カテゴリ: ライトノベル企画

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回は企画ものということで新社会人にオススメのラノベを紹介していきます!僕も4月から社会人になっちまうんですが、やっぱり不安なのはラノべを読む時間。仕事終わって家に帰ったら疲れて寝るだけ…じゃつまらないですし、通勤時間にラノベを読むことを提案したいと思います!そこで通勤時間でもサクッと読める連作短編や短編集形式のラノベを紹介します!それではいってみましょう!

企画第二弾!↓
新社会人にオススメ2!休日にサクッと読める1巻完結のラノベ10選!

条件
・連作短編形式や短編集の作品

「スーパーカブ」トネ・コーケン 角川スニーカー文庫

山梨県北杜市で暮らす女子高生小熊。両親も頼れる親戚も友達もいない天涯孤独の彼女は何もない「ないない」の生活を送っていた。そんなある日、小熊は中古のスーパー・カブを手に入れる。カブによって徐々に変化していく日常。同じくカブを愛するクラスメートの礼子と仲良くなりながら、今まで知らなかった世界を知っていくことになる…
連作短編というよりも連作掌編という感じでかなり短いお話が30前後載っている作品です。カブを手に入れた小熊という女の子がカブによって少しずつ行動範囲が広がり、世界が広がり、成長し…と不思議な魅力を持つ作品です。日常系というより生活系な作品をぜひお楽しみください!現在4巻まで発売中!コミカライズもありますよ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1065812513.html

スーパーカブ (角川スニーカー文庫)
トネ・コーケン
KADOKAWA
2017-05-01



「編集長殺し」川岸殴魚 ガガガ文庫

中学館にあるギギギ文庫というライトノベルレーベル。そこで働く新人編集の川田桃香は美少女と美女ばかりの編集部で日々働いていた。ドSロリ金髪の編集長に怒られながらもなんとか頑張るが、波乱万丈な日常が待ち受けていて…
ガガガ文庫で「人生」などの作品を発表する川岸殴魚さんのラノベ編集者を題材にしたドタバタコメディ!基本は川田を中心とした喜劇で思わずクスっとしてしまう描写も…でもこの女の子どこかの作品のあとがきで見たことがあるぞ…もしかして実在する編集者…?となるのもこの作品の魅力です!
短編連作形式で過酷な編集者業は真実味?があったり…現在4巻まで発売中!気になった方はぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1069300293.html

編集長殺し (ガガガ文庫)
川岸殴魚
小学館
2017-12-28




「アマデウスの残り灯」志賀龍亮 オーバーラップ文庫
緩やかに滅亡していく世界で旅をする2人。不死者のカインと神を名乗る少女ヨグは様々な街を訪れ、誰かを助け、世界の残酷さと切なさを知っていく。盲目の少女エノ、正義を貫く警察官ヘルガ、霧の館で主人と屋敷を守り続けるメイドのルナ…様々な人に出会いながら2人の果てしない旅は今日も続いていく…
四つの短編で構成された終わっていく世界を舞台にした旅もの。死なないカインと神を名乗るヤンキー系の女の子ヨグのやりとりは軽快で楽しいです!ストーリーは割と重めのファンタジー。旅先で出会う人々はなにかしら抱えていて、そんな彼らを助ける二人の姿はどこか切ないです。現在1巻まで発売中!気になった方はぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1069392286.html




「幻獣調査員」綾里けいし ファミ通文庫

独自の整体と超自然の力を持つ生き物、幻獣。国家は幻獣を調査し、時には駆除する専門家を定めた。幻獣調査員のフェリはうさぎ頭のクーシュナとホムンクルスのコウモリのトローと共に幻獣の書を完成させるために旅を続けている。彼らが出会う幻獣たちは…
最近では「異世界拷問姫」で有名な綾里けいしさんの作品。連作短編形式で
幻獣とフェリたちの物語が繰り広げられます。ドラゴンや人魚といった有名どころからライカンスロープのようなちょっとマイナーなところまで様々な幻獣が出てきます!そして明かされる登場人物たちの驚きの○○にもご注目ください!現在2巻まで発売中!ちょっと怖い幻獣たちのファンタジーをぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1058923446.html

幻獣調査員 (ファミ通文庫)
綾里 けいし
KADOKAWA/エンターブレイン
2016-06-30



「魔女の旅々」白石定規 GAノベル
魔女として旅をするイレイナ。彼女は様々な人や国に出会う。魔法使いしか入れない国、死の間際で恋人を待つ青年、滅んだ国に取り残された王女、そしてイレイナ自身のこと…彼女が旅先で出会うものとは…
GAノベルの主力タイトルの一つ!かなりコアなファンの方も多いですね。元々個人でkindleで発売されていた作品がGAノベルから発売されたものになります。連作短編形式で魔女のイレイナを中心に魅力的なキャラや行く先々の国や人と築き上げる物語はどれも面白いです!現在8巻まで発売中!時に笑えて時に泣けて時に怖かったりする物語を堪能してください!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1055768495.html

魔女の旅々 (GAノベル)
白石 定規
SBクリエイティブ
2016-04-15



「ベイビー、グッドモーニング」河野裕 角川文庫
ユニクロの白いTシャツとデニムのミニスカート。月に集める魂のノルマがある彼女は死期が近づく人の前に近づく。彼らの寿命を三日ほど延長した死神はいったい何をするのか…
「サクラダリセット」で有名な河野裕さんの作品!四つの作品からなる死神と魂のお話です。死神というには可愛いすぎる女の子が死期を三日延長させ、彼らと作り上げるドラマが魅力の作品です!死神ということで訪れるラストは決まってはいるのですが、切なくて愛おしいお話はどこか優しいです。現在1巻まで発売中!角川文庫から再刊されていますが、スニーカー文庫版には椎名優さんのイラストもありますよ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1061204936.html





「道化か毒か錬金術」水城正太郎 HJ文庫
天才的な正体不明の錬金術アナーキスト・アルケミストはイタズラにしかその能力を使わないことで帝国を騒がせていた。そんなある日アナーキスト・アルケミストから変わり者のアルト・ブロイ公爵に殺害予告が届く。帝国情報部の美人魔術師イングリドはアルトを警備するためにブロイの元を訪れるが、そこにいたのは変なことが大好きなブロイで…錬金術をめぐりアルトとイングリドが華麗に事件を解決していく!…
「いちばんうしろの大魔王」で有名な水城正太郎さんの新作!史実とはちょっと違う歴史をたどったヨーロッパを舞台に暴れるアルトとイングリドのバディものです!連作短編形式でアナーキスト・アルケミストによる事件とその解決を楽しませてくれます!コメディかと思ったら真剣に戦ったり、やっぱりコメディだったりと楽しい作品です!現在1巻まで発売中!気になった方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1073092321.html

道化か毒か錬金術 (HJ文庫)
水城正太郎
ホビージャパン
2018-11-01



「新宿コネクティブ」内堀優一 HJ文庫

新宿には掃除屋と呼ばれる何でも屋が都市伝説として存在していた。そんな何でも屋に下宿している佐蛹慶介は、家主である蔵祭平三郎と共に様々な事件を解決していた。鋭い観察力と人脈で事件を解決していく2人に今日も事件が持ち込まれ…
探偵もの+ミステリの連作短編作品!新宿を舞台に賑やかで楽しいお話が展開されていきます!各話ごとに事件が発生し、慶介と平三郎を中心に解決していきます!飄々としていて実は誰にもないものを持っている慶介と子どもみたいな大人の平三郎のコンビは絶妙でしたね!新宿独特のごった煮感に群像劇っぽい感じでも好きでした!
現在2巻まで発売中!気になった方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1065782880.html

新宿コネクティブ1 (HJ文庫)
内堀優一
ホビージャパン
2017-04-28



「異世界駅舎の喫茶店」Swind 宝島社
新婚旅行の帰りの電車。眠っていたタクミはいつの間にか異世界にきてしまう。隣で寝ていたはずの妻は猫耳の少女ニャーチとなっていた。終着駅で出会った駅長から異なる世界が交わる現象時線の転轍に待巻き込まれたと聞かされた2人。駅長の計らいによりタクミとニャーチは終着駅のハーパータウンで喫茶店「ツバメ」を営むことになるが…
異世界+ご飯ものの作品!タクミとニャーチ、そしてお客さんが紡ぐ温かい人間ドラマが魅力の作品です!駅舎のにある喫茶店で提供される料理は現代日本にあるものをアレンジしたもので、タクミの思いがお客さんを笑顔にします!料理ももちろん美味しそうで巻末にあるレシピで再現することもできますよ!現在2巻まで発売中!文庫版やコミカライズもあります!これを読みながら通勤帰宅してランチや夕飯の予定を立てるのもいいかもですよ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1060931291.html




「僕とキミの15センチ」ファミ通文庫
ファミ通文庫の19周年(なんて中途半端)を記念して?作られた豪華作家陣による「15センチ」をテーマにした短編集!庵田定夏さん、綾里けいしさん、石川博品さん、久遠侑さん、九曜さん、更伊俊介さん、竹岡葉月さん、水城水城さん、森橋ビンゴさんと豪華作家陣による短編はどれも魅力的です!個人的には岡本タクヤさんの作品が好きです!これ一冊で様々なジャンルの短編が楽しめるので気になった方はぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1068741611.html





以上になります!
どれも電車の中で1話ずつ読める作品です!ちょっと憂鬱な朝も一編のお話が少し元気をくれるかもしれません!一緒にラノベ読んで頑張って社会と戦っていきましょう!

それではこの辺で!



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回は緊急で企画ものを…


なんと「ファイフステル・サーガ」が打ち切られるかもしれないとの報が…(3巻あとがきより)


・そもそも「ファイフステル・サーガ」とは?

ベテランラノベ作家の師走トオルさんの作品。富士見ファンタジア文庫より発売されています。現在3巻まで発売中。師走トオルさんは過去に「火の国、風の国物語」という根強い人気を持つ戦記ものを発表しており、ファン待望の新作の戦記ものでした。ここ数年ファンタジーの主流である「異世界転生・転移」を含まない、硬派な質感の作品です。ちなみにダンまちの大森藤ノさんも大絶賛していて面白さは折り紙つきです!

・ストーリー

舞台は魔王討伐から198年後の世界。そこには一つの王国と五つの国があった。アレンヘム公国では「アレンヘムの聖女」と呼ばれるセシリアが聖女の力で2年後に魔王が再臨することを知る。最悪な未来を回避するために最強の傭兵団「狂嗤の団」の団長カレルと婚約することに。魔王を倒すために五芒国を平定するためにカレルは動き出す。一方その頃、王国では幼くして王女の座につくことになったマリアンのために暗愚を演じていたヴェッセルが「魔王の左腕」を武器に策略を巡らす…
物語は主人公のカレル、裏主人公ともいうべきヴェッセル、そして3巻では灰エルフのギルセリオンの視点をメインに進行していきます!戦記ものなのでこの世界で起こることをどこまで描くかが重要なのですが、そのバランスもわかりやすく世界で何が起こっているのか。魔王復活前の混乱がよくわかるようになっています!

・キャラ
1巻を読むうえで知っておきたい3人の主要登場人物を紹介します!
カレル…最強の傭兵団「狂嗤の団」の団長を引き継ぐことになった青年。魔王再臨を知る前は世界各地をフラフラしていましたが、団長になるとセシリアの力も借りて団長として3000の兵をまとめていくまでに成長します!真っ直ぐで頭がキレて精神的にタフな男です!
セシリア…歳相応の女の子ではあるんですけど、聖女としての運命を理解し最悪の未来を変えるためにカレルの隣に立つ凛とした女性です!未来を視るという能力を使い最悪の未来を回避するために運命に立ち向かっていきます!カレルと結婚してからはかわいいところも…?
ヴェッセル…暗愚を演じる不遇の王子。「魔王の左腕」という人の心を読める道具を使い王国の政治に関わるカレルに負けないキレる頭をもった青年です。ダークな雰囲気と妹のマリアンに対する態度…とにかくかっこいい!がたっぷりつまった男です!
この他にも敵にも味方にも魅力的なキャラがたくさんいます!

・「ファイフステル・サーガ」の現在の状況…
2巻のあとがきではまだまだ続けられそうとのことだったんですけど、3巻のあとがきでは一転打ち切りの危機に…その理由がどうも売り上げの中で電子書籍が占める割合が高いらしく…もちろん電子書籍の売り上げが好調なのはいいことなんですけど、やっぱり紙での売り上げも重視されるらしく(電子書籍は一か月遅れだったりするため)…なのでこれから買う人は紙の方を…電子書籍で読んでいる方も余裕があるなら紙で買っても…まだここから絶対に巻き返せると僕は信じています!だから!読んでいる人はTwitterなどで感想をつぶやくだけでも!声をあげていきましょう!

・各巻の感想
1巻↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1072005057.html

2巻↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1072718927.html

3巻↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1074025495.html

みなさん!どうか!このシリーズ継続のために!声をあげていきましょう!まだ読んでいない方もこれを機にぜひ1巻だけでも手にとってみてください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)







どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回は企画ものということでタイトルがかっこいいラノベを10作品紹介します!ラノベのタイトルに関する話題はTwitterで定期的に問題になりますけど、いやいやいやお前らラノベのタイトルってかっこいいの多いぞ?かっこいいタイトルのラノベ知ってる?って思うこともしばしば…ということで、今回はここ最近1年間に発売されたラノベの中でかっこいいタイトルの作品を紹介します!もちろんどの作品もめちゃくちゃ面白いので気になった作品があればぜひ手にとってみてください!

条件
・最近1年間に刊行されたラノベ
・シリーズ続刊ではなく新作のみ
・かっこいいタイトルは主観です。ご容赦ください
・かっこいいタイトルの作品はファンタジーが多めです。ジャンル

「撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ」上川景 富士見ファンタジア文庫
東と西の国に渡る百年間続く戦争。そこでは弾丸に込められた魔法が飛び交い、エクセリアという機甲車が闊歩していた。少年兵のレインは不利な戦場で見慣れない銀の弾丸を拾い敵の上官を殺す。その瞬間世界が変わり敵の上官が存在しなかったことになり戦闘に勝利していた。その弾丸は「撃ち抜かれた人間をこの世にいなかったことにして世界を再編する」ものだった。レインはこの弾丸を使い戦争を終わらせるための戦いを始める…
ここ最近で1番かっこいいタイトルは間違いなくこの作品でしょう!途中に「、」を入れて、一回溜めてからの「そこで消えていろ」とかめっちゃかっこよくないですか?
ストーリーもめっちゃくちゃ面白くて、撃たれると存在が消える弾丸で戦場を勝ち抜いていくレイン。そしてその弾丸を作った少女のエア。学園での日常と戦場の非日常のバランスもよく中盤以降の戦いはぜひ読んでいただきたいです!現在1巻まで発売中です!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1073781872.html




「迷宮の王 ミノタウロスの咆哮」支援BIS レジェンドノベルス

サザードン迷宮のでポップするミノタロウス。十階層のモンスターとしては強敵ながら大したドロップ品もないことから冒険者たちからは不人気な存在だった。しかし、突如としてこれまでの常識を打ち破るミノタロウスが出現する。ボス部屋から出て、自ら冒険者を倒し、強力な武器やアイテムやスキルを得て、みるみる強くなっていく。そしてついには迷宮のルールすら超越した存在となっていくが…
「辺境の老騎士」で有名な支援BISさんの作品。これもシンプルでかっこよくないですか?四文字でここまでぴしっと決まるタイプのタイトルってそうそうなくないですか?
ストーリーはゲームなどでおなじみのミノタウロスが主人公?の作品。ユニークモンスターとしてポップしたミノタウロスがどんどん強くなっていく姿にのめり込むこと間違いなしです!ミノタウロスの奥深さを骨の髄まで味わってください!現在1巻まで発売中です!この機会にぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1073656246.html




「インスタント・メサイア」田山翔太 オーバーラップノベルス
魔族により滅びてしまった一つの村。その村でただ1人生き残った少年がいた。ナインという名の少年は10年の時を経て成長し魔族領に足を踏み入れる。全ては魔族復讐するために。しかもナインがとった方法はただの復讐ではなく「愛」による復讐だった。卑しく這いつくばりながらも、魔族のトップに君臨する少女たちに近づいていく…
カタカナ系でかっこいいタイトルならこれです!たった二つの単語の組み合わせですけど、引き寄せられる魅力がありますよね!
ストーリーはバトルなしの復讐譚というちょっと珍しい作品。魔族によって全てを失った少年ナインが愛という形のないもので復讐を挑んでいきます。ただラブコメに見えるような描写も全て復讐。終盤の盛り上がりもよかったですね!現在1巻まで発売中。2巻も…出て欲しかったですね…面白いのは間違いないので気になった方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1070593975.html




「彼女のL~嘘つきたちの攻防戦~」三田千恵 ファミ通文庫
遠藤正樹は人の嘘がわかるという特殊な体質を持つ高校生。そんな彼は決して嘘をつかない川端小百合という少女のことを密かに想っていた。そんなある日、川端から自殺した親友の小林を殺したのは佐倉かもしれないと相談される。学校のアイドルである佐倉から真実を聞き出すために遠藤は嘘を見抜く力で佐倉から本当のことを聞き出そうとするが…
漢字+英文字で和洋折衷というか、この伏せられらた一文字が気になる感じからのサブタイトルでLが嘘のlieだとわかる感じかっこよくないですか?僕は好きです!
嘘を見抜ける正樹、嘘をつかない川端、嘘をつく学校のアイドル佐倉という不思議なトライアングルでストーリーは展開していきます。前半の魅力的なキャラによる青春、そして後半怒涛のミステリ展開!予想できないストーリーの結末をぜひ見届けてほしいです!1巻完結の作品なので青春とミステリな作品が読みたい方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1072431871.html




「罪の巨人と銀時計のアイア」石川湊 電撃文庫

伝説の巨人シンの体内にあると言われる魔石「時の巨神将」。それを手に入れようとした1人の勇者は巨人の体内に取り込まれてしまう。目覚めた勇者は自分の名前を忘れており、胸に杭が刺さり銀時計を持つ少女アイアと出会う。アイアは勇者に「レッド」という名を与え、巨人の心臓部を目指すことになる。咎人、十字架、トラップだらけの巨人の体内…数々の苦難を乗り越え2人がたどり着いたのは…
これもタイトルかっこいいですよね…罪、巨人、銀時計という心くすぐるワードをずらっと並べてからのカタカナでアイアと少女の名前…最高ですね…
物語は迷宮探索型のゲームのような感じです!注目してほしいのは設定と世界観!内部がトラップだらけのダンジョンである巨人、罪を背負う咎人、七つの大罪を冠し十字架という特殊能力を持つ各部位の番人的な存在…そんな危険なダンジョンを旅するレッドとアイアの物語をぜひ見届けてほしいです!現在1巻まで発売中!おそらく1巻完結なので気になった方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1072853769.html




「道化か毒か錬金術」水城正太郎 HJ文庫
正体不明の天才錬金術アナーキスト・アルケミストはイタズラにしかその能力を使わないことで帝国を騒がせていた。そんなある日アナーキスト・アルケミストから変わり者のアルト・ブロイ公爵に殺害予告が届く。帝国情報部の美人魔術師イングリドはアルトを警備するためにブロイの元を訪れるが、そこにいたのは変なことが大好きなブロイで…錬金術をめぐりアルトとイングリドが華麗に事件を解決していく…
これもワクワクする単語が三つ並んでいる系なんですけどスタイリッシュですよね!短い単語を三つ並べてビシッと決めてる感好きです!かっこいいです!
物語の舞台となるのは史実とはちょっと異なる歴史を歩んできたヨーロッパ。もうこれだけでテンションあがりますよね!そこで繰り広げられるドタバタ+ハチャメチャなお話もすごく楽しいです!現在1巻まで発売中!イラストもスタイリッシュでかっこいいのでこちらもぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1073092321.html

道化か毒か錬金術 (HJ文庫)
水城正太郎
ホビージャパン
2018-11-01



「1/2-デュアル‐ 死にすら値しない紅」森バジル 角川スニーカー文庫
殺された人間が生き返る現象が発生する近未来の日本。死から蘇生した人間は偽生者(ワナビー)と呼ばれ特殊な能力を持ち迫害され殺される運命にあった。そんな偽生者たちを殺し直す倫護士という職業の竹内限夏は上司から新たな相棒を紹介される。須崎伴と名乗る少女は偽生者で《死》を失い永遠に生き続ける運命にあった。2人は偽生者の人権を望むテロ組織と戦うことになるが…
これは表紙というかロゴも相まってめっちゃくっちゃかっこいいんですよ!1/2!デュアル!とこう静かにも確かな圧を感じるの…良きです…サブタイトルも良きです…
物語はちょっと懐かしいゼロ年代の現代異能という感じ。凄腕の倫護士の限夏と死なない少女・伴ちゃんのコンビである事件に立ち向かっていく。月とセックスが嫌いという伴ちゃんが本当にかわいいんですよ…中二感あふれるネーミングセンスもグッドでした!現在1巻まで発売中!めっちゃ面白いので表紙でおっと思った方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1073585147.html




「サラリーマン流 高貴な幼女の護り方」逆波 オーバーラップ文庫
商社に勤め優秀な営業マンとして働く榊平蔵は帰り道に謎の組織に襲われ表社会から抹消される。その際異能に目覚めた平蔵は裏で日本を守る「近衛」と呼ばれる組織に入隊することになる。日本のトップである一族の娘・日桜との交流を深めながら、他国の陰謀に立ち向かうことになる…
これまで紹介してきた作品と比べてちょっと説明よりなんですけど、サラリーマン流っていうのがかっこいいですよね。サラリーマンに流ってつけるだけでばしっと決まるの非常に好きです!
物語は裏社会の人間と接触したことで異能が発現した主人公による剣戟バトル!異能を手に入れてから近衛という存在として成長していくまでの過程が丁寧に描かれていきます!途中挟まれる高貴な幼女である日桜とのエピソードもよかったです!現在1巻まで発売中!かっこいい剣戟バトルを読みたい方は!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1073011638.html




「死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く」彩峰舞人 オーバーラップ文庫
赤子の時に冥府の門に捨てられた少女オリビア。彼女はゼットと名乗る死神に育てられる。彼女に戦いを教えたゼットはオリビアが十五歳になると突然いなくなってしまう。彼を探すためにファーネスト王国軍に志願したオリビア。彼女はアースベルト帝国との闘いで苦戦を強いられる王国軍の中で一騎当千の最強の戦士として戦場を駆ける…
これはダークな感じがかっこいいですよね!ラノベ読みならこういう黒々としたタイトルに惹かれますよね!死神に育てられた少女が漆黒の剣を胸に抱くんですよ!かっこいいに決まってます!
この作品でとにかくすごいのが戦闘時の描写。もうこれが半端ないです。戦記ものというジャンルの性質上戦場を俯瞰した描写が重要になると思うんですけど、一巻のイリス会戦で過不足なく戦況を描ききり、オリビア自身の戦いも圧倒的な強さの中に少女らしさと無垢さと死神のような黒さを描く。本当に圧巻のバトル描写にぜひ注目してほしいです!現在2巻まで発売中です!ダークな戦記ものと聞いてピンと来たならぜひ読んで欲しいです!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1072208612.html




「七つの魔剣が支配する」宇野朴人 電撃文庫
名門キンバリー魔法学園に入学したオリバー。彼は入学初日に亜細亜からやってきた1人の少女と出会う。ナナオと名乗る彼女と授業中に手合わせしたことで、彼の運命は変わっていくことに…そして入学式前のパレードでの事故が後々大事件を引き起こすこととなり…
これもここ最近ではトップクラスにかっこいい!と思った作品!こう「する」って断定形で、しかも「支配」っていうのが非常に良きです…かっこいい…
作品のジャンルとしては魔法学園もの!巨大なダンジョンが地下にある学園でオリバーたちによる学園生活は波乱万丈!オリジナリティあふれる魔法関連の設定や容赦のない展開…どんどん拡がっていく物語は無限にワクワクできます!そして徐々に判明する学園の暗部も…現在2巻まで発売中!始まりの物語である1巻から、2巻で動き始めた物語と読んでいてワクワクが止まらない魔法学園もの!オススメなのでぜひ!
紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1072574995.html




以上になります!
どの作品のタイトルもかっこよくないですか?気になった作品があればぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて先日開催したラノベレーベル総選挙の結果が出たので発表します!ラノベレーベル総選挙は2019年に注目または期待するラノベレーベルを3つ選んで投票してもらうもので、83名の方に投票していただきました!まぁどのレーベルに期待する?なんてかなりコアな読者でないとわからないのでこんなもんですね。てかラノベテストの時に1600人が回答していて、逆に多すぎたのである意味安心しましたw
それではいってみましょう!

レギュレーション
・2019年にあなたが注目または期待するラノベレーベルを3つ選んで投票
・「注目・期待」の解釈は「このレーベルの作品のアニメ化を期待したい」「このレーベルの新人賞受賞作品に注目している」「このレーベルが出す作品は私が面白いと思う作品が多いので2019年も期待したい」など自由
・電撃文庫は人気が集中されることが予想されるため別枠として扱います。あらかじめご了承ください
・いわゆる「キャラ文芸、新文芸、ソフトカバーレーベル」なども含みます。あなたが「ラノベレーベル」だと思うものに投票してください。
・あとすみません今回設問の仕様上3レーベル以上投票することができてしまいました。その結果4レーベル投票している人がいたり、同じレーベルに3票投票している人がいました。ただ明らかにおかしな投票している人はおらず結果に大きな差は出ないので今回はこのままいきます。ご了承ください。
投票してくれたのに無効票にするのも申し訳ないですし…

まず全体の結果から!
ラノベレーベル総選挙1

1位は堂々のガガガ文庫!まぁラノベ読みはみんな好きですからね。2位は意外にも角川スニーカー文庫。途中までは5位とかでしたが最後に一気に伸びましたね…3位はMF文庫J。こちらも最後に一気に伸ばしていきました。4位以下はこちら

順位
1位 ガガガ文庫(42票)
2位 角川スニーカー文庫(33票)
3位 MF文庫J(32票)
4位 GA文庫(26票)
5位 講談社ラノベ文庫(21票)
6位 レジェンドノベルス(20票)
7位 富士見ファンタジア文庫(19票)
8位 HJ文庫(13票)
9位 ダッシュエックス文庫(7票)

ちなみにその他に投票した方の内訳はこんな感じです!

その他の内訳
美少女文庫 2票
メディアワークス文庫 2票
ハヤカワJA 2票
サーガフォレスト 1票
アリアンローズ 1票

アリアンローズは女性向けで唯一のランクイン!サーガフォレストは親会社が変わったりで最近あんまり元気ないので頑張ってほしいですよね…ハヤカワJAは「最後にして最初のアイドル」とか個人的にも好きな作品が多いので2019年も楽しみですね!メディアワークス文庫はまぁ入れる人いるだろうな~ということで予想通り、美少女文庫は熱烈なファンの方が入れたんですかね?

続いて別枠で用意していた電撃文庫の結果をどん!
ラノベレーベル総選挙5
約半数の人が電撃文庫に期待するという結果に。単純な票数ならガガガ文庫に並ぶ人気だったのでやっぱり電撃文庫は別枠にしておいてよかったですね。30%を超える人が「どちらともいえない」に投票したのが気になるところ。電撃文庫といえども5年くらい前に比べると刊行点数もがっつり減りましたし、新作のヒット数(大ヒットではなく)もなんとなく減った気がするので全員が全員電撃文庫に期待しているわけではないんですよね…

最後に頂いたコメント!
ガガガ文庫は今の独特の路線で頑張ってほしい。あとヴィヴィレインの犬村先生の新作に期待。講談社はわかつきひかるを引っ張ってきたのがうまく働くのか見もの。MFはカクヨム発がいい成果を出してるようにはたから見えるから期待。
→変な作品やグロい作品は定期的に出してほしいですよね!犬村さんの作品は追憶以来読んでいないので新作出たら挑戦したいですね…講談社ラノベ文庫はまぁ傭兵作家さんもあんまり成功してないですし…MFのカクヨム作品…「ワキヤくんの主役理論」の3巻お願いします!

期待はしないけどファミ通文庫さん、何卒よろしくお願いいたします
→この表現わかります。とりあえず久遠侑さんの新作頼みます

レジェンドノベルスレジェンドノベルスレジェンドノベルス
「迷宮の王」はいいぞ

精霊幻想記のアニメ化発表が今年中にあると信じてHJ文庫をトップにしました。
→アニメ化してほしいですね!デンドロとダブルアニメ化とか来たら燃えますね!

ガガガはいつものガガガでいてほしい。スニーカーとMFは昨年から続いてweb発ラブコメに期待してます。
→ガガガはそんなにいきなりは変わらないと信じてます!スニーカーはカクヨムの書籍化が「スーパーカブ」をはじめ好きな作品が面白いので期待してます!MFは「ワキヤくんの(以下略)

角川傘下じゃないレーベルさんは誇りを持って本を出してほしい
→どのレーベルも誇りは持ってると思いますけどKADOKAWA系列は強いので頑張ってほしいですね~

圧倒的電撃文庫推しです
→完全に同意

20年前と比べるとレーベル数はずいぶん増えたと思います。
→増えましたね~

よう実、面白いのでレビューを待っております。よろしくおねがいします。
1巻は感想書いてますよ~2~4巻は積んであるのでぼちぼち読みますね

以上になります!投票していただいた方本当にありがとうございます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です。

さて今回は投票企画ということで2019年に注目・期待しているレーベルに投票するものを作ってみました!

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfUh3vZ228RnhJF0GbfdF6Uc78CH8eFeVmgCt-c4uvVoX57UA/viewform?usp=sf_link

詳しくは上記URLからどうぞ!ラノベレーベルもたくさん増えましたし、ラノベ読みってどんなレーベルに注目しての?期待してるの?と思ったので作ってみた次第です!レーベルの投票企画ってあんまりないですし、また新しい形でいいのではないでしょうか?

締切は1/12までです。かるーい気持ちで投票してみてください!

↑このページのトップヘ