カテゴリ: ファンタジー(現代要素少なめ・現代要素なし)

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは金子跳祥さんの

亜人の末姫皇女はいかにして王座を簒奪したか 星辰聖戦列伝

です!
img_ 9784049153866

☆感想☆

ストーリー AA
内容は、神別れの山脈によって二分され東には人間が生活するワウリ界、西には亜人が生活するネクル界が広がる世界。そこでは人間を拒む黒い塔の崩壊により聖戦が繰り広げられることになる。聖戦の最初期を生き抜き黒い塔を破壊した竜騎士バラド、最強の暗殺者の猫亜人ニャメ、義勇軍を率いた戦豚のボルゴー、聖鍵軍筆頭騎士のニモルド、そしてたった1人の義勇軍から王座に上り詰めることになる亜人の姫・イリミアーシェ…彼ら英雄と生と死を描く一大叙事詩が幕を開ける…とこんな感じです!

〜聖戦をめぐる一大叙事詩〜

金子跳祥さんの新作!電撃文庫では約9年ぶり、MW文庫入れても7年ぶりの新作ですね。ぶっちゃけかなり分厚くて(455p)当初は買う予定はなかったのですが、Twitterで作者の方にリプをいただいてしまったので購入してみました!まず言わせてください…

最高

これは…やられちゃいましたね…とんでもない化け物級のファンタジーです。この作品書くために7年かかったと言っても納得の作品です。それほどまでにすごい。人間と亜人による戦争を両軍の英雄、あるいは脇役たちから描く一大叙事詩。聖戦は英雄である彼らの活躍で始まり彼らの活躍で終わる…その全てが凄まじい。読み終わったときに思わず「すごっ…」という言葉と共に呆然と宙を見つめてしまいました。そのくらいパワーのある作品です。最高の読書体験でした!
本作は人間と亜人による戦い《聖戦》に参加した英雄たちあるいは聖戦におけるキーパーソンたちの30p〜80p程度のお話の集合体によって描かれます。連作短編?とはまたちょっと違った形式ですかね?最初は亜人たちの守りの要である黒い塔が人間の竜騎士バラドによって落とされる話から物語は始まります。聖戦の始まりであるそれをきっかけに亜人を奴隷にしようとする人間を徹底的に暗殺する猫亜人のニャメ、亜人の姫イリミアーシェの義勇軍を率いた戦豚のボルゴー、砂漠に巨万の富を築き上げた商人のシーシヒ、亜人軍最強の鉄の虎ことメリヴォラ、人間側の軍だんである星鍵軍の筆頭騎士であるニモルド、そして亜人の姫であるイリミアーシェ…合計13人のお話から聖戦が描かれます。一つ一つのお話はいわば星のようなもので、それ単独で読んでももちろんめちゃくちゃ面白いのですが、1話読み進めるたびに一つ一つ繋がり最後は大きな星座となって迎える最終話があまりにも最高すぎました。英雄たちの最後もいいですね。死に際美しく星座として祭り上げられるもの、決して綺麗とは言えない死に方で自らが望まずに星座になるもの…それぞれインパクトがあてよかったです。英雄たちの活躍の陰で生まれることわざもエッジが効いていてよかったです!この読後感を味わうためにラノベ読んでる!と思える素晴らしい作品でした!最高です!

キャラ AA
主要登場人物13人全てが素晴らしい!全員が英雄たる能力と力を持っていましたね!個人的に好きだったのはパタと呼ばれる砂漠のラクダ騎兵の少女と冒険男爵のアルゴと鉄の虎ことメリヴォラ。3人のお話は特に印象深かったですね。

最後に
とんでもない作品を読ませていただきました。これぞまさに一大叙事詩にしてライトノベル最高峰のファンタジーだと思います。この作品の続き…はなかなか想像できないのですが聖戦のこぼれ話とかはまだまだみたいですね!

どんな人にオススメか?
ファンタジー好きなら!かなりボリューミーで読みやすい作品ではないのですが…文章自体は独特ながらもスラスラと読めて13人の英雄たちによる聖戦を描いた一大叙事詩はこの作品でしか味わえないです。手放しでオススメしたいです!太鼓判です!気になったかたはぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

亜人の末姫皇女はいかにして王座を簒奪したか 星辰聖戦列伝



著者

金子跳祥



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-915386-6

表紙画像のリンク先



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは英志雨さんの

身代わり花嫁は命を賭して 主君に捧ぐ忍びの花

です!
img_ 9784041144220

☆感想☆

ストーリー A
内容は、忍びの末裔の少女・依都は主君である有栖川美緒とその婚約者である誠一と共に裕福とは言えないものの穏やかに暮らしていた。そんなある日、美緒の伯父である高柳昌也が残した莫大な借金の代わりに冷酷と悪名高い軍人・東堂園悠臣に美緒が嫁がされることに。美緒と誠一を守るために身代わりとして悠臣の元へ嫁いだ依都は悠臣にすぐに美緒ではないとバレてしまう。しかし悠臣は軍のスパイとして依都を利用するために彼女と結婚することに。果たして依都と悠臣の契約夫婦は数々の苦難を乗り越えることができるのか…とこんな感じです!

〜忍びの末裔が軍人の花嫁に⁉︎〜

第21回角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞受賞作!発売週には買っていたんですけど結構積んじゃいました…すみません…大正浪漫的な世界観で描かれるパワー系女子の依都と冷酷な悠臣の契約夫婦ものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。依都が主君の美緒の代わりに悠臣に嫁ぐところから物語は始まります!いわゆる没落貴族の美緒とそんな彼女が惚れた婚約者の誠一。2人の幸せを願う美緒は伯父の借金の肩代わりとして悠臣に嫁ぎます。大正浪漫香る世界観が良きですね!そして依都は美緒の代わりに悠臣に嫁ぐのですが速攻で美緒ではないことがバレてしまいます。忍びの末裔にしてはなかなか派手な立ち回りでしたねw そんな依都を利用できると思った軍のスパイである悠臣は依都と結婚することに!そして始まる契約夫婦生活!依都は本当に見てて飽きない子でしたねw ダンスの練習が嫌だからと相手の弱みを握るために家宅捜索したり、街の賑わいに子どものように笑ったかと思えば射的がうまくできずにむくれてみたり…そんな依都を懐柔して?時折ドキッとさせる表情を見せる悠臣もなかなかのイケメンですね!普段は冷たそうな男が素直に女の子をかわいいと言う瞬間!たまりません!物語は中盤から美緒の伯父である昌也が残した借金を引き金にきな臭い方向へ…ラストではこの作品らしい?夫婦共闘が見れて大満足でした!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
依都はパワー系女子!血気盛んというか文字通り命を賭して戦う姿がかっこいいですね!一方で女の子らしい一面もありそのギャップがたまりません!悠臣は冷酷系のイケメンでスパイ任務は淡々とこなす一方、依都には時折甘かったりしてそのギャップがこちらも良い!そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
大正浪漫な世界観で描かれる契約夫婦な2人の賑やかで楽しいお話しでした!続刊でますよね…?2巻も楽しみです!

どんな人にオススメか?
大正浪漫的な世界観で描かれる契約夫婦ものが読みたい方は!バトルシーンが多めな一方で契約夫婦ものらしい部分もたくさん味わえます!いわゆる女性向けですが男性も問題なく楽しめます!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

身代わり花嫁は命を賭して 主君に捧ぐ忍びの花



著者

英志雨



レーベル

角川ビーンズ文庫


ISBN

978-4-04-114422-0

表紙画像のリンク先



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは夢見夕利さんの

「魔女に首輪は付けられない」

です!
img_ 9784049155259

☆感想☆

ストーリー A
内容は、二大貴族が独占していた魔術が大衆化し犯罪率が増加した世界。そこでは魔術犯罪捜査局により魔術犯罪が取締られていた。魔術犯罪捜査局に所属するローグは上司の策略により第六分署に転属させられる。そこには厄災をもたらす能力を持つ魔女たちが力を制限する首輪をかけられた状態で配属されていた。他人の精神に干渉し人間を人形に変えてしまう力を持つミゼリアと凶悪犯罪を追うことになったローグは果たして事件を解決できるのか…とこんな感じです!

〜魔女とバディを組んで魔術に関する事件を解決〜

第30回電撃小説大賞の大賞受賞作!魔法が存在するファンタジー世界での男女バディものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。ローグが第六分署に転属させられるところから物語は始まります。犯罪者を素手でぶちのめし血塗れのローグとして有名な彼は上司の策略により管理職になるはずが第六分署というところに飛ばされて…世界観の説明も含めて序盤は非常にスムーズでしたね。そして第六分署でローグは人間を人形に変えてしまうほど強力な精神干渉系の魔術を得意とするミゼリアに出会います。彼女と共に凶悪犯罪を解決することになったローグはミゼリアに振り回されながらも頑張って事件を解決していきます!最初は魔女であり、さらにはふざけた態度をとるミゼリアを全く信頼していんかったローグですが、なんだかんだで徐々に彼女のことを信頼していく過程が良かったですね!ミゼリアもミゼリアでローグの覚悟に当てられて彼を信頼するようになっていくところがグッド!中盤以降は大きな事件を追っていくのですが…渦巻く二大貴族の陰謀であったり、カトリーヌさんの本性だったりにびっくりしましたね…ラストバトルは盛り上がりましたし最後まで楽しく読ませていただいました!

キャラ A
ローグ君は優秀な捜査官で泥臭いところもあり、女性に対する免疫があんんまりなくてミゼリアにあたふたしたりと見ていて楽しい青年でしたね!ミゼリアはとにかく食えないやつでローグのことを手玉にとりまくりでしたね…さすが魔女です…個人的にはカトリーヌさんがめちゃくちゃ好きでした!

最後に
魔術のある世界で事件を解決するいいバディものでした!ローグとミゼリアのやりとりも楽しかったです!

どんな人にオススメか?
ファンタジー世界が舞台のバディものが読みたい方は!ローグとミゼリアのやりとりは見ていて楽しいですし事件を解決していく過程もグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

魔女に首輪は付けられない



著者

夢見夕利



レーベル

電撃文庫


ISBN

978-4-04-915525-9

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは虹音ゆいがさんの

「灰色の叛逆者は黒猫と踊る 1.闘士と魔女」

です!
img_ 9784798634067

☆感想☆

ストーリー A
内容は、人間と魔獣の戦いが見世物として扱われる闘技都市アイレム。常に死と隣り合わせの世界で闘士たちは魔獣と戦っていた。見習い闘士の序列1位であるレーヴェは正式な闘士への昇格試験で魔女と呼ばれるミィカを殺すように強要される。ミィカを自分と同類だと気づいたレーヴェは闘技都市に叛逆して彼女を守ることに決めるが…とこんな感じです!

〜最強の少年が猫少女を救う〜

虹音ゆいがさんの作品!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。ありがとうございます。ユニークな設定が魅力のバトルファンタジーとして楽しく読ませていただきました!
まず序盤。闘技都市の日常が描かれます。人間と魔獣が生死をかけた戦いをし、闘士たちもまたお互いに競い合う…短いプロローグでどういった世界観が見せてくれるのがグッドですね!そして物語はレーヴェが正式な闘士への昇格試験で魔女であるミィカに出会います。戦いの中で彼女が同類であることを確信したレーヴェはミィカを倒すのではなく彼女を仲間にすることに決めます。レーヴェ自身普通の人とは異なる力をもつことから彼女を守ろうとする展開は良かったですね。そしてはじまるミィカとの生活。他の闘士仲間たちとの日常や終盤のバトルもよかったですね。バトルシーンは影の獣を纏って戦うミィカが魅力的でした。

キャラ A
レーヴェは最初はスカした感じのやつかと思いましたがミィカを助けたあたりから優しい少年感が出てきてグッドでした。ミィカもレーヴェたちと出会った直後は借りてきた猫状態でしたが徐々に慣れてきて終盤ではかわいい表情を見せるようになっていました。

最後に
ユニークな設定が魅力のバトルファンタジーとしって楽しく読ませていただきました!

どんな人にオススメか?
バトルファンタジーが読みたい方は!ミィカの影の獣を纏って戦うシーンをはじめ魅力的なバトルが楽しめます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

灰色の叛逆者は黒猫と踊る 1.闘士と魔女



著者

虹音ゆいが



レーベル

HJ文庫


ISBN

978-4-7986-3406-7

表紙画像のリンク先


どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回感想を書いていくのは諸星悠さんの

「美少女揃いの英霊に育てられた俺が人類の切り札になった件」

です!
img_ 9784040752235

☆感想☆

ストーリー A
内容は、魔力がない故に魔術が使えずに学園で無能扱いされてきたウィリアム。そんな彼はある日1000年前の戦争で活躍した美少女英霊たちを目覚めさせてしまう。魔王のイリス、大天使のソフィア、剣聖のミオ、そしてイリスの護衛であるレイン。彼女たちの修行を受けたウィリアムは一瞬にして最強に⁉︎そして彼の人生逆転劇が始まる!とこんな感じです!

〜最底辺からの逆襲!〜

「空戦魔導士候補生の教官」で有名な諸星悠さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。学園最底辺だったウィリアムが美少女英霊たちの力でどんどん強くなっていくのが楽しい作品でした!面白かったです!
まず序盤。ウィリアムがイリスたち美少女英霊に出会うところから物語は始まります。魔力がないウィリアムは幼い頃から最弱扱いで学園では最弱兵器なんで嘲笑される始末。たまたま訪れた学園内の礼拝堂でイリスたちを目覚めさせてしまいます。導入は非常にスムーズですっと物語に入っていけましたね!そして始まるウィリアムの逆転劇!負ければ終わりの実技試験をイリスたちの力を借りて乗り越えたら学園中の注目の的に!かつてとある約束をした幼馴染からも見直されて…しかし長年最弱兵器呼ばわりされていたウィリアムにはサボり癖がついておりイリスたちの修行をなかなかこなそうとせずに…徐々にウィリアムが力に目覚めていく過程、美少女英霊たちとのやりとり、学園内でウィリアムが見直されていく過程とサクサク楽しめて物語に引き込まれますね!終盤では実戦に駆り出されたウィリアムがピンチに!しかし覚醒した力を使って乗り越えていく姿がグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!

キャラ A
ウィリアムはサボり癖のある元最弱兵器!美少女英霊たちのおかげで天才的な能力が覚醒していく過程が魅力的でした!イリス、ソフィア、ミアといった美少女英霊たち、幼馴染のセシリーも魅力的でした!

最後に
王道の下剋上学園ファンタジーとして楽しく読ませていただきました!サボり癖のあるウィリアムが美少女たちによって能力を覚醒させていく過程が楽しかったです!

どんな人にオススメか?
王道の学園ファンタジーを読みたい方は!最弱だったウィリアムが美少女英霊たちによって徐々に能力を覚醒させていく過程、最強になったウィリアムが敵を一捻りしていく過程が楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

美少女揃いの英霊に育てられた俺が人類の切り札になった件



著者

諸星悠



レーベル

富士見ファンタジア文庫


ISBN

978-4-04-075223-5

表紙画像のリンク先


↑このページのトップヘ