カテゴリ: 青春もの

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは入間人間さんの「私の初恋相手がキスしてた」です!

img_9784049141382_1
ストーリー A
内容は、星高空の家に突然居候することになったフワフワした女性とその娘の水池海。狭い家の狭い高空の部屋にいる海のことをなんとなく気に食わない高空。しかも彼女は時々夜にふらりと出かけていて…どうしても海のことを放っておけない高空と、高空が知らない秘密を抱えた海の青春が始まる…とこんな感じです!

〜居候の少女に〜
入間人間さんの新作!入間人間さんの作品自体は「やがて君になる」のスピンオフ以来ですけど、オリジナルだとみーまーi以来ですかね…?ひさしぶりの入間人間節をとことん楽しませていただきました。お話としてはどこか退廃的な百合青春ものといった感じで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。海の母親と海が高空の家に転がり込んでくるシーンから物語は始まります。かなり突然な始まり方ですが、入間人間さんの文章ですっと物語に入っていけるのでこの辺りは流石といった感じですね。突如居候することになった不純物である海とどう接すればいいかわからず、また海自身も何を考えているかわからず夜に出かけたりしているため二人の間には常に微妙な空気が流れています。でもこの微妙な空気感が物語をしっかり形作っているのがまたすごいんですよね…中盤以降は物語の視点は海へと移っていきます。海が夜に出かけてあっているのはチキさんという海のことを買う女性。ホテルでヤったり、勉強したり、時々一緒にご飯を食べたりする二人の関係は買う/買われる以上のものがあり…普通ではない環境で育った海と何もかも恵まれているであろうチキさんとの距離感が凄まじくいいんですよね…物語は終盤でまた動きだして海が夜に出かけて何をしているか突き止めようとした高空との間にいざこざが…高空と海の間が埋まりそうで埋まらない距離感が本当にたまらないです…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
高空はなんだかんだで海のことが気になっている女の子。優しいのに不器用でそれが海に伝わっていないのが、海と噛み合わせの悪いコミュニケーションをしている時の感情がめちゃくちゃ好きです。海はちっちゃくて顔が良くておっぱいが大きい女の子。チキさんという女性に買われてそのお金で生きている女子高生。過去とか色々抱えているものとか、そういうのがとにかくグッと刺さりますね…チキさんも悪い大人のくせに魅力的で困っちゃいます。

最後に
退廃的な青春百合として楽しく読ませていただきました!どうやら3巻完結で次もそう遠くないうちにでるとのことですので楽しみですね!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
退廃的な青春ものが好きな方は!高空と海の絶妙に噛みわない関係と、高空の知らない海。そしてチキさんに買われることで生かされている海の日常が刺さります。3巻で完結予定で手に取りやすいと思うので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

私の初恋相手がキスしてた



著者

入間人間



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914138-2
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは二月公さんの「声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい?」です!

img_9784049141320_1
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、アイドル声優プロジェクト「ティアラ☆スターズ」というに参加することになった夕陽とやすみ。アニメ、ゲーム、ラジオ、ライブなど様々なメディアミックス企画が控える作品のスタートとしてユニット同士の対抗ライブが開かれることに。そのユニットのリーダーにそれぞれ夕陽とやすみが選ばれる。やすみは元天才子役で小学生声優の双葉ミント、新人声優の御花飾莉、そしてめくると一緒にユニットを組むことになるがチームはどこかバラバラで…そして夕陽とどちらのユニットのライブが盛り上がるか勝負することになる。絶対に夕陽に負けたくないやすみはなんとかチームをまとめようと奮闘するが…とこんな感じです!


〜アイドル声優プロジェクトで夕陽とやすみがバトル⁉︎〜
シリーズ第6弾!今回はこれまでライバルとは言いつつもなんだかんだ言って協力関係にあった二人が初めて敵対する構図で描かれるお話でしたね。いつもとはちょっと違う二人の関係が新鮮で声優ものとしてもめっちゃ楽しませていただきました!面白かったです!
まず序盤。いつもの夕陽とやすみのやりとりが描かれます。いやー今回は二人が同じ仕事とはいえ違うユニットでそれぞれ活動するためいつものこの絡みがいつも以上に愛おしいですね…最後まで読み終わった後にこの二人のやりとりを見ると本当にこの二人の関係は最高だなって思います…そして始まるティアラ☆スターズプロジェクト。めくるという顔馴染みのメンバーはいつつも、他の二人は初対面のミントと飾莉。しかもそれぞれちょっと癖があり…後述しますが二人ともすごく魅力的なんですよね…キャラのバックボーンがしっかりしていてかつ怒っていても笑っていても魅力がある。こんなのズルいです。そしてめくるさんは完全にキャラ崩壊してます。だ、大丈夫なんですか…?いやめくるさん好きですけど…しかし早速チーム内で不協和音が…なるべく練習をしたいやすみとミント、新人声優ゆえ生活が苦しくバイトもしたい飾莉の間で軋轢が…この生々しい描写をいやらしくなくかけるのは流石二月公さんという感じですね…そしてこうした問題をしっかりとサポートしてくれるめくるさんもいい。やすみもなんとか頑張ってチームの結束を固めようとしたところでさらに問題発生…でも度重なるピンチにはライバルの存在が大きくて夕陽に弱い自分を見せてまた頑張ろうって思えるやすみの強さが際立っていましたね。ラストもすごくよくてしかもこのティアラ☆スターズ編はこれかも続そうなので期待が高まりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
やすみは本当に強い女の子になりましたね…1巻2巻の頃を思い出します…自分と立場が違うユニットメンバーにしっかり意見を言えて自分がダメでも負けてもまた立ち上がって戦っていく。芯のある強さに本当に憧れます。夕陽は今回ちょっと出番少なめでしたが要所でやすみのことをサポート?してあげたりライバルとして本当にいい女の子でした。ミント、飾莉といった新キャラもめちゃくちゃよかったですね。ミントは元天才子役、そして現小学生声優として世間知らずなところがありながらも必死で頑張っていて、飾莉は飾莉で新人声優としてバイトやオーディションと両立しながら仕事を頑張っている。どうしても生まれや環境が違うせいで生まれてしまう軋轢やそれを通して描かれる二人の魅力が最高でした。そしてめくるさんは完璧に声優オタクでした。本当にありがとうございます。

最後に
今回も安定してめっちゃ面白かったですね…しかもティアラ☆スターズ編はまだまだ続くのに今からこの面白さって正気ですか…?マジで7巻も楽しみです!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

声優ラジオのウラオモテ #06 夕陽とやすみは大きくなりたい?



著者

二月公



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914132-0
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは二月公さんの「声優ラジオのウラオモテ #05 夕陽とやすみは大人になれない?」です!

img_9784049138603_1
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、またも共演することになった夕陽とやすみ。しかし新たに出演することが決まった「魔女見習いのマショナさん」は炎上中⁉︎カツカツの収録予定に土壇場で変更される脚本。そんな現場に振り回される二人の最大の悩みは天才後輩声優の高橋結衣。なんと夕陽をも凌ぐ演技を見せる彼女におのず焦るやすみだが、夕陽の焦りはそれ以上で…果たして激務の現場と天才後輩を乗り切れることができるのか…とこんな感じです!


〜天才後輩現る〜
シリーズ第5弾!3巻で化けて4巻も面白かっただけに今回はどうなるかと思いましたが、新キャラとして天才後輩声優の高橋結衣を登場させさらにやすみの進路の悩みや後輩に追い抜かれる夕陽の恐怖も描いていくというとんでもない構成でなおかつこんなに面白いの反則ですよね…今回も最高でした!面白かったです!
まず序盤。やすみの進路に関する悩みが描かれます。確かに現実の声優さんでも高校生でデビューしてと言う方も多いですからね…やすみがいろんな人に相談しながら答えを決めようとする過程が良かったですね。その中で特に印象的だったのはやすみのお母さんの言葉。こんなこと言われたらぐっときますよね…そしてお話は再び共演が決まったやすみと夕陽へ。紆余曲折のすえ制作が遅れに遅れているアニメで共演することになった二人に天才後輩声優の高橋結衣。結衣の演技を見て聞いて圧倒的な実力差に夕陽は…この二人で逃げて悔しさをぶつけるシーンめちゃくちゃ良かったですね…こういうの本当に好きです…後輩に追い抜かされる恐怖を感じながら仕事をする夕陽は本当にプロですね…そして新たに発生する問題。結衣はその天才っぷりで夕陽が落ちたオーディションも自分が受かってしまったことを知り、さらにはアニメの出来が悪くてネットでおもちゃにされていることで限界をむかえてしまいます。こういうのマジでキツいですよね…しかも高校一年生の女の子が…それでも彼女が乗り越えるために選んだ夕陽とやすみの選択肢がまたいいんですよね…最後は納得の展開でした。今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
やすみの進路の悩みはすごくリアルで良かったですね…この質感でやすみの内面を描けるの本当にズルいです…今回は夕陽のお世話でちょっと大変そうでしたねw 夕陽は自分を脅かす後輩が出てきたことによる恐怖とか色々大変な中で結衣としっかり距離を保てるのがすごかったですね。今回はちょっとポンコツ多めで見ていてかわいかったですw 結衣ちゃんは普段は元気いっぱいすぎる後輩キャラなのに演技になるととんでもない才能を発揮して…夕陽のことが大好きなだけに彼女の問題に押しつぶされそうになる姿は見ていて辛いものがありましたが…それでも持ち前の明るさがキラキラ輝いていてかわいい後輩でした!

最後に
今回もめっちゃ面白かったです!というか3巻以降本当に化物みたいな作品になりましたよね…現場の描写がキャラの解像度の高さが凄まじいです…6巻も早いところ読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

声優ラジオのウラオモテ #05 夕陽とやすみは大人になれない?



著者

二月公



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-913860-3
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは岬鷺宮さんの「恋は夜空をわたって」です!
⚠︎ネタバレありです

IMG_7020
ストーリー A
内容は、図書委員として同じ水曜日の担当を務める御簾納咲。なんとか彼女と仲良くしたい長谷川壮一だが、いつもそっけない態度を取られてしまう。そんなある日、壮一はたまたま聞いた配信の配信者が咲であることを知る。しかも配信で話しているのは好きな人のこと。しかも相手は壮一!配信をきっかけに咲の恋心を知ってしまった壮一は戸惑いながらも咲と距離を近づけていくが…とこんな感じです!

〜配信で気づく恋〜
岬鷺宮さんの新作!岬鷺宮さんはめちゃくちゃ大好きな作家さんなのですがここ1年どうしても作品を読めない日が続き…大好きな作家さんの本はメンタルが万全のときに読みたいじゃないですか…
閑話休題。
久しぶりの岬鷺宮さんの作品でしたが青春の甘酸っぱい感じが「あぁ…いい…」と染み渡る最高の青春恋愛ものでした!面白かったです!
まず序盤。図書委員での2人の様子が描かれます。咲と普通に接したい壮一とそっけない咲。ショートカットのクール系?後輩にこういう態度取られるだけで僕は満足ですよ…かわいい…そんなある日、壮一はふと見つけたラジオ配信の配信者が咲であることを知ってしまいます。声で気づくとは…なかなかですね(ニヤリ)しかもラジオの中で話す恋バナの相手はまさかの自分。ここからちょっと不器用な恋物語が始まっていきます。自分のことを好きだという咲にいつも通り振る舞えない壮一。本当に自分のことなのかと咲に探りを入れれば怪しまれる…しかし咲の想いは止まらずに2人の距離は徐々に縮まっていきます。等身大の高校生のこの瑞々しい会話が最高に尊いですね…もうこれ以上ないというところで2人の関係にちょっとしたピンチが…でも壮一が頑張ってこれまで2人を繋いできたラジオ配信で想いが届く伝わるシーンはニヤニヤが止まりませんでしたね。ラストも大満足!この2人にぴったりな終わり方だったと思います!2人の絶妙な距離感と甘酸っぱい青春の恋物語でした!面白かったです!

キャラ A
壮一は最初はちょっとかなり不安でしたが最後でしっかり決めてくれるいい男の子でしたね!悩んで迷ってそれでも咲のために動けるのがグッド!咲は小柄でショートカットでクールな後輩という好きな要素がこれでもか!と詰め込まれていて開始直後から大好きだったんですけどラジオ配信を通して伝わる彼女の恋心を知れば知るほどより好きになりますね!壮一の妹のニ胡も可愛くてナイスアシストでした!

最後に
めっちゃ良かったです!岬鷺宮さんのこういう作品が読みたかったんですよ…!綺麗に終わっているので1巻完結ですかね?三角の距離も日和ちゃんもしばらく積んでしまっているので読むの再開しなくちゃですね…やっぱり岬鷺宮さんの作品は最高です!

どんな人にオススメか?
青春もの恋愛ものが読みたい方は!ラジオ配信を通してしる咲の恋心、徐々に近づいていく2人の距離感、甘酸っぱい関係…どれも最高です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

恋は夜空をわたって



著者

岬鷺宮



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914155-9
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは雨宮和希さんの「灰原くんの強くて青春ニューゲーム1」です!

img_9784798626802_1
ストーリー A
内容は、高校デビューに失敗し灰色の高校生活を送り大学四年生となった灰原夏希。社会人目前だった彼はある日突然7年前の高校入学直前に戻っていた。高校生活をやり直すチャンスを手に入れた夏希は筋トレとして体を引き締め、過去の経験を生かしてクラスでも上位の美男美女のグループの一員になる。そしてそのグループにはかつて片想いしていた星宮陽花里もいて…二度目の青春をやり直す夏希の青春ラブコメが始まる!とこんな感じです!

〜高校生に戻ってやり直し〜
参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品。ありがとうございます。雨宮和希さんの新作!先月発売された「英雄と魔女の転生ラブコメ」が面白かったので読むの楽しみにしてました!まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!やっぱり雨宮さんの作品は最高ですね!高校デビューに失敗した主人公が二度目の青春をやり直す物語!めっちゃ青春していて最高でした!面白かったです!
まず序盤。大学四年生の夏希の姿が描かれます。短い文章の中に敗北感とか劣等感がギュッと詰まっていてここもめっちゃいいんですよね…そして高校入学直前へと時間が巻き戻ります。過去に半端な高校デビューをしてしまったせいで失敗した夏希な今度は失敗しないようにとまずはダイエットから始めます!そして幼馴染の美織もびっくりするほどかっこよくなった夏希はいよいよ高校デビュー!下手に明るく振る舞ったり絡み方をミスった経験をいかしてクラスのカースト上位グループと仲良くなっていく…失敗を糧にして今度こそはと慎重に立ち回っていく夏希のすがたは見ていて応援したくなります!そしてかつて片想いしていた陽花里との距離も縮まっていき…陽花里に限らず幼馴染の美織以外の女子とのやりとりはどこか陰キャのそれでなんとなく安心しつつも「がんばれ!」と応援したくなりますね!みんなでスポッチャにいったり夏希のバイト先のカフェで勉強したりと青春を積み重ねていく夏希。しかし夏希たちのグループに問題が発生して…この問題の解決方法も夏希らしくて青春が溢れていて非常にグッドでしたね。この作品に望んでいた展開の全てがここにありました。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
夏希はめっちゃ好き!かつて高校デビューに失敗してそれが原因で灰色の青春を送っていたやつが努力して過去の経験を糧にもう一度青春を頑張る…陰キャを感じつつもどこか少年漫画の王道をいくような立ち振る舞いがめっちゃ好きです!陽花里はこれは好きになるわっていうくらいかわいい女の子。完璧美少女に見えて運動がダメだったり、あざとかったりナチュラルに可愛かったり…これは反則ですよ…幼馴染の美織をはじめその他のキャラももちろん魅力的でした!

最後に
これは2巻出さないとダメでしょう!めちゃくちゃ売れないとダメです!これだけ面白い青春ラブコメは今後なかなか出てこないですよ!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
青春ラブコメ好きな方は!とにかく後悔させない!と強く推せる作品です!雨宮さんの魅力的な文章で描かれる圧倒的青春やり直しラブコメ!気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

灰原くんの強くて青春ニューゲーム1



著者

雨宮和希



レーベル

HJ文庫

ISBN

978-4-7986-2680-2
表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ