カテゴリ: ファンタジー(現代要素少なめ・現代要素なし)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは空埜一樹さんの「魔王使いの最強支配」です!
img_9784798625812_1
ストーリー A
内容は、魔物使いとして勇者パーティーで活躍するルイン。しかし彼は魔物とテイムできずに、パーティーでは陰の司令塔としてオールラウンダーとして活躍していた。そんなある日、勇者で幼馴染のクレスからパーティーを追放される。途方に暮れるルインだが、死の魔王と呼ばれる美しい女性・サシャをに出会ったことで魔物使いから魔王使いへとジョブチェンジ!そして魔王サシャのテイムに成功してしまう!ルインはサシャの願いである人類と魔族の調和を目指し、全ての魔王を従えるべく旅をすることになるが…とこんな感じです!

〜追放されたら最強に〜
空埜さんの新作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品になります。ありがとうございます。パーティー追放ものと勇者魔王もののいいところががっちりと噛み合ったファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。いきなりルインが勇者パーティーから追放されます。魔物使いなのに魔物をテイムできないのは確かに痛手ですけど、本当の理由がそうではないところにクレスという人間の限界を感じますね…途方にくれるルインですが、死の魔王サシャに出会い魔王使いというジョブにチェンジ。さらにはサシャのテイムに成功します!紆余曲折の末、ルインはサシャの願いである人と魔族の調和に向けて動きだします。そしてここから物語が本格的にスタート!追放ものの魅力であるルインが抜けてからパーティーがうまく依頼をこなせない…というところはしっかり押さえつつ、サシャという魔王と共に様々な問題を解決したり共に戦うルイン。途中からクレスに愛想をつかして勇者パーティーを抜けたセレネも加わり賑やかに旅を続けます!終盤では完全にやらかしているクレスと色々有つつも、読み応えのあるバトルシーンですごく盛り上がっていました!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ルインは魔物使いとしては魔物を1匹もテイムできないというダメっぷりですが、実は勇者パーティーではなんでもこなすオールラウンダーで陰の司令塔という実力者。でもおごったところが全然なくて好青年でしたね!サシャは大食いの死の魔王。魔王らしくなんでもできる!みたいな雰囲気を醸し出しますがちょいちょいへっぽこなのがグッド!セレネは幼馴染としてルインのことをよくわかっているかわいい精霊術師でした!

最後に
追放ものと勇者魔王もののいいところを取り入れたファンタジーでした!1巻ではまだまだ物語も序盤なので2巻以降も楽しみですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
追放もの+勇者魔王ものというファンタジーが読みたい方は!お互いのいいところを取り入れた読み応えのあるファンタジーです!サシャ、セレネといったヒロインたちもかわいい!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



魔王使いの最強支配



著者



空埜一樹



レーベル



HJ文庫



ISBN



978-4-7986-2581-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは名無しの権兵衛さんの「エロゲ転生 運命に抗う金豚貴族の奮闘記 1」です!
img_9784865549751_1
ストーリー A
内容は、48人のイラストレーターと48人のシナリオライターによる超大作エロゲ「運命48」。そんな対策エロゲにはどんなルートでも必ず死で終わる嫌われ者の悪徳貴族レオルドという太った金髪の少年がいた。しかしよりにもよってそんなレオルドに転生してしまう!バッドエンドを回避するためやり込んだゲーム知識とレオルドが備えているとされる武術の才能があれば運命を変えられる。レオルドは生まれ変わったように真面目に努力することになるが…とこんな感じです!

〜悪徳貴族に転生して真面目に生き抜く〜
名無しの権兵衛さんの作品!デビュー作ですかね?あらすじとタイトルで気になって手に取ってみたらびっくり!エロゲ転生というのでエロファンタジーかと思ったらなかなかどっしりとした硬派なファンタジーが丁寧な筆致で描かれていました!いい意味で期待を裏切られた良いファンタジーでした!面白かったです!
48人のイラストレーターと48人のシナリオライターによる大作エロゲ「運命48」に転生してしまった主人公。しかも転生したのはどのルートでも必ず死で終わるという嫌われ者の悪徳貴族レオルド。そんな彼に転生した主人公はなんとかバッドエンドを回避しようとやり込んだ「運命48」の知識でレオルドとして生きることを決めます。このあたりの導入はスムーズで物語に入り込みやすかったですね!そして始まるレオルドとしての生活。いきなり辺境に飛ばされるというハードな始まりですが、ダイエットをしてコツコツ武術や魔術の修行をして…そうしてレオルドは次第に周りの評価を変えていきます!こうやってコツコツ努力していくのはいいですね!さらに女っ気が全然ない!終始おっさんと鍛錬を続ける日々!エロゲ転生というタイトルなのに…と思っていたらこの硬派さが個人的にはめっちゃ好きでしたね!レオルドに剣を手解きする執事のギルバートさんが渋熱かっこいい!こういう男の修行!って感じの描写は好きです!物語は終盤でレオルドがいる辺境にモンスターの大群が押し寄せてくるというピンチが。ここでも地道な努力が身を結んで結果に結びつくというのが個人的にはすごくよかったです!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
レオルドはめっちゃ好印象でしたね!最後は必ず死で終わる悪徳貴族の運命を変えるためにダイエットしたり、剣や魔術の修行をコツコツ頑張る…真面目に努力をして頑張るその姿はすごく主人公していました!ギルバートのおっさんもめっちゃかっこよかったですね!ある時は執事として、ある時はレオルドの師匠として…頼りがいのあるかっこいい背中でした!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
丁寧な展開とタイトルからは想像できなかった硬派な展開が個人的にはツボでした!2巻以降からエロゲに転生した、という要素が生きてくると思うので続刊楽しみです!

どんな人にオススメか?
丁寧な展開のファンタジーが読みたい方は!エロゲ転生というタイトルですが、1巻時点ではおっさんとコツコツ努力をするというなかなか硬派なお話でした!2巻以降どうなるかわからないですがこういうお話好きな方は絶対にハマると思います!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



エロゲ転生 運命に抗う金豚貴族の奮闘記 1



著者



名無しの権兵衛



レーベル



オーバーラップ文庫



ISBN



978-4-86554-975-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは大森藤ノさん原作、青井聖さん作画の「杖と剣のウィストリア2」です!
IMG_5879
前巻の記事↓
ストーリー A

リガーデン魔法学院で2年に一度開かれる魔導大祭。ここで活躍すれば塔にもスカウトされるという魔法の技を競う一大イベントだが、ウィルは参加しないつもりでいた。しかし単位数1万超えのユリウス・レインバーグとの間にいざこざを起こしたウィルはなし崩し的に魔導大祭に参加することに。誰もが落ちこぼれのウィルが勝利するとは思っていなかったが、ウィルがダンジョンで鍛えた力が発揮され予想外の展開に…
〜最強に歯向かう〜
シリーズ第2弾!シャンフロとコラボしたりと人気シリーズとなっていますね!今作から魔導大祭編がスタート!まだまだ序盤ですがいきなり熱いバトルを見せていただきました!面白かったです!

今だに学院卒業の単位も満たせていないウィル。一発逆転のために魔導大祭に出ようと持ちかけるコレットにやんわり断りを入れます。しかしウィルのバイト先の酒場で単位数1万超えのユリウスといざこざを起こし魔導大祭に参加することに。ユリウスのまっすぐな正義感はすごくかっこいいですね!そして始まる魔導大祭!ウィルはコレット、シオンと共に様々な仕掛けを乗り越えて王冠を奪取するという競技に参加することに!最初は誰もがウィルに期待していなかったのにダンジョン攻略で培った身体能力と察知能力を武器に圧倒的なスピードで王冠を目指していきます!この爽快感はたまらないですね!そして思わぬ人物とのバトル!このバトルもまた熱い…高みを目指すウィルとそんなウィルに見向きもされない奴の思いが熱かったです…

キャラ A
ウィルはめちゃくちゃかっこよかったですね!酒場でのユリウスへの態度や魔導大祭での圧倒的な戦闘!とにかく最高の一言!コレットは要所でかわいいところを見せてくれてグッド!もちろん魔導大祭でのウィルのサポートもよかったです!

最後に
魔導大祭編の始まりとして最高に面白かったです!3かんでは魔導大祭も大詰めとなりますかね?3巻は12月発売とのことですがいまから楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



杖と剣のウィストリア2



著者



大森藤ノ 青井聖



レーベル



マガジンコミックス



ISBN



978-4-06-524474-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは都神樹さんの「勇者パーティを追い出された器用貧乏 ~パーティ事情で付与術士をやっていた剣士、万能へと至る~」です!
img_9784065249062_1
ストーリー A
内容は、勇者パーティに所属するも勇者のオリヴァーにより追放されてしまった付与術士のオルン。元々本職の付与術士ではない彼がその器用貧乏さゆえに身につけた付与術士の能力はオリヴァーたちに不要と判断されてしまったのだ。ソロで活動を再開することになったオルンは付与術士をやめ剣士として活動を再開することに。そして迷宮で仲間に見捨てられた少女・ソフィアを助けたことで、勇者パーティに次ぐ実力2位の夜天も銀兎の活動を手伝うことになるが…とこんな感じです!

〜追放された付与術士が実は〜
都神樹さんの新作!個人的に初挑戦の作家さんですね!あと何気にKラノベブックスさんの作品も初めてですね…王道なパーティ追放ものでしたが迫力のあるバトルシーンや丁寧な展開が好印象な作品でした!面白かったです!
パーティメンバーにバフをかけるという軽く見られがちな付与術士。元々本職の付与術士でない上に他の付与術士を比べるとどうしても純粋な能力で劣るオルンは、自身が所属する勇者パーティーを追放されてしまいます。導入の追放シーンはTHE追放もの!という感じで個人的には好きでしたね!そして個人で活動を再開することに。しかし個人での活動再開直後にパーティメンバーによって囮とされ見捨てられた少女ソフィアを助けることに。ソフィアは勇者パーティに次ぐ実力2位として君臨する夜天の銀兎というパーティに所属していて、成り行きから夜天の銀兎の活動を手伝うことに…ソフィアとの出会いや夜天の銀兎の活動を手伝うことになるまでの過程はすごくテンポよく描かれていてすっと物語に入っていくことができましたね!そして始まる迷宮探索!オルンはソフィアたち新人に迷宮を攻略させるという教導探索という探索でソフィアのパーティのサポートを務めることに。最初はオルンの実力はどうかな…?と思っていたのですが…ただの器用貧乏ではない彼の能力がどんどん明らかになっていきましたね。特にオルンを追放した勇者パーティたちをがピンチに陥ることでオルンの強さが際立っていました!終盤のハプニングも難なく乗り越えていくオルンはすごくかっこよかったですね!バトルシーンもグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
オルンは器用貧乏と言われ勇者パーティを追放されてしまった少年。しかし物語が進につれて彼が只者ではないことが明らかにされていきます!こういう風にお話が進むにつれて魅力が増していく主人公いいですよね!その他のキャラは物語自体まだ序盤ということもあり、個々の登場シーンは少なかったですがソフィアをはじめ魅力的なキャラが多かったです!

最後に
王道の追放ものでした!迫力あるバトルシーンや丁寧な展開が好印象でした!10月からコミカライズも開始ということで期待されていますね!2巻も楽しみにしています!ちなみにコミカライズを担当されるのが僕のブログのヘッダーイラストを描いてくださったよねぞうさんということで個人的にコミカライズはすごく楽しみしてます…!

どんな人にオススメか?
王道の追放ものを読みたい方は!すごく丁寧にオルンの物語が描かれていて追放ものとしての魅力もギュッと詰まっています!オルンの本当の力が徐々にあかされていくのもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



勇者パーティを追い出された器用貧乏 ~パーティ事情で付与術士をやっていた剣士、万能へと至る~



著者



都神樹



レーベル



Kラノベブックス



ISBN



978-4-06-524906-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは硬梨菜さん原作、不二涼介さん漫画の「シャングリラ・フロンティア(5) ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~」です!
IMG_5847
前巻の記事↓

ストーリー A

墓守のウェザエモンも第三段階に突入し、新武器を装備しスキルもフルで発動させなんとか戦い続けるサンラク。ユニークモンスターとして最強に近い実力を見せるウェザエモンに果たしてサンラクは勝利することができるのか。一方、ペンシルゴンとオイカッツオも戦術機馬騏驎を相手に勝利を目指していて…

〜ウェザエモン戦決着〜
シリーズ第5弾!累計100万部も突破して人気を確固たるものにしていますね!今回はウェザエモン編の決着ということで終始熱い戦いが繰り広げられていましたね!面白かったです!
序盤から終盤にかけては怒涛のウェザエモン編決着!第三段階に突入し今までにない攻撃をサンラクに浴びせるウェザエモン。それに対して新武器と絶妙なスキルで立ち向かうサンラク。めちゃくちゃカッコいいシーンがあったかと思えば、セルフ蘇生とかいうとんでもない回復技を挟んでくるあたり流石のサンラクですねw ウェザエモンとの戦いは終始痺れっぱなしでした!一方のペンシルゴンとオイカッツオも戦術機馬騏驎を相手に最終局面を迎えていて…この2人のコンビも息があっているのか…?と思いきや決める時は抜群にカッコよく決めてくるあたり最高ですよね。終盤は何やら不穏な動きが…これからシャングリラ・フロンティアはどうなってしまうのか…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
サンラクは相変わらずとんでもないPSでウェザエモンとかいう化け物に立ち向かっていましたね。セルフ蘇生とかスキル発動の条件を誤ったかと思いきや、とんでもなくかっこいい技で決める。痺れました!ペンシルゴンとオイカッツオのコンビも見ていて楽しかったです!

最後に
今回もものすごいバトルをとことん堪能させていただきました!次巻からは新章開幕ということでますます楽しみですね!続刊待ってます!


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



シャングリラ・フロンティア(5) ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~



著者



硬梨菜 不二涼介



レーベル



マガジンコミックスデラックス



ISBN



978-4-06-524483-8


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ