カテゴリ: ダッシュエックス文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は先生と受験校について色々話したので疲れました(苦笑)つか、そろそろブログ更新もきつい…まあ、できる範囲でやっていきますw

さて、今回紹介するのは先日創刊した
ダッシュエックス文庫の創刊ラインナップの1つ杉井光さんの「放課後アポカリプス」です!
杉井光さんは第12回電撃大賞銀賞を「火目の巫女」で受賞しデビュー(ちなみに同期には支倉凍砂さんと来楽零さんがいます)、アニメ化された代表作「神様のメモ帳」をはじめ、中・小のヒットを飛ばしてきた中堅作家です。一時期はかなり筆も早く(まあ、今も漫画原作をやっていることを考えれば十分早いですが)、またライトノベルレーベルが新しくできるときは大抵傭兵として参加していて、一迅社文庫、GA文庫、ガガガ文庫、講談社ラノベ文庫などで作品を発表しました。

まあ、知っている人は知っているでしょうけど杉井光さんは例の2ch流失事件の人です(苦笑)まあ、嫌な人はこれ以上読むとイライラするでしょうが、この人の書く作品はなんだかんだ言って面白いんですよね。僕がライトノベルにはまるきっかけになったのも「神様のメモ帳」ですし、この作品に出会えてなかったら今頃純文学しか読んでないでしょうし、それにライトノベル界の中で1番好きだった作家を簡単に嫌いになれるわけないですし、結論としてどうしても読み続けてしまうんですよね。つまらなくはないわけですし。モヤモヤがないとはいいませんが、作品は面白いので偏見を持っている方もこの紹介くらいは読んでみてください。

ざっくりとしたあらすじ。
高校入学直後に風邪をひいて学校を休んだ藍沢緋色は、クラスに打ち解けられずに1人図書室や校舎裏で授業をサボっていた。
しかし、水曜日のLHRに押し付けらた学級委員だからという理由で連れて行かれると、突如天使と呼ばれる化け物を倒すデスゲームの中に巻き込まれてしまう。しかも、学校にいる生徒が全員参加する中で、記憶を維持できるのはゲーム内でコマンダーと呼ばれる学級委員だけで、デスゲームが終わると他の生徒の記憶は一時凍結され、次にゲームが始まるまでは元に戻らない仕組みとなっていた。
藍沢は他の学級委員や生徒会役員と協力し、デスゲームの攻略を目指す…とこんな感じです!

ジャンルとしてはMMORPGの亜種、突然ゲームに放り込まれて銃器で天使と呼ばれる化け物を倒すというものです。

この作品のゲームが最近流行りのMMORPGものと決定的に違うのは、ゲームが突然始まり、倒すと元いた場所にもどり、ゲーム内の記憶はコマンダー以外は凍結されて戻らないということです。SAOの系の作品はデスゲームの中に閉じ込められ、クリアして脱出すればそれで終わりですが、このゲームは水曜日になると確実にゲームに巻き込まれてしまいます。そして、現実と非現実を何度も行き来するため、閉塞的にならず現実の日常も普通にあるという、ある意味今迄のMMORPGものでは考えられなかった独自の舞台を生み出しています。

登場人物は毎度同じの杉井光式スターシステム(笑)なので、特に紹介はしませんが、1人注目してもらいたい登場人物がいます。隣のクラスのコマンダー大松です。
この大松というのが、すごい奴で、普段はイジメられてるのに、ゲームになるとコマンダーの権限を乱用してクラスメイトをボロクソに扱います。
これを見て僕が感じたことは「ああ、きっとこれが杉井光の等身大の姿なんだろうということです。きっと今迄描いてきたウジウジの一人称主人公ではなく、現実は惨めでゲームでしか威張れないかわいそうな奴なんだろうなー、と作者の姿と重なりました。

この作品は近年杉井光さんが書いた音楽もの以外では、おそらく1番の出来です。伏線のはりかたもよかったですし、最後のカタルシスも背筋が寒くなるくらいでした。杉井光にガンアクションが書けるのかと、思いましたが銃器描写は少ないもののきちんと銃器をどのように使用して天使を倒すのかは書かれていたので、過度なガンアクションに期待しなければ充分楽しめる作品です。

杉井光さんを見切ったという方はも久しぶりに手にとってみては如何でしょうか? 仮に読めなくても、イラストレーターのるろおさんが好きならイラストがカラー4p、モノクロ19pもあるのでそれだけで満足できると思います。杉井光の新境地、興味のある方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
まずい勉強してない(; ̄O ̄)


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は誕生日でしたが、特に何もなく、勉強してギター弾いて本を読むという1日を送りました。誰が誕生日祝ってよ!

さて、そんな中紹介するのは先日創刊したダッシュエックス文庫の創刊第一弾の作品、アサウラさんの「ファング・オブ・アンダードッグ」です!
アサウラさんの著書紹介は「デスニードラウンド」の記事でしたので、そちらをどうぞ↓


アサウラさんの作品は前述の「デスニードラウンド」しか読んだことがなく、銃器と飯の描写がすごく上手な人だなーという印象があったのですが、今回は銃器は出てこず、かつ飯の描写も少なめです。

ざっくりとしたあらすじ。
陣。それは漢字を体に入れ、組み合わせることで様々な能力を発揮するもの。しかし、陣によって1度滅びた世界では、人々は陣をよく思っておらず、烏と呼ばれる者たちからは暗殺の対象にすらされていた。
主人公のアルクはそんな陣を操る陣士を滅してきた剣の家に生まれながら天才の兄と比べられ落ちこぼれ扱いされてきた。陣士になることを決意したアルクはユニと共に陣士になるためのトーナメント戦に望む…とこんな感じです。

和風バトルと書いてありますが、舞台自体は1度滅びた世界+新旧の文明が混ざり合っている感じで不思議な雰囲気があります。和風と呼べる部分は漢字を使ったバトルくらいですかね?

1巻を読んだ感想としては、情報を色々小出ししつつ、キャラや設定を紹介したという感じですかね? ストーリーラインは陣士になるためのトーナメント戦というのに重きが置かれていて、もう少し陣によって1度滅びた世界が描かれていてもよかったのでは?と思わなくもなかったです。

しかし、キャラや漢字を使って戦うバトルはかなり面白かったです。個性的なキャラはほとんど出番が与えられていないような人物でも、1度読めば2度目には名前を見なくても、仕草・言動・口調で簡単に見分けがつく特徴と、読者に与えるキャラごとに違った印象がありました。1巻の時点で10人を超えるキャラが出てきましたが、それぞれが皆生き生きとしていました。

また、漢字を使ったバトルも興味深く、漢字を重なることで初めて意味をなしてくるところや、漢字の組み合わせや、それぞれの漢字の重さが威力や技の複雑さに繋がるところはとても奥深いです。

過度に和風バトルや弱い主人公の這い上がりを期待せずに、これから始まる陣士対烏なる組織の戦いの序章として読めばかなり面白いです!また、1巻でかなり伏線や気になる登場人物が出てきましたが、2巻は1月に出るみたいなので、あまり待たずに続きが読めるみたいです!銃器や飯の描写が少ない新しいアサウラさんがみたい方は必見ですので、ぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日は雨かー…

昨日はこのライトノベルがすごい2015と一緒にダッシュエックス文庫も買ってきたんですけど、紹介し損ねたのでダッシュエックス文庫がどんなものか軽くご紹介。

今回創刊ラインナップで購入したのは「ファング・オブ・アンダードッグ」「放課後アポカリプス」の2冊
装丁としては白を基調に表にイラスト、裏にあらすじという感じです。背だけ見るとかなりGA文庫に似ています。また、帯で隠れていますが、背の下部に小さなピンナップイラストがついています。
紙質はかなりいいです! 今年創刊したレーベルの中では新潮文庫nexの次くらい。ライトノベルレーベルでは現状1番の紙質です!

買った商品を開くとまず、ミニスタンドが現れました!
両作品のヒロインが創刊宣言の文字と共にかわいくスタンド!書店でもポスターと共にポップ代わりに使用されていました。

ページを巡ると小冊子「D.com」が表紙を「はてなイリュージョン」のヒロインが飾っています。
裏には創刊宣言が↓
キャラクター推しは今では一般文芸でも鉄板。今後この宣言がどこまで守られるか期待です。

ページの間には他にも栞が。両面印刷で「はてはイリュージョン」と「六花の勇者」のイラストが
創刊ではこの2作品が注目作品なんですかね?

以上軽い紹介でした。今アサウラさんの「ファング・オブ・アンダードッグ」を読んでいるので、読み終わり次第紹介します。

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ついに明日が、いや、日付け変わったから今日か(汗)が文化祭で準備に追われてヘトヘトです(´・_・`)

さて、そんな状態ではいつもの如く本の紹介などできるわけがないので(いや、しろよw)今回はついに創刊ラインナップが公開された集英社ダッシュエックス文庫のご紹介をしたいと思います!

集英社ダッシュエックス文庫公式サイト↓

ラインナップ一覧は以下の通り!

はてな☆イリュージョン 松智洋 絵/矢吹健太朗

クロニクル・レギオン 丈月絵/BUNBUN

ファング・オブ・アンダードッグ アサウラ 絵/晩杯あきら

神鎧猟機ブリガント 榊一郎 絵/柴乃櫂人

放課後アポカリプス 杉井光 絵/るろお

文句の付けようがないラブコメ 鈴木大輔 絵/肋兵器

六花の勇者5 山形石雄 絵/宮城

テラフォーマーズ THE OUTER MISSION Ⅰ 藤原健市 原作/貴家悠 橘賢一

以上の9作品が敢行されます!

ここ、2、3年で新たに刊行されたライトノベル系のレーベルに比べて3〜5作品ほど刊行が多い気がします。

この、創刊ラインナップは一見作家さん達の名前に目がいってしまいますが、絵師さんも有名どころが揃っています。

六花の勇者と、テラフォーマーズのノベライズ以外は全て書き下ろしかな? 杉井光さんとるろおさんが組むということは、もしかしたらガガガ文庫で一巻が出たきりとなっていた「花咲けるエリアルフォース」の続きが出るのではないかと期待してますw

また、片山憲太郎さんや王さんなど、名前は挙げられながらも創刊ラインナップに入っていない作家さんもいると思うので、しばらくはこれくらいの敢行点数が続くのかもしれません。

これから集英社スーパーダッシュ文庫、ジャンJbooksはこちらに統合されていくと思うので、モンスター文庫のように好調なスタートをきって欲しいです。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日は文化祭頑張ってきます!

↑このページのトップヘ