カテゴリ: 学園もの

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは三河ごーすとさんの

顔さえよければいい教室 2.竜姫ブレイクビーツ

です!
img_9784040747279_1
前巻の記事↓


ストーリー A
内容は、天才的な歌唱力を持つ詩歌と彼女の兄である自称マネージャーの楽斗。2人は巨大芸能学校である繚蘭高校で頭角を現しはじめていた。そんなある日、期末考査の内容が発表される。内容はなんと踊ってみた動画投稿だった⁉︎もちろんダンスなんで踊れない詩歌になんとかダンスを身につけてもらうために竜舌蘭の異名を大塚竜姫に協力を仰ぐことに。しかし強力なライバルが現れて…果たして詩歌たち渋谷軍団は期末考査を勝ち抜くことができるのか…とこんな感じです!

〜カリスマダンサー龍姫とトップへ!〜

シリーズ第2弾!コミカライズも決まり満を持しての2巻発売ですね。今回は竜舌蘭の異名を持つ竜姫が大活躍なダンスメインのお話でした!面白かったです!
まず序盤。期末考査の内容が発表されわたわたする渋谷軍団の姿が描かれます。相変わらずお互いブラコン、シスコンな詩歌と楽斗は見ていて安心しますね〜。詩歌、楽斗、麻奈、エリオ、乃輝亜のグループの名前?は渋谷軍団になったんですね…いや確かにエリオはすごいんですけ詩歌の要素が全然なくてびっくりでしたw 期末考査の内容がダンス動画の投稿投稿、しかも成績上位者には繚乱蘭サマーフェスという大規模文化祭の特設ステージに上がれるということもあり渋谷軍団は竜姫にダンスを習って上位を目指すことに。前向きでエネルギッシュな性格は詩歌たちをグイグイと引っ張ってくれる竜姫は見ていて楽しかったですね!しかし竜姫をライバル視する強力なライバルである千石ライアンが現れ…自分たちのダンスに使用する衣装を学内で有名なデザイナー・原宿亜寿沙に依頼するも千石との勝利に敗れてピンチに…しかし楽斗のマネージャー技術?で乗り越えていくのはグッドですね!終盤の<転結転結>で盛り上がる展開は最高でしたし、ラストの詩歌と竜姫のコラボもグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
竜姫はとんでもなくパワフルな女の子!ボクっ娘で唯一無二のダンスが踊れて誰にでも距離が近くて…グイグイ物語を引っ張ってくれる魅力的な存在でしたね!詩歌は相変わらず怠惰でキュートな女の子でしたね。でも今回はダンスめちゃくちゃ頑張っていて可愛かったです!楽斗は相変わらずの詐欺師っぷりで流石でしたね…その他のキャラも魅力的でした!

最後に
2巻も楽しく読ませていただきました!まだまだこれから面白くなる作品なので続きが楽しみですね!3巻待ってます!できれば3巻からはキャラ表を巻頭につけてほしいです…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

顔さえよければいい教室 2.竜姫ブレイクビーツ



著者

三河ごーすと



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-074727-9

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは三河ごーすとさんの

顔さえよければいい教室 1.詩歌クレッシェンド

です!
img_9784040745435_1

ストーリー A
内容は、引きこもりながらVSINGERとして有名になりつつある池袋詩歌。そんな彼女を兄として支える楽斗。ある日2人はあらゆる分野の天才が集う芸能学校・私立繚蘭高校にスカウトされる。生活を工面してくれる上に活躍できれば報酬ももらえるという甘言にひかれ繚蘭高校に入学する2人だが、なんとそこは配信活動で成績が左右され報酬も決まるとんでもないシステムで運営されていた。2人は詩歌の歌声を武器に活動していくことになるが…とこんな感じです!

〜VSINGERの妹とマネージャーの兄が芸能学校で成り上がる〜

三河ごーすとさんの新作!発売前からTwitterやYouTubeをはじめ様々なところで宣伝されていて注目度高いですね。特に発売前に作中の登場人物である詩歌がオリジナルソングを歌うMVが発表されるのは前代未聞ですね。天才的な歌唱力を持つ詩歌とその兄楽斗が芸能学校で活躍していくという一風変わった青春ものでした!面白かったです!
まず序盤。楽斗と詩歌の普段の生活が描かれます。重度の引きこもりで兄の楽斗がいなければ生活できないほど。そんな詩歌は圧倒的な歌唱力を武器にVSHINGERとして活動しており、そんな彼女を支える楽斗。2人のやりとりは仲良し兄妹という感じで見ていて楽しいですね。詩歌のぼけっとした感じと楽斗のキレのあるツッコミがグッド!あとやっぱりさらりとかかれるながらもVtuberやVSHINGERに対する解像度がめちゃくちゃ高いですよね。この辺りは流石三河ごーすとさんといった感じです。そして詩歌がスカウトされたことで始まる2人の繚蘭学校での生活!配信活動が成績や報酬につながってくる中で楽斗と詩歌も配信活動に挑むものの惨敗。VSHINGERとしてではなく、詩歌としてはなかなかうまく行きません。しかし圧倒的な歌唱力を生かすためにマネージャーとして楽斗が奔走!2人は周りを巻き込みながら徐々に学校で有名になっていきます!最初は全然うまくいかない2人が楽斗の戦略と詩歌の歌で成り上がっていく過程がすごくいい!そして終盤では学年トップの歌声を持つ渋谷エリオとあることを巡って賭けをすることに。このシーンはすごく良かったですね。ラストもこの先が楽しみになる終わり方で最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
楽斗は基本陰キャで重度なシスコン男子なんですけど、詩歌のために時折見せる行動力がグッドでしたね。詩歌はVSHINGERとして活躍する引きこもりな女の子!とにかく生活力皆無で楽斗がいないとすぐに死んじゃいそうですね…でも歌声は圧倒的で特殊な絶対音感を持ちというとんでもないスペックでした。こういう才能に全振りの女の子好きです。その他のキャラも魅力的でした!

最後に
天才的な才能を持つ妹とその兄が芸能学校で成り上がっていくという青春ものとして楽しく読ませていただきました!この作品は徐々に面白くなっていくタイプの作品だと思うので2巻が楽しみです!

どんな人にオススメか?
才能を武器に学校で成り上がっていく系のお話が読みたい方は!楽斗と詩歌のやりとりは見ていて楽しいですし、芸能学校を舞台に繰り広げられる物語は他の作品では味わうことができない魅力があります!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

顔さえよければいい教室 1.詩歌クレッシェンド



著者

三河ごーすと


レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-074543-5

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは作者さんの

人外教室の人間嫌い教師 ヒトマ先生、私たちに人間を教えてくれますか……?

です!
img_9784046810953_1
ストーリー A
内容は、人間関係のトラブルがきっかけで教師をやめニート状態の人間零。そんな彼は高額な給料に惹かれて山奥にある学校に転職する。しかしそこは普通の学校ではなく人外が人間になるための学校だった⁉︎人魚族の水月鏡花、人狼の尾々守一咲、ウサギの右左美彗、鳥の羽根田トバリといった生徒たちを担当することに。人間になりたい彼女たちとの学校での日常が始まる…とこんな感じです!

〜人間を目指す人外少女たちの教師に⁉︎〜

にじさんじのVtuber来栖夏芽さんの作品。正直言ってこの情報だけで怖いもの見たさで買ってみたのですが…予想を遥かに超える優しいヒューマンドラマが展開される作品でした。面白かったです!
物語は連作短編形式で進んでいきます。人間零が転職して人外を人間にするための学校に転職。そこで教師となり4人の人外の少女たちと一年を過ごしていく様子が描かれます。プロローグとエピローグを除くと全部で8話あるのですがどのお話も人間味というか、キャラに体温があって物語の中で生き生きとしていましたね。というか後から知ったんですけどこれ三題噺の形式で書いているんですね…三題の縛りがあるのにどのお話もしっかりこの作品らしいハートフルなお話になっているのはちょっと驚きました…
印象に残っているお話はいくつかあるのですが、個人的にはうさぎの右左美ちゃんがメインの「人間嫌いと天使のほうき星」水月ちゃんがメインの「人間嫌いと泡沫の花冠」が印象的でした。前者は右左美ちゃんのルーツにも関わるお話でこの作品らしい零と生徒たち、そして生徒たちが人間になりたい理由に真っ向からぶつかって描かれるお話でしたね。後者は得意や不得意を気にせずに振る舞う水月ちゃんにちょっと励まされるようなお話でした。
どのお話も秀逸で心に残る温かさがあるお話でした。面白かったです!
キャラ A
零はTHE30代のネット文化に使った男という感じでちょっと親近感ありましたねw 生徒思いないい教師でした。水月、尾々守、右左美、羽根田の4人はそれぞれ人間になりたい理由や秘めたる思いがあってそれぞれ物語の中で輝いていました!

最後に
ちょっと不思議な学校を舞台にしたハートフルなヒューマンドラマを楽しませていただきました!続刊があるならぜひ読んでみたいですね。まだまだ零や人外少女たちのお話は見ていたいです!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
ハートフルなヒューマンドラマを読みたい方は!連作短編形式で読みやすくて、どのお話でもキャラが生き生きとしていて読んでいて楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

人外教室の人間嫌い教師 ヒトマ先生、私たちに人間を教えてくれますか……?



著者

来栖夏芽



レーベル

メディアファクトリー

ISBN

978-4-04-681095-3
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは坂石遊作さんの「魔女学園最強のボクが、実は男だと思うまい」です!

img_9784049141504_1
ストーリー A
内容は、魂という力を使い男だけがなれる騎士と、魔力を操り女だけがなれる魔女。そんな騎士と魔女は国の平和をお互いに維持するために日々奔走しながらもお互いの存在を疎ましく思っていた。ユートはそんな騎士として指折りの実力を誇り、騎士団でもトップクラスの実力を有していた。そんなある日、ユートは騎士団長である兄から女装をして魔女学園に潜入せよとの指令を受ける。少女のような顔つきのユートはなんと魔女学園への潜入に成功し普通の女子生徒と同じように授業を受けることに。しかし魔女学園への潜入の目的は目の上のたんこぶである魔女の弱みを探るためではなく、世界を変えてしまうかもしれない魔法の存在を突き止めることで…とこんな感じです!

〜女装して男子禁制の魔女学園に⁉︎〜
坂石遊作さんの新作!個人的に好きな作品が多い作家さんなので新作楽しみにしてました!今作は女装もの×魔法学園ものということで潜入ミッションのドキドキ感と魔法による派手なバトルが楽しめる学園ファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。いがみあう騎士と魔女が描かれます。序盤にさらっとでも過不足なくこの物語の世界観を伝えてくる文章ですっとお話に入っていけましたね。そして若くして騎士団でもトップクラスの能力を誇るユートに魔女学園潜入の任務が与えられます。少女のような顔立ちゆえにその役目を与えられたユートですがあっさりと?魔女学園への潜入に成功します。こういう女装ものっていつも声が気になってしまうんですけど…まぁそこは気にしちゃダメですよね汗 魔女学園に潜入してからは周りの生徒たちと交流しながら魔女見習いとして生活していきます。委員長のメイファ、ラクシャール商会の令嬢・フラウ、フラウの護衛であるシリカ、厨二病のフォルテといった魅力的なクラスメイトたちとのやりとりは見ていて楽しかったですね!寮で同室のメイファとのちょっとドキドキするやりとりは潜入ものの醍醐味がありましたね!そして中盤、ユートは魔女学園への潜入の目的が世界を変えてしまう魔法の使い手を探すことだと告げられその調査を開始することに…潜入もので真の目的が明かされる驚き…いいですね…そして学園を、メイファを狙う悪の魔女が現れます。ここからは怒涛のバトル展開でメイファの過去も明かされてめちゃくちゃ盛り上がりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ユートは女の子みたいな顔をしながらも騎士団でもトップクラスの実力を誇る騎士。騎士として任務を全うしようとしながらも、女装がバレないかドキドキしたり距離が近いメイファにドキドキしたりと普通の男の子で見ていて楽しかったですね。バトルシーンでは非常に頼りがいがありそのギャップもグッド!メイファは委員長でユートと同室の女の子。実は寂しがり屋でユートに甘える姿と、委員長として一人の魔女として敵と戦う凛とした姿がグッドでした!そのほかのキャラももちろん魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白い学園ファンタジーでした!まだまだ物語は序盤ですしここから面白くなることは間違いなしなのでぜひ2巻も読みたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
学園ファンタジーが好きな方は!大勢の女の子の中に男一人というシチュエーションですが、ユートが真面目なのであんまりハーレムものとかエロい方面のドキドキ感はなくしっかりめと学園ものが楽しめると思います!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

魔女学園最強のボクが、実は男だと思うまい



著者

坂石遊作



レーベル

電撃文庫

ISBN

978-4-04-914150-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは作者さんの「嘘と詐欺と異能学園」です!
img_9784049136784_1
ストーリー A
内容は、国中からエリート能力者たちが集められたハイベルク国立特異能力者養成学校。そこになんの能力も持たない一人の少年が嘘と詐欺で入学を果たす。天才詐欺師であるジンは入学早々災禍の女王として恐れられるニーナと出会う。トップクラスの異能者として注目されるニーナだが、実は何の能力も持っておらず演技だけで異能者であるフリをしていた⁉︎二人は無能力者でありながら学園の頂点を目指すために、頭脳と策略で強力な能力を持つ異能者たちに立ち向かっていく…とこんな感じです!

〜無能力者が嘘で頂点を目指す!〜
野宮有さんの新作!デビュー作「マッド・バレット・アンダーグラウンド」が面白かったので新作楽しみにしてました!まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!いいですね!こういう嘘や詐欺で成り上がっていく頭脳戦と心理戦!最高でした!面白かったです!
国中からエリート能力者たちが集められるハイベルク国立特異能力者養成学校。卒業できる生徒もわずかで毎月月末には成績が悪いものは強制退学という異能至上主義の学校。そんな学校に異能なしで入学したジンは持ち前の頭脳と詐欺で成り上がりを目指す…序盤から凄まじかったですね…ジンをはじめとした入試成績下位の生徒の足切り試験が行われるのですが、異能なんてないジンが詐欺師まがい(というか詐欺師)の行為で成績下位者の中でも協力な異能を持つ生徒を脱落させます。これが詐欺師の力ですか…読んでいてめっちゃワクワクします!そして入学式が終わりジンは学園の頂点を目指し、自分の目的を果たすために行動を開始します。そんな中、学年最強とも言われる能力の持ち主ニーナに出会います。しかし山を消しとばすほどの能力を持つとされる彼女が実は無能力者であることを偶然知ってしまいます。ニーナもとんでもない少女ですね…演技だけで10年以上も能力持ちであるフリをするなんて…紆余曲折あった末に二人は協力して頭脳と策略で学園の頂点を目指すことに!ここからは本当に飲み込まれました!無能力者であることがバレないように周到な計画を立てて時にはニーナすら欺く方法で周囲を華麗に騙し、一目を置かれる存在に!しかしそんな二人にもピンチが。炎の人形を操る異能を持ち、ニーナと同じく学年トップクラスの異能の持ち主とされるベネットに目をつけられます。この最大のピンチもジンの詐欺とニーナの演技で、異能一切なしで立ち向かうのが最高に熱い!終盤は本当に盛り上がりましたね!「えっ⁉︎」と思うような衝撃の展開にニヤリとさせられました!最高の学園頭脳戦を楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ジンは嘘と策略だけで無能力者ながらもハイベルク国立特異能力者学校に入学した少年。こういう嘘つき少年、正直めっちゃ好きなんですよね…鮮やかに嘘をつきでも地道な準備と用意周到な策略で異能力者を負かしていく姿は痛快でした!ニーナは演技だけで最強の能力者だと信じられている少女。しかも変装も一級品で声も自在に変えられるという…なんですか…この少女は…ジンと組んで強力な異能力者を倒したり最強であると見せかけ続ける姿は最高でした!

最後に
めっちゃ面白い学園頭脳戦でした!これは絶対に2巻出てほしいです!嘘と詐欺、頭脳と策略でガンガン学校で成り上がっていく二人の姿を最後まで見届けたい!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
頭脳戦が好きな方は!詐欺と嘘でどんどん学校で成り上がっていくジンがとにかく最高!何の力も持っていないジンやニーナが頭脳と策略と演技で戦う姿には痺れます!気になったかたはぜひ!めっちゃオススメです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



嘘と詐欺と異能学園



著者



野宮有



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913678-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




↑このページのトップヘ