに重ねるのはいいですし、むしろそこはすごくいいんですけどそれ以外が全部だめです。序盤のキモさが作品の核であり面白い要素である「初恋の幼馴染の娘に、幼馴染の姿を重ねる」という部分を全て台無しにしています。生りれきに無理でした。

キャラ B
一悟がキモすぎる。話を進めるためだとしてもほいほい女子高生の家に上がり込んだり、さらには酒を飲むような男はマジで無理です。ルナもルナで常識なく一悟に迫っていくのがマジで無理。お母さんが話していた思い出の幼馴染の男の子ならなんだっていいんすか?無理。あと朔良が16歳の時にルナを産んでいるというのもこの作品の倫理観を見るとおぞましさを感じますよね…何やってんだよ資産家…女子高生の年齢の女性を…と思うだけで無理です。

最後に
個人的には無理でした。初恋の幼馴染の娘に、幼馴染の姿を重ねるという部分以外は全てダメ。生理的に無理。オススメはしないですし、続刊は買いません。

どんな人にオススメか?
オススメはしません。気になる人は試し読みの上、読めばいいと思います。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



君は初恋の人、の娘



著者



機村械人



レーベル



GA文庫



ISBN



978-4-8155-1153-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは宮田眞砂さんの「夢の国から目覚めても」です!
IMG_5456
ストーリー A
内容は、百合同人漫画家として活動する有希は同じく百合同人で活動する由香のことが好きだった。しかし由香はヘテロで好きという気持ちを伝えられずにいた。由香には彼氏もいて自分とは違う。そう思っていたある日、由香が彼氏と別れる。有希は自分の気持ちを由香に伝えようとするが…とこんな感じです!

〜この好きは伝わらない〜
宮田眞砂さんの新作。星海社FICTIONS3月刊の作品です。個人的には初挑戦の作家さんですね。百合もの!いやっふーと読んでいたらグサグサと突き刺さる言葉と二人の関係性にやられてしまいました…はちゃめちゃに好きです…
百合同人漫画家として活動する大学院生の有希と同じく百合同人漫画家として活動する由香。二人は同人仲間として交流があり仲良し。有希はレズビアンで由香のことが好きだけど、由香には彼氏がいてヘテロ…という近くて遠い関係が見えてくるところから物語は始まります。最初は有希の同人に対する熱とか、由香の天真爛漫で妖精みたいなところとか、二人の関係に尊い…と思っていましたが、百合というファンタジーではなく現実が襲いかかってきます。彼氏と別れた由香。由香に想いを伝えられない有希。由香が有希を好きな「好き」とは決定的に異なる自分の好きに迷い向き合いながらも立ち向かっていく有希の姿は鮮烈に脳裏に刻まれます。
そしてお話は由香視点へ。由香が有希に何を思っていたのか、百合というジャンルに対してどのような想いを抱いているのか、そして女として現実を生きるということ…作中でも出てくるんですけど本当に申し訳ない気持ちになりますよね…自分が悪いわけではなくても…映画のデザインの話は心にきました。かなり気持ちのすれ違いなんかもあったと思うんですけど、ちゃんと自分の気持ちや有希に向き合って答えを出して歩んでいける強さがある由香はすごく輝いていましたね…ガツンと心にくる百合ものでした。面白かったです!

キャラ A
有希はボーイッシュでかっこいい感じの大学院生。レズビアンで周りと違うことに葛藤しながらも百合同人漫画家として活動しています。由香に向ける想いとか百合に対する感情とか、そういったものが鮮烈に印象に残りました。由香は有希とはまたベクトルが異なる女性で、百合に対する考え方も彼氏がいてヘテロであるところも、元気がよくて、そして現実という百合とは真逆の世界で戦うところも…由香はすごく強くてかっこいい女性でした。

最後に
250pにも満たない物語でしたが、心に残る百合でした。これからちょっと百合に対する考えとか見方が変わりそうです。今後も宮田眞砂さんの作品が発売されたらぜひよみたいですね。

どんな人にオススメか?
百合が好きな方は!百合についてちょっと考えさせられたりと、純粋に女の子同士の関係で尊い…となるような作品ではないかもしれませんが読めばきっと心に残ると思います。気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



夢の国から目覚めても



著者



宮田眞砂



レーベル



星海社FICTIONS



ISBN



978-4-06-522808-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

↑このページのトップヘ