カテゴリ: ファンタジー(現代要素少なめ・現代要素なし)

どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは林星悟さんの

ステラ・ステップ

です!
⚠︎若干ネタバレありです
img_9784046821102_1

ストーリー A
内容は、突然飛来した隕石により地上は荒廃した世界。人々は小さな国家を建て、国家間の戦争の手段としてアイドルたちを戦わせ勝敗によって資源や土地を奪い合っていた。広大な砂漠で覆われた砂の国で最強のアイドルとして君臨するレインは感情を無くしてしまったかのような無表情で淡々と勝利と積み重ね、日々オーバーワーク気味に自己研鑽をしていた。そんなある日、レインとは対照的に感情豊かに歌う少女・ハナに出会う。ハナにリハーサルで負けてしまったレインはこれまで知らなかった感情を芽生えさせ…とこんな感じです!

〜砂漠の世界で道具として歌う〜

林星悟さんの新作!前々作、前作が面白かったので新作めちゃくちゃ楽しみにしてました!まず言わせてください…この作品めちゃくちゃ面白いです!荒廃した世界で偶像ではなく道具として扱われるアイドルの少女たち!歌い、踊る彼女たちは…アイドルの女の子たちをこんな風に見せてくれるんだという衝撃に脳が揺さぶられ感情をめためたにされました…最高でした!
まず序盤。アイドルとして絶対的な存在のレインが描かれます。まるでロボットのように淡々と勝ちを重ね砂の国に利益をもたらす。彼女の生活にあるのはアイドルとして戦うこととハードな練習だけ…序盤の何気ないアイドルとして戦う彼女の描き方が美しすぎますね…そしてレインはハナという少女に出会います。リハーサル会場で出会ったハナはレインとはまるで対照的に笑顔で楽しく誰かを常に楽しませるために歌い、そしてそんな彼女にレインは他国の強敵ですらつけることのできなかった黒星をつけられます。この出会いから徐々にレインの中に生まれていく感情がすごくよかったですね。そしてレインはハナを指導してアイドルにしていくことに!レインのアドバイスもあり徐々に成長していくハナ!2人はユニットとして試合に臨むことになるのですが…そこまでの過程が…もうマジでどうしてこんなに容赦がないんだというくらいの現実を、アイドルの少女たちは所詮国家の<道具>でしかないんだという事実を見せつけられます。アイドルの女の子たちの勝敗を判定するシステムの正体は…マジでえげつなさすぎます…そして終盤。ユニットを組んだ2人のパフォーマンスで感動のフィナーレ!かと思いきや…こんな…こんなことってありますか…挿絵も相まって凄まじい衝撃でした…いやめちゃくちゃ好きな展開ですし大好物なんですけどね…大人ってほんとに…最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
レインは感情が希はくなアイドルの女の子!最強の名をほしいままにし淡々と勝利を積み重ねていた序盤と、ハナに出会ってからの彼女の変化は見ていて楽しかったですね!その分終盤にかけての感情がめためたにされるんですけど…ハナはレインに憧れる笑顔が素敵な女の子!THE・アイドル!という感じで魅力的でしたね!できれば中盤くらいまでの彼女のままでいてほしかったんですけどね…そしてプロデューサーを含めた大人たち…ほんまにさ…

最後に
めっちゃ面白い作品でした!これは続きが気になりますね!2巻も企画進行中ということでこれからレインとハナがアイドルとしてどんな道をたどっていくのか楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
アイドルが荒廃した世界で国を背負って戦うという設定にビビッときた方は!あと入間人間さん推薦という文字にビビッと来た方は!読んで損はないです!一緒に最大瞬間風速100m/sの衝撃をに感情をめためたにされましょう!気になったかたはぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ステラ・ステップ



著者

林星悟



レーベル

MF文庫J


ISBN

978-4-04-682110-2

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは鴨山兄助さんの

落ちこぼれから始める白銀の英雄譚

です!
img_9784824003867_1

ストーリー A
内容は、魔獣と契約し変身することで力を得る操獣者が世界の平和を守る世界。魔獣と契約することのできないレイはトラッシュと嘲笑されながら操獣者の魔具整備士として日々を過ごしていた。そんなある日、期待のルーキーであるフレイアがチームに参加しないかとレイに持ちかける。過去の経験からそれを断るレイだがフレイアはどうしても引き下がらない。そんな中、街にボーツと呼ばれる食獣魔法植物が大量発生し…とこんな感じです!

〜変身して戦うファンタジー!〜

第9回オーバーラップ文庫大賞銀賞受賞作!ファンタジーな世界で変身して戦うという設定が新鮮で楽しい作品でした!面白かったです!
まず序盤。変身して戦うレイとフレイアの出会いから物語は始まります。魔獣と契約することができないためデコイインクというエネルギーのみで変身してボーツという敵と戦うレイが描かれます。バトルがかなり特徴的で自身が変身したり戦闘しながら武器を変形させたりと見ていて楽しかったですね。そんなレイを気に入ったフレイアは彼を自分のチームにスカウトしようとします。しかし過去の経験とトラッシュと嘲笑される魔獣と契約することができない存在のレイは期待のルーキーであるフレイアの誘いから逃げます。フレイアのレイを勧誘する猪突猛進っぷりは一周回って清々しいものがありましたね。そんな中、街で静かに異変が。なぜかボーツがいつも以上に発生してデコイインクのみを栄養とする花が咲き…このあたりからはバトルよりも街で起こる異変を追っていく感じになります。そして合わせてレイの過去が語られて…ヒーローだった父親の存在やレイを縛るトラッシュという蔑称。彼の境遇を知ってをなおレイのことを諦めないフレイアがグッドでしたね。終盤は怒涛のバトル!街に起こる異変の正体を明かしたレイが黒幕と対峙します!最後の戦いは迫力満点でしたし盛り上がりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
レイは過去の苦い経験や魔獣と契約することができないトラッシュとして周囲から嘲笑された結果、ちょっとかなり素直じゃなくなった少年。そんな彼を突き動かす思いがすごく良かったですね。フレイアは元気いっぱい猪突猛進な女の子。パワーイズパワーという感じでとにかく元気いっぱいでしたねw そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
変身して戦うという珍しい設定が楽しいファンタジーでした!これは続きがあるなら読んでみたいですね!フレイアとの絡みはまだまだ見てみたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
一風変わった設定のファンタジーを読みたい方は!変身して戦うバトルシーンは見ていて楽しいですし周囲から嘲笑されていた主人公が熱く戦う姿がグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

落ちこぼれから始める白銀の英雄譚



著者

鴨山兄助



レーベル

オーバーラップ文庫


ISBN

978-4-8240-0386-7

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは古宮九時さんの

月の白さを知りてまどろむ

です!
img_9784434310638_1

ストーリー A
内容は、神に捧げられた美酒と芸楽と聖娼の街アイリーデ。そこには大陸中から人々が集まり独特の活気を見せていた。そんな街に人を害する化生を斬る化生斬りとして王都からやってきたシシュはサァリという少女と出会う。神話正統の妓館《月白》の主でありながら化生を捕らえる巫女である彼女と協力して化生を斬る2人だが、2人の出会いと前後して街に不穏な動きが…とこんな感じです!

〜この街に座す〜

古宮九時さんの新作!すっかり読むのが遅くなってしまいました…すみません…この作品だけは完璧なコンディションで読みたかったので…和洋折衷なファンタジー世界観に王命を受けた青年とアイリーデという特殊な街の運命を背負う少女の物語でしたね!めちゃくちゃ面白かったです!
まず序盤。化生を斬る化生斬りとしてアイリーデという街に派遣されたシシュがサァリと出会うところから物語は始まります。王がいて人物名が全体的に洋風な感じなので頭の中では完全に近世ヨーロッパな感じだったんですけど、イラストは和風な服装だったのでちょっと頭が混乱しました。後に作中でも言及されますが和洋折衷な感じなんですね。ちょっと不思議な感じです。神話の時代から続く月白という妓館の主を務めながら化生討伐を手伝うサァリと共に街に蔓延る化生を討伐していくシシュ。シシュの固い感じとサァリのどこか人離れしてるくせに年相応の幼さを見せるやりとりは見ていて楽しかったですね!徐々に輪郭を帯びてくるアイリーデという街の特異さもグッド!しかしシシュがやってきてからしばらくすると街は不穏な動きを見せることに…ここから物語は本格始動という感じですね。アイリーデという街に隠された秘密とサァリの背負う運命。シシュの出自と背景。アイリーデで起こる化生の事件が明らかになるにつれてシシュとサァリの関係は面倒なことに。でもお互いがお互いに向ける気持ちはそんなにズレていないだけにこの関係がもどかしい。そんなもどかしさが心地よくもあり苦しくもあるんですよね。とそんな濃密な物語が1章にあたる1譚で描かれるのに、さらに2人の関係をややこしくする2譚もあり…こちらはアイリーデが舞台ではない分また違った魅力がありますね。この作品でしか味わえない物語を存分に楽しませていただきました!面白かったです!


キャラ A
シシュはめちゃくちゃ固い青年。マジで固すぎて読んでて何度も「かてーよ!」ってなりましたw でもサァリを大切に思う気持ちであったり義を感じる彼の仕草は好きでしたね。サァリは月白の主で化生討伐を手伝う少女。背負っているものとか彼女に課せられた運命は重いのに本人が年相応の少女らしいのがなんとも愛らしいですね。その他のキャラも魅力的でした!

最後に
和洋折衷な世界観で紡がれる恋愛ファンタジーでした!これはぜひ続きが読みたいですね!2人の歩む道は決して楽ではないと思いますがこの物語の結末が気になります!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
濃密なファンタジーが読みたい方は!結構人の命は軽いのでその辺り気になる方もいるかもですが、運命を背負った少女と固い青年のお話は読む人を夢中にさせること間違いなし!気になったかたは!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

月の白さを知りてまどろむ



著者

古宮九時



レーベル

DREノベルス


ISBN

978-4-434-31063-8
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは蝸牛くもさんの

ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い-

です!
img_9784434311017_1

ストーリー A
内容は、迷宮で死に蘇生されたものの、記憶を失った男・イアルマスは単独で迷宮に潜っては死んだ冒険者を回収し生計を立てる日々を送っていた。そんなある日、イアルマスは壊滅したパーティの一員で残飯《ガーベイジ》と呼ばれる少女剣士と出会う。人語を理解しない彼女はなぜかイアルマスについてきて迷宮で野生の本能剥き出しに敵を倒していく。実質的にガーベイジとパーティを組むことになったイアルマスの迷宮を巡る物語がはじまる…とこんな感じです!

〜迷宮に潜れば〜

蝸牛くもさんの新作!名作ゲーム「ウィザードリィ」を蝸牛くもさんの解釈で書いた作品ですね。ノベライズ?とはまた違ってインスパイア?やオマージュ?ともまた違った感じでしょうか。ダークで容赦のないファンタジーとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。イアルマスの迷宮での日常が描かれます。迷宮で死んでいたところを蘇生されたはいいものの記憶がなく、ただ冒険者の死体を回収する日々。周りから何を言われても気にしない。そんな彼には超人的な雰囲気がありましたね。そんな彼はひょんなことからガーベイジと呼ばれる野生味あふれる少女と出会い行動を共にすることになります。人語を理解せずに罠だらけの迷宮でもモンスターを倒し、宝箱を開けることにしか興味のない姿は本当に野犬とか獣の類ですね。そんな彼女と実質的にパーティを組むようになったところから物語は本格的に動き出します。設定的な部分はウィザードリィから持ってきているんですかね?迷宮周りの設定はウィザードリィ知っているともう少し違った楽しみ方ができるかもです。そしてその迷宮探索シーンはこの作品ならではの魅力がありましたね。数値というわかりやすい指標もなく、敵の強さや宝箱の中身が明確に描かれるわけではなくただどこまでもナチュラルにそこにあるものといった感じの描かれ方がいいですね。終盤では盛り上がるバトルシーンもあり最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
イアルマスはつかみどころのない不思議な男でしたね…でも戦士としての強さは本物のでピンチで頼れるすごいやつでした。ガーベイジは本当に獣みたいな少女で魔物がいれば凄まじい膂力を持って敵を叩き切る、お腹が空けば飯を食う、宝箱があれば迷わずあけるといった感じでとにかくすごかったです。セリフが人語でないのも彼女の特異性を際立たせています。その他のキャラも魅力的でした!

最後に
迷宮を舞台にした面白いファンタジーでした!こういう作品はなかなか出会えないので続刊読んでみたいですね!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
ダークな迷宮ファンタジーが読みたい方は!この作品ならではの魅力があります!ウィザードリィを題材にした作品ではありますが、ウィザードリィを名前くらいしか知らない僕でも楽しめたのでウィザードリィ知らない方も大丈夫だと思います!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い-



著者

蝸牛くも



レーベル

DREノベルス

ISBN

978-4-434-31101-7

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています

さて、今回紹介するのは作者さんの

魔王軍最強のオレ、婚活して美少女勇者を嫁に貰う 1 可愛い妻と一緒なら世界を手にするのも余裕です

です!
img_9784798630113_1

ストーリー A
内容は、人間ながら魔王軍に加入し魔王軍最強の1人として四天王に君臨するリィド。そんな彼は魔王の命令を受けて勇者の情報を集めることに。未婚のリィドは周囲から怪しまれないため結婚相談所へ。するとリィドの相手にと紹介された女性はかつての初恋相手・レナだった⁉︎しかも彼女は勇者だという。幼い頃からレナを一途に思っていたリィドはすぐに結婚を決めるが、実はレナもずっとリィドのことが好きだった⁉︎リィドは勇者を監視し力を暴走させないため、レナは年頃の女性が結婚していないことを不審に思われないために偽装結婚することになるが…とこんな感じです!

〜魔王軍幹部と勇者が画像結婚⁉︎〜

参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品。ありがとうございます。空埜さんの作品は「魔王使いの最強支配」以来ですね。こちらが面白かったので新作楽しみにしてました!今作は両片思いの2人が偽装結婚をするファンタジーラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
まず序盤。魔王軍で活躍するリィドの様子が描かれます。魔王軍とは言っても人類をめちゃくちゃ害するタイプではなく、魔王自身侵略なんてやめてさっさと家に帰りたいと思っている感じでしたね。しかし魔王を討伐しようとする勇者は放っておけないということでリィドは勇者のことを調査することに。しかし独り身ではなにかと不都合があるということで、まずは適当な相手と結婚することに。そこで紹介されたのがかつての初恋相手のレナで、2人はお互い一途に想いあっていたこともあり結婚することになります。お互い好き同士なのですが、リィドはあくまで魔王から勇者を無力化せよという命令を守るため、レナは年頃の女性が結婚していないのは世間の目が…という理由から偽装結婚することに。なんでお互い好き同士なのに結婚にヘンテコな理由がついてしまうのか…そして始まる新婚生活!毎日ちょっとしたことでドキドキしちゃう2人は見ていて微笑ましかったですね〜。個人的には食器を買いにいくシーンが好きでした!中盤からはリィドと同じく魔王軍の四天王であるクロエも加わって物語はさらに賑やかに!終盤のバトルもよかったですし最後まで楽しく読ませていただいました!面白かったです!

キャラ A
リィドはかなり不器用なやつですけど、一生懸命レナのことを想う気持ちが伝わってきましたね!レナはリィドのことが本当に大好きで見ていて微笑ましかったですね…勇者としてピンチの際には勇敢に立ち向かうのもグッド!

最後に
両片思いのすれ違い偽装結婚ファンタジーとして楽しく読ませていただきました!これはぜひ続刊が読みたいですね!ここから2人がどんな結婚生活を送っていくのか楽しみです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
両片思いの甘いラブコメファンタジーが読みたい方は!リィドとレナのやりとりは見ていて思わずニヤニヤしちゃいます!レナ視点で語られるリィドもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

魔王軍最強のオレ、婚活して美少女勇者を嫁に貰う 1 可愛い妻と一緒なら世界を手にするのも余裕です



著者

空埜一樹



レーベル

HJ文庫


ISBN

978-4-7986-3011-3

表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ