カテゴリ: ファンタジー(現代要素少なめ・現代要素なし)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは香坂マトさんの「ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います2」です!
img_9784049138719_1
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、イフールの町で年に一回開催される百年祭というお祭り。そんなお祭りになんとしてでも参加したいアリナだが、去年も一昨年も残業のため参加できていなかった。今年こそは絶対にお祭りに参加する!そのために定時退社は絶対!と固く誓うアリナだが、お祭りを数日後に控えたある日からなぜか冒険者が殺到⁉︎クリアすれば神域スキルが手に入るという裏クエストのデマが原因だった⁉︎なんとしてでも百年祭に参加するためデマの発生源を叩き潰しに向かうアリナだが、予想外の事態に巻き込まれて…とこんな感じです!


〜百年祭のために残業はしない!〜
シリーズ第2弾!発売即重版もあったりで好調なようで一安心!今回もアリナを中心に社会人の心を抉る残業描写とライトなファンタジーで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
イフールの町で年に一度開催される百年祭。それに何としてでも参加したいアリナはお祭り前の繁忙期を乗り越えるために色々作戦を練って準備します!こういう定時退社に命をかけるアリナはめちゃくちゃ好きです!でも残業するアリナは見たくないっす…現実でもフィクションでも残業は辛い…全ては作戦通りに進んでいるかと思いきや、突然やってくる冒険者の集団。その目的は神域スキルが得られるという裏クエストの存在だった⁉︎なんとしても百年祭に参加したいアリナはデマの発生源を潰すためにジェイドを巻き込んで(むしろジェイドに巻き込まれて…?)デマの発生源を叩き潰しにいくことに。そんな中で明かされる白銀の剣のヒーラー役ルルリの過去がすごくよかったですね…1巻の時点ではなんとなくこの世界ではスキルがあるといい冒険者になれるんだなーくらいに思っていましたが、スキルの有無/どれだけ有能なスキルなのかがこんなに重要なのか痛いほどわかりました…そして百年祭が始まるも、裏クエストからまさかの展開に。アリナとジェイドの死闘は見ていて痺れました・・・なんだかんだいいコンビなんですよね。この2人。今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
アリナ…頼む…残業しないでください…現実でもフィクションでも残業はキツいんじゃ…前巻はジェイドに対してかなりツンツンだったアリナが今回はデレも見せてくれて非常にグッドでした!ジェイドは相変わらずアリナにストーカーまがいのことしてますね…もうちょっと正攻法で攻めればいいのに…といってもアリナには通用しなそうですが…戦闘でも百年祭でも頼りになるいい青年でした!個人的にはやっぱりルルリですね。過去を背負ってそれでもヒーラーとして戦う彼女の姿にとても勇気づけられました!

最後に
今回も面白かったです!アリナは相変わらずかわいいですし、ジェイドとの絡みもグッド!3巻も楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います2



著者



香坂マト



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-913871-9




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは硬梨菜さん原作、不二涼介さん漫画の「シャングリラ・フロンティア(4) ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~」です!
IMG_5489
ストーリー A
七つの最強種の一体である墓守のウェザエモン討伐に向けてレベリングをするサンラクとオイカッツォ。そんな中、ペンシルゴンに連れられてダンジョンの隠し通路の果てでユニークNPCの「遠き日のセツナ」に出会う。彼女から語られるウェザエモンのこと、そしえセツナの想いを胸にサンラクたちはウェザエモンに挑むが…

〜最近vsサンラク〜
シリーズ第4弾!3巻の続きを本当に楽しみにしていたので早く読みたかったのですが、なんだかんだで読むのが遅くなってしまいましたね…ついにウェザエモン戦が始まりガンガン盛り上がって最高でした!面白かったです!
まず序盤。ペンシルゴンに連れられて樹海の隠し通路の先でユニークNPCのセツナに出会います。セツナから語られるウェザエモンは、どうにも悪いモンスターに見えないんですよね…そしてウェザエモン戦の前にサンラクのリアル描写が。サンラク家ちょっと賑やか過ぎません?こんな家族いたらゲームよりリアルの方が楽しそうですけど…そしてウェザエモン戦への準備としてシャンフロではなくベルセルクオンラインをプレイするサンラク…めっちゃ彼らしいw そして新たなバグを見つけて盛り上がるのもw やはり生粋のクソゲーマーですねw そしてついに始まるウェザエモン戦!理不尽な強さを誇るウェザエモンに対して初見であれだけ耐えるサンラクはさすがですね…そしてペンシルゴンの作戦がまたすごい。どんどん加速していく展開に激アツのバトル!本当に最高の一言でした!ラストでウェザエモンに勝とうとする彼の姿も熱い!最高に面白かったです!

キャラ A
やっぱりサンラクは見ていて飽きないですね!スキルガーデナーで所持金がなくなる寸前の値段のスキル買ったり、ウェザエモン戦の練習と称してベルセルクオンラインプレイしたり、4巻ラストのああいった考え方だったり…最高にクールです!オイカッツォはなんだかギャグ枠?的な感じでしたけど…5巻は活躍しますよね?いや今回も充分活躍していたんですけど…ペンシルゴンさんは奇人のイメージが強かったんですけど、今回は軍師さながらの振る舞いがかっこよかったです!

最後に
今回もめっちゃ面白かったです!8月発売の5巻がウェザエモン戦の決着となると思うので今から楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



シャングリラ・フロンティア(4) ~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~



著者



硬梨菜 不二涼介



レーベル



マガジンコミックスデラックス



ISBN



978-4-06-523584-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは赤石赫々さんの「サベージファングお嬢様 史上最強の傭兵は史上最凶の暴虐令嬢となって二度目の世界を無双する」です!
img_9784040741413_1
ストーリー A
内容は、神に選ばれた証とされる美しい髪を持つ公爵令嬢ミレーヌ。だが、幼い頃から甘やかされ育った彼女は王妃となった途途端に税金を釣り上げ贅沢三昧で国を崩壊させてしまう。そんな崩壊間近の国で<野蛮なる牙(サベージファング)>という二つ名で恐れられる最強の傭兵は、戦いの果てに死んでしまう。だが、なぜか彼女は国が崩壊する前の時代で公爵令嬢のミレーヌに転生する。王国崩壊の歴史を繰り返さないため、見た目は美少女中身は凄腕傭兵なミレーヌの戦いが始まる…とこんな感じです!

〜お嬢様になった最強の傭兵が無双〜
赤石赫々さんの新作!発売前からコミカライズが決まるなどの注目度の高い作品ですね!個人的には初挑戦の作家さんです!まず言わせてください…この作品すごく面白いです!好き放題やっていた王国崩壊の原因である少女に転生しもう一度やり直すTSバーサクファンタジー!俺様口調なお嬢様がバイオレンスに舞う姿にやられました…面白かったです!
まず序盤。王国崩壊の歴史がサベージファング視点から語られます。神に選ばれた豊富な魔力と髪色を有するミレーヌ。幼い頃から散々甘やかされて育てられた彼女を誰も止められす、王子と結婚してから税金と釣り上げ反乱を招きそして処刑される…国の崩壊のテンプレートのような展開…そしてそれに図らずとも巻き込まれ激闘の末にサベージファングは命を落とします。この王国崩壊の歴史だけでもとにかくすごかったですね!サベージファングが戦場で見える圧倒的な戦い、そしてミレーヌのラストと崩壊した王国…全ての描写が圧倒的でした。そして悲劇的な最期を迎えたサベージファングはなぜか王国崩壊前の時間でミレーヌに転生します。そして始まるサベージファングなお嬢様物語!ミレーヌが持つ天性の強さに驕らず剣の腕を磨くミレーヌ。磨き上げた剣の腕は隣国にまで届き、前の歴史では王国を崩壊に追い込む決定打にもなった軍事大国・コルオーンの武闘派姫のコレットにも認められるほどに!こういう武闘派な成り上がり劇あ見ていて本当に楽しいです!中盤以降はミレーヌが中立国の学園に入学し、前の歴史では結婚するはずだった王子のアルベール、そしてコレットともに学園生活を送っていきます!もちろん普通の学園生活ではなく血生臭い感じが最高ですね!終盤の怒涛の展開もグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ミレーヌは本当に最高でしたね!サベージファングと呼ばれた伝説の傭兵の魂をその身に宿し、剣の腕を鍛え上げ前の歴史では崩壊してしまった王国の運命を変えていく…野蛮ながらも前向きなその姿が人を魅了します!アルベールは少女のようなかわいさを持つ王子!最初はオドオドしていましたが、徐々にミレーヌの強さにあてられて逞しく?なっていましたね…メイド姿は最高だと思います!コレットも武闘派なお姫様としてミレーヌといい関係を築いていました!

最後に
バイオレンスなTSバトル学園ファンタジーとして楽しく読ませていただきました!これは早く2巻も読みたいです!まだまだミレーヌの戦いっぷりを見たい!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
TSものが好きな方は!ファンタジーとしても圧倒的なバトル描写にガンガン読ませてくれる文章で読み手を虜にさせてくれます!ミレーヌ、アルベール、コレットをはじめ魅力的なキャラもグッド!気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



サベージファングお嬢様 史上最強の傭兵は史上最凶の暴虐令嬢となって二度目の世界を無双する



著者



赤石赫々



レーベル



富士見ファンタジア文庫



ISBN



978-4-04-074141-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは依空まつりさんの「サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと」です!
img_9784040740355_1
ストーリー A
内容は、世界で唯一無詠唱で魔術が使える七賢人の一人<沈黙の魔女>のモニカ・エヴァレット。伝説の黒竜をたった一人で退けるなど英雄視されているがなんとその正体は超がつくほどの人見知り⁉︎一人山奥の小屋にこもって様々な数式を解くことで暮らしている彼女だがある日、同じく七賢人のルイスがモニカの元へやってくる。彼から命じられたのは貴族の娘や息子たちが通うセレンディア学園に潜入し第二王子を護衛する任務だった⁉︎王子に迫る悪をこっそり捌く学園生活が始まる!とこんな感じです!

〜人見知りの最強魔女が学園で王子を護衛⁉︎〜
依空まつりさんの作品。この作品がデビュー作でしょうか。素敵な表紙と面白そうなあらすじに惹かれて購入しましたが、めっちゃくちゃ面白い学園ファンタジーでひたすら最高でした!面白かったです!
世界で唯一無詠唱で魔術が使える七賢人のモニカ。しかし彼女は人見知りゆえにその魔術の才能を積極的に使わず山小屋に引きこもり様々な数式を解くことで生計を立てていたモニカ。しかし同じく七賢人のルイスから第二王子の護衛のために貴族の子息が通う学園への潜入任務を命じられます。序盤はモニカの魔術師としてのすごさと引きこもりな小動物味あふれる感じがたまらなかったですね!鬼畜モノクルのルイスさんとの絡みもグッド!そしてモニカはセレンディア学園に転校生として潜入することに!序盤からなかなかのドジをやらかしたり、明らかに貴族ではない振る舞いをして注目を浴びますが…その時の反応がすごく理想的な陰キャで非常によきですね。かみかみたじたじなモニカちゃんかわいい。そしてひょんなことから第二王子のフェリクスと知り合いになり、彼が所属する生徒会に出入りできるようになったモニカ。ここからがすごかったですね…フェリクスが抱えていた悩みをズバズバと解決し彼の身の回りで起こる事件をどんどん解決していく…沈黙の魔女さんすごいっす…終盤の事件の黒幕との対決はすごく盛り上がりましたしラストも良かったです!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
モニカはなかなか巣穴から出てこない小動物味があって非常に可愛かったですね…普段はオドオドタジタジしていますが、数式と魔術のことなら誰にも負けない!頑張るモニカちゃんはすごく魅力的でした!第二王子のフェリクスは素直にイケメン。そして頭がキレる。これは色々な人たちから狙われるのわかります…ルイスは鬼畜モノクル。でも途中の微笑ましいエピソード?で印象変わりましたね。いい人です。そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白い学園ファンタジーでした!2巻が早く読みたいです!あとがきから作者さんがすごくこの作品好きなことが伝わってきたので、意外と早く続刊が出るのではないかと思ってみたり…ともかくまだまだモニカの活躍が見たい!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
小動物味がある女性主人公の学園ファンタジーが読みたい方は!帯がピンクのカドカワBOOKSなので一応ターゲットは女性かと思いますが、男性でも全然楽しめるはずです!かわいいモニカちゃんが貴族だらけの学園で頑張る姿は思わず応援したくなります!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと



著者



依空まつり



レーベル



カドカワBOOKS



ISBN



978-4-04-074035-5


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは大虎龍真さんの「エルフに転生した元剣聖、レベル1から剣を極める」です!
img_9784041112939_1
ストーリー A
内容は、剣を極め切ることができずに無念を抱いたまま最期を迎えた男。彼は神の力を借りて異世界でエルフの少年・ハークの姿に転生する。ハークは目覚めて早々にフォレストタイガーの虎丸と出会い、ハークを追う3人の男と戦うことに。しかし前世で鍛えた剣が全く通用しないことに気づく。異世界にはレベルやステータスといった概念があり、レベルが相手より下回っているとダメージが全然通らない。そのことを知ったハークは異世界で剣を極めることを決める。だがいきなり世界最強クラスの青龍が都にやってきて…とこんな感じです!

〜最強の剣豪がエルフに転生したら龍も斬れる⁉︎〜
第5回カクヨムWEB小説コンテスト異世界ファンタジー部門特別賞受賞作!エルフに転生した剣豪が異世界で剣の道を極めるという面白い転生ものでした!
まず序盤。剣の道を極めることができなかった男が愛刀と共に異世界へ。序盤はテンポよく話が進んで物語に入り込みやすかったですね!そしてエルフの少年ハークに転生します。ハークはすでに死んでいて、その肉体に剣豪の彼の魂が入る感じですね。ハークが連れていたフォレストタイガーの虎丸と出会い、そしてハークを狙う3人の男と戦うことに。ここでハークは前世で極めて剣が全く通用しないことに気づきます。なんとか彼を退けたところで、虎丸から異世界にはレベルやステータスという概念があることを教わりこの世界で剣を極めることに決めます。この辺りはさすが前世が剣の求道者だたというストイックさですね。そして王国東の都であるソーディアンにたどり着いたハークは同じくエルフのヴィラデルと出会ったり、虎丸から異世界に関する様々な情報を聞いたりします。そして現れる世界最強クラスの青龍…圧倒的レベル差の相手に果敢に挑むハークの姿は印象的でしたね。最後まで楽しく読ませていただきました。

キャラ A
ハークはストイックで剣豪!という感じがして非常によきです!虎丸もかわいい喋り口調に荒々しい戦い方のギャップがグッド!ヴィラデルはクールで強い女エルフ剣士!でも意外にかまちょなところがあり見ていて楽しかったです!

最後に
エルフに剣豪が転生したら?という異世界ファンタジーでした!2巻も出るなら読んでみたいですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
異世界転生ものが好きな方は!剣と魔法な世界で剣豪がさらに剣を極めていく姿がグッド!虎丸やヴィラデルといったサブキャラも魅力的です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



エルフに転生した元剣聖、レベル1から剣を極める



著者



大虎龍真



レーベル



角川スニーカー文庫



ISBN



978-4-04-111293-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




↑このページのトップヘ