カテゴリ: ファンタジー(現代要素少なめ・現代要素なし)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは桜生懐さんの「純白令嬢の諜報員 改編1.侯爵家変革期」です!

IMG_7198
ストーリー A
内容は、あらゆる任務を成功させてきた某国最高の諜報員であるラプター。そんな彼が任務に失敗した末に転生したのは彼に唯一感情らしい感情を与えた小説『薄幸のロザリンド』の世界だった。物語の中で凄惨な運命を辿るロザリンドを救うためにラプターはあらゆる手を使ってロザリンドを幸せに導くために知略と武力で戦っていくが…とこんな感じです!

〜転生して小説の少女を救うために〜
第34回ファンタジア大賞金賞受賞作!羊太郎さん絶賛ということで気になって購入。生前唯一愛した小説に転生したラプターが物語の中で残酷な運命を辿るロザリンドを幸せにするために奮闘するめちゃくちゃ熱くて素晴らしい作品でした!面白かったです!
物語はラプターが転生するところから始まります。某国のエリート諜報員として働き、その彼の心を唯一動かした『薄幸のロザリンド』という作品。しかしその作品はロザリンドを幸せにすることなく終わり、ラプターも任務に失敗し自害してしまいます。そうしてラプターは物語の世界に転生するのですが、この掴みが最高に上手くて物語に一気に引き込んでくれましたね!そして始まるロザリンドを幸せにするための物語!『薄幸のロザリンド』の大ファンであるが故に作品の設定を知り尽くしているラプター。彼は物語でロザリンドを救ったニシャをスラムから救い出し、その見た目故に迫害されているロザリンドを救うためにベルクラント家で働くことに。ここも見事の一言ですよね…スラムの少女であるニシャをあっという間に一流の従者に育て上げて、ベルクラント家に知略で潜入する。生前諜報員だったラプターらしい行動です。そしてベルクラント家で迫害され、暴力を振るわれるロザリンドの従者になることができたラプターたちに束の間の平和が。人間不信になっていたロザリンドの心の扉を開き、年相応の女の子の笑顔を取り戻していくラプターやニシャとのやりとりは見ていて微笑ましかったですね!一方、その裏では着実にロザリンドを救うための計画を動かしているあたり狡猾さがすごいですよね…中盤以降はロザリンドをベルクラント家から解放するために本格的に動き始めます!最初はスパイもののように知略で、終盤ではその圧倒的な戦闘力でロザリンドのために戦うラプターは惚れ惚れするほどカッコ良かったです!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ラプターはとにかくロザリンドラブな青年!ロザリンドの心酔していて時々気持ち悪さを感じる場面もありましたが汗 それでもロザリンドとニシャの幸せをこんなにも願う人はラプターだけなんだなと彼の深い愛を感じました!ロザリンドはその見た目と病気故に生まれてからずっと地下牢に閉じ込められ迫害と虐待を受けている少女。最初はラプターのことを信じられなかった彼女が徐々に心を開いていき、魅力的な女の子になっていく過程は最高でした!ニシャももちろん魅力的でラプターのことをマスターと呼び、彼の従者として忠実でかっこいい少女であり、ロザリンドにとってはかわいいお姉さんという二面性がたまらなかったです!

最後に
めっちゃ面白いファンタジーでした!これはぜひ最後まで見届けたい物語ですね!これからロザリンドがどんな道を歩んで幸せになっていくのか目が離せないです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ファンタジー好きな方は!キャラが物語の中で生きていて彼らの行動に引っ張られるように物語に没入できます!ラプターによって変わっていくロザリンド、ニシャという2人の少女もとても魅力的です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

純白令嬢の諜報員 改編1.侯爵家変革期



著者

桜生懐



レーベル

富士見ファンタジア文庫

ISBN

978-4-04-074397-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは山藤豪太さんの「コロウの空戦日記」です!

img_9784815611507_2
ストーリー AA
内容は、第3次コル戦争という隣国ルシュウ国との間で始まった戦争。最初はコクト国が連戦連勝を重ねるも超大国を味方につけたルシュウ国の猛反撃にあい勝利が絶望的な状況に。毎日爆撃機がコクト国を破壊する状況の中、ある事情から死ぬためにコロウという少女が入隊する。しかし彼女が配属されたのは死なさずの男カノーが率いる国内最高の精鋭部隊だった。死ぬことができなくなったコロウはカノーの部隊で大空の君と呼ばれるほどのエースパイロットに成長するが、戦争を終わらせるためにルシュウ国が本格的に動きだし…とこんな感じです!

〜死にたがりのパイロット〜
第13回GA文庫大賞銀賞受賞作!この作品がデビュー作となる作家さんですね。まず言わせてください…

めっちゃ面白い!


これはとんでもない作品に出会ってしまいましたね…過酷な戦争の運命に翻弄される死にたがりの少女を日記形式で描いた超大作。あまりにも面白くて中盤以降は震えが止まらなかったです…これが銀賞とかマジですか…?GA文庫…?とにかう半端なく面白かったです!
まず序盤。コロウの初任務の様子が描かれます。この作品はコロウが描いている日記を読者が読む、という形式げ描かれるので最初こそちょっと慣れない感じがあります。しかし抜群の文章力ですぐに慣れます!そして始まるコロウたちの戦争。敗北必須の戦争で毎日襲ってくる敵国の爆撃機。カノーが率いる部隊は国内でも選りすぐりのエースパイロットたちが揃っているうえコロウの天才的な操作技術で敵を見事に撃退していきますが全てがカノーたちの部隊のようにはいかずジリジリと敗北に向けたカウントダウンが始まります。コロウの見る世界と、実際の戦況が徐々にリンクして敗北が身近に感じられるようになっていく過程がめちゃくちゃ良かったですね…そして物語の中盤あたりからコロウが死にたがっている理由が明かされていきます。これがまためちゃくちゃいい…戦争に振り回される天才少女の生い立ちからなにからその全てがいい。本当に最高でした。そして終盤ではこの終わらない戦争にケリをつけるために敵がある作戦を実行しようとして…これを阻止するコロウたちの戦いが本当に熱くて無我夢中で読きってしまいました。ラストもめちゃくちゃいい…本当に最高の作品でした!

キャラ AA
コロウが最高に魅力的でした!ある理由ゆえに死にたがっている天才少女がカノーを始めとした同じ部隊の仲間たちと交流を重ねてその技術を持って大空の君と呼ばれるほどに成長していく…本当に最高でした!カノーをはじめとしたカノー隊のメンバーも全員魅力的でめちゃくちゃ物語を盛り上げていました!

最後に
めっちゃ面白い空戦ファンタジーでした!正直いって2022年の新作ラノベでこれを超える作品はなかなか出て来ないでしょう!綺麗に終わっているので2巻はどうかな?という感じですが山藤さんの新作はぜひ読みたいですね!

どんな人にオススメか?
空戦ファンタジーが好きな方は!コロウの日記形式げ書かれることもあって地の文も多く最初は読みづらいかもしれませんが抜群の文章力ですぐに物語に引き込まれます!本当にこのレベルの作品に出会える機会はなかなかないので気になった方はぜひ…!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

コロウの空戦日記



著者

山藤豪太



レーベル

GA文庫

ISBN

978-4-8156-1150-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは東條攻一さんの「ひきこもりの俺がかわいいギルドマスターに世話を焼かれまくったって別にいいだろう?」です!

img_9784798626383_1
ストーリー A
内容は、世界有数の剣と魔法の才能を持ったが故に魔王と疑われ学園で居場所をなくしニートになった貴族の長男ヴィル。そんな彼は愛想を尽かした父親に追い出されて弱小ギルド<グラン・バハムート>の手伝いをすることに。そこには天使のようなギルドマスターの少女・アーニャがいた。ギルド所属のメンバーがおらず潰れる寸前のギルドを立て直すべくヴィルはアーニャに手を貸すことになるが、なぜかアーニャはヴィルにベタ惚れで…とこんな感じです!

〜ひきこもりでも最強で〜
参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品。ありがとうございます。HJ小説大賞2020前期受賞作品!すでにコミカライズも決まっているなど注目度は高いですね!ロリ天使なアーニャちゃんに励まされ、彼女を笑顔にするために頑張るニートなヴィルが魅力的なライトファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。ヴィルがニートになるまでが描かれます。このあたりはテンポよく程よくコミカルで物語の導入としては最高でしたね!そして父親に追い出され超弱小ギルドの<グラン・バハムート>の手伝いをすることに。ここでいうギルドはファンタジー世界でよくある冒険者にクエストを斡旋してーというものですね。父親からギルドを受け継いだはいいものの経営がうまくいかずなんとたった1人しか所属メンバーがいない<グラン・バハムート>ギルドマスターであるロリっ娘天使のアーニャまでもクエストを消化する毎日…そんな彼女のためにヴィルは奮闘していきます!アーニャとのやりとりはちょっと変態ちっくなところがありながらもほわんとしてかわいい感じで見ていて楽しいですね!ギルドが抱える借金や近隣の大手ギルドとの因縁?のためにヴィルとアーニャは戦っていきます。途中からはギルドに所属する唯一のメンバーだったソフィア、ライバルギルドを率いるお嬢様クララ、ヴィルの元同級生で筋肉フェチな公務員リリアーナも登場して物語はさらに賑やかに!ライトなストーリーにぴったりなわいわい感がグッド!終盤は街に迫る危機に対面してからのクララとの因縁に決着をつけたりと非常に盛り上がりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ヴィルはかなり残念な感じのニート。昼間まで寝てますし、アーニャにセクハラ?しますし…でもアーニャのために頑張る姿はグッドでした!アーニャはマジで天使なロリっ娘!これはロリコンに刺さる。刺さった。ヴィルに甘々だったり一生懸命に家事やクエストを頑張る姿が刺さりました…ロリは正義…ソフィア、クララ、リリアーナといったヒロインたちも魅力的でした!

最後に
ロリっ娘アーニャが大天使なライトファンタジーでした!コミカライズもされていますしまだまだこれからの作品だとおもうので続きが楽しみですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ライトファンタジーが好きな方は!ロリコンにももちろんオススメです!ダメダメだけど戦闘では頼りになるヴィルとアーニャのやりとりは見ていて楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ひきこもりの俺がかわいいギルドマスターに世話を焼かれまくったって別にいいだろう?



著者

東條攻一



レーベル

HJ文庫

ISBN

978-4-7986-2638-3
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは猫又ぬこさん原作、よねぞうさん作画の「受付嬢に告白したくてギルドに通いつめたら英雄になってた」です!

FullSizeRender
ストーリー A
内容は、幼い頃にギルドの受付嬢であるガーネットさんに一目惚れしたジェイドは彼女と話すために毎日クエストを受けることに!するといつの間にか英雄と呼ばれるほどの冒険者になっていた⁉︎ガーネットさんへの大きな愛を胸に秘め冒険者として活躍するジェイドの前にホワイトドラゴンの少女ドラミもやってきて…果たしてジェイドはガーネットさんとお近づきになれるのか…とこんな感じです!

〜奥手な英雄とクール受付嬢〜
ノベマ!で連載されている猫又ぬこさんの同名小説のコミカライズ作品!このブログのヘッダーイラストを描いていただいたよねぞうさん作画ということで連載は密かにずっと追っています…奥手でちょっと?愛が過剰なジェイドと、クールなガーネットさん、そして天真爛漫なドラミのやりとりが楽しいほのぼの冒険者ファンタジーでした!面白かったです!
まず序盤。ジェイドとがガーネットさんに一目惚れするシーンが描かれます。この頃のジェイドはまだまだ純粋な子どもでキラキラしてますね…そしてガーネットさんとお話するためにクエストを受けまくっていたらいつの間にか英雄と呼ばれるほどの冒険者に!それでもなおガーネットさんとお話するためにクエストを受けまくります。ジェイドの一途な想いは、あまりにも奥手すぎるせいでガーネットさんに全然伝わってないのがまた…でもジェイドは楽しそう?ですねw
そんなジェイドが以来の途中で出会ったホワイトドラゴンの少女・ドラミが中盤で加わりジェイドの日常はさらに賑やかに!ドラミの純粋で悪意のない天真爛漫さは見ているだけで浄化されますね…終始賑やかで楽しいほのぼの冒険ファンタジーでした!面白かったです!

キャラ A
ジェイドはちょっとかなりガーネットさんへの愛が大きな冒険者。めちゃくちゃ好青年なんですけど、ガーネットさんとろくに話せもしないのにすでに色々準備してあるのには思わず苦笑い。ガーネットさんはクールで仕事のできる人!という感じでカッコいい印象を受けますが、ジェイドからの贈り物を大切にしたりとふとしたときに見せる可愛さがグッド!ドラミは天真爛漫で見ているだけで癒されますね…本当にかわいいです…

最後に
奥手なジェイドとクールなガーネットさんのやりとりが楽しいほのぼのファンタジーでした!発売は現在のところ各種電子書籍ストアのみですが、お話はもちろんよねぞうさんの描くジェイド、ガーネットさん、ドラミはとても魅力的なので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

受付嬢に告白したくてギルドに通いつめたら英雄になってた



著者

猫又ぬこ よねぞう



レーベル

グラストCOMICS

ISBN






どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは紺野千昭さんの「最凶の魔王に鍛えられた勇者、異世界帰還者たちの学園で無双する」です!
IMG_6588
ストーリー A
内容は、幾千幾万の世界が存在する世界。九条恭弥は勇者として世界を救う使命があったが、女神の恩恵である固有異能を持たずに落伍者の烙印を押されていた。しかし彼は異世界で魔王フェリスと共に三万年間の修行を行い最強の力を手に入れていた。恭弥は様々な世界を救う勇者たちを育てる学院で、魔王に侵攻される他の世界を救うことができるのか…とこんな感じです!

〜三万年修行して無能でも最強〜
参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。ありがとうございます。HJ小説大賞2020前期受賞作。勇者としての能力を持つ少年少女が色々な世界で魔王に侵されている世界を救うというちょっと変わった設定が特徴のバトルファンタジーでした!面白かったです!
まず設定ですね。最初は異世界転移ものかと思いきや魔王と三万年間修行して無能から最強になり、固有異能を持たないが故に落伍者扱いされながらも世界を救っていく。勇者たちが集まる学院に無数に存在する世界などキラリと光る設定が魅力的でしたね!物語は恭弥がフェリスとの修行を終え、学院に入学するところから本格的に動き始めます。同じく落伍者として扱われる小鞠、恭弥たちを担当する女神であるララと共に学院で成り上がっていきます!しかしそう簡単に行くはずもなく退学寸前に…そんな中他の世界の魔王を倒して一躍有名になるチャンスが!恭弥たちはメインパーティーのサブとして魔王討伐に参加します。ここからが熱かったですね…想定外の事態に巻き込まれて使い物にならなくなったメインパーティーの代わりに魔王を討伐!小鞠の諦めない姿、恭弥の圧倒的強さが読んでいて圧倒されました。最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
恭弥は普段はどこか頼りない感じの少年ですが戦闘では圧倒的でしたね。こういう主人公好きです。小鞠はおっちょこちょいなところがあって普段は普通の女の子ですが、戦いになると諦めない姿を見せてくれてギャップがグッド!魔王フェリス、女神のララも魅力的でした!

最後に
一風変わった設定が魅力的なバトルファンタジーでした!色々回収されていない伏線もあるので2巻もぜひ読みたいですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
オリジナリティのある設定が魅力のバトルファンタジーが読みたい方は!バトルも熱くていいですしヒロインたちも魅力的です!気になったかたは!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



三万年修行して無能でも最強〜



著者



紺野千昭



レーベル



HJ文庫



ISBN



978-4-7986-2639-0


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ